~選択形式で進めていくスレッドο~

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 13:27:00 ID:xgIiKZ9L
浩之「ここは選択肢スレッドだ。
   皆話を書いたり選択肢を選んだりして大いに楽しんでいってくれ」
雅史「自分で考え、
    選び、
    そして速さ重視。これ常識」
浩之「って雅史いたのか!?」
雅史「ひどいなあ……僕たち友達じゃないか」
浩之「や、やめろそれは!!」

A 前スレ(スレッドξ:http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1074398816/l50
B 支援サイト(http://members.at.infoseek.co.jp/farem/sentaku/index.htm
C 過去スレ・関連スレ及び諸注意(>>2-5)
D 雅史の存在を抹消する

2 駄スレ認定委員 2004/02/01(日) 13:28:00 ID:NXI2bUK5
ゲームブック駄ス…うわなにをするおまえらやめr

3 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 13:29:00 ID:xgIiKZ9L
雅史「次は鉄の掟だね。これだけは守って欲しいところだよ」

・選択肢は早さ優先、早い者勝ち
・展開があまりにもひどい場合、「リコール」発動もあるから気をつけてね
・例え本人でも選択肢の修正は無効だよ。慎重かつ迅速に選んでくれ
・書き手さんたちは書き込む前に「リロード」推奨だよ
・基本的にsage進行ね

浩之「それと、これは俺たちからの頼みだ」

一つ、喧嘩はするな
一つ、職人たちは早さと技だけで勝負しろ
一つ、選択肢はどれを選んでもOKだ
一つ、文句をいう暇があったら自分で書け
一つ、お互いのことを考えろ
一つ、空気読め
一つ、楽しんでいけ
一つ、気軽に参加してくれ

4 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 13:30:00 ID:xgIiKZ9L
雅史「淡々とした説明だね」
浩之「ほっとけ、かったりーんだよ」
雅史「さて、今度の話でも僕が魔王として大活躍を……」
浩之「それはない(一秒)」
雅史「どうしてさ?」
浩之「流石に連続で出ると飽きられるからな。俺はついにお前から逃げることに成功したわけだ」
雅史「それを言うなら浩之はもう10回も話に登場してるじゃないか」
浩之「俺? 俺は特別だ。何せ選択肢スレで最も愛されている男。
    これぐらいの優遇はあって当たり前……」
由依「待ってください! あたしの立場はどうなるんですか!?」
雅史「由依ちゃん? 何処から沸いて出たの」
由依「せっかく主人公になれたのに>>1を飾れないなんてあんまりですよ~」
浩之「まあ、ここは鍵キャラがあまり活躍しないしな。さらに言うなら俺だけでも十分……」
由依「時よ止まれ!! 雅史さん、あなたの魔力で浩之さんに天誅を!!」
雅史「はいはい……っと」
浩之「お、おいこら! 俺たちは友達じゃ……あべし!!」

5 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 13:54:00 ID:rUtA7sLn
あしべ

6 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 13:59:00 ID:kg5jrjte
>>1乙!

7 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 14:09:00 ID:7Ay0cDw6
前スレ960からの続き

「物凄い大量の爆竹を一斉に鳴らすの!
 そりゃもーすごいんだよ!どっぱぱぱぱーーーんって! 」
「なんか中華街みたいだな。 知らない神様のお祭っていうから
 すげぇ変わってるのかと思ったから、なんか拍子抜けしたぜ」
「あー、それって偏見!大神様のことなんか怪しげなものと思ってるでしょ!
 こんな感じで↓」
ttp://www3.plala.or.jp/freya/tachikawa-ryu.htm
「……いや別にそこまでは……つーか、むしろお前いつもそんなこと考えてんのか?」
「それは藤田君でしょーが!この…………(ハクオロと芹香の前と気づいて自粛)」
「お祭、屋台いっぱい出る」
「ははは。アルルゥにとってはそれが一番大切ななことだな」
「クスクス……」
「…………」(楽しそう)
アルちゃん、助け舟に感謝します。
でもなんかいっきに場が明るくなったなあ。そうだよねー、お祭なんだよねえ。
カミュもお祭は楽しみたいけど(もちおじさまと!)……ま、しょうがないか。
さーてっと。それじゃ……

※カミュの同行者を一人選んでください。ただしハクオロは除きます。

A 「んじゃ、俺が行くわ」
B 「ん。アルルゥが行く」
C 「あの……よろしければ、私にお手伝いさせてくれませんか?」
D 「当然アタシよね~?」
E 「…………」
F ガラッ「話は全て伺った!カミュ、某がお手伝いさせていただこう!」
G カミュ独りで行く

で、D

8 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 14:30:00 ID:7Ay0cDw6
「それじゃ……誰かと一緒に行って…」
 まずはアルちゃんの方を向いて同意を求めようとしたんだけど…
「おばあちゃんが呼んでる。 無理」
 うーん、ムックル+ガチャラタの戦闘力は惜しいけど無理なら仕方ないか。じゃぁ、次はユズっちに…
ユズっちの方を振り向くと、気配で察したのかユズっちが何やら気まずそうな顔になる。
「もしかして…駄目?」
「はい、午後からお医者様の所へ行かなければならないので…」
 うーん、無理か。まぁ、ユズっちにあんまり無茶な事をさせられないから仕方ないか。じゃぁ、次は…
今度は藤田君の方を振り向いたんだけど…
「俺は住まいの荷物整理とか、その他手続きがあるからパス」
 …まずい、もしかしたら一人で行かなきゃ駄目なの?一縷の望みを掛けて今度は芹香さんの方を振り向く。
「………………………」
相変わらずの無表情だが、隣にいるセバスさんの顔を見る限りだと無理っぽい。
「じゃぁ、残るは当然アタシよね~?」
 後ろで志保ちゃんがとっても嬉しそうな顔で手招きをしている。
「う…」
 そうなると残るは…彼女だけだよね。何かいらん事まで調べそうだから出来れば頼みたくなかった
けど…一人じゃつらいから…仕方ないか。
「じゃ、じゃぁお願いしようかな」
「もっちろん!ばっちし任せないさいよ!」

A 早速調べよう
B いや、まず下準備が必要
C 篁側の視点へ
D 寧ろ事情を話して堂々と調べる
E お姉さまなら協力してくれそうかも

9 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 14:41:00 ID:/KBIA6Nq
c

10 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 14:41:00 ID:brhuao2p
巨乳召喚のE

11 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 14:41:00 ID:fzrMHBlA
E

12 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 17:41:00 ID:kg5jrjte
いきなりdat落ちは悲しいので保守。
お暇でしたら前スレの埋め立てにも参加してつかあさい。

13 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 18:43:00 ID:kawBsS3r
保守カキコついでに>>1さん乙です

14 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 18:56:00 ID:xgIiKZ9L
 その頃、篁は醍醐からの連絡を受けていた。
「……そうか、那須宗一が絡んでいるか」
「はい、奴め流石NASTYBOYと呼ばれるだけあり無茶苦茶やります。
 出番欲しさにチャイムの代わり……地に堕ちたものですな」
「ふふふ……例え奴がどんなにもがこうとどうしようもないがな」
「ははっ! 仰せの通りであります!!」
「だが……宗一も闇雲にそんなことをしているのではない。
 おそらくは撹乱……。自分が騒ぐことにより、自分に注意を向け、ハクオロが動きやすくしているのだ」
「なるほど……。では我々がぶつかる可能性は」
「必ずぶつかるだろう。その時に宗一の相手をするのは……醍醐、おまえだ。
 兼ねてより楽しみにしていたのだろう? あいつとの一騎うちを」
「ははっ!! お心遣い有難うございます!!」
 醍醐が篁に敬礼する。
 そして、その横にはぼろぼろになり転がっている垣本……。
「ところで、垣本はどうします?」
「こいつは目立ちすぎた。我々の野望には不要だ。後で捨てさせる」
「左様で……」

15 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:00:00 ID:xgIiKZ9L
「ほ~んと、気付かれないわね」
 さて、今志保ちゃんと社の中に潜入中なんだけど……。
 正直カミュ一人のほうが楽だったよ……。志保ちゃん、目立ちすぎ。
 忙しいこの時期じゃなかったらすぐに見つかってお説教物だよ。
「志保ちゃん、こっちこっち」
 そう言ってカミュは本堂の裏で手招きした。
「ちょっと、入り口はそっちじゃないわよ?」
「大丈夫」
 そういってカミュは後ろの壁をちょっとずらす。
 ギィィ……という音と共に壁が動き、人一人は入れるぐらいの穴が開いた。
「実はね、ここだけ釘が刺さってないんだよ。昔偶然見つけたんだ」
「へぇ~、やるじゃない」
 志保ちゃんが感嘆の息をついた。
 カミュだってやる時はやるんだよ?
 それから二人で中に入った。

「……ねえカミュ、これなんか怪しくない?」
「えっ、どれ?」
 そういって志保ちゃんが取り出したのは……

A オンカミヤムカイと題された巻物
B 翼人伝と書かれた本
C 何かの絵がかかれた掛け軸
D お父様の子供時代の物と思われる隠していたテストの答案

16 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:04:00 ID:0sgG7lKj
Bで

17 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:07:00 ID:kg5jrjte
ぐわ、嫌な記憶のある名前の書物が…w

18 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:17:00 ID:xgIiKZ9L
「翼人……伝?」
 一体何の本なんだろうか。
 とっても古い物らしくて全体的にかなり黄ばんでいるし、字も読めない。
 古典の先生とかやおじさまだったら読めるかな?
「見たことないの?」
「うん、というかカミュもここに入るのは初めてなんだよ。
 前入ろうとしたらお父様が凄い剣幕で怒るから今まで入らなかったんだけど」
 とにかく、何か関係あるかもしれないから持っていこう。
「じゃあ、とるものとったしずらかるわよ?」
「とるものって……泥棒じゃないんだから」
「あまり変わりないでしょ?」
 確かにそうだけど……とりあえずここから離れるのが先だね。

「う~ん、自慢じゃないけどあたしは補習常連組だから全く読めないわ」
「大丈夫、学年一の秀才だって読めないよ」
 ひとまず学校の新聞部室に戻ってきたはいいんだけど、全然読めない。
 辛うじて表紙に大きく書かれている翼人伝っていう題と、右下にある作者らしい「柳也」っていう名前だけ。
「やっぱり、誰かに解読してもらうのが一番だね」
「解読って、誰によ?」
「それは……」

A おじさまね。一番頼りになるし
B 古典の先生かな。妥当なところで
C 宮司の国崎さんとか。多分これ神奈備命について書かれている本だし
D 出番のためには解読とかもしてくれそうな人とかに頼んでみるよ

19 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:18:00 ID:RA+ys2yE
むしろD

20 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:20:00 ID:/INSUxjQ

そしてまた何かに国崎は憑依されますた、と。

21 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:22:00 ID:RA+ys2yE
つか誰だ?>出番のためには解読とかもしてくれそうな人

22 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:31:00 ID:LV2dA50H
そこで宗一を蹴って伯斗がしゃしゃり出てこようとしてルミラに出番かっさわれるんですよw
もう何がなんだか

23 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:33:00 ID:xgIiKZ9L
それもおもしろいかもw
というか>>22は知らずに選らんだんかいw

24 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:35:00 ID:RA+ys2yE
>>24正直スマンかった、ついでに即死回避かな。

25 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:39:00 ID:LV2dA50H
「出番のためには・・・」の選択肢が出るたびに水面下で出番を求めて醜いバトルが・・・

26 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:51:00 ID:xgIiKZ9L
「こころあたりないよ。おじさまだって専門じゃないし」
「最初っから行き詰まりじゃないの……」
「とにかく、探してみようよ。世の中には出番のためにチャイムの役をやったりする人とかいるんだし。
 出番のために解読とかもしてくれそうな人とかに頼んでみようよ」
 カミュ達は部室を出た。

 廊下の向かい側から誰か歩いてくる。
 その人の正体は……
「こんにちは、リサ先生」
「あら、こんにちは」
 リサ先生だった。
 どうやら仕事が終わって帰るところみたい。
「どうしたの? そろそろ下校時刻だけれど」
 丁度いいや。
 リサ先生にも聞いてみよう。
「先生、この本なんですけど……」
「本? ……随分と古い本ね」
「訳あってこれを解読してくれそうな人を探しているんです。心当たりとかありませんか?」
「解読…………」
 先生は暫く考え込んだ。そして、急に顔を上げて……
「そうね、あいつなんてどうかしら?」
「あいつ?」
「今日のチャイム聞いたでしょ? 那須宗一、きっと力になってくれるわ」
 ここでチャイムを思い出す。
 『俺の名はエージェント宗一! 授業が始まるぞ!!』
 ……不安。エージェントだって言ってるけど、確証ないし。
「は、はあ……」
「頑張ってね。多分まだ放送室にいると思うから。それと……」
 先生が耳元に顔を寄せた。
「断られた時には……ごにょごにょ……」
「ええっ!? それを言うだけで引き受けてくれる!?」

27 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:52:00 ID:xgIiKZ9L
 さて、放送室まで来た。
「ん、誰だ?」
 放送室のマイク前に陣取っていたのは藤田君と同じぐらいの背丈の男子に、黒人の中年男性。
「え~と、那須宗一さん?」
「ああ、そうだけど」
「え~と……」
 ここは下手に何か言うよりもず場って言っちゃったほうがいいよね。
「この翼人伝を解読してください」
「翼人伝?」
 カミュは翼人伝を見せてみた。
「………おいおい冗談言うなよ。俺は確かにエージェントだ。
 だけど解読とかは専門分野じゃないし、なにより興味ない」
「えぇ~!?」
 なんかあまり旗色が良くない。
 やっぱりここはさっきリサ先生に教わった言葉を言ってみよう。
 え~と、確か……

A 「情けないのは宗一だ!」
B 「決まってんだろー!!」
C 「植木鉢の水を拭く布は……」
D 「出番が増えるよ!!」

28 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:53:00 ID:/INSUxjQ
>>26
そしてオンドゥル(略)のような悲鳴があちこちから聞こえる、と。
>>25
そして即死は25と30どっちでしたっけ。

29 名無しさんだよもん 2004/02/01(日) 19:54:00 ID:/INSUxjQ
C

30 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 00:18:00 ID:7BsNA30t
「植木鉢の水を拭く布は姉さんの下着……」
 と、そこまで言った時だった。
「わ、わーーー!! 何でお前が知ってるんだそれを!?」
 宗一さんが何か叫びだしたよ。
「あれは俺と姉さんしか知らないはずだ!!
 いや、経緯はもうどうでもいい! 解読だったな、俺に任せろ!!」
 ……明らかに怪しい。
 これってもしや……実話?

A 深く問い詰める
B 目的遂行第一、さっさと解読を頼む

31 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 00:29:00 ID:ic7aDuRl
B

32 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 00:42:00 ID:z150B3tL
 これ以上問い詰めるのはよそう。 ……でもやっぱり気になる……。
「解読作業はどれくらいで出来そうですか。なるべく早く解読して欲しいんですけど」

「だが俺は解読専門のエージェントじゃ無いからな、専門家に頼むとして…
 明日だ、明日まで待ってくれ」
 祭りは明後日、じゅうぶん間に合うよね。
「ありがとうございます。宗一さん」

 A 「ところでエージェントってどんな仕事してるんですか」
 B 「ついでに学園のIDカードを偽造して欲しいんですけど」
 C 「なぜ出番にこだわるんですか」
 D 「リサ先生とはどういう関係ですか」

33 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 00:44:00 ID:N9UoXJ2W
C

34 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 01:00:00 ID:786XN/mi
「そ、それは……」


A Routesキャラのいろんな怨念が色々と主役の俺に。
B エージェントって目立たないからその分だけ数こなさないと
C それはリビドー!
D 最近、呪われてるんだよ……ハクオロ先生の仮面に
E 選択肢のせいだ。
F♪おばけなんてないさ♪♪おばけなんてないさ♪♪おばけなんてないさ♪
G キムチの精霊のせいだ。

35 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 01:03:00 ID:nTlcMxkb
A

36 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 01:04:00 ID:7BsNA30t
A。
というか大志の話で出番に五月蝿くした俺のせいかもw

37 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 01:18:00 ID:krDzYXdq
「怨念…みたいなものだよ。これは」
「え…?」
「俺達Routesのキャラは…認知度が薄い。それは事実だ。
 しかし体験した人間なら分かる。軽妙なノリ。独特な文章センス。
 それは――得がたいモノだ。今までの葉鍵には無かったものだ…
 だからそれを生かしたい!そう願う書き手が思えば思うほどに…選択者が選ぶほどに…
 未体験者との軋轢が生まれ、俺たちは物語の軸となることを許されない…」
「?何のお話?」
「いや、わからなくていい。だがこれだけは憶えておいて欲しい。
 俺達は…引き立て役だけの存在じゃない…
 そうする事でしか自分を表現できなかったが、いつも!主軸となることを願っていた!」
…分からないけどやたらと胸を打つなぁこの人の話。

「あのー、結局、なんのお話だったの?」
「はっ!いや、なんでもないぞ!うん、なんでもない。」

よくわからないけど鬱憤を抱えてるみたい。大変だね。
さて…カミュたちはどうしようか?

A 新聞部OBの人が部室に来ているとメールが入る
B もう少し宗一と話す
C 藤田君の手伝いにでも行こうか?
D もう今日の用は無いね、翌日へ

38 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 01:34:00 ID:/cMmJZGI
B

39 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 02:19:00 ID:7YlZSAMC
「そう言えばエージェントって言っていたけど…『あの』エージェント?」
 最近よく聞くようになった名称で詳しくは知らないけど。
「ああ、そうさ。 で、こいつがそのナビゲーターで俺の相棒のエディ」
「オッス、俺っちがこの出番の為に魂を売った情け無い奴の相棒のエディさ。 カミュちゃん、よろしくナ」
 何か軽くて明るいノリの人で悪い感じはしないな。
「よく分んないけどエージェントって学校のチャイムの真似事するのが仕事なの?」
 カミュの問いに、宗一さんは指を左右に動かし、否定する。
「チッチッチ…いや、違うぜお嬢さん。 エージェントの仕事ってのは…まぁ、007とかあの辺のスパイ
 の民間企業版ってところだな。 情報のスペシャリストって奴だ。 まぁ、だからと言って007みたいに
 大冒険したり、戦闘技術に優れている必要はないけどな。 PCや人脈だけで世界を渡り歩いている
 エージェントだって世の中にはいる。 実力の高い奴なら国からの仕事の依頼だってあるんだぜ」
「へー、そうなんだ」
 じゃぁ、チャイムの代わりをしている宗一さんは大した事無いんだ。
「む、今俺の事を『チャイムの代わりをしている宗一さんは大した事無いんだ』、とか思っただろ」
「いや、そんな事言って無いよ?」
 この人、人の心を読めるの?術を使った気配はないのに。
「ふ、ならこの俺様の実力を見せてやるぜ!」

A ま、明日になれば分るさ
B 米大統領に直接電話
C 利用限度制限無しのゴールドカードを見せる
D カミュのあられもない秘密を…

40 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 02:29:00 ID:786XN/mi
BCDの順で一気に逝って貰いましょー
(宗一に)

41 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 02:38:00 ID:R5MefVyi
>>41
それは選ぶ方としてアリなのか?

42 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 02:59:00 ID:dO7T81Gu
「はっはっは、じゃあどれくらいすごいか見せてやるよ、まずは米国大統領に電話してみせるよ」
そういうと宗一さんは携帯電話を取り出しどこかに電話をかけ始めました
「ほら、出てごらん、米国大統領と会話できるよ」
本当にそんなことができるのでしょうか?胡散臭く思いながら出てみます
「ハァハァ、やっぱりマルチや千紗ちぃは萌えるなぁ(英語)」
「………」
あわてた宗一さんに電話を取り上げられました
「や、やばい、ちょっと今ゲーム中だったんだ、あ、あははは、でも本当に大統領なんだよ」
カミュには外国人のエロゲーマーで、ペドのおっさんにしか思えません
「じゃぁつぎはこれだ」
そういうと宗一さんは財布からカードを取り出しました
「これぞ利用性限度額無制限のゴールドカードだ、どーだ、すごいだろ」
「高校生はカードを持てないと思いますけど……」
この人は親のカードをくすねて学校に持ってきているみたいですね
あ、落ち込んでる落ち込んでる
「そこまで言うなら今度はすごいぞ、君の秘密を暴露してやる」
なんか怖いこと言ってます、やれるもんならやってみなさいっての
「まず君はスカートを穿き忘れて転校生の藤田浩之君に二回もオ〇ンコを見せているね」
「なっ!!!」
「それにその藤田浩之に妄想でも犯されてしまっている」
「………」
「おまけにハクオロ先生を犯そうとしたね」
なんか今までと違ってこの人本気ですごいです、どうやってそんなことを知ったのでしょう…

A 調子に乗った宗一は秘密をネタにカミュの体を要求してきた
B 宗一は更にカミュがハクオロをネタに毎晩自慰にふけることまで知っていた
C カミュはその場から逃げ出した

43 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 03:08:00 ID:dO7T81Gu
書いてみたけど複数選ぶのはこれっきりにしてほしい

44 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 04:30:00 ID:4yYZhWdc
C

45 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 07:39:00 ID:y4BWFzXw
「そ、それじゃ明日までに絶対解読してよ!」
なんか気味が悪いので、念を押してさっさと帰る事にする。
なんか後ろで『正直すまんかった!去られると出番が終わってしまう~』とか
宗一さんが叫んでいるけど気にしない方向で。
だって、変なことをペラペラ喋るせいで……
「だから、藤田くんのは事故でハクオロ先生のは誤解なのっ!」
「へえ……そりゃまた物凄い事故もあったものねー」
……カミュは次の目的地につくまでの間、さっきの話を聞いていた
歩く東スポこと志保さんを説得し続ける羽目になったんですから。
出番なんて剥奪されて当然よ!

