一時不明だったウガンダ選手 成田から帰国 泉佐野市職員に謝意 [ひよこ★]

1 ひよこ ★ [ニダ] 2021/07/22(木) 00:52:06 ID:
https://mainichi.jp/articles/20210721/k00/00m/050/472000c

毎日新聞 2021/7/21 22:51(最終更新 7/21 22:51) 291文字




https://cdn.mainichi.jp/vol1/2021/07/21/20210721k0000m050475000p/9.jpg
チェックイン手続きに向かうジュリアス・セチトレコ選手=成田空港で2021年7月21日午後8時2分、中村宰和撮影

 東京オリンピックの事前合宿中、大阪府泉佐野市の滞在先を無断で離れたウガンダ代表選手団のジュリアス・セチトレコ選手(20)が21日夜、成田空港に到着した。成田発の航空機に搭乗し、カタール・ドーハ経由で帰国の途についた。

 空港に姿を見せたセチトレコ選手は帽子を目深にかぶり、報道陣の問いかけに答えなかった。泉佐野市職員に対し、空港で謝意を伝えたという。



 男子重量挙げのセチトレコ選手は16日、同市の宿舎ホテルの居室に「生活が厳しいウガンダには帰らず、妻や子どものために日本で仕事がしたい」という趣旨の書き置きを残し、姿を消した。20日に三重県四日市市内で発見、保護された。【中村宰和】

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