「OKOK、総てはカミュちーの魔性のおっぱいが悪いのよね~」
「だから、本当にそんなんじゃないんだってばー!信じてよ!」
「ところで、とっくに目的地についてるわよん」
……説得というか言いくるめに夢中になっていたせいで気が付かなかった。
そう、私達が放課後に訪れたのは

A 調査の鉄則は報連相!ハクオロ先生のほかにも高等部の先生が残っていそうな職員室に
B 財力は力!篁財閥に匹敵する来栖川グループの長女芹香さんのいるらしい旧校舎へ
C 祭りを守るのには人手が必要!教育実習生のトウカさんがいるはずの体育館の剣道場へ
D 虎穴に入らずんば虎児を得ず!大学部は遺伝子工学科の犬飼教授のいるゼミ室へ

46 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 07:54:00 ID:Snh39G0d
B

47 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 08:57:00 ID:UFRGS9GL
Routesは未プレイなんだがそんなに凄いのか?>篁グループ

48 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 09:47:00 ID:RMeeY/5j
ネタバレになるから詳しくは書けないが
相当なものを持ってる企業である事は間違いない

49 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 15:44:00 ID:krDzYXdq
ギシ、ギシ…
一歩歩くたびにヤバそうな音の鳴る木製の床を歩きながらカミュたちは
旧校舎を探索中だよ。
「志保さん…なんで未だにこんな建物が残ってるの?」
「ここは工作機械も入らないのよ。ほら、あの森を抜けてきたでしょ?
 あそこを通れるブルドーザーなんて無い訳よ。それにそこまでして壊すものでもないから
 立ち入り禁止って事で落ち着いてるの。」
「ふ~ん…」
「どうして芹香さんはここに?」
「さあ?でもヒロがそういってたのを聞いてるんだからここにいるのは間違いないんじゃない?」

そう、カミュたちは、陰謀の大ボス・篁の目的である駄菓子の買占めに対抗せんと、
来栖川さんにお願いしに来たんだ。
「でも…財閥同士とかって取り決めで、あんまり争うことは無いんじゃないの?」
そういうと志保さん、ひとさし指をチッチッチと横に振って、
「甘いわね~あんたもう少し新聞とか読みなさいよ。
 いい?篁はここ数年急上昇してきた会社。これはどういうことか分かる?」
「え、わ、わかんないよ」
「つまり、今まで利益に与ってた人たちが篁に利益を奪われ損をする。ッて事よ!」

なるほど、来栖川さんの所も篁に好印象を持ってないはずって事なんだね。
「さて、この辺のはずだけど…」
志保ちゃんが十字路の廊下を右に曲がる。
「あ、ちょっと待って!」
カミュも慌てて追いかける。
「って…何?これ?」
「ふ…この当時全盛を誇った部活の残骸よ。今では取り潰されたそうだけど…
 黒魔術部元部室ね。実際に見るのは始めてだわ。」
極々普通のドア。でもその上に書かれた文字は
「この扉を潜る者、汝一切の希望を捨てよ」の文字。やり過ぎだよね…

50 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 15:45:00 ID:krDzYXdq
「失礼しま~す」
一応希望は捨てないまま部室の中に入る。
そこには…いた。前の学校のものかな?セーラー服を着て芹香さんがそこに座って、
この部室に放置されていたであろう本を読んでいる。
「あの実は…お願いがあってきたんです。」
「……」
返事は無いけど聞いてくれているみたい。
取りあえずこの人も話は聞いているので、篁と争うのに協力を仰げないか話してみよう…
「………」
「え?『OKです』って?ありがとうございます!」
「………」
「ん?『でもそれには条件があります』って?なんです、条件って?」

A 『あなたたち…藤田さんを諦めて下さい。隠してても私には分かります』
B 『私の求める魔導書を探してきてください』
C 『今日の試合、来栖川ハムと篁ルーツ、どっちが勝つかで賭けましょう』
D 『ここに一発のペイント弾と回転式拳銃があります…』

51 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 15:46:00 ID:CDflzFO2
Bかな

52 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 18:27:00 ID:krDzYXdq
「『私の求める魔導書を探してきてください』…か。でもどこにあるのかなあ、そんなの。」
カミュたちは先輩の言ったタイトルとその本の装丁の特徴を見ながら途方に暮れていた…

「『水神クアタト』…ねぇ。表紙が湿ってます。か…」
「志保さん?何か知ってるの?」
「ん~誰かがそんな気味悪い骨董品モノの本を
 持ってるとか聞いたような気がするんだけど…
 雨が降る前触れに表面が汗をかくから便利だぜーとか… これ人間の皮で出来てるんだぜーとか…」
…なんでそんなエキセントリックな友達忘れちゃうんだろうな…

「って、思い出せないの?志保さん?」
「…そうよ、間違いないわ、思い出した。よりにもよってあたしの顔見知りよ。
 いえ、――だからこそ先輩はあたしに頼んだのかも…」
「え、だ、誰なの?」

A 北川
B 浩之
C 雅史
D ハクオロ

53 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 18:40:00 ID:zyOWW4os
Bですな

54 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 22:04:00 ID:krDzYXdq
そんなわけで、荷物も片付け切れていない藤田君の部屋へお邪魔しています。
「え~と、どこやったかな…っと、あったあった!」
どうやら見付けたみたい。それにしても節操の無い荷物だなぁ。
普通そんな稀覯本とサッカーボールやらゲーム機やらと一緒にしておくかなぁ…

「ほれ、これだよ。」
そういって藤田君は古臭い古書を手渡してきた。
手に取ると、じんわりと湿ってるのが分かるよぅ。
「ヒロ…あんたどこで、こんな本入手したってのよ?」
「ああ…いとこが海外旅行の土産にくれたんだ。露天商から安値で買ったとか言ってたからな…
 べつに先輩に教えるほどの本じゃないかと思ってさ。…凄い本なのか?それ。」
「あたしはよくわかんないけど…現存してるのは世界で5冊とか言ってたかしら。」
「はぁ…そんな大事な本だったのね…」

さて、と藤田君は呟いて
「まぁこれは多分先輩の趣味だろうからいいとして…明日からどうするんだ?
 その翼人伝とか言う本の解読が終わるのはいいけれど、それはあくまで伝説についての話だろうよ。
 陳腐なロープレじゃあるまいし、何処其処へ行くべしなんて風には書かれては無いだろう?
 それに今回の件と関係ない内容な可能性だってある。」
「む…」
確かに。イマイチ方針が決め切れてないよね。そうだなぁ…

A 来栖川さんの財力を武器に買占めを防ぐことを第一目標にする!
B 直感を信じて明日解読できた翼人伝の内容を元に行動する。つまりもう寝る!
C 今からお祭りの準備会場に行って見る。現場百回!
D まぁ今からそんな気張ってもしょうがないよ。出たとこ勝負だよ。

55 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 22:06:00 ID:TkXj5qXG
あのなんともいえない雰囲気が好きな俺はCを選ぶ

56 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 23:45:00 ID:z150B3tL
「今から神社に行こう。もうお祭りの準備が始まってるよ」
「そうだな、現場の再調査を兼ねることになるしな」
 そうしてカミュたちは神社に向った。


「なあカミュ、この町の祭りって爆竹を景気よく鳴らして無病息災を願うんだろ?
 ホント変わった祭りだよなあ」
「そうかな~、カミュはずっとこの町に住んでいたからそれが普通なんだけどね」
「あたしは羨ましいわあ、時代の先端を走る学園都市と古代の伝承がひとつになった町なんて
 ロマンを感じるわ~」
「最先端と伝承か…今まで感じたことなかったけどそうかもね。前にお父様から色んな話を
 聞いたことがあるなあ」
「わお! それは初耳、あたしのジャーナリスト魂を揺さぶるわねぇどんな話があるの?」
「えっと…確かこの町は神隠しが多いとか、変な発光体が空を飛んでいたとか、そんな不思議な
 現象が多いんだって」
「……それって伝承とかよりもMMRのネタじゃないのか」
「例えば、ある少年が行方不明になり警察が捜査したんだけど、関係者は誰もその少年のことを
 覚えてなかったの。まるで少年なんて最初からいなかったのように。後日その少年の靴が交差点
 できれいに並べられた状態で発見されたんだって」
「おもしろそうな事件ねえ、この件が終わったら調べてみようかしら」
「やめとけ、また面倒なことになるに決まってる」
 そんな感じでカミュたちは雑談をしながら神社に向かっていた。そして神社に着く頃にはすでに日が傾き始めていた。

「もう夕方…この時間の神社ってなかなか不気味だよね」

 A 神社の境内に行こう。
 B 社務所でおみくじを引こう。
 C なにやら妙な気配が…。
 D 神社の裏山に行ってみようよ。

57 名無しさんだよもん 2004/02/02(月) 23:49:00 ID:PDxaCPlc
A無難に。

58 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 00:46:00 ID:T719pBG2
どうも、2ちゃん管理人と名の読みが同じToHeart主人公の藤田ひろゆきです。

そんな事より皆さん、ちょいと聞いてくれよ。ストーリーと関係あるからさ。

このあいだ、カミュと志保と一緒に神社行ったんです。神社。
そしたらなんか爆竹がめちゃくちゃいっぱいで歩けないんですよ。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、『災厄即殺爆竹祭り』、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、災厄即殺如きで普段火の気の無い神社に燃やそうとしてんじゃねーよ、ボケが。
爆竹だよ、爆竹。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で爆竹か。おめでてーな。
よーしパパ当日は爆竹体に巻きつけて特攻だー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、火つけるから参道空けろと。

59 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 00:48:00 ID:T719pBG2

神社ってのはな、もっと粛々としてるべきなんだよ。
無茶な願い事を押し付けられた神といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
叶うか呪われるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

で、やっと本堂についた思ったら、知らない奴が、ハクオロさんの仮面ください、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、ハクオロの仮面なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、ハクオロさんの仮面、だ。
お前は本当にハクオロさんの仮面を使いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、仮面が取れないって言いたいだけちゃうんかと。


神社通の俺から言わせてもらえば今、神社通の間での最新流行はやっぱり、
手水場、これだね。
手水馬で賽銭ドロ。これが通の参拝方法。
手水場ってのは水が多めに入ってる。そん代わり賽銭取りやすい。これ。
で、そこで賽銭ドロ。これ最強。
しかしこれをすると次からカミュの一家にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ、志保はコツコツ情報収集してなさいってこった。

A何故かハクオロの仮面を売っている社務所の人を問い詰める
Bハクオロさんの仮面を買おうとした誰かを問い詰める
Cそこらへんの巫女を捕まえて問い詰める
D「カミュもー」とか言って仮面買おうとしているカミュを問い詰める
E通りすがりのパパの願いを今叶えてあげる(爆竹巻いて火をつける)
F志保を問い詰める
G逆に問い詰められる。
(D・F以外人物指定。)

60 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 00:53:00 ID:rKgUyWSd
Eで志保(w

61 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 00:53:00 ID:JpUuifz2
うぐぅ、出すの誰にするか迷っていたら咲き越された…

62 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 13:32:00 ID:3W4AaetB
浩之です。
ついつい思いが吉野家コピペに成るほどの大量の爆竹に囲まれています。
「で、カミュちゃん、このアホみたいな大量の爆竹は?」
っていうかまだ準備のはずなのに地面以外神社なのか爆竹なのか良くわかんねーです、はい。
「アホみたいって……確かにこれだけ多いと他所からの人にはアホみたいかもしれないけどこれでもまだ準備中だよ」
「もしかしてこれからもっと増えるのか?」
「うん。当日に自分の周りで焚いた爆竹が多ければ多いほど厄が払われるって言う祭りだから」
そう言ってカミュちゃんは”巻きつけ練習用。1巻き100円”と書いてある爆竹束を持ってくる。
「こんなのもあるんだ。人に巻きつける用の爆竹だよ。」
「人に巻きつける?」
もう安全とか考えてないアホ祭りみたいです、はい。
「うん。」「そういうことみたいね。あそこの家族連れなんかもう当日は爆竹自爆テロだーとか叫んでいたから」
と今まで調査していたっぽい志保が近寄る。よし!(キュピーン)志保、お前に決めた!

「つまりみんなでこうして、」
「ってちょっとヒロ?何であたしにそれを巻きつけて」
「こう。」「「え?」」

パパパパパパパパパパパボボボボボン!
「イタタタタタタタタタタタタ!うわっちいいいいいいいい!」
「とまあこうするわけか。」

おーおー志保が火を纏いながらゴロゴロゴロゴロ転がってるよ。
っておお!

A「……そんなにやりたいんなら自分でやりなさーい!」とカミュに爆竹を巻かれる
B「この馬鹿浩之ー」とバーニング志保ちゃんが突っ込んでくる。
Cいやっほう!服ぼろぼろの志保ちゃんさいこー!
Dあ、何か志保が火ついたまま段ボールに突っ込んだ。

63 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 13:50:00 ID:SyRh2Nmw
ここはDだな

64 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 14:20:00 ID:JpUuifz2
志保が通りすがりのパパに火をつけるのかと思ターヨ

65 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 14:47:00 ID:Bkr54X7a
転げ回る志保さんの先に、偶然『業務用巻きつけ』と書かれた段ボールが。
多分、明日になればあそこから各販売所に配られてゆくんだろうけど……

パパパパパパパパパパパパパパパパ
パラパラパラパラパラパラパラパラ
「やっぱり前の日じゃ、まだ配られてなかったみたいだね!」
「えー、何だって?全然聞こえないぞ!?」
「うぎゃぁぁぁぁぁ!」
パパパパパパパパパパパパパパパパ
パラパラパラパラパラパラパラパラ
「ところで、志保さんに何かあっても、カミュは知らないからね!?」
「巻きつけ用ってくらいだから、たぶん威力は落としてあると思う!大丈夫!!」
「あだだだだだいじょうぶじゃないわよ~!!」
パパパパパパパパパパパパパパパパ
パラパラパラパラパラパラパラパラ
パパパパパパパパパパパパパパパパ
パラパラパラパラパラパラパラパラパンッ!!

…………。

「……藤田君、段ボール一箱分爆竹、ちゃんと払ってね」
「うわ、さすがに一箱はきついぞ。小遣いで足りるかなぁ」

A 事後処理は藤田君に任せ、ボロボロの志保さんを休ませるために社務所へ
B 志保さんは藤田君に任せ、派手に散らかった現場の後片付けをする
C 悪いのは藤田君なので、志保さんも事後処理も任せて神社を散策
D いっそ事後処理も志保さんに任せて、藤田君と神社を散策

66 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 14:48:00 ID:rgN4scHh
Aっと

67 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 19:58:00 ID:UQ8hiM0j
「ふぅ…死んだかと思ったわよ…」
ここはこの間来た事もあるある神社の社務所。事情を話してちょっと休ませて貰ったところだよ。

「でも爆竹至近で炸裂して、ちゃんと意識あるなんて、志保さん。凄い。」
観鈴ちゃんは何だか嬉しそうだ。
「で、お前らは何しに来たんだ?」
奥から国崎さんも現れた。今日はパッと見で宮司さんと分かる格好してるね。
「うん、実は…(中略)…というわけでここに来れば何かがわかるかなぁと思って…」
国崎さんと観鈴ちゃんは黙って話を聞いてくれている。
「ねぇ、二人とも。ここ最近この周りで怪しい事って…何か無い?」
「そうだな…そういえば…」

A ご神体が盗まれたな *御神体指定
B 藁人形が釘で打ち付けられてるぞ。毎日。
C 怪しげなジジイと、いかにも警備隊長みたいなヤツが高笑いしてたぞ
D 送り主不明のトランクが届いたぞ。まだ開けてないが。

68 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:06:00 ID:RYGaOm/e
D
中身?無論携帯とベ(略

69 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:19:00 ID:leMKPlCt
「送り主不明のトランクが届いたぞ。まだ開けてないが」
そういって国崎が出してきたのはやけに固そうなトランクだった。
「とりあえず開けてみようぜ」
「ん…なんだ?これは携帯電話に…ベルトか?」
「ここに携帯電話を入れられそうだね」

他には取扱説明書も何も入ってなかった。
「こんな物どうやって使うんだ?」
「ん?待て…俺はこれに似たような物をテレビで見た事があるぞ」
「確かこうやって番号を入力して…と」
そう言って国崎は携帯に番号を入力して、ベルトに取り付けた。

(好きな番号3ケタを入力してください)

70 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:21:00 ID:UQ8hiM0j
119

71 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:21:00 ID:iOah/TJx
005だな

72 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:22:00 ID:JpUuifz2
本当にファイズか……じゃあ623で。
そもそも国崎が適格者なのかどうか知らんが

73 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:27:00 ID:DnPC97+y
「119…と。」
「スタンディンバーイ」

うおっ!何だ?国崎さんの体が光に包まれて…
「コンプリート」
国崎さん!なんだその格好は!?

A 消防署員
B ライダーマン
C カブキマン
D 仮面ライダーブレイド(言語もオンドゥル化)

74 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:28:00 ID:CzknZMDz
dddddddddDDDDDDDDDDDDD

75 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:28:00 ID:j32xPBGX
a

76 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:31:00 ID:iOah/TJx
つか本編でまだキックも出てないのにw

77 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:36:00 ID:99al3YCD
光の中から現れたのは、仮面ライダーブレイドだった。
「おい待て!これつい最近始まったばかりの番組じゃねえか!」
「ビルォユギー!ナンドィヴァゴレバァ!!」
「ご丁寧に言葉までオンドゥル化するのか…」
「とりあえず他の番号も入力してみてくれ」
「が、がお…浩之さん国崎さんで遊んでる」

「ヨジ、ゾデナルァヅギバ…」

(3~5ケタまで好きな番号を入力してください)

78 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:38:00 ID:ma5ZQXnH
35764

79 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:38:00 ID:lBiSpbFH
99555だなこれは、特ヲタとか関係なしに

80 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:39:00 ID:ma5ZQXnH
しまった、37564(みなごろし)と入れようとして誤爆った・・・

81 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:51:00 ID:UQ8hiM0j
「35764…これでどうだ!」
「藤田君…どんな意味が?」
「雑魚な蟲!という意味を込めてみたんだが。」
「…あのねぇ…」
と、志保さんがキレかけた時、またしても国崎さんの体が煌いた!
「わ、わ!今度は何ィ~!?」
そして、その嵐が収まった時、そこに国崎さんの姿は無く、ベルトも姿を消していた。
その代わりに其処に居たのは…!

A モハメド・アリっぽくなった国崎さん
B 王蟲
C 意味も無くカマキリ
D ムカデ男

82 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:51:00 ID:99al3YCD
「35764…ヴェイ!」
「スタンディンバーイ、コンプリート」
「な~んだ、今度は変身が解除されただけか」
「いや、ちょっと待て!何か様子がおかしいぞ」
「ううう・・・うおおおおおおおおおおおおお!!」

国崎は混乱している!
「うおー!なんで皆殺しじゃなくてみごなろしなんだああああ」
「何言ってんだあいつ?」
「とりあえずこのベルトの効力は解ったわ。備え付けの携帯に
番号を打ち込むと、その番号によって色々な効果が出るようね」
「それがどんな効果なのかは番号打ち込むまで解らない…か」
「でも、一体どこの誰がこんなベルトを?何の為に?」

「それは私が説明しよう!」
そう言って出てきたのは…
A 馬面の科学者
B 出番に必死な男
C なぜか高槻
D 骨董屋の兄ちゃん

83 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 20:52:00 ID:99al3YCD
しまった・・・Cで

84 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:11:00 ID:xM4xIHPt
なんと!そこに現れたのは、顔だけが国崎で、
体は巨大なカマキリそのもののカマキリ男だった!
「こ・・・こいつはカマキリジョーじゃねぇか!」
「誰その人?」
「金色のガッシュって漫画でガッシュが大好きなヒーローの事だ」
「なんでそんなマニアックなキャラに・・・」
「おい!これは何だ!手がカマキリになってるじゃねえか!
これじゃ携帯のボタン押せねえぞ!何とかしろ!!」

1時間後…
あの後国崎はゴッドマン、魔神ハンターミツルギ、ザリガーナ、
マシュマロマン、金正日、妖怪田ブタ子、電線マン、
コンバット越前、アドン、モナー、等々50種類以上の
訳の解らないヒーローに変身してやっと変身を解除できた。

「ふう…やっと元に戻れたぜ」
「変身解除の番号は12345か・・・、こんな適当な番号だったとは」
「とりあえず、このベルトは何に変身するか解らない
パルプンテみたいな物だと受け取っていいんだな?」
「一度変身したキャラの番号さえ覚えてればそれに必ず変身できるから強いキャラになれれば凄い事になりそうだな」
「でもこのベルト一体何なの?差出人も解らないし…」
「ん?いや、待て…よく見たらトランクの中に紙が入ってるぞ」

その紙には
A 来栖川電工・最重要極秘機密と書いてあった
B グエンディーナ製なりきり変身セットと書いてあった
C この書き置きを見て後ろを振り向いたらお前は…
D おならぷう

85 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:12:00 ID:3hKlKB6M
Dだ

86 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:24:00 ID:x/kE4U9a
待て待て(w
みんなノリにまかせて書いているが、
浩之は>>66で事後処理を任せられててここにはいないし、
ベルトも>>82で消滅してるんじゃないか?

87 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:26:00 ID:QcPuhiZ2
まあいいじゃないか、今書いてる奴らはログ読んで整合性合わせる気なんてなさそうだし。
適当にはしゃがせて疲れたであろう頃に我々は戻ってくればいいのさ。

88 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:33:00 ID:EBqVOmlJ
>>88
そういう言い方はないんじゃないの?
なんか上から物を見るような言い方。
誰でも気軽に参加できるのがこのスレのいい所なんだし。

89 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:34:00 ID:JpUuifz2
まあ、あまり言い過ぎなさんな。ていうか煽り?

90 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:36:00 ID:97KyJCud
浩之は掃除が早く終わって社務所へ駆けつけたって事にしたら?
ベルトをどうするかだ…。

91 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:41:00 ID:EdtRDLy8
「気軽に書く」のは歓迎だけど「好き勝手に書く」のは遠慮してもらいたいな。

92 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:44:00 ID:0K6iqCBW

93 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:49:00 ID:JpUuifz2
まあ、ログ見てると、過去にはもっとムチャクチャな展開やつなげ方が
いっぱいあったっぽいからね。伏線・状況無視などどんとこいで。
多少のことは大らかに見たほうがいいと思われ。カオスから話が面白くなることもあるし、
不満があったら、支援板の愚痴スレがあるわけだし。

だからって>>93、わざわざ引用すんのはよしなさいって。

94 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 21:57:00 ID:PpOvKAho
今回のことが多少とは思えるならな

95 69 2004/02/03(火) 22:04:00 ID:RYGaOm/e
…とりあえず猛省

ベルトは一時的に体内に収納されてたとでもすれば何とか…

96 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:10:00 ID:x/oIsp+G
とりあえずつじつまだけでも合わせてみました。

「おならぷう」
「…なんだこれは?」
その書き置きを見た直後、ベルトが怪しく光りだした。
「今度は何が起きるんだ?」
光はさらに輝きを強め、もはや目を開けていられなくなるほど。
そして…、ベルトは消滅した。
「消えた?消えただと!?一体なんなんだ」
そして後ろを見ると、今までそこにいたはずの浩之までもが消えていた。
「あれ?ヒロ~!どこにいるの~?」
「志保さん、向こうから浩之さんが来たよ」
「浩之!いつの間にあんな所まで行ったんだ?ワープでもしたか?」
「はぁ?俺は今までさっきの爆竹の後片付けしてたんだよ。」
「どういう事だ。ではさっきまでいた浩之は…」

一人状況が解っていない浩之に国崎はベルトの事と、
浩之の偽者の事を話した。

「なるほど、そのベルトと共に俺の偽者も姿を消しちまったという訳か」
「それとこの書き置きだ…おならぷうとしか書いてない。」
「!?おならぷうだと…!!そうか!そういう事か!!」
「どうしたんだ浩之?何が解ったと言うんだ?」
「数々のキャラに変身できるベルト、おならぷうという謎の暗号、
そして俺の偽者…、ここから導き出される答はただ一つ!」

A これもMMRの仕業なんだよ!!
B お前ら全員化かされてたんだよ。そこら辺に狸か狐かいないか?
C ウィツアルネミテア神の試練じゃないか?

97 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:11:00 ID:JpUuifz2

98 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:11:00 ID:/ZoYSgk7

99 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:13:00 ID:AHZXJkGx
なんでえ、Bにすればベルトの事も
全部真琴のいたずらって事で解決できたのに(w

100 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:16:00 ID:JpUuifz2
俺も選択した後で気がついた……
大体MMRは陰謀する側じゃなくて陰謀に迫る側じゃないかOTL

101 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:29:00 ID:/ZoYSgk7
「これも全部MMRの仕業なんだよ!」
「……ヒロ、MMRは陰謀に迫る側だってば」
志保さんの的確なツッコミに凍り付く浩之。
「OTL」
「口で言うな、口で」
「まあ、何か普通じゃない力が働かないと
 こんな妙な事は起きないと思うけど……
 でも、カミュもMMRは絶対に違うと思うな」

「そう、今働いた力は普通のものではない」
「誰っ!?」
突如掛けられた声に、全員が一斉に社務所の入り口を振り向く。
するとそこには……

A 不敵に笑みを浮かべ醍醐が仁王立ちしていた
B 緊張した顔でウルトリィが立っていた
C 大きな封筒を片手に持ったリサ先生がいた
D ユズっちとアルちゃんがムックルに乗っていた

102 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:30:00 ID:BK6GmbMt
A

103 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:48:00 ID:UQ8hiM0j
「ふ…そこの女には分かったかな?」
「こ、この声…理事長室でわるだくみしてたおっさんの片割れ――!」
「ほ、いい耳をしてる…ああ、そういきり立つな、貴様ら。
 少し落ち着いて話でもせんか?貴様らの損にはせんぞ。」
…驚いた。このおじさん、カミュが密かに魔力をチャージしてたのも見透かしてたの――!

そんなわけで。いまカミュたちは観鈴ちゃんの淹れたお茶をすすりながら、
醍醐隊長と名乗った人と向かい合ってる。

「醍醐…さん。あなた今、普通のものではない…とかいったわよね。
 どういうことか知っているというの?」
「ふふ…まぁ、知っているといえば知っている。
 だがそれを説明するのは俺の仕事ではないのだ。」
「?」
「俺の仕事は、貴様らをある御人の許へ案内すること――でな。
 やり方は俺に任されているのだが…
 できれば荒事は避けたいのだ――どうだ?着いてきてくれるか?」
カミュは――

A 付いてく
B 力ずくでやってみれば!
C ちょっと連絡だけ入れさせて

104 名無しさんだよもん 2004/02/03(火) 22:49:00 ID:u4A9q3LV
C


105 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 01:04:00 ID:6AdijpVL
C

106 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 01:20:00 ID:MA1xUpo2
>>106は何が目的でこんな亀レスしたのだろうか

107 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 01:23:00 ID:UF+jOYvM
答えは>>106のみぞ知る

108 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 01:26:00 ID:lihyIq9p
まあまあ皆さんマターリ待つなり必死に書くなりしましょう。

漏れもな

109 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 02:21:00 ID:IiSgQtPv
「わかりました。着いて行きます、そのまえに家に連絡を入れさせてください」
 ここは素直に従っておいたほうがいいよね。
「賢明な判断だ。俺も手荒な事はしたくない」
「カミュちゃん、電話は玄関に置いてあるからね」

 玄関に出て電話を掛ける。ただし家には掛けない、掛ける相手はおじさま。
「もしもしおじさま」
『その声はカミュか。いったいどうしたんだ』
「今、神社にいるんですけどそこで志保ちゃんが言っていた人に会いました」
『理事長の手の者か…それでどういう用件なんだ』
「とりあえず、会って欲しい人物がいるから俺に着いてきてくれです…。
 断るのはまずいコトになりそうなんで着いて行くことにしたんですけど…」
『うーん、相手の目的がはっきりしない以上危険な気もするが…
 今は様子を見るしかないか…』
「わかりましたおじさま、また連絡します」


「家族に連絡は入れたか。それでは行くとしよう……。
 ……忘れるところだった、宮司よ我が主からの伝言だ
 『神降ろし、期待しているぞ』」
「!? あんた…どこまで知っているんだ」
 お茶を飲んでいた国崎さんの手が止まる。彼も何か知っているのかな。

(ねえヒロ、アイツ絶対やばいって。あたしの勘が告げているわ!)
(んなこたぁ見りゃわかるって、でもこうなった以上着いていくしかねえだろ)
 醍醐さんに連れられて神社の外に出る。そこでカミュがみたものは……。

 A 立派なロールスロイス
 B 普通のワゴン車
 C 軽トラック
 D 軍用ヘリコプター

110 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 02:29:00 ID:6AdijpVL
C

111 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 02:52:00 ID:uGeTVehi
そこにあったのは…軽トラだった。
でも、ただ軽トラがあっただけならカミュも驚かないよ。
カミュの目の前には…20台近い軽トラがひしめき、
そのことごとくに、荷物を満載している光景があったんだ…
「おいおい…なんだこれは…」
見送りに来た国崎さんが呟く。
「これはここに置かせてもらうぞ、宮司。ただの駄菓子だ。
 なぁに、あなたの手を煩わせることは無い。放置しておいて構わんよ。
 場所代なら――ほれ。」
そう言って醍醐さんは国崎さんに封筒を押し付けた。
「ふん――まぁいい。預かるだけ預かっておく。お布施としてな」

そしてカミュたちは一人ずつ助手席に乗せられて、日の暮れた道路を走っていた。
カミュの隣で運転してるのは…醍醐さん。
「……」
「……」
うう…ピリピリした緊張感が…。よし、ここは質問タイムと行こう!

A 惚れた男の捕まえ方
B CLANNADとTo Heart2どちらが早く発売するか
C 目的地が何処なのか
D 那須宗一って知ってる?

112 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 03:01:00 ID:6AdijpVL
B

113 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 03:20:00 ID:UN+3pqu0
「To Heart2だな。これはもう、信者とか関係無しに」
「で、でもCLANNADのが先に作り始め「To Heart2だな。」」
「……」
「……」
うぅ…会話が続かない…

A 他の質問をする(>>112のBを抜いた選択肢から)
B なんだかトイレに行きたくなった
C 何事も無く無事に目的地に着いた
D なんでも無い所で車が停車した

114 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 03:22:00 ID:6AdijpVL
A で、あえてB
どう処理してくれるかに興味がある(w

115 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 04:13:00 ID:0hySUVmb
いや、>>112のB以外の選択肢から選ぶのだが…
>>115の言い方だと>>114のBのトイレに行きたくなったという選択肢を選んだ事になってないか?

116 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 06:54:00 ID:20hkrtyt
114のAを112のB以外、つまり112のACDと114のBCDの6択と読むのは
幾らなんでも頭悪いだろ。116なら普通に選べばいいんだし。
で、抜いた選択肢をわざわざ指定したのだとしたら
これは選択肢の定義を無視って事になるから却下でいいだろう。

なあID:6AdijpVL、106のリベンジはのち2回の選択成功で成し遂げてるんだし構わないだろ?
というわけで114の選択肢はA で A 惚れた男の捕まえ方 でお願いします。

117 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 06:54:00 ID:20hkrtyt
>幾らなんでも頭悪いだろ。116なら普通に選べばいいんだし。
と、これは114の間違いだ。失礼。

118 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 13:41:00 ID:uGeTVehi
なにを聞こうか…そんなコト考えてると今更ながら不安がこみ上げてくる。
無事に帰ってこれるかも分からないし。アルちゃんたちにも一言言ってから来れば良かったかな…
おじさま…怖いよ。
「どうした、不安か?」
「!?」
醍醐さんがこっちに声をかけてくる。
「そんなに怯えるな。言うことを聞いていれば、悪いようにはせん。…もう帰れんとでも思っていたか?」
「な、なんでわかるの!?」
「わからいでか。お前のさっきの表情は全くその通りだったぞ。
 そうだな、俺の勘から言うと…惚れた男の顔でも思い出していたか?」
う…なんなんだよこの人は。でも、雑談相手にはそんなに悪くなさそうだね。見てくれよりは。
「ねぇ醍醐さん…カミュね、好きな人がいるんだ。でもその人は全然こっちだけを見てくれないの…
 どうすれば振り向いてくれると思う?」
「なんだ、あの藤田とかいうガキのことか?」
「ち、ちがうよ……!!なんでそうなるの!?」
「おや、違ったか。これは失礼。
 ふむ。では俺の体験談でも話してやろう。役に立つかどうかは知らんがな。」
何か皮肉気味な笑顔を浮かべて醍醐さんが話し始めた。

119 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 13:43:00 ID:uGeTVehi
「当時の俺は仕事をしくじり、業界中に恥をさらした状況だった。
 荒れてな。どうしょうもない時期だったよ、全く。
 その時やたらと面倒を見てくれた女がいたのだが、そいつにも当り散らしてな。
 今思うと馬鹿なことをしたと思っているが。どんなに怒鳴っても暴言を吐いても
 いつも笑ってばかりのそいつに、仕舞いには呆れ果ててしまってな。
 気付いたら笑えるようになっていたのだよ。」
「それで…その人とは?」
「ああ、結婚した。」
!?…結婚してたんだ、この人。ゴリラかヒトか?って感じの外見だから、
そんな雰囲気が無かっただけに余計驚いた。

「その女房が言うには、男を捕まえるなんて簡単よ。
 『何があっても黙って笑顔で送り出し、何があっても笑顔で迎えてやるのだ。』
 そして、
 『帰る港になってやれれば後は男が勝手に惚れるのだ』
 とも言ってたかな。わが身を振り返れば全くその通りで恥ずかしい話だがな。
 ガッハッハッハハ…。っといかん俺としたことが話しすぎだな。」
…そんなものなのかな。良い奥さんになりなさいって事だよね。

A そんなこと話してると目的地に到着
B ねぇ最後に奥さんの名前を教えてくれない?
C ?他の車と違うところに向かってない?
D この時間にしては交通量が少なくない?…やな予感。

>117
確かに115は掟破りだと思うので114のAから112のAとして書いちまったぞ。
あとで異論があれば亡き者にしてくれい。

120 名無しさんだよもん 2004/02/04(水) 13:47:00 ID:fxCoZ4+L



121 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 01:39:00 ID:K9VJmPh7
「ねぇ最後に奥さんの名前を教えてくれない? 」
「…それは駄目だ。 こういう家業をやっていると俺だけで無く女房まで狙われるからな。
 良い妻だがドンくさく運動神経がぷっつり切れていて、アイスを呑むように食し、
 食費がやたら掛かる上に、料理の腕前は殺人級なのが難点だ」
 …褒めているのか貶しているのかわかんないよ。
「着いたぞ」
 醍醐さんが車から降りるように促す。そこは学園の本棟でカミュ達は理事長室へと案内された。
そこには髭の老人が理事長席に座っていた。見た目は老人だけど、彼から感じられる覇気は
見た目以上に若々しさを感じさせた。カミュの中の何かが警鐘を鳴らしていた。この人は…危険だ。
「ふっふっふ…オンカミヤリューの少女よ、そんなに警戒することはない。 何も取って食おう
 と言うわけで無いのだからな」
「おっさん、あんた誰だ?」
 藤田君が敵意むき出しでその老人に話しかける。
「貴様!総帥に向かって何と言う口の──」
「醍醐、よい」
 その人はいきり立った醍醐さんを手で制す。すると、醍醐さんは不満そうだけどあっさり引き下がった。
「少年、その意気は良いが相手を見てから粋がる事だ」
「ぐ…」
 突然、その人から発される雰囲気に押されて藤田君がたじろぐ。
「この理事長席に座っている時点で察するべきだと思わぬか?」
 理事長…って事は…この人が篁財閥の総帥?
「ふふふ…その通りだよ、オンカミヤリューの少女よ」
「……で、あなたの目的は?」

A 我々に協力したまえ
B 我々と取引をしないかね?
C この件から手を引きたまえ

122 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 01:48:00 ID:Zr6aqbrc
悪のアジトと来たらBだろう

123 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 02:58:00 ID:T8J8Hhcg

124 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 03:01:00 ID:3FhjauJG
「我々と取引をしないかね?」
窓から差し込む夕陽の逆光で表情はうかがえないが
その篁理事長の静かな言葉には常ならぬ威圧感がある。
「なに……簡単な話だ。我々がウィツアルネミテアと接触する
 ほんのひとときの間、君達が目を瞑ってくれればいいのだ」
「つまり、あんた達のする事を黙って見逃せって事か!?」
「無論、ただで聞いてもらおうなんて虫のいい事は考えていない。
 我が篁財閥の総力を結集し、お前達の望むものを与えよう……」
ゆっくりと両手を広げ、飛び込んでこいとでも言うように篁理事長は語りかける。
「金か?地位か?力が欲しければ最新の技術を与えてやろう」
「なめるな、おっさん!そんなに豪華特典がつく時点で怪しいじゃねーか!」
「そうよ、それだけの力があってあなたがまだ欲しがるウィツアルネミテアは
 それだけとんでもないものだって事を自白してるようなもんじゃない!」
「ほう、子供と思ったが案外小賢しいな」
「それに……あなたじゃカミュのお願いは叶えられないよ!
 だって、カミュの願いは無事に結界の儀が成功して
 お父様やお姉様やおじさまと仲良く暮らすこと、ただそれだけなんだから!」
カミュの心からの叫びが理事長室に響き渡る。
「そうか……君達の覚悟は良く分かったよ。だが……
 力なき者が憤ったところで、何の意味も生まれん!!」
篁が手を振り上げると突如室内に閃光が走り、カミュ達を襲う!
「ぐあっ!!」
「きゃあっ!?」
「な、何これ……術とも違う……」
全身に電流が走ったような衝撃。
「さあ、どうするかね?それとも、もう一撃食らうか!?」

A これが本物の術!カミュの怒りを込めた一撃をぶつけてやるっ!
B 後ろの重厚なドアを一閃!義によってトウカ、助太刀致す!
C 天井裏から優雅に降りてきたリサ先生……いや、リサ・ヴィクセン!
D 天の助けか、窓の外にカナ混じりで喋る陽気な男の操るヘリが!飛び移れ!

125 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 03:03:00 ID:po75Rt4U
Bで。

126 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 20:21:00 ID:Khs07oPR
 このままじゃまずい…どうすれば……。
『待ていっ!』カミュの後ろのドアが轟音を上げて吹き飛んだ。
「カミュ殿! 義によってトウカ、助太刀致す!」
「トウカさんっ!」あんな重厚なドアを一太刀で…すごい…

「某は教育実習生トウカ! 生徒を守る剣なり!」
「エヴェンクルガの娘よ…いいだろう、来るがよい」
「学園の平和を脅かす篁よ、貴様を倒すのに二の太刀はいらぬ!
 チェストォォォォォォォ!!!!」

 トウカさんの渾身の一撃が篁に振り下ろされる。しかし――。
「ガキィィィン」篁の目の前で刀は止められる。まるで何かの壁があるように。
「なにっ! 某の攻撃が……」
「その程度の攻撃で『ラスト・リゾート』を貫けるとでも思うたか」
 トウカさんが危ない!

 A この隙に術をぶつける
 B 何とか隙を見つけ逃げ出す(もちろんトウカさんを連れて)
 C 窓の外からロケットランチャーが撃ち込まれた。撃ったのは宗一さん!?

127 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 20:24:00 ID:D6piHZgp
B

128 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 20:25:00 ID:agTkzAQn
C 頑張れエージェント

129 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 20:38:00 ID:vWyjBFKA
ここは…逃げるよ!
そのためには何か隙を作らなきゃいけないけど…
扉の前には移動した醍醐さん。窓側には篁理事長…

「破ッ!」
「っきゃあ!!」
!篁理事長がトウカ先生を跳ね飛ばす。どうしよう!
って、藤田君がさっきから志保さんの影でなにやら怪しい動きをして…と思った瞬間だった。
「醍醐のおっさん、悪ィな!」
「!?」

パパパパパパ!!
「うぉッ!!」
藤田君が何処に隠してたのか醍醐さんに爆竹を投げつけた!
流石の醍醐さんもこれは予想し切れなかったのか、ショックから抜け切れてないみたい。
「ククク…それで勝ったと思うか。」
やったと思ったのも束の間。篁理事長がこっちに来るよう!

「いまだ、トウカ…先生!志保とカミュちゃんを連れて逃げろ!」
「承知!お前は?」
「いいから先行ってくれ!俺が食い止める!」
「…わかった。戻ってこねば許さんぞ。」
そういってトウカさんは走り出す。
「カミュ殿!早く!」
カミュは…

A 藤田君を見捨てられない!残る
B 可愛いのは自分の身。悪いけど戦略的撤退!

130 名無しさんだよもん 2004/02/05(木) 20:48:00 ID:UrHRN/Aq
A

131 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 00:07:00 ID:08tmSwf1
「藤田君を見捨てられない!残る」
「バカヤロウっ 俺が作ったチャンスを逃す気か!」
「友達を見捨てるなんてできないよ!」
「ククク、なかなか健気な娘だ。少年よどうする?」
 理事長は余裕の笑みを浮かべている。カミュの力で到底かなう相手じゃない。
 それに…下手に動けば醍醐さんにやられる。

「もう一度問おう、このまま目を瞑れば何も悪いようにはせんぞ少年、ただ――
 オンカミヤリューの少女には少々協力して欲しいのだが」
「馬鹿なこと言わないで! カミュにいったい何ができるんですか」
「できるのだよ、君の血には生まれながらにその為の資質が準備されている。始祖の力――」
「適当なことぬかすんじゃねえ!」
「フフフ……まあよい。醍醐、時間だ」
「はい」
 窓の外に目をやるとヘリコプターが待機していた。
「てめえ! どこに行きやがる!」
「株主総会の時間だ、こう見えても企業の経営者なのでな。
 さて祭りまで十分時間がある、じっくり考えておくがいい」
 そう言って理事長と醍醐さんを乗せたヘリコプターはどこかに飛び去っていった。
 その間、カミュも藤田君も一歩も動けないでいた。

「俺たち…助かったんだな…クソッあいつ何なんだよっ!」
「わからない…よ、ただあの人はとんでもないことを考えてる」

 A トウカさんたちと合流する
 B 何か手がかりでも…この部屋を調べる

132 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 00:14:00 ID:qef5M2EO
A

133 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 01:42:00 ID:AZQrb1nZ
結局そのまま部屋を出る。
「カミュ殿!」
あ、トウカさん。無事に逃げられたみたいだ。
「御無事の用で何より…藤田も体は平気なようだな。?何か…あったのですか?」
カミュたちの陰気な顔をみて何か察してくれたんだろうね。
とりあえず、何があったかを簡潔に話した。

「む…しかしそれは…むぅ…」
「何か知ってるの!?」
「いや、確信ではないので今は何もいえませぬが…正直どう転ぶか全く分かりません。」

再び訪れた沈黙。その重い空気の中、藤田君が沈黙を破った。
「なあ、トウカ先生…さっきあのジジイと向かい合って…俺は怖かった。
 逃げたかった。おっさんに爆竹投げつけたのも、その一心からだ…俺は…自分が情け無い…」
「何を言う。自分から殿を望んだのはお主ではないか。蛮勇とも取れるその度胸、某は感心したぞ。」
「そういうことじゃねぇんだ!
 …なぁ先生、あんたは強い。そこのカミュちゃんだって並以上の術師だ。
 だが俺は何だ?なにも出来ず闘うことも出来ず、ただ盾にしかなれない半端者だ!
 もうそういうのはイヤなんだ…知り合いが傷つき倒れるのを傍観してるなんて事は…」

そっか…ここに来た目的も、その友達を襲った人たちを探りに来たんだよね…
「先生!俺に…

A 俺に剣をくれ
B 喧嘩を教えてくれ
C ビンタをくれ!気合だ!
D さっき言い留まったことを教えてくれ

134 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 02:11:00 ID:h9jeduz1
A

135 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 02:26:00 ID:v2RaLOGX
浩之の気持ちは本気だ、それはトウカもわかっていた
しかし正直トウカは一介の学生に過ぎない浩之をこれ以上戦いに巻き込みたくはなかった
「剣か…」
ここは無理なことを言って戦うのをやめてもらうことにした

A ガラハドからアイスソードを譲ってもらえ
B エクスカリパーでよければやるぞ
C いや、だめだ、剣はやれない

136 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 02:34:00 ID:MpXfFZF4
C

137 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 07:54:00 ID:Yr7tRWyY
「いや、だめだ、剣はやれない。剣は我がエヴェンクルガ族にとって魂も同然…
 他人に分け与える事など出来ぬ…お主が剣を用意するのであれば話は別だが」
トウカの説得が、月明かりに照らし出され始めた中庭に響く。
「そんな……無理に決まってるじゃないか!」
「だが、某の剣を分け与えたところでお主が戦うのも無理だ」
焦りから声を荒げる浩之を、凛とした声でトウカが諭す。
「エヴェンクルガ族はその生涯を剣に捧げ、主君に捧げる……
 某の腕も、幼き頃より鍛錬を積み重ねた結果。それでもまだまだ未熟なのに
 お主が今剣を握っても、一日二日で戦場に立てる力量になれはしない」
「っ!!」
トウカの剣が一閃する。
太刀筋は浩之の頭上を掠め、背後に立っていた木の枝を払う。
「軌道が見えない……確かに、今の俺では追いつけない動きだ……」
「カミュ殿が術を、志保殿が情報を扱うように、お主にも必ずあるはずだ。
 お主にしか出来ないこと、お主だけの武器が。それを見出したほうがいい」
「トウカ先生……」
「はは、少し某がするには出過ぎた説教でしたな。
 さて、とりあえず戻りましょう……この時間では家族も心配している」
そういってトウカが歩み始めると

A 先ほど払った枝が狙ったように頭上に落ちてくる。「某としたことがー!?」
B 木が揺れたせいでトウカの頭上に毛虫が沢山降ってくる。「某としたことがー!?」
C 鞘に剣を収める際誤って袴の帯を切断、袴がずり落ちて転倒。「某としたことがー!?」
D 薄暗がりで開放されていると勘違いしてガラス戸に激突。「某としたことがー!?」

138 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 08:20:00 ID:q0ss2PCs
C

139 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 10:55:00 ID:1Vqtmq/2
おっす俺藤田浩之。花にもハァハァする男子高校生だ。
数秒前まで、トウカ先生とかなーりシリアスな話をしていた筈なんだけど、

ばちこーん!
今、そのシリアスな話していた当の本人がいきなり転んだみたいなんだ。
「某とした事がー!」

で良く見てみると、袴踏んで転んでて、上見てみると帯とか色々切れていて、
てか、まあ、ぶっちゃけトウカ先生の生尻とか生尻とか見ちゃった性で、もとい、所為で、
今まで見た漫画やらカミュちゃんの○○○○やら先輩の儀式(全裸)やら何やらが脳内スパークして、
さっき言ってた『俺にしか出来ないこと』に自分でも気がついたのか気がついてないのか、
「嗚呼ありがとうトウカ先生貴方は身をもって教えてくれたのですね」(逝ってる目でワンブレス)

「ふ、藤田……どの?」
途方も無い台詞を口走っていたんだ。

A「これだ!俺の武器は『エロぢから!』」
B「これだ!俺の能力は『”シリアス”を”エロコメディ”に変える能力!』」
C「これだ!俺の固有結界は『助平空間!』」
D「先生の置かれている状況は俺の能力の一種です鎮める方法は俺が知っているから俺に任せてください」
E「……トーウカちゃーん!」(ルパンダイブ)

140 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 10:58:00 ID:5JcoWhFD

141 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 16:29:00 ID:7Xdpyfwm
「これだ!俺の固有結界は『助平空間!』」
「す、助平空間ー!?」
「そう!この結界の中では何故かちょっとえっちな展開になるっ!これが俺の力だ!」
自信満々に雄叫びを挙げる藤田くん、ついに変態さんなのをカミングアウトです。
今更治らないだろうし、カミュも生暖かく応援してあげるよ……
「……ごめんヒロ、言ってる事が良く分からないんだけど」
「つまりだ、俺の周囲では何故か女子がピンクな事態になる!
 それで平常心を保てるほどタフな女性はそうそういない!
 よって、俺の結界が発動している間……空間内の女性は行動不能も同然!」
えっと、確かにあの結界(?)を食らったら平常心ではいられませんでした。
行動不能どころか思わず術で吹き飛ばしちゃったけど。
ま、その仮説自体は二度も体験してるし否定し切れないけど……
「……ねえ、それって男性である篁理事長に効くの?」
「……むしろ効いて欲しくない」
「ていうか、カミュのそばにこないでよ」
「そ、某も同行は遠慮願いたい」
「というわけで、ヒロはしばらく半径5m以上離れること!」
じりじりと円を描くように後ずさり、藤田君を遠巻きに眺める一同だった。

さて、さすがに遅いからと各自が一旦帰宅して……

A 時刻は7時、カミュは祭事の準備を手伝いながら話をしていた。
B 夜中の11時、ニュースで浩之は突然の企業合併のニュースを見る羽目になった。
C 深夜2時、志保は情報収集のためにある人物と接触していた。
D 早朝6時、朝一番で起きたトウカは黙々と素振りをしていた。

142 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 16:30:00 ID:89e9v+9m
A

143 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 17:55:00 ID:AZQrb1nZ
「カミュ~奥にあった分はこれで全部かしら?」
「ええと…あと2,3箱はあったよ。」
「じゃあ、こっちに持ってきて頂戴。」

という訳でカミュだよ。いまカミュは家の倉から爆竹を運び出してるところなんだ。
神社に置いてあったじゃないかって?甘いね。
ウチと神社を結ぶ道路全てで、いや、もう街中で破裂音を鳴り響かせるのがこの町での嗜みなんだよ。

「ふぅ…これで全部だよ。あぁ重かった。」
「ご苦労様。お茶淹れて上げるから一緒に休憩しまょう。いい羊羹を頂いたのよ。」
「わ~い」

「ところで姉様。今年の祭りって…何かいつもと違うところってあるかな?」
「なぁに?急にそんなこと聞くなんて」
「まぁ…なんとなくね」
「そうね…今年は、寄付金がいつもよりかなり多く集まったかしら。
 それに…首位攻防戦の篁の試合が、すぐそこのうたわれフィールドで重なるとあって
 恐らく明日は大騒ぎよ。楽しみだけど、ちょっと不安ね。」
「………」
その寄付金って…多分篁理事長の手から出てるんだよね…
何が狙いなんだろ。一体。
「まあでも明日はお祭りなんだよね。なんだかワクワクしてきたよ」
「カミュもこの街の子だな。」
「あ、父様」
「いや、いかんな、年甲斐も無くワシまで熱くなってきたよ…ククク…
 また熱い“祭”の血が滾ってきやがったよ・・・」

A 翌日早朝へ
B 翌日夕刻へ
C さあ、魂荒ぶる“祭り”が始まるゼ!

144 名無しさんだよもん 2004/02/06(金) 17:56:00 ID:PFpP5A+l
C

145 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 19:05:00 ID:MZoFBgbu
hosyu

146 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 20:50:00 ID:rafki3SX
 ついに祭りの日がやってきた。
 昨日はいろんなことがあった。おそらく理事長は今日行動を起こすだろう、
 大神様の力を悪用させてたまるものか。

 朝食を済ませ外にでる、いつもより早い時間だ。
 今日は祭りがあるので学校も午前中で終わる、街の容貌は祭り一色に染まっていた。
(祭りは夕方から…理事長の企みを止めないと)
 今のところ理事長が行動を起こす様子はない。

 長い坂道を登り終え学園の正門をくぐる。
 授業が始まるまで時間がある、どうしようかな。

 A 解読した古文書を受け取りに宗一さんに会う
 B 授業が始まるまでおとなしく教室にいる
 C おじさまのいる職員室に行く
 D 部室に行ってみる

147 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 20:52:00 ID:1PqpE8vr
Aで出番確保

148 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 21:39:00 ID:rafki3SX
 そういえば宗一さんに古文書の解読を頼んでいたんだっけ、
 あれから色んなことがあったから忘れそうになっていたよね。

「宗一さん、どこにいるのかなあ」
 いったいどこにいるんだろ…・…あっ、いたいた中庭のベンチに座っている姿を発見。
「おはよう、宗一さん」
「よおカミュ、きっと来てくれるってしんじてたぜ」
 もしカミュが忘れていたらずっとこのままだったりしてね。
「解読終わったぜ、一日で仕上げるのは中々骨が折れる作業だったぜ。
 これが解読した古文書だ」

 宗一さんから渡された古文書を読んでみる。
 どうやらこれは結界の儀式の正しい順序を記したものだった。
 現代語訳されているとは難しい内容だなあ。ディーが見たらすごく喜ぶかも
 あまり今回の件に関係ないかも……いや、あった。儀式を行う場所が、
 学園のどこかに大神様を祀る神殿の入り口があるみたい。

 A 教室にもどる
 B 宗一に神殿の入り口の場所を調査してもらう
 C 宗一にラストリゾートについて聞いてみる

149 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 21:39:00 ID:uk+S8HuE
「宗一さ~ん!解読できた~!?」
「ハァハァ・・・手こずらせてくれたわね・・・ニンゲンの分際で・・・あら?ちょうどいい所に来たわね、今出来たところよ!」
宗一さんの部屋を訪れてみれば、中にはスラッと綺麗な長い髪とスタイリッシュなプロポーションのお姉さんが居ました・・・
(ってかどちらさん!?ふわっとした感じの姉さまとは正反対でキリッとした感じのおねーさんだけど・・・でも美人・・・)
「ほらほら、そんなとこに居ないで入ったら?」
「・・・え~と、お邪魔します・・・ってか、おね~さんだれ?」
「ふふふ、気にしないで・・・私の名前はルミラ・・・それにしてもかわいい子ねぇ、食べちゃいたいくらい・・・」
ゆったりとあたしの頬をやさしく撫でてくる・・・あぁ・・・なんか変な感じ・・・ドキドキ体温が上がって・・・クラクラしちゃう・・・
そんな空気を打ち破るがごとく部屋の隅でデッカイ簀巻きがのたくる・・・
『ふぐ~、もがぁ~!オデノデガン・・・オデノデガンゲエゼ・・・』
「ちぃ!!もう目が覚めた・・・執念だけは立派だけどそれは私も同じよ!今いいところなんだから邪魔しないで!ハァ!!!」
『ドゴッ!!』渾身の力で目一杯簀巻きを蹴りつけるルミラ姉様・・・グッタリと簀巻きが動かなくなるのを確認しながら
「とんだ邪魔が入ったわね・・・続きはまた今度、はい、これが解読した中身よ・・・読んで見なさい」
と、レポートを手渡してくれる、読んでみると驚愕の中身が!!

A 魔王雅史復活の儀について
B 出番無き者たちの怨念を束ねて選ばれることのなかった世界を作る儀式ついて
C すんげ~官能小説・・・うわぁ801だ!
D ・・・これ、どこの言葉?前より読めなくなってるんですけど・・・

150 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 21:41:00 ID:uk+S8HuE
負けた・・・A

151 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 22:03:00 ID:7DPua8sy
危ないなぁ(w

152 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 22:45:00 ID:mARJrdwd
とりあえず教室に戻ってきた。今日は半ドンだし、
先生方まで祭りを楽しみにしてるから流し気味な授業だろうな。
「お~い、カミュちゃん」
と、藤田君だ。丁度いい、今分かったことを話しておこう――

「…はぁ、秘密の神殿…ねぇ。
 古文書なんだろ、それ。なんで学校のことまで載ってるんだ?」
「ええとね、宗一さんが注釈を付けてくれたんだよ。
 北の大学部の工学部の棟近くの森の置く深くに、洞窟に擬装した入り口があるんだって」
「へぇ…でも数百年前の本だろ。あてになるのかなぁ…
 でもまぁ、それしか手がかりは無いのかもしれないし…」
「でも、何か面白そうだよ、行ってみよう!」
「そうだな。じゃあ…

A さぼって二人で行ってみよう。夕方まで時間無いし
B 万全を期して放課後になるのを、待ってフルメンバーで乗り込もう
C やっぱり行くのはやめとこうか

153 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 22:49:00 ID:+9O72Lnn
もちB

154 名無しさんだよもん 2004/02/07(土) 23:57:00 ID:bgsqTvaN
保守されたかと思いきや投稿かぶったりよくわからないスレですね

155 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 00:00:00 ID:j9oZVWgf
>>155
人がいたり、いなかったり
それがこのスレの醍醐味ですね

156 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 00:37:00 ID:FRD4yxm3
というわけで放課後だよ。
カミュと藤田君の他に、親友の二人、トウカさん、おじ様とベナウィ先生にクロウ教官。
それと志保さんに芹香さんとその執事さんまで。
「ちょっと集まりすぎじゃないかなぁ…」
「まぁ石橋は叩いて渡ったほうが安心だろ、サクっといって速く戻ってこようぜ」

1時間後、カミュたちは森を掻き分け、洞窟の入り口まで来ていた。
「ふぅ…当時の地図と殆ど地理が変わってないってのも凄いな…」
「ここら辺…精霊たちの動きが少ないよ… なにかあるんだ。やっぱり」
「まぁあれこれ議論しても始まらない…私が先を行こう」
おじ様が先行してマグライト片手に洞窟に入っていった。
「殿は私が務めましょう」
そういってベナウィ先生が、工学部棟の裏に捨ててあった
長めの鉄パイプを弄びながら洞窟入り口の横に着く。
さて、カミュも行きますか…

「・・・?」
洞窟内に入ってすでに4,50分が経過してる。…おっかしいなぁ。
「どうしたカミュちゃん?」
「うん…

A さっきここ通らなかった?
B ここに正方形の出っ張りがあるんだけど
C ポシェットが落ちてるよ
D 白骨が足元に――!!

157 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 00:40:00 ID:+PU6TksZ
御約束だけどA

158 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 00:41:00 ID:k2LIe5Fw
Dで殺伐!!

159 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 00:53:00 ID:NqFrpkZH
「さっきここ通らなかった?」
「や~ね、カミュちゃん。そんなお約束な展開あるわけないじゃな~い」
「………」
「志保、先輩もそんな気がするって言ってるぜ」
「お嬢様が仰られるなら、間違いないでしょうな」
「なんらかの術でしょうか……カミュ殿、芹香殿、破れますか?」
「うん、やってみる」
「……」
カミュと芹香さんは、できる限りの術や魔法を使ってみたけど、どうも効果が無いみたいだった。
「カミュ、どうやらこれは魔法的なものでは解けない結界の類のようだ」
「総大将、じゃあ、どうやって解くって言うんです?」
「そうだな……それなら」
おじ様が言おうとした瞬間、結界に亀裂が入った感覚が!
「外から誰かが結界を破ったよ!」
「カミュっち、誰だかわかりますか?」
「うん、あれは……

A.学校一のヘンタイ北川君だよ!
B.目立たない研究者のディーだよ!
C.出番を作ろうとしてる宗一さんだよ!
D.神社にいたはずの往人さんと観鈴さんだよ!
E.お姉さまの親友、カルラさんだよ!
F.出来ない事なんて無い!キムチの神様だよ!

160 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 00:54:00 ID:UMugPUcB
C

161 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 02:13:00 ID:FRD4yxm3
「宗一さんが結界を壊してるんだよ!」
「おお、壁だと思ってた部分が、突然通路になったぜ!」
「うむ。では進むとしようか。クロウ、用心しろよ」

さすがエージェント。思わぬところで役に立ってくれるじゃない。
まぁ時間が無いから構って上げられないんだ。ゴメンね。

「お~い、みんなどこだ~?」
そんな声が反響と共に聞こえても気にしない・・・。

その新たに出来た通路をひた歩いていると、突然開けた場所に出た。
ここは…?おじ様がマグライトで周囲を照らす。しかし、何も見えない。
「う~ん、ただの行き止まりの空洞なのかな…」

A 「いえ、こちらから風が吹いています」ユズっち、ナイス!
B 「おお、この壁が脆そうだぜ!」クロウ教官大暴れ
C 「しかし疲れたな…」と浩之が寄りかかった壁に秘密スイッチが!
D ?ムックルが何かのニオイを嗅ぎつけた?

162 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 02:44:00 ID:iTmM6I3D
cで!

163 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 07:38:00 ID:pi6N/VYG
ガゴッ!
「……ガゴッ?」
壁にもたれた藤田君の後ろで鈍い音が鳴る。
ゴゴゴゴゴ……
鈍い振動と共に部屋全体が揺れ動く。って……
「こ、これは!?」
「どうやら部屋全体にかなり複雑な仕掛けが施されているようですね」
さらっと状況を解説するべナウィ先生。
……そうか、なんか行動が迷走すると思ったら
カミュ達には解説兼進行役が足りなかったんだね!
感心してる間に前方の壁がゆっくりと左右に開かれていく。
「ここを進めばいいわけか。藤田君、お手柄だった」
「いや、偶然ですよ、偶然」
「謙遜とかじゃなくて本当に偶然なのよね、ヒロの場合。
 ……あ、なんか煙たいと思ったら天井から砂が降ってきてるんだ」
「天井……砂……いかんぞ、皆様!」
セバスチャンが叫んだ!
「以前、芹香お嬢様に頼まれてカイロまでミイラを取りに行った時に
 ピラミッドの中でこれと同じ状況に遭遇した事がありまするっ!
 ここは聖地……盗掘者を懲らしめる為に、正規の手続きを踏まないと

A 天井が降りてきて、進むか退くかしないと押し潰されますっ!
B 人にのみ有毒な塵を撒き散らし、内部を傷付けることなく我々を抹殺しますっ!
C この砂状のナノマシンが通路…いや、文明すら破壊し始めますぞっ!

164 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 08:06:00 ID:LdXVN6XQ
C

165 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 10:49:00 ID:7rg9XP7r
ターンAかよ!w

166 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 12:07:00 ID:9V14EhQg
「この砂状のナノマシンが通路…いや、文明すら破壊し始めますぞっ! 」
「「「「「「「「「「な、なんだってー!」」」」」」」」」」
ずざーーーーーーーーーーー!
逃げろおおおおおお!セバスチャン以外皆散って逃げる。
「うおっ!」
セバスチャン砂被って……止まった?
ざっ。
砂もセバスチャンも止まった……。
「……………」
 一分経過。 みんなで砂とセバスチャンの場所を覗いてみる。セバスチャンはじっと遠くを見つめている。
「………」
 二分経過。 セバスチャンは石のように動かない。他にもこれといった変化は無いみたい。
「………」
痺れを切らした藤田君がセバスチャンに叫ぶ。
「おいセバス。何も起こらねーじゃねえか。」
「…………」
「素直に間違ってましたって言えよ!」
ってあれ?何か、おかしい?…………もしかして、

A 「いいや間違っておらん。もう一回間違えたらこのマシンがいっせいに動き出すんじゃ!」
B 「違っていたが嫌な事が起こったようじゃな。何故お嬢様が藤田殿の口調になっているんです?」
   と何故かカミュが口走ってた。
C あらやだ全部通路が崩れて落とし穴ー?
D 藤田浩之は『助平空間』の持ち主だった。もう言わなくても解るよね。
E 「エーこちら番人こちら番人。老人の肉体をのっとりましたどうぞー」
F へんじがない。ただのしかばねのようだ。

167 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 12:10:00 ID:UMugPUcB
Aかな。

168 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 18:43:00 ID:myfG+j2Q
「いいや間違っておらん。もう一回間違えたらこのマシンがいっせいに動き出すんじゃ!
 カイロのときは来栖川の精鋭を集めた解析班が決死の作業で拡散を食い止めたが
 それでも結局無事に帰れたものは私のほかにはおらんかった……」
「……マジ?」
「不用意に動くでないっ!!」
砂の中から這い出してきた志保にセバスチャンが一喝する。
「そうですね、次に発動すれば我々の全滅は免れないでしょう」
「…………」
「違うよ先輩、カイロで全滅したのは先輩が悪いんじゃない。
 こんな危ないものが地上にある限り、いつか誰かが犠牲になるんだ」
「こんな時にも女の子に一声かけるのを忘れないなんて……流石というべきかな?」
「それでセバスチャン様、これはどうすれば良いのでしょうか?」
首だけ出して砂に埋まっているウルトリィが、それでも落ち着き払って問いかける。
「あ、それなら古文書に書いてあるんじゃないかな?」
思い出したように……いや、事実思い出したのだが
カミュは古文書をめくり、神殿への道程について書かれた項目を探してみる。

A 翼持つ少女の祈りが必要である
B 翼持つ少女の血が必要である
C 翼持つ少女の下着が必要である
D ……だめだ、この古文書には載っていない

169 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 18:55:00 ID:Yruwab+I
C

170 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 22:20:00 ID:TVovdsNy
・・・あれ?ウルトってこの場にいなくねぇ?

171 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 22:34:00 ID:UMugPUcB
>>157を見ると確かにそうだが
その前の選択肢ではフルとしかないし
どうしたものか

172 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 22:57:00 ID:TVovdsNy
そもそも、セバスチャン以外は、砂から逃げているはず・・・
ってことは、ウルトリィは
A端からいたさ!逃げ遅れただけ。
Bなんと砂の下からご登場!
C誰かの変装ですよ!(キャラ指定)
D幻覚だ!姉恋しさに見ただけさ。

173 名無しさんだよもん 2004/02/08(日) 23:04:00 ID:UMugPUcB
Aで

174 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 01:01:00 ID:swK48g+b
「なになに…秘密通路を通るには…翼を持つ少女の下着を』…て何これ!?
 ていうか平安時代に下着なんてあったの!?」
「カミュ…その本、何故貴方が持っているの…?」
静かな怒りの声。う゛。そういえば内緒で持ち出したんだった。

「い、いやそんなことより、今はここを何とかしないと!」
「って言っても、翼を持つ少女って…」
あれ?みんなの視線がこっちを向いてるのは何で?
「カミュちゃん…悪いがみんなを助けるためだと思って…」
「カミュちー、脱ぐ!」

ちょ、ちょっと待ってーー!確かに薄暗がりだし見えないかもしれないけど…
そんなの駄目ーー!!
そんなこっちの心境などお構い無しに、包囲の輪を縮めてくる周囲の面々。…怖い。
「来ないでーーー!!」
反射的に、カミュは飛行して、皆の囲みを脱し、もと来た通路を逆送していた。

「ひどいよ、みんな…」
そこそこ離れた場所の岩に腰掛けて、ここ数日のことを思い返してみる…ロクなこと無かったなぁ…

A こつん… 足音だ、誰!? *メンバーから指定
B ゴゴゴ… 大地が鳴動する。な、何が起きたの!?
C あれ…カミュのパンツが触れてる箇所の岩が青色に輝き始めてるんですけど…!
D いいや、帰っちゃえ。

175 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 01:04:00 ID:FmwAHzlV

つまりナノマシンの反応。

176 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 19:02:00 ID:aJDmTF+N
急に周囲が青白く照らされる。
「あれ…?」
光はカミュの座った岩から溢れている…って、まさか……
本当にカミュのパンツの力でこんな風になっちゃってるの!?
「…………」
恐る恐る立ち上がり振り返ると、予想通り岩の上は
カミュのお尻の形に青く光を帯びている。
ど、どうしよう……

A 仕方ない……カミュ、脱ぎますっ!
B 藤田君の結界の力さえ抑えれば、まともな解除方法になるはず……
C 家に帰ればタンスにカミュのパンツがあるよ!急いで取りに戻ろう!

177 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 19:08:00 ID:4spM2ZXf

178 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 19:27:00 ID:cRtPLmpi
藤田君の結界の力さえ抑えれば、まともな解除方法になるはず。

何だか、カミュは女として生まれてきてはいけない運命的美少女な人生を
歩んでいる気がしてならない。
お尻の形で光っている岩なんて、投げやりなタイトルで売られた中身の無い
ぴーひゃらぴーないかがわしいゲームな展開と同じ匂いがする。

「精神を統一させて、」

雑念を打ち払い、体内に眠っている魔力などを、放出しろーと念じまくる。
カミュの体中心に黒い空間が生まれる。拒絶空間かな、じゃないカナ。
次第に、岩は尻から光一面に変わっていく。OK、神秘的な仕掛けの解除法の
馬鹿一を何とか踏んだ。
岩は次第に消えていく。きっと、実体はあるのだろうが解除したら
すーっと消えていく、科学ざまーみろぼーけ、な仕組みなのだろう。隠し階段と同じだよ。

さて、

 A 藤田君が駆けつけてきた
 B みんなが駆けつけてきた
 C 一人で進もうかな
 D 歌でも歌って気分転換、でも

179 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 19:34:00 ID:M+yDRbDO
B

180 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 19:47:00 ID:v5f2zmvW
カミュ変身すんのか?

181 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 20:04:00 ID:cRtPLmpi
変身じゃなく、一時的に空間を断絶したというか。
分かりづらくてスマソ

182 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 20:10:00 ID:swK48g+b
あれから10分、駆けつけるなり謝り通しだった皆に「気にしてないから」と告げた後、
全員で消えた岩の下にあった空洞を眺めていた。
「これは一体なんなのでしょうね」
とベナウィ。
「なんとなく分かるよ…そう、カミュには分かる。
 カミュの黒い羽が教えてくれるんだ。危険なものじゃないって」
「カミュ?」
ウルトが訝しげに尋ねる。――が、カミュは続けた。
「そう、この洞窟は危険じゃない」
呟くようにそういった後、カミュはそうするのが当然だ、とばかりに孔に手を伸ばす。
小さな右手はすぐに孔に隠れてしまった。

「ここの場所は神殿とこの本には記されているよね。  
 じゃぁおじ様、神殿。とはどういう言葉を指すの?」
「…神をまつる御殿の事だろう」
伺うようなハクオロの言葉だったが、それにも構わずカミュは別人のような口調で話し続ける。
どこか目も虚ろだ。

「そう、ここは我ら有翼人の神の鎮座まします場所
 そしてここに祀られている神とは、その神の化身たる――」
瞬間、閃光が爆ぜた。
そして、一拍置いて、カミュの右手が引きあがる。そこには

A 勾玉
B ポン刀
C 盃
D 羽根

183 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 20:35:00 ID:vZ69y900
A

184 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 21:09:00 ID:swK48g+b
そう、その手に握られていたのは埼玉県の県章であるところの勾玉だった。
「それは…何ですか?」
「大神様の化身とされているモノだよ。大掛かりな罠も結界も、全てはこれを隠すために在ったってコト」
そういわれたおじ様はカミュの手にある勾玉を凝視する。
いや、その表情は仮面に隠れ、知るすべは無いんだけど。

「ふ…む。私の仮面と同じ材料か?コレは」
ハクオロの言葉に、其処に居た全員が驚いた表情を浮かべる
「そ、総大将、ってえ事は…総大将の仮面は、平安の時代の遺物てえ事ですかい?」
「そう…なるのかな。 …私の記憶はこの仮面を付けて
 この街のトゥスクルさんの家の前に倒れていた所からスタートしている。
 事実は分からないが…私にはそう思える」
意外…だが信じられないほどではない。そんな顔を皆が浮かべているのが分かる。

「カミュ…貴方、さっきこの勾玉について知っているようなことを話してなかった?」
え!姉様が唐突に口を開いた。
「うん…さっきはよくわからないけどアタマの中にブワ~~ッとヘンな記憶が溢れて。
 今はほとんど覚えてないよ、ただ、それが何なのかは、ギリギリ」
「わかるの!?」
興味津々な皆が一斉にこっちに一歩踏み出す。う゛。
「ええと…その勾玉は…

A ウィツ様の牙を加工して…
B オーパーツとして当時の大地から…
C 仁義礼智忠信孝悌の文字が浮きでるんだよ
D 大神様の涙が固まって…

185 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 21:11:00 ID:h9cRAUat
B

186 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 21:48:00 ID:sNTP7Da8
「オーパーツとして当時の大地から……
 そう、平安時代にオーパーツとして見つかった
 それよりももっともっと昔に作られたものみたい」
「平安よりも過去……?」
「勾玉ってそもそも平安より前のものなんじゃない?」
勾玉を指でつつきながら志保さんが訊ねてくる。
「うーん、そうなんだけど、なんて説明すればいいのかな。
 こう、平安の時代にこの勾玉を見つけた人が驚愕してる……
 そんな感じのイメージがカミュの頭の中に広がったんだよ」
「そうですね……あるいはこの勾玉のおかげで
 封印の儀そのものが可能になったのかもしれません。
 原理が分からないまま効果だけ利用していたとすれば
 今で言うオーパーツのような感じにはなるでしょうね」
「……………………」
「魔術の研究は現代より中世のほうが進んでいました、か。
 先輩もどうやらべナウィさんと同じ意見のようだな」
うーん、ほかに覚えている事と言えば……あっ!
 
A おじさまのとそっくりな仮面があったような
B 狩人さんがなんたらって妙な歌を歌ってる人が……
C 脱がない女のお医者さんがなんか喋ってた
D あまつびと、とか呼ばれている人影も感じたような

187 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 21:51:00 ID:7tMRJ780
Dって何だ?

188 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 22:03:00 ID:ZXUXwuWg
Bで。

189 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 22:04:00 ID:sNTP7Da8
>>188
このままだと神奈備神社の存在が忘れられそうなので
AIRのDREAM編に繋がる選択肢を加えようと思ったんだけど
どうにも上手くぼかす表現が思いつかなかったので
苦し紛れにググって書いたんだけど、分かりにくかったらすまんかった。

……ところで一応>>188には英字が含まれてるけど
ここは文脈的に選択ではなく質問とみなして189になるんだよな?

190 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 22:04:00 ID:swK48g+b
airの翼人に関する話では

191 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 23:52:00 ID:ci81ha0T
「狩人さんは おばかさん
 やまどり追いかけて
 ゆみづる~~~~
 きってしまったの~~~
 だけどね……
 やまどりは狩人さんが大好きなの」
「カミュちゃんどうした!?いきなり電波でも来たのか!?」
「違うの、この歌をうたった人…さくやさんと…あと2人で、凄い事をしたの」
「凄い事?カミュ、それは勾玉に関係あるの」
「うん……三種の神器って知ってるよね?」
「天叢雲剣(アマノムラクモノツルギ)、八咫(ヤタ)の鏡、八尺瓊(ヤサカニ)の勾玉のことですね」
「大将、数学教師じゃなかったんですかい?」
「ベナウィ先生って言ったら、知恵袋で有名ですよ、クロウ先生」
「カミュ、まさか、この勾玉がそうなのか?」
「うん、そして、さくやさんたちは、これや剣、鏡を使ってウィツァルネミテア様……

A.を復活させたの
B.を制御する事に成功したの
C.を封印したの
D.になったの

※さくや以外の2人を選んでください
a那須大八郎
bミコト
c神奈備命
d悪七兵衛景清
eムツミ
f裏葉
g八尾比丘尼

192 名無しさんだよもん 2004/02/09(月) 23:53:00 ID:ZXUXwuWg
D
a e

193 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:16:00 ID:WBKY6WbQ
「йжё・・・」
ぼやけた風景…。
目の前で呪文を唱えているのは、さっきのさくやさん。
両手には、しっかりと鏡が抱えられていて、それが徐々に光って……。

「лцЫ・・・」
隣では、男の人…そう、この人は、那須大八郎……。
狩人さん、と呼ばれている人……。
剣を掲げて、呪文を唱えている……やっぱり、光っていく剣。

「КБЖ!!」
そう、そして、私……私、ムツミが勾玉を握り締めて、呪文を完成させた。

その時、光が溢れて、光に満ちて………。

気がつくと、勾玉と黒い翼を持った私は、黒いウィツァルネミテアを見ていた。
ウィツァルネミテア?私は、そう今呼び捨てにした……。
私…カミュは、そんなことはしないはずなのに……。
黒い翼は同じだけど、誰かと意識が混在しているの?
…このまま、溶けてしまいそう……。


A.もっと深く回想してみる
B.皆の声に目を覚ます(現代パート・カミュ編)
C.ところで、祭りはどうなってるの?(現代パート・祭り編(誰視点か、祭り参加者で指定))

194 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:23:00 ID:7xXD0w3d
無難にA

つーか主要メンバーは大抵この場にいるから
Cとか選びようが無い気が・・・誰か残ってたッけ?

195 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:39:00 ID:gjt6T5YT
>>195
観鈴・往人・梓・マナ・北川・ワーベ・リサ・トゥスクル・その他未登場キャラで祭りに来そうな人々。
案外書きやすそうだぞ。

196 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:42:00 ID:rH9wRlCr
薄ぼんやりとした目の前に、さっきの二人が現れた。
「ムツミ…打ち合わせ通りだ、行くぞ!」
「…わかってる」
カミュの声ではない声がカミュの喉を通じて声を出していた。
「落ち着いていきましょう。大丈夫です、きっと」
「うむ…では、声合わせろよ…」
そう大八郎が言った途端、一斉に息を吸い込む3人。そして紡ぎ出された言霊は…

「「「チェェェェィンジ!ウィツアルネミテア3!スゥゥゥイッチ、オン!!」」」
は?なんだかとっても場違いな台詞にカミュは思わずずっこけた。
いや、体は動かないけど、気分的に。

しかしその瞬間、『カミュの体が目の前の二人と溶け合う感覚』がカミュを包んでいた。
何…コレ…?あたたかいような、なつかしいような、不思議な感覚…

そして、次の瞬間、光が消えうせていた。そして、カミュの手は無骨な白の甲殻じみた腕に…って!
なに、なんなの?そう、戸惑っていると頭の中にくぐもった感じではあるけどさくやさんの声が響いた。
「頼朝!外道に落ちた貴方を放置しておくわけには行きません!成仏なさい!」
それを受けて黒のウィツアルネミテアが同じくくぐもった声で返す。
「そんなことが今更出来ると思うてか?」
「ならば…死んでいただく、いけ!さくや!」と大八郎ボイスまで。

「「ああああああああああああああああああ!!」」
二体の巨獣は唸りをあげてその巨体をぶつけ合った…

A このまま回想を続ける
B 目を覚ます
C ところで、祭りはどうなってるの?(現代パート・祭り編(誰視点か、祭り参加者で指定))

197 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:45:00 ID:rc1PXaQx
Cで志保

198 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:48:00 ID:rc1PXaQx
申し訳ない…志保はここにいたんだった
では北川で

199 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 00:58:00 ID:gjt6T5YT
>>197の話ってさ・・・なんか前の話と繋がってなくね?
雰囲気ぶち壊しとかは別にいいんだけどさ、黒ウィツを召喚したって書き方だったと思ったもんで。
それに昔やった話と無理やり繋げようとしてないか?いや、自由だが。
それにムツミがウィツ化とかはさすがに原作を無視する流れかなってね・・・

200 197 2004/02/10(火) 01:12:00 ID:rH9wRlCr
俺が言えた義理じゃないが、ムツミがウィツ化とかは選択肢で決まってる。
まぁ…やりすぎた感は有るけど。

201 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 02:14:00 ID:7xXD0w3d
ところ変わって舞台は祭り会場へ、そこでは一本のアンテナがトレードマークの少年が
何やら奇声をあげながら暴れまわっていた。

「ヒャヒャヒャヒャヒャー!、祭りじゃ~、祭りじゃ~、無礼講じゃ~、ギギギギギ」

その手に溢れんばかりの爆竹が、それを次々と点火させては四方八方にばら撒いている。
いくら祭りとはいえ、その北川のあまりのはしゃぎっぷりは、他の参加者でさえも引くほどのものであった。

手持ちの爆竹を爆竹をあらかた投げ終えて、少しは我を取り戻したのか
周りの参加者から白い目で見られていることに気付いた北川は
その視線から逃れるために人気の少ない場所へと移動した。

「ふう、少しやりすぎたな。しかし祭りを一人で見てまわるってのは寂しいもんだな。
あーあ、、藤田とか来てねえのかなぁ、あいつといれば色々と面白いこととか起こりそうなんだが・・・」

ふとそこで、彼は少し前方の木の陰で話しこんでいる二人組の男に気がついた。
その怪しい雰囲気もさる事ながら、それ以上に気にかかったのが、その二人組の顔だった。

「あいつら、たしか以前に長岡のことを追いまわしてた・・・」

その時の状況を思い出す、突如頭上から落下してきた志保、柔らかい感触、オニャノコの臭い、

「ハアハア・・・じゃなくて!そう、たしか長岡が学園の危機とかなんとか言ってたな。」

あの時は冗談半分に聞いていたが、今の奴等の怪しい雰囲気を見ていると
あながち嘘ではなかったようにも思えてくる。
しばらくすると二人が移動をし始めた、その光景を見た北川は・・・

A、意を決して尾行し始めた
B、フレンドリーに話しかけてみた
C、志保に連絡をとってみた
D、とりあえず放置しておいた

202 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 02:23:00 ID:Sj8ddL7x
Cで。

203 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 05:04:00 ID:2egX8IT+
洞窟に携帯とか通じるんだろうか?

204 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 10:22:00 ID:HA/b4O2+
「えい。」
とるるるるるるるる、とるるるるるるるるる
『お客様のおかけになった電話は残念ながら……』
当然通じない。
「あれ?電波切れか?てかこういうときは手入力で」

そう言うと
「ほあたたたたたたたたたた」
奇声上げながらボタンを押しまくる北川(バカ)。
「ほあっちゃうう!」
そしてオンフック。

でも長岡志保の声は
『お客様のおかけになった電話は残念ながら……』
当然聞こえなかった。
「気合入れてマニュアル入力でも駄目、か。本格的に電波が届かないところに居るっぽいな」
やっぱり何かとんでもないことやってるのか?

そんな事してると…あ?…ありゃなんだ?

A相沢!我とともに爆竹絢爛舞踏に!
Bええと、倉田先輩、と、その爆竹塊は………川澄先輩?
Cあの、秋子さん、それって爆竹なんですか邪夢なんですか?
Dなんだなんだ時速40キロで寝たまま誰か突っ込んでくるぞー!

205 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 10:25:00 ID:QMNc4nm0
A

206 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 11:05:00 ID:HA/b4O2+
「らしくないなー北川」
すると身長以上のバックパック背負った相沢がやってきたわけですよ。
だからいつもの”言葉でネタ、目線でマジレス”で話すことにする

「相沢、どうして?」
(てかその背中の爆竹なんなんだよ?)
「お前と同じく爆竹祭りだ。たまには女子高生にも投げたりしてるがな、(重さに)我慢できなくなってな。」
(てか問うな。あの秋子さんの家に居候してるんだ。)
「相沢!」
(なるほど。苦労するな。)
「北川!」
(てな訳で消費しろ。)
「「 や ら な い か 」」
(ただで使えるのに使わないわけが無いだろう)
「激しい一面もあるぞ。たっぷり30キロは使うといい」
(てかこれのほかにノルマあと200キロあるから寧ろ使え)

合わせてないのにネタが合ったから、もうこれ以上言葉は不要だったわけで。

Aあそこでこそこそしている二人に爆竹攻撃
B寧ろ二人で爆竹特攻。
Cそこに丁度よく4次元ポケット所有の逝ってる少女が
Dお互いに爆竹欲をもてあます。

207 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 11:06:00 ID:EECOqgFe
B

208 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 12:36:00 ID:QrQHQwMl
「相沢伍長、爆竹を装着せよ!」
「了解であります北沢軍曹!」
「狙いは3時の方角、辛気臭い2人組のオッサンだ!点火!神風特攻ぉぉぉぉぅ!」
「おかあちゃーーーーーん!」

爆竹をこれでもかとばかりに身に纏った少年2人は、例のオッサン二人組に特攻をかけた
ドパパパパパパパパン! パパパパパパン ドッゴォォォォォォン!

「熱っっっっっっちぃーーーー!ちょっと待て相沢、一本ありえない爆発を起こしたぞ!」
「気にするな北川、ただのハズレだ。」
「ハズレすむかアホ!普通の人ならバラバラになるぞアレは」

どうやらギャグキャラポジションのおかげで助かったらしい
というかそのポジションのせいでこういう目にあっているわけだが・・・
そして、そんな光景をオッサン二人組は訝しげな表情で眺めていた。

「おいお前等、騒ぐなら他所でやれ、こっちは今取り込み中なんだよ。」
「おい、そろそろ時間だ。行くぞ。」
「ああ、そうだな。」

そう言い残すと、二人組は会場の外に向かって歩いていった

「何だあいつら、つまんねーやつらだな。そう思わんか北川?」
「ああ、そうだな。」

祐一の言葉に適当な相槌をうちつつ、北川は奴等の事について思考を巡らせていた

209 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 12:37:00 ID:QrQHQwMl
「そもそも、あいつ等一本も爆竹持ってなかったじゃねーか、本当に祭りを楽しみに来たのかね?」
「そういえば・・・」

そう、その通りだ。つまり、祭りに来ることが目的ではなく、何か別の目的があった。
それにさっき、時間がどうとか言っていたな、何か他に行く所があるのか?
奴等が向かって行ったのは・・・学園の方角?「だー!ウダウダ言っててもしょうがない、気を取り直して次に行くぞ北川!・・・おい、北川?」
「なあ・・・相沢・・・」

「出番、欲しくないか?」


俺はこれまでの経緯を相沢に説明した

「学園の危機ねぇ・・・にわかには信じられん話だな。」
「まあ、情報の出元があの長岡だからなぁ、俺もまだ完全に信じきったわけじゃないんだが。」
「確認ついでに連絡をとってみたらどうだ?お前確か学園中の女子の携帯番号を把握してるって
自慢してたじゃないか、それなら志保の番号だって知ってるだろ?」
「一応、さっき連絡しようと試みたんだが、あいにく電波の届かない所にいるらしく、繋がらないんだ。」
「何だ、そんな事か、それくらいなら問題ないだろ」

そういうと祐一は

A、おもむろに爆竹入りのかばんの中から怪しげな機械を取り出した
B、北川のアンテナと携帯電話を線で結びだした
C、通行人を生贄に志保を特殊召還
D、神主の国崎に何かを頼みこんだ

210 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 12:39:00 ID:QrQHQwMl
改稿ミスった・・・。_| ̄|○

211 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 13:20:00 ID:ub/icMQ8
こっちは手薄なのでCにしておこうw

212 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 14:29:00 ID:W5NjINtz
「通行人を生贄に志保を特殊召喚する」

今言ったことが現実的な理論を跳躍しすぎたせいで、理解するのに時間を要した。
DQNなことをさりげない顔でさらりと言う。
確かに爆撃はしたが、生贄の為に罪無き争い無き国に生まれた市民を生贄にするのはどうかと思う。

「ば、馬鹿じゃねえのお前!? 罪無き通行人を爆砕する気かっ!?」

「馬鹿だな北川、俺たちは完全中立だ。学園側、町人側、青門組側。どれも属していない」

「少なくとも町人であるし学園側だろうが貴様! 何が青門組だよ!」

頭を抱え出す相沢。一体こいつは何だというのか、理性というのがちゃんと
脳みそに詰まっているのだろうか。

「ま、まあ、俺たちは自由に生きる侍、だし」

「お前最近何のゲームした!? あ、あぁっ! 善良な一般市民がっ!」

畜生委員長いびってたらこれかよー、と吹っ飛んでいく。しかも三人組。
目が合った分、破壊知れない罪悪感が、腹の中に岩が座りこんだような感覚を覚える。

「出来たぞ! ほれ見ろ、召喚されたことが余りにも貴重な経験なんで
呆然としている。彼女は俺たちに感謝しているも同然だぜ」

「そりゃ呆然するよ! お前馬鹿だろ!? わざとだろ!?」

 A 何ここ? と志保が聞いてきた
 B いきなりキレて襲い掛かる志保
 C ぶっ倒れる志保


213 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 14:42:00 ID:WO87lQu2
A
マジで何処なのー?

214 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 14:57:00 ID:Lg4t754e
侍道2か…偶然この前買ったばかりなんで驚いた(w
辻斬りばっかやってます

215 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 15:07:00 ID:WO87lQu2
「何ここ?」
志保は呆然としている。

「あの、北川さん?」
「何じゃね長岡の志保ちゃん」
「もしかして遺跡で失敗して飛ばされました?」
「いやってか、遺跡?それってあの世界の命運とか言ってる」

志保は焦りまくっている。
「そうそれ!答えて!あたしは何で此処に居るの?その理由によっちゃ世界が滅亡確定するのよ!」
「おいそれって……」

相沢が正直に解答した。
「てか俺が特殊召喚した。」
「うん、この相沢があと200キロはある爆竹を今日中に消費しなければならないとヒーコラ言いながら」
「別にヒーコラとは言ってないぞ」
「まあ俺の制止にもかかわらずこいつがそこらへんの3人組を生贄にしてってあの、志保様?」

つい志保様と言いたくなるようなオーラ(殺気)が志保の周りに、俺たちにとっては大変残念なくらい集まってきた。

「・・…………………」
志保は震えている。

A嫌嗚呼あああああ!どの道ナノマシンが文明破壊いいいいい!
Bよ・く・も・このタイミングで召喚してくれたわねー!
Cよく見たら女物の下着が手に握られていた。
D(無言で相沢を撲殺。爆竹と北川奪取後遺跡に)

216 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 15:23:00 ID:AW0Atqzj
Aの意味がよくわからんからBで

217 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 15:36:00 ID:WO87lQu2
>>217
過去スレ読めばわかると思いますが、
手順を「もう一度間違った時点」で
遺跡のナ ノ マ シ ン が 文 明 破 壊 します。
間違わずに取り出したみたいなのでどうなるかは解りませんが。

218 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 15:38:00 ID:WO87lQu2
>>218間違えた。過去レスでした。

219 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 16:38:00 ID:416eghj+
「よ・く・も・このタイミングで召喚してくれたわねー!」
北川の襟首を掴み、ぶんぶん振り回しながら志保が叫ぶ。
「世界の存亡がかかるナノマシンをトラップに使うような遺跡よ!?
 そんな文明の進歩の序列ぶっちぎった超古代遺跡(?)を探索する、
 この志保ちゃん一世一代の大スクープのチャンスを台無しにするなんて!」
「ぐげ、苦しい、苦しい!」
志保が腕を振るたび北川の触覚が前後に揺れる。
「しかも、今皆がそんなデッドリーな遺跡探索してんのよ?
 あたしが呼ばれた事で何か起きたりしたらどうするつもりだったのよー!?」
「知らなかったんだからしょうがないだろ!
 それに、どうしても長岡を呼ばなきゃいけない理由があったんだよ!」
「え?何?」
志保がぱっ、と手を離したせいで北川が尻餅をつく。
「いたた……いやさ、お前の言ってた学園の危機とかいうのに関わるかもしれないんで……」

二人は互いの記憶を照らし合わせつつ、先ほど見かけた不審な二人組の話をした。

「……それって、もう理事長の手下が動き始めてるって事じゃない!」
「ほ、ほら、なんか知らないけど大事な事だったろ?」
「やっぱり多少の犠牲を覚悟してでも召喚したかいがあったな」
「世界の存亡が多少になるわけないでしょ!?
 ま、結果として助かったのは確かだからお礼は言っとくわよ。
 さてと……」

A この危機を伝えるために急いで遺跡に戻らないと
B 遺跡はあれだけいればなんとかなる、私達は不審な二人の行動をチェックするわよ
C 神社に行って、国崎さん達に事情を説明して儀式を早めてもらえば

220 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 16:49:00 ID:QrQHQwMl
ぐあ、割と長文ぎみのを書きあげてたら先こされた・・・んじゃAで。

221 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 17:28:00 ID:genaPX1l
「さて、とりあえずあたしは遺跡に戻るわ、また何かあったら教えてね~」

と志保が帰ろうとする所を北川がムンズと捕み、引きとめた

「待て、俺達にももう少し細かい事情を教えてくれないか?
このままでは気になって気になって安眠枕じゃないと眠れそうにないくらいなんだ。」
「そうねぇ、まあ情報をくれた恩もあるし、こうなったのも何かの縁ね。
いいわ、話してあげる。その代わりにあなた達にも協力してもらうわよ。いいわね?」

「「ああ、そのつもりだ。」」

志保はこれまでの出来事を事細かに二人に話した。

「・・・俺達の知らないところで大変な事が起きてるみたいだなぁ。」
「私も正直言ってここまで大事になるとは思わなかったけどね
こんな大事件、志保ちゃんニュース始まって以来の大スクープよ」
「それはそうと、ちょっとマズイことになったな」

今まで黙って聞いていた祐一が突如口を開いてそんな事を言い始めた

「何がだ?相沢。」

北川が疑問を投げかける

「今までの話から想像するに、二人組が向かったのは十中八九、件の遺跡だろう。
その事は藤田とその仲間達は知らないし、それを俺達が伝える手段もない。はっきり言えばピンチだな。」

すかさず志保が反論する

「で、でもハクオロ先生やトウカ先生もいるし、大勢でかかれば二人くらいはなんとか・・・」

忘れ去られるエージェント宗一・・・哀れ

222 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 17:31:00 ID:genaPX1l
「もし奴等が銃火器の類を持っていたらどうする?それに自由に動き回れるほどのスペースが無い場所では
大勢のほうが逆に不利になる場合もある、さらに言えば、自分達に対なす者を殺すことだけが目的だったなら
入り口を爆破するだけでOK、こっちとしてはジ・エンドだ。」

「そ、そんな・・・」

志保は顔を青くして座りこんでしまった。

「そして、それを止めることが出きるのは・・・」
「俺達だけってわけだな?相沢」
「その通りだ」

そういって顔を見合わせる二人、その表情にはいつものおちゃらけた雰囲気は無く、
そう、それは戦地に向かう武士のような、決意めいたものを浮かばせている

「おら!シャキッとせんかいシャキッと、こちとら時間がないんだ。」

などと言いながら祐一が志保を立ちあがらせた。いまだにその顔は青ざめている。

「というわけで長岡、お前は最短距離を走って遺跡に向かってくれ、俺達はなんとか奴等を足止めする。」
「そ、そんな、無茶よ、危ないじゃない。」
「大丈夫だって、俺達だってなにも奴等と戦おうとしてるってわけじゃいんだ、
要は時間さえ稼げれば良いんだからな。方法はいくらでもあるさ、例えば目の前でストリップ始めるとか。」
「で、でも・・・」
「悪いが話し合ってる時間は無いんだ、行くぞっ北川!」
「うっしゃ、了解!んじゃ長岡さんそっちは頼んだよ」

という言葉を残しつつ、爆竹を背負った二人の若き武士は学園の方角へ走り出して行った・・・

A、そのまま北川・祐一パートへ
B、場面変わってカミュ一行パートへ
C、志保パートへ

223 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 17:32:00 ID:vAacx1cf
C

224 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 17:39:00 ID:genaPX1l
>>224
うおっ、早いな。

225 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 20:32:00 ID:w7vGDknu
志保は息を切らせながら必死で走っていた。
一分でも一秒でも早く遺跡に向かうために。

「…………って、絶対無茶よ…………」
数分走ったところであっさり立ち止まる。
洞窟に辿り着くまでが1時間、そこから遺跡まで4、50分掛かった行程は
ショートカットして走ってもハーフマラソンは堅い。
陸上部員ならともかく、単なる新聞部員の志保が全力で飛ばし続けて持つわけが無い。
「まったく、召喚しておいて返すための術が使えないってどういう事よ……
 あー、これじゃ地下探索に合流出来ないじゃないのよ!タクシー!タークシー!!」
祭りで皆出払っているのか、人気の無い裏通りを小走りに駆けながら
やけっぱち気味に志保が叫んでみる。
「タクシーこーい!急いでるんだから、出来ればスポーツカーのタクシーッ!!」
無論本当に来るなんて思っていない。
ただ、志保は前から車を持つなら絶対スポーツカーに乗るんだ、
サングラスにノースリーブみたいなラフな格好で颯爽と走り回りたいと思っていたのだ。

だから、本当に背後からスポーツカーが来た時は目を疑った。
しかもその運転席には誰も乗っていないのだ……

226 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 20:34:00 ID:w7vGDknu
「……あー、ついに幻が見え始めたみたい。これがランナーズハイって奴?」
「残念ですが、私はランナーズハイではなく実在する車です」
「しかも無人の車内から声が……もう駄目かも……」
「無人である事は否定しませんが、あなたの脳が駄目になったわけではありません」
無人のスポーツカーのドアが開く。
恐る恐る覗き込むが、やはり誰もいない……
「失礼、自己紹介が遅れました。正確に説明すると長くなりますので
 私はミルト。この車のAIだと認識して頂ければ当面支障はないと思われます」
スピーカーから流暢なメッセージが流れてくる。
「え、AIー!?」
「ご主人様……那須宗一様の命令により、お迎えにあがりました」
「あ、なるほど。スパイ映画につきものの超装備って奴ね」
「落ち着かれたようですね。順応性が高くて助かります。
 それでは、これより……

A 全速力で直接遺跡に乗り込みましょう
B ご主人様の出番を増やすため、合流してから洞窟に向かいます
C 遺跡へ来襲する刺客を我々で返り討ちにしましょう

227 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 20:39:00 ID:/FVEdgeH
B

228 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:20:00 ID:rH9wRlCr
そーいちは洞窟ではないかね?
>162から察するに

229 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:27:00 ID:kezOLknj
>>229
色々と裏工作してるんだよ!
エージェントだからさ!

230 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:35:00 ID:gRlMtWTH
>>229
だからわざわざ『出番を増やすために』合流するんだろ?w

231 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:41:00 ID:VYKB2mod
ミルトに乗り込んだ志保は宗一と合流するために半ば強引に宗一の下に急いでいた・・・

『見えました、ここが合流ポイントです』
「へ~洞窟の近くジャン!んん~!?あんたのご主人居ないジャン?」
『おかしいですね、座標に間違いはありませんが・・・』
「ん~でも~・・・あっ、人影見っけ・・・ん~と宗一以外他に誰か仲間が居るの~?」
『いえ、出番が薄れるからと一人で合流するとの事でしたが・・・』
「まぁ、いいわ早く合流しましょ!」

そう言って人影に近づいていく・・・なにやら騒然とした雰囲気に
「ん~ひょっとしてバトル中!?」
『!?ご主人様!』
慌てて近寄る・・・

「ハァ、ハァ、譲れない!これだけは!!」
「くぅ!ニンゲンの分際でいつも、いつも、たまには私に出番を譲りなさい!!」
「いやだ!ぜ~ったい、いやだ!!この出番は俺んだ!俺じゃなきゃいやだぁ!!」
「っだあ!だだこねないで!あんたそうやっていつも出張ってんじゃない!」
「うせ~っ!!こうでもしなきゃ忘れられんだよ!出番が欲しけりゃもっと汚れろ!!!」

醜い・・・出番争い、宗一とルミラが互いに争っている。
歯型がついていたり、服が破けていたり、埃まるけになっていたり・・・
今も互いに髪の毛を引っ張りあっている。
どうも互いに手が無くなってしまったらしい・・・大量の重火器の残骸やらクレータやらと、よくも洞窟が崩れなかったものだ・・・結界が壊れたのもこのせいだろう
・・・よくみれば二人の足元には累々屍の山・・・敗れ去った負け犬達が眠っていた。
なんというか・・・後悔した・・

A リバースカード、オープン!「融合」
B 「死者蘇生」セメタリーより誰か召還!!
C フィールドに存在するもの全てを生贄に捧げ、今こそ「【千】 貧乳の神 【鶴】」を降臨させる!!
D 無視!無視!は~い、洞窟内中継の○○さん視点ですよ~

232 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:46:00 ID:dE+DkTEi
C

233 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:47:00 ID:ZTEVsmjV
「それでは、これより……ご主人様の出番を増やすため、合流してから洞窟に向かいます」

「ちょ、ちょっと待ってよ、事態は一刻を争うのよ?そんな出番狂の人なんかに
構ってる暇はないのよ!ああもうじれったい!そんな事はいいから早く遺跡に向かってよ!」

少々ヒステリー気味にまくしたてている志保、本人は一生懸命なのだが、
人が車に怒鳴りつけている姿は少々滑稽に見える、人がいたら白い目で見られることは間違いないだろう

そんな志保の怒声など微塵にも気にする様子もなく、ミルトと名乗るAIの電子音声が鳴り響いた

「ご安心下さい長岡様、あの御方は出番という物と表裏の関係にある存在です。
光のある所には必ず影があるように、私達が出演しているその裏には・・・」

「常に俺の存在が付きまとっているという訳だ。困った時にはいつでも呼んでくれ。」



なす そういち が シートのしたから あらわれた


どうする?


A、踏みつける
B、車についてるシガレットを押しつける
C、目潰し
D、首を折る

234 234 2004/02/10(火) 21:49:00 ID:ZTEVsmjV
あ、リロードしそびれた、
スマン。>>234はスルーで

235 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 21:55:00 ID:mK6ABwaA
Bのシガレットを押し付けるで

236 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 22:37:00 ID:rH9wRlCr
そんな泥仕合を影で眺める一人の少女がいた。
最も彼女もこの戦いの原因を掴んでるわけではなかったが。
そう、彼女の名は観月マナ。篁に雇われ、学内の動向を探っていた「草」だった。

「様子を察するに篁さんの敵対者のようだけど――仲間割れ?
 まぁそっちの方が都合がいいか。おあつらえ向きの生贄まで用意されていることでもあるし」
そう呟くと、宣言するように、魔術を成立させるための言葉を吐き出した。
「フィールドに存在するもの全てを生贄に捧げ、今こそ「【千】 貧乳の神 【鶴】」を降臨させる!!」 と。
醍醐から仕事を請け負った時、唯一貰った仕事道具がこの魔術だったのだった。
その時黒い閃光が辺りを包んだ。

「な、なによコレ!?」
「うをッ!お、お前の仕業じゃねえのかよ!?」
そう、彼らが打倒した脇役の面々の体が、唐突に黒く変色し、流動体になって集まり、
寄り添うように結合して、一つの塊になってしまったのだった。
流石にこうなってしまっては出番争いなどできない。二人は呆然とその黒い塊を眺めていた。
「なんだ…一体?」
近づく宗一。感触を確かめようというのか、そっと手を伸ばす。
―その瞬間。

ヒュンッ!

「うぉッ!!」
突如その黒い塊が、まるで殻であったかのようにひび割れ、鋭い爪が宗一を襲った。
しかし流石に業界ナンバーワンのエージェント。しっかりと回避を済ませ転がっていた。
そして宗一は目の前の人物を仰ぎ見る。黒の長髪。整った顔立ち。あまり起伏の無い胸部。
「知ってる」
そう、宗一ならずとも経済界に明るいものなら知っていよう。鶴来屋の社長を務める、
柏木千鶴その人が目の前で宗一を見下ろしていた。

237 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 22:37:00 ID:VJYZoswR
>>236
もちつけ
>>232
>>233でCですぞ

238 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 22:37:00 ID:rH9wRlCr
A やってしまいなさい!千鶴! どこからか少女の声が響く。
B 「久し振りですね、宗一さん」 千鶴が話しかけてきた。
C 「っていうか益々私の出番減るじゃない!」ルミラ絶叫。
D 無言で千鶴は宗一に追い討ちをかける

239 238 2004/02/10(火) 22:39:00 ID:VJYZoswR
スルーしてくれ・・・_| ̄|○ツッテクル・・・

240 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 22:39:00 ID:VJYZoswR
B

241 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 23:09:00 ID:ZTEVsmjV
「久し振りですね、宗一さん」

「ああ、久しぶりですね、鶴来屋会長、柏木千鶴さん。いや、『オーガ』と呼んだほうがよろしかったかな?」

「ふふっ、その名を呼ばれるのは久しぶりですね。呼び方は好きなほうでよろしいですよ」

何やら二人は過去に因縁があるような素振りを見せている、勿論そんな事を
我々が知る術は無いし・・・知る必要も無い。ただそこにあるのは今、彼等が敵対関係にある事、それだけだ

「恨みはありませんが、こういった状況になった以上、あなた方には死んでもらいます。」

「望む所だ、久々の大舞台、せいぜい派手に暴れてやるさ・・・行くぜっ!」


そう言い放つと同時に二人は戦闘を開始した、その奥ではルミラとマナが互いを正面に見据えて対峙している


そんな光景を遠目から眺めていた志保はといえば・・・時間がかかりそうだったので車を置いて
さっさと洞窟のほうへ走り出していた。

「まったく、構ってらんないわ、こちとら忙しいのよ!待っててね、ヒロ、カミュっち、今行くわ!」


そして志保は・・・


A、洞窟にたどり着いた
B、洞窟前で対峙しているオッサン二人組と祐・北コンビを発見した
C、誰かに呼びとめられた
D、洞窟の入り口が塞がっている事を発見した

242 名無しさんだよもん 2004/02/10(火) 23:12:00 ID:FA06Mau8


243 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 00:06:00 ID:nSGu1Ii2
先ほどの戦場から少し離れたところで、志保は何者かに呼びとめられた

「お待ち下さい、長岡様。」

振り返ると、そこには例の車、もとい、ミルトが自分の後を追いかけてきていた

「あんたこっちに来てて良いの?今、あんたのご主人様は修羅場中よ?」
「ご心配には及びません。ご主人様はそう簡単に死ぬような方ではありませんので」

確かに殺しても死ななそうな奴だな、と志保は心の中で相槌をうった

「あいにく私もこの先に付いていくわけにはまいりませんが、せめてこれをお渡ししようと思いまして・・・」

そう志保に告げると、おもむろにダッシュボードの扉を開けた。中には拳銃のようなものが見える

「簡単に説明すれば、これは麻酔銃のような物です。殺傷能力はありませんのでご安心下さい」

その銃を手にとって見る、思っていたよりは軽く、女性の志保でもこの銃ならばすぐにでも扱えそうである

「私にはこのくらいの事しか出来ませんが・・・どうか、ご武運を祈っております。」

自分のために親身になってくれているミルトに、言葉では言い表せないほどの感謝の念を持ちつつ、
志保は彼女にこう告げて駆け出して行った

「ありがとう、ミルトさん、この件が終わったら、今度、知り合いの友達を紹介するわ!」

その姿に、自分のクラスメイトのドジでオッチョコチョイで人間よりも人間身溢れた友人の事を思い浮かべながら

244 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 00:08:00 ID:nSGu1Ii2
そして志保は・・・

A、洞窟にたどり着いた
B、洞窟前で対峙しているオッサン二人組と祐・北コンビを発見した
C、洞窟内に何者かが入っていく姿を見かけた
D、洞窟の入り口が塞がっている事を発見した

245 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 00:08:00 ID:NnETqMuh
B

246 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 00:23:00 ID:AQ8/cTC1
そこで志保が見たものは洞窟前で対峙しているオッサン二人組と祐・北コンビだった。
今のところ膠着状態といったところか、まだ戦闘自体は起きていないようだ。
「北川!」と呼びかけようとした瞬間、醍醐の身体が跳ねた。
その巨体に似合わぬ俊敏な動きで醍醐は北川との間合いを一瞬にして詰める。
「え?」
と北川が驚いたのも束の間、醍醐の手にした特殊警棒が彼の右肩に叩きつけられた。
ドス!という鈍い音が響き、うめき声と共に北川はその場に崩れ落ちた。
「て、てめえ!」
といきり立つ相沢。だが、
「君の相手は私だろう?」
ともう一人のサングラスをかけた老人がいつの間にか相沢の背後に忍び寄っていた。
「!?何!」
慌てて振り向く相沢。だが時既に遅し、相沢の首筋には老人の手にした注射器が突き刺さっていた。
「眠れ…」と呟いた老人はピストンを押し込み、液を注入していく。
そのまま相沢は糸の切れた人形のように倒れてしまったのだった。
ここまで僅かに30秒足らずだろうか。
志保はあまりといえばあまりの非常識さに、立ちすくむしかなかった。

「さて…そこのお嬢さん。次は貴方の番かね?」
老人の方が尋ねてくる。志保は…

A 麻酔銃を構える。
B 回れ右して一時退却
C 得意の舌で突破口を探す
D 洞窟内部からベナウィ・クロウたちが帰還!

247 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 00:25:00 ID:nSGu1Ii2
Cかな

248 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 00:56:00 ID:ZktnTNJO
志保は半ば絶望していた、祐一・北川は戦闘不能、藤田達も帰ってくる様子もなく
いつもなら呼べば出てくる宗一も、今度ばかりはあてにならない、
ただでさえ追い詰められているこの状況に加え、得体の知れない孤独感が志保に襲いかかってくる

(この状況を打破できるのは・・・あたしだけだ。自分で何とかするしかない!でも・・・どうやって?)

いくら銃を所持しているとはいえ、先程の様子から見て、目の前にいる二人はおそらくプロ、
この手の修羅場をいくつもくぐり抜けてきているような、そんな洗練された動きであった・・・
そう、素人の志保でもわかるほどの

(あたしが戦っても勝てる相手じゃない、できる事なら今すぐに逃げたいけれど・・・
今逃げたら、今度はヒロや、カミュちゃんや、みんなが危ない目に会うかもしれない!)

志保が出来得るかぎりのスピードで思考を巡らせている最中、突然ごつい男、醍醐が志保に話しかけてきた

「お前が何もしなければこっちも手出しはしない。おとなしくこいつ等を連れて家に帰るんだな」

彼女はそこである事に気がついた、北川の倒れている位置が少し動いていたのである
彼は何かを狙っている、おそらく狙いは・・・爆竹のたっぷり詰まったバックパック
二人組はこっちに注意が向いているせいか、その事に気がついていない
ならば自分のすべきことはただ一つ、出来るかぎり彼らの注意を引きつけておくことだ

そこで志保はおもむろに口を開き始めた

A、あなた達の目的は何?
B、あたしと取引しない?
C、残念だけどあなた達、もう終わってるわ!
D、那須宗一・・・この名前に聞き覚えは無い?

249 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:00:00 ID:dnboHB0P
D

「あああれなら手は打った」と
油断させといて……。

250 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:12:00 ID:AQ8/cTC1
「那須宗一・・・この名前に聞き覚えは無い?」
この時志保の頭の中では道中、ミルトから聞いた醍醐に関する知識がフル回転中だった。
「ほう、良く調べたな…学生新聞にしては上出来すぎる。
 だが、お前が心配することではない。俺が直接手を下せないのは残念だが…
 既に手は打った。あの化け物女が相手ではヤツも本領を発揮することは出来まい」
そう言い放つと醍醐は警棒を志保に向けて構える。
「退け…さもなくばその両足、生涯松葉杖が必要な事になるぞ…」
醍醐の周りの空気が圧縮されていくような感覚。
マズい、マズいわ…北川、何かすんなら早くしなさいよもう――!!

「貰う!」と叫んだ醍醐が足に力を込めた瞬間だった。

パパパパパパパパパパパパパパ!!!!!

「―……な!!」
北川が残った左腕で大量の爆竹を作動させていた。
「貴様――ッ!」
グラサンジジイが北川を押さえつける。だがもう遅い。
狙い通り至近距離で光と轟音を浴びた醍醐目がくらんで動けない状態だ。
――今を逃す馬鹿は無い――そう判断した志保は再びその身を洞窟の暗闇の中に躍らせていた―

A カミュ視点
B カミュ以外の洞窟内メンバー視点
C 北川or犬飼視点
D 宗一視点

251 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:16:00 ID:QhEutEaH
そろそろ主人公にも目立ってもらわないと救われん、Aで

252 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:31:00 ID:TxCp7m66
「きゃあっ!」


頼朝の攻撃が左腕をかすめて、さくやさんの服が少し破れた。

「さくやっ!大丈夫か!?」
「狩人さん、私よりも頼朝を!…ああっ、来ます!」
「なにっ!?しまった!!」

頼朝の強力な攻撃が、右腕に炸裂し、大八郎の意識が飛ぶ。
さらに頼朝の連撃が加わるたびに、さくやの、ムツミの服が破れていく。

「クッハッハ!オ楽シミトイコウカ!」

そして、頼朝からにゅらにゅらと触手が延びてきて、二人の身体を……

「って、何よこれは!?」

カミュの意識が急激に覚醒する。
さっき、ウィツゥアルネミテア様を呼び捨てにしたことといい、この記憶はどうにもおかしい。
そう、まるで、カミュとムツミ以外の誰かが干渉して、えちぃ空間にしているような……。

「って、またあんたかーーっ!!!!」
「ぐばはぁ!?」
「カミュ、どうしたの!?」
「娘、よくやった!!」

突然カミュが浩之をぶっ飛ばした事による反応は様々である。

253 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:31:00 ID:TxCp7m66
「こ、こいつのせいで、正しく過去を見る事さえ出来ない……」
「藤田には特殊な能力があるんだったか……気絶させておけば、大丈夫かも知れんな」
「おい!俺はいきなりぶっとばされた上に、さらに酷い仕打ちを受けるのか!?」
「まっ、変な能力を持っちまった自分を恨みな、藤田。ホネは拾ってやるぜ?」
「ク、クロウ先生~、それは無いッスよ~~」
「………」
「え、痛くはしませんって?むしろ永遠に?……先輩、怖すぎるよ……」
「で、どうする、カミュ?」

じゃあ

A.トウカ先生、当て身をくらわしちゃって!
B.芹香さん、優しくしてあげて♪
C.執事さん、お願いします。
D.クロウ先生、力技を1つ!
E.え゛!?助平空間がさらに広がった!?

254 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:33:00 ID:dnboHB0P
E!
そして志保辺りが大変なことになる。

255 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 01:34:00 ID:/lCuLT4y

256 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 02:29:00 ID:Yqj4HRy2
「ちょ、ちょっと待て!実は結構前から気になってることがあったんだ!」

そう言った浩之の顔は真っ赤に腫れている

「何よ、言ってみなさい?ただし、ろくでも無い事だったら・・・殺すわよ」

カミュさん目がマジです

「いや、結構重大なことだ、実はな・・・」

「「「「「実は?」」」」」

浩之の言葉に全員が耳を傾ける、そうさせるほど浩之の目が真剣そのものだったのだ

「実は・・・志保の姿がさっきから見えないみたいなんだ・・・」

全員が目を見合わせる、確かに志保の姿は見当たらない。普通焦るべきなのであるが、それよりもまず・・・

「何でそんな大事なことをさっさと言わないのよ!このエセU-1!」
「エ、エセU-1って!た、確かに俺はちょっとやれば何でも出来るって設定だけど、それはあまりにも・・・シクシク」

浩之、本気で凹んでいる、だがそんな浩之を慰めようとするものはそこにはいなかった。少し不憫である

とそこでどこかから聞き覚えのある声が聞こえてきた、志保の声である
その声は遺跡の入り口のほうから、浩之とカミュの名を呼びつづけている

「あれは・・・志保の声だよな。おーい志保ーこっちだぞーカームヒヤー!」

と浩之が叫ぶのとほぼ同時に、何かを爆破したような音と大きな揺れが一行に襲いかかった

ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ   ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ

257 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 02:30:00 ID:Yqj4HRy2
「みんな地面に伏せて頭を抱えろっ、落石が起こるぞ!」

ハクオロが皆にそう指示をして、全員が固まってうずくまるような姿勢をとった
その直後、大量の土砂が頭上から降り注ぎ、土煙であっという間に視界を奪われていく
しばらくすると揺れが止み、土煙もおさまり、だんだんと視界が回復していった

「皆無事か?」

やはりハクオロが全員の安否の確認をとる、ここらへんが彼の人望の厚さの所以なのであろう
幸いにも皆大きな怪我などはしていないらしい
・・・その代わりに女性陣の衣服が良い塩梅に破れて、エロチックな雰囲気をかもし出してはいるが

「貴様が・・・貴様がいるから!」
「ちょっと『バキッ』待て、むしろこの場『ゲシッ』合は、俺の助平空間があったからこ『ドガッ』そ
全員助かっ『ゴリッ』たと考えたほうが『ドスッ』妥当なん『グキッ』じゃ・・な・・・い・・・・か・・・・・?」

カミュを筆頭に女性陣からリンチを食らう浩之、その主張はあながち間違ってはいないのだが
どうやら皆、彼の主張を聞く耳を持っていないらしい。やはり哀れである


「そんな事よりも、みんな、大変だ、長岡君が!」

そういったベナヴィの側には志保が倒れていた、慌てて駆け寄る一同

彼女の状態は・・・

A、腕から血を流していた
B、意識を失っていた
C、砂煙を大量に吸いこんで呼吸困難に陥っていた
D、衣服が大変なことに w

258 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 02:33:00 ID:wQQ9wxql
D!

259 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 03:05:00 ID:AQ8/cTC1
ベナヴィと来たか!

260 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 03:14:00 ID:osIDyQo8
ここまで見事にうたわれ風味を無くしてるとかえって清々しいな。

261 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 03:22:00 ID:7pLZmY34
 衣服が大変なことになっていた。
思春期の男にとっては大変建設的な光景だった。

「あ、あ、ああーーーーっ!」

 情報を手に入れて他人に言いふらす時の前触れとそう違わない叫び。
 ただ、いつもと違うのは。
藤田君の命はそう長くはないだろう、ということだった。

「ひ、ひ、ヒロ! あんたねえ! あんたねえ! 見えちゃってるじゃない!?
私の繊細な体がお嫁に行けなくなるくらい露出しちゃってるじゃない!?」

「プライバシーをさらけだす君が何を言う、のかね」

 顔を真っ赤にしながら、本来なら介抱されて然るべきの身である
 藤田君の方にへと歩んでくる。表情が恥じらいだったら、藤田君はきっと相手が志保だろうと
喜んで介抱されるだろう。
 ただ、現実世界は、長岡志保は今非常に怒っている。原因である藤田君をブチ殺す為に近づいているのだ。
現実逃避のしようがない事実だった。

「ふ」

 藤田君は目を瞑った。そしてこう呟いた。
命(たま)あれど 寿命減り 見ればよし

 A しょうがないっ、傷ついた藤田君を介抱しよう
 B 他の誰かが傷ついた藤田君を介抱する
 C そういえば敵、敵

262 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 04:14:00 ID:uMUx4NF2
珍しく誰も取ってない…藤田は放置してC(w

263 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 11:08:00 ID:AQ8/cTC1
「はは……」
彼らのそんな馬鹿騒ぎを見ながらハクオロは微笑していた。
今の自分のは、この年代の記憶は無いが――こんな風に楽しく笑えていたのだろうか―などと考えながら。
だが、そんなハクオロの感慨も長くは続かなかった。背後に突如現れた殺気。
ここしばらく味わうことの無かった感覚にハクオロは鉄扇の一撃を持って応えた。

キィィィィン……
「くッ!!」
重い一撃。目の前にはベレー帽を被り、警棒を構えた巨漢がこちらを見据えていた。
「だ、醍醐……」
浩之をタコ殴りにしていた志保がその名を呟く。それを受けて、くっくっく、と喉を鳴らした醍醐が口を開いた。
「さっきはなかなか愉快なことをしてくれたな… 最近の若いのにしてはなかなか根性がある。
 こんな状況でなければスカウトしている所だったぞ、あのガキ二人」
「あの二人…どうしたのよ?」
「ああ、ふん縛って草むらの中に放り込んだだけだ。無駄なマネは嫌いでな…
 さて、ハクオロ教諭。…その娘と勾玉を引き渡してもらおう。さもなくば、痛い目にあってもらうぞ」
「それは、できない」
鉄扇を広げながらハクオロは告げた。
「ほう…吠えたな、青二才ィィィ!!」
警棒を大上段に振りかぶり、醍醐がハクオロに迫る。

速い!予想外に俊敏な動きにハクオロはガードのための動きが遅れる。拙い!
「聖じょ…ハクオロ先生!」
その一撃を脇から放たれた鉄棒の一撃が救った。

ガキィン!!
「ベナウィ!」
そして、ハクオロの前に進み出るベナウィ、クロウ。
「ここは我らに…」
「任せて下せぇ!総大将たちは一旦奥へ!」

264 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 11:09:00 ID:AQ8/cTC1
2対1。だがその不利を受けてもなお醍醐は不敵な笑みを絶やしてはいなかった。
「くっくっく……足りるのか?二人で」
自信満々な態度の醍醐に、二人は戸惑いを隠せない。だが、彼らとて、ただの素人ではない。
二人は左右同時に、ベレー坊の巨体に挑みかかった。
「せィ!!」
「フン!!」
喉、腹。その二つを狙いを繰り出される神速の突き。
だが…醍醐は、動じることなく、すっと警棒を構えると…
そのまま彼らの攻撃を薙ぎ払った。
ブゥンという音が空気を切り裂き、弾かれた鉄棒が耳障りな金属音を立てる。
「な、何ィ!?」
驚きを隠せないクロウ。それも当然だろう。
自分の知る限りベナウィと自分を上回る槍術の使い手はいないだろうと自負していたのだが…
その渾身の一撃ををまとめて弾き返されては言葉もない。
「クロウ!」 ベナウィから飛ぶ叱責の声。ふと我に返ると目の前には醍醐が迫っている。
ガードする間もなく、脇腹に強烈な一撃が叩き込まれていた。

うずくまるクロウの傍に立ちながら、醍醐は淡々と告げた。
「もう一度言う。その娘と勾玉を引き渡せ」

ハクオロは…

A 分かった…
B 勾玉は渡すが…カミュは渡せない
C ここは私が時間を稼ぐ!皆は奥へ
D どっちも渡せるものか!

265 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 11:19:00 ID:os5Yux0n
D

266 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 11:37:00 ID:AEXdvipZ
強いな醍醐

267 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 13:50:00 ID:NnETqMuh
「どっちも渡せるものか!」
ハクオロは鉄扇を閉じ、攻撃態勢をとる。
ベナウィも槍を構え再度、攻撃のチャンスを窺っている。
ウルトが両手で胸の前に印を組み、術を唱え始める。
二人がかりでだめなら、術も含めた三人でのコンビネーションでやるしかない。

☆バトル 醍醐=80 ハクオロたち=攻撃P+HP+サイコロ2個のセービング・ダイスで戦います。

結果は?

A 勝った
B 負けた

268 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 13:55:00 ID:WeTYthua
A

269 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 14:18:00 ID:AQ8/cTC1
(皆さん!目を閉じて!!)
醍醐以外の面々の脳内にウルトの声が響く。
そして次の瞬間、暗い洞窟の中に閃光が奔る。ウルトの術によって醍醐の眼前に光球が出現したのだった

「くぅ…ッ」
これで三度、醍醐の視界はまたしても白濁した。
「今だ!ベナウィ!」
無言で頷くベナウィ。そして――
「うぐぅッ!!」
醍醐の肩口に鉄扇、そして鳩尾に鉄棒が突き刺さっていた。
しかし――踏みとどまる醍醐。その武器を両手で掴み、
尚反撃を試みようとそれらを思いっきりハクオロたちの手から引き抜いた。
「な……!?」
「あああああああああああああああ!!」
拳を振り上げる醍醐。だが――
「往生際が悪いぞ、おっさん」
いつの間に接近していたのか。醍醐の目前には浩之が中腰で迫っている。
「き、っさまぁぁぁ!!」
拳を打ち下ろす醍醐。だが―遅い。
それが触れるより迅く、浩之のアッパーカットが醍醐の顎を捉えていた。
数センチだが醍醐の巨体が一瞬宙に浮き…その巨体がごつごつとした岩肌の床に沈んだ。
「はぁ、はぁ、はぁ……」
「…ふぅ。なんとかなったか。ベナウィ、クロウは?」
「…大丈夫でさあ、総大将。何本かはいかれたみたいですけど…慣れてますから」
「そうか…しかしこの男、強かった…」
「それより先生。もうこの洞窟に用はないんでしょ、脱出しない?」
志保が提案する。ハクオロは…

270 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 14:19:00 ID:AQ8/cTC1
A うむ、事態は一刻を争う。急ぐぞ。
B まあまて、醍醐から目的等を聞き出そう
C いや、私の仮面が何かを告げている…
D 醍醐を連れて出るぞ。放置しておくのは危険だ。

271 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 14:20:00 ID:xnXCoIPc
D

272 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 17:12:00 ID:qs/US7RC
浩之が決めるのは納得いかんぞw

273 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 17:31:00 ID:7pLZmY34
「醍醐を連れて出るぞ。放置しておくのは危険だ」

 醍醐に見境が無いわけではないだろうが、世の中はいつも強者を恐れる。
その見方の一線を越えることが出来れば称えられるのだが、それはごく少数だ。

「早く抜け出しましょう。このようなところ、いささか気に入らぬ故」

 珍しくトウカがはっきりとものを言う。だが、起こらなくてもいい非現実を
嫌というくらい目の当たりにさせられた私達も、こんなところにはいたくはない。

「はぁ~」

 気絶を確認した私が醍醐を背負うと同時に、カミュがため息を露骨に漏らす。
被害が一番大きいのはカミュだ。よく泣き叫ばなかったと思う。

「疲れているのだろう。今日はゆっくり休むといい」

「は、はい」

 皆は何も考えずに洞窟から出ていく。
何故こんなことになってしまったのか。私達はただの生活を過ごしていくのが
然るべきではなかったのだろうか。

 A すっかり夜になっていた。今日は解散しよう
 B まだ夕暮れだ、祭りはまだ続く
 C もう夜だ。祭りは制御がつかないまま盛り上がっている
 D カミュのことが心配になった

274 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 17:41:00 ID:os5Yux0n
D

275 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 18:04:00 ID:AQ8/cTC1
「カミュ…さっきも聞いたが、本当に大丈夫か?」
「え、う、うん!もう平気だよ」
そう答えるカミュだったが、月明かりの下であるので顔色までは判断できないが、
やはりいつもの調子ではないようだ。
まぁなにかあったらその時にカバーしてあげればいいか、とハクオロは自分を納得させた。

それから…縛られていた北川・相沢を解放し、気絶していた宗一、ルミラ、千鶴、マナを介抱していると、
かなりの時間が過ぎていた。
「志保君…この女性たちは何なんだ?」
「え~と、そこの黒髪のお姉さんはその殻から出てきて宗一と闘ってたわね。
 やたら色っぽい方のお姉さんは…やっぱりその前から宗一と闘ってたわ…
 で、この子は…気付いたら色っぽい方の姉さんと闘ってたようね…」
「なんなんでしょう。一体…」
途方に暮れる一同。
その沈黙を破ってハクオロが話し始める。
「まぁここに佇んでいたところで事態は変わらない…さし当たっては、

A 放置して動けるメンバーで神社に向かう
B 放置して動けるメンバーで篁本社に向かう
C 叩き起こす。*1~4人、誰をか指定
D 怪我人・気絶人を私の家に運ぶ

276 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 18:07:00 ID:JjBDoLqE
D

277 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 18:28:00 ID:AQ8/cTC1
学園裏手に止めてあったハクオロ、クロウ、ベナウィの車にミルトの4台にそれぞれ分乗して、
一同はハクオロ宅に集まった。

「しかし…えらい大勢集まったもんだな…」
浩之が足元でふん縛られて転がっている醍醐を見下ろしながら言う。
「まぁ仕方がない…ここは居候させてもらっている家だが、
 皆、祭りに出たようだからちょっと騒いでも大丈夫だろうし。
 床の用意をアルルゥに頼んだ。出来るまで休憩といこう」
そう言ったハクオロはリモコンでテレビの電源をつけた。
ブラウン管には祭りの様子がライブで映し出されている。

祭りはいよいよ佳境に入り、宮司と巫女が境内を歩いているシーンが挿入された。
「ふふふ……」
いつの間に目覚めたのか、醍醐が画面を見ながらほくそえんでいる。
「何だ?醍醐」 トウカが訝しむ。
「いや、何…長岡志保、お前、あの男に見覚えはないか?
 それ、右側の観衆の…最前列こっちから見て左の方よ」
「あああーーーッ!!」
そう、そこに映っていたのは、相沢を行動不能にした老人。
「どうした?志保」
「あ、あそこに篁の手下が!」
「む……」

A 急いで境内に向かう
B 醍醐に詳しく聞く
C まあ人ごみだし直接手出しは出来ないだろう…静観。
D 画面の中で国崎さんが儀式を始めた。

278 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 18:41:00 ID:StyI9oIP
A

279 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 23:50:00 ID:0cpyNORE
「さてここで儀式のフィナーレだ!俺の人形劇をみてくれ!」
国崎の人形劇に場のボルテージが一気に下がる。
まるで昼間の馬鹿騒ぎはこの瞬間のローテンションを補う為の
断食月の前の食いだめだったかと思うような、そんなローテンション。
辿り着いた一行が目にしたのは、そんな暗く沈んだ境内だった。
「な、なに、この空気……」
「これは篁の手下の仕業ではないな。それにしてもつまらない……」
「ああ、激しくつまらない……」
そんな中、ふとカミュはその人形劇の真意に気が付く。
蠢いている小さな人形が登場人物とすれば、それより遥かに大きい
巫女である観鈴がウィツゥアルネミテア様に見立てられる……
「あ、あれって……カミュが遺跡の中でみた幻にそっくりだよ!」
「そうだ、能力者で擬似的にかつての封印を再現する……
 それに人々が萎えて抱く『こんな退屈な人形劇見たくない』と
 どこかに押し込めたくなる想いを呪術的に封印の結界に変換する。
 それがこの儀式の持つ真の意味合いなのだ!」
『な、なんだってー!?』
老人……犬飼が静かに告げる。
その口調には学者としての好奇心が満ち溢れていた。
「そして我々は既にこの儀式に介入する用意をしている……

A 今ここで儀式を面白く演出すれば、結界を作る負の念は薄れる!
B 観鈴ちんが既にどろり濃厚1年分で買収済みだっ!
C うたわれ市の電源総てを『ラストリゾート』に注ぎ、あの結界にぶつける!

280 名無しさんだよもん 2004/02/11(水) 23:52:00 ID:XCA7bosM

281 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 00:41:00 ID:jlIdbyE6
「今ここで儀式を面白く演出すれば、結界を作る負の念は薄れる!」

・・・確かに、確かにそうかもしれない、でも

「でも、こんなの面白く出来るの?」

結界を薄れさせるわけにはいかないけど、あんなものをどう面白くするかにちょっと興味がある。

「すでに手は打ってある!もう数秒もすれば・・ふふ・・見ていろ。」

言われたとおり舞台に目をやったその時、

かっこーーーん。

静まり返る境内に乾いた音が響いた。
それは、かねの音、そう、一昔前のコントよろしく人形遣いの宮司に金ダライがヒットしていた・・・

境内「・・・・・・・・・・」

「はっ!ゆ、往人さん!?」

ぴくぴくと、自分の操る人形と同様に動く宮司・・・返事がない、ただのしかば(ry
それはおいといて、
あぁあ、もっと静かになっちゃったよ・・・ってそれがいいんだけど。
ハァ、ちょっと期待してたのに、老人らしくセンスも古いみたい。

282 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 00:42:00 ID:jlIdbyE6
「ば、ばかなぁ・・・く、まだだ、こんなことで!」
「・・・こりないの?」
「ふふ、何事も不測の事態に備えておくものだ・・・ふふふ・・・ふふ・・・

乱入してぶち壊す!」
「なっ!?」
「まずいぞカミュ、呆けている場合ではない!」
「う、うん、じゃあ・・・

A何かする前に犬飼をぶっ飛ばす
B助平空間である意味負の念を生ませる
C更なる結界を張る

283 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 00:44:00 ID:eCDqlafy
B

284 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 01:01:00 ID:Jh80ZvtR
「藤田君!」
「なんだ、カミュちゃん?」
「すっごく気が進まないんだけど、貴方が頼りなの!」
「ヒロが頼りってまさか……」
「どういうことです、カミュ殿?志保殿、某にはさっぱりわからないのですが」
「藤田を頼るということは、カミュ、もしや……」
「助平空間を使って、負の念を作り出して欲しいの!」
『なにぃっ!?』

予想をしていたはずのみんなでさえ、声がぴったり。

「カミュだって気が進まないよ!
 けど、このおじさんが暴れ出して、皆のテンションが高まったりしたら……」
「確かに、封印を失敗させるわけにはいかないけれど……」
「藤田殿の能力は、妄想と煩悩の産物。正しく負の力と言えますね」
「ベナウィ、冷静だな……」
「性欲とは、人間の三大欲求の1つと言われています、効果はあるでしょう」
「ベナウィ、とことん解説進行役に徹するつもりか?」
「しかし、カミュ殿……藤田殿の能力は…」
「ベナウィ、私は無視か?」
「私は、覚悟を決めたよ。皆のためだもん!」
「カミュちゃん…わかったわ、ヒロ、しょうがないから、あんたがどうにかしなさい!」
「某も覚悟を決めた、この体、貴殿に託す!」
「あまり気が進まないのですが……人々のためですよね」
「………(私もお手伝いします)」
「私もアルちゃんも、決意しました」
「おとーさんもいっしょ?」
「皆……わかった!俺はやるぜ!

 今回は、結界を作るなんて強力なのだから、ターゲットを決めて発動しないとな…」

285 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 01:02:00 ID:Jh80ZvtR
そう、そして藤田君の選んだターゲットは…

A.やっぱりカミュなの……か、覚悟してるもん!
B.恋人(?)の芹香さんだって…なんか複雑だなぁ
C.お姉様だって…胸の大きい人が好きなのかなぁ?
D.トウカ先生だって……天然キャラの時代なの?
E.ユズっちだって…あぁ、かわいそうなユズっち…
F.アルちゃんだって……この変態ロリコン野郎!
G.志保さんだって……そういえば、幼馴染なんだっけ…
H.え、巫女さん萌え!?…観鈴さんなのぉ!?
I.ハーレム妄想ですって……て、全員なのぉ!?

286 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 01:06:00 ID:AxE+bvnx
iだな。ここは。

287 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 07:37:00 ID:NqjYKeet
>>287
GJ!後の展開も面白そうだな

288 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 12:51:00 ID:3eYM2P3B
「ハーレム展開だ! これしかない! てことでみんな、俺に力を貸せ」

 貸したくねー。それが一致された思考だった。まっとうな目的があるとはいえ
一寸の恥も見せず、ごく真面目にごく王道に言う藤田君はとてもとても偉大だった。

「ですが、このままでは状況は悪化するばかりです。ここは皆さん、恥を
忍んで耐え抜いてください」

「うし、やるか。彼女いない暦うん年の怨念、いや情熱を受け取れ! みんな!」

 後ろ向きなことを前向きに、もっともらしく言うのは一番情けないことだと思う。
それでも、手伝わなければ状況はろくでもないことになる。これでも人助けを尊重する
家系に生まれた身であるのだから。

「しょうがない。 ちょっとは加減してよね」

胸に何ともいえない重さがのしかかったのは、気のせいかな。

 数秒後の惨状というか理想郷というか健康ドリンクにプロテインしか一生飲んだことがない
 ような、男性諸君にとっては健康的過ぎる光景が神社内で現在形で流れていく。
 芹香さんは藤田君の頭を撫でユズっちは耳掃除ときまして観鈴さんは牛丼をあーんと
 食べさせてアルちゃんは頭撫でられてトウカ先生は不真面目な格好させられてああなんとも
 夜の似合う年上の人なんだと藤田君を唸らせてお姉さまは膝枕に志保さんはなんだか
 水鉄砲を一身に浴びてて肝心のカミュは肩を揉んでる。というか何この服装、お手伝いさん!?
も、もう! 一生こんな服着ないと思ってたら!

 A 成功した、撲殺目標藤田浩之
 B 失敗した、骨折り損のくたびれもうけ
 C 力が足りないとか言われたんで続行ですね

289 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:01:00 ID:uEpykqiz
A

290 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:02:00 ID:TwCpC7Ry
A

291 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:03:00 ID:qOjkuHkV
ぐほげあ、午前中から書いてたら先越された……吊って寝てくる

292 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:28:00 ID:3eYM2P3B
 若さ、若さってなんだ。ためらわないことさ、とは誰かが言っていた。
今回は余りにもためらわなさ過ぎると、カミュは藤田君の肩をしっかり掴みながら、そう思う。
 純粋を超えて、世界を動かす権力を持った人間と同等な、どす黒い欲望は
 湯水のように結界にへと注がれ、満腹を通り越して過食症までに陥っただろう。
 人は何故資源を求めて争うのか。何故資源に限りはあるのか。資源は何故限定された土地にしかないのか。
カミュは、真面目にそう思う。

「痛い、痛いって。もう少し優しく、」

 振り向く藤田君の顔が凍った。カミュのかおはどんなかおをしているのかな、こどもが
みたら、わ、さつじんはんのおねえさんだー、とゆびさすぐらいのやさしいえがおをしてるのかな。

「藤田君、もう悔いはないよね?」

藤田君も読んでいるだろうね。この人たち俺をブッ殺す気満々だ、と。

「いやー、その、俺はまだ若いしさ」

「大神の加護を受けた正義の天罰を受けてみなさい! あ、あはははははは!」

 一部躊躇うものもいたが、一部は激昂を隠さず藤田君の頭体に蹴り殴りを幾度と無く
 繰り返す人もいた。長岡志保、という名前だった気がする。
思い出せないのはきっと藤田君と呼ばれた妖怪を討伐している最中だから、だと思う。

 A その後。皆で茶をすすっている一同。おじさんは脱力したので帰ってる
 B 数分後。正気に戻ってみれば悪いことをしてしまった。介抱してあげよう
 C おじさまが「だ、大丈夫だったか?」と声をかけてくれた

293 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:31:00 ID:W08t/VRy
A

294 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:32:00 ID:qOjkuHkV
おいおい、儀式とか負の念による結界とか犬飼とかはどうなったんだ。

295 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:35:00 ID:uEpykqiz
分からないのか>>295!?
>もういっそ伏線の未消化具合や篁の陰謀の不発具合は
>作品のタイトルの後ろに「~亡き超先生に捧ぐ」をつけて対処しようぜ。
>あれは誰彼へのオマージュだった、って事さ。
これは支援板からの抜粋だが、ここに全ては要約されている。

つまり、この話は超先生のための誰彼へのオマージュ、伏線未消化は必要不可欠だったんだよ!!

296 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 13:38:00 ID:qOjkuHkV
な、なんだってー!?
  Ω ΩΩ

297 293 2004/02/12(木) 13:42:00 ID:3eYM2P3B
書いたものだが。あーくそ、まだまだ修行不足だ。
湯水のように負の感情は結界に注がれ、必要以上に結界はガチガチになってしまった
と書いたはずなんだが、相手に伝わらないと意味ないよなぁ、特にリレーは。

かっこつけずにそのまんまの描写で書くのが普通か、馬鹿なものを書いてしまった、スマン

298 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 16:28:00 ID:pT2izGZi
ずずず……
一仕事終えた後のお茶は非常に旨い。

結局、結果的にあの修羅場で負の念が発生しまくった事で
封印は完了し世界の平和は守られたのだった。

A エピローグへ
B それでも未練がましく空気を読まないでグダグダ続ける

299 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 16:35:00 ID:j5lxiuKC
AAAで

300 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:05:00 ID:TwCpC7Ry
 こんにちは、あなたの隣にカミュだよ。あの事件も色々と謎を残したまま終わっちゃったけど
学園に平和が戻ってよかったと思うよ。理事長側もあれから目立った行動はしてこないし。
けど、その代わりに新たな危機がやってきたんだけどね…

「北川…ナイスだ。 女子の皆もまさかこんな所から覗いているなんて思うまい」
「ああ、侵入経路を見つける為に1ヶ月、慎重に穴を開けるのに2週間掛かった。 だが、その苦労
 の先に待っていたのは正にパラダイス!酒池肉林!!」
女子更衣室の天井から着替えを覗くのは北川と浩之の二人。彼らは学園を騒がす変態コンビとして
その名を轟かせていた。もちろん何度か捕まっているが、それは氷山の一角に過ぎない。愛用のビデオカ
メラが写すのはうら若き乙女の柔肌。もちろん、興奮して音を立てるなどと言うはしたない真似をする
ような彼らではない。今日もお宝映像をゲットして無事帰還と思われたが…

301 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:06:00 ID:TwCpC7Ry
「…何だか誰かに見られているような気がします」
 その一声を放ったのはユズハであった。眼が見えない彼女は他者の視線を気配で感じることが出来る
のだ。それ故に浩之たちの存在に何となく気づいていた。
「…まさか、またあいつ等?ベナウィ先生に正座3時間+説教で懲りたと思ったのに」
 カミュは思わずため息を漏らす。
「カミュっち、あれ」
 アルルゥが指を指した先には天井のタイルの隙間から僅かに覗くレンズの光があった。
「ねえ、どうする?」
「死刑よ、死刑。 弁護士無用、裁判無用、即判決」
「いっそあそこをちょん切っちゃえば?」
 浩之達には世間話をしているようにしか見えなかったが、眼下の女生徒たちは自分たちの処遇に対して
恐るべき会話をしていた。そして、彼らは不幸にもそれに気づいていなかった。
「あんたたち…い・い・か・げ・ん・に…しなさぁ───い!!」
「「げ!」」
  カミュは彼らに向かって呪法を放つ。あわてて逃げ出そうとするが、呪法は彼らを天井ごと吹き飛ば
す。大爆発の後に天井は崩れ落ち、彼らはそれによってできた瓦礫の山に埋もれる。瓦礫から這い上がり、
気が付いた彼らの前に立つのは非情なる死刑執行人。その後の彼らの命運を知るものは…誰もいなかった。

「平和ですね、トゥスクルさん」
「ああ、まったくじゃ」
 今日もまた学園は平和でしたとさ。
                      ──Fin

302 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:10:00 ID:jDsS7dG0
乙。これでやっと流れを変えられる…

303 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:14:00 ID:TwCpC7Ry
じゃぁ、この話のタイトルを

A 私立うたわれ学園
B カミュのモロ見え物語─死闘編
C カミュとスケベな空間
D みられるもの

304 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:14:00 ID:LALyACDx
D

305 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:14:00 ID:uEpykqiz
じゃ、次回の主役は?

A フィルスノーン
B 雫
C 痕
D To Heart
E White Album
F こみっくパーティー
G ナイトライター(with 雀鬼's)
H まじかる☆アンティーク
I 誰彼
J うたわれるもの
K Routes
L 天使のいない12月
M MOON.
N ONE
O Kanon
P AIR

……って俺が選べないじゃないか。絶対誰かリロード待ちしてるぜチクショウ!

306 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:15:00 ID:jlIdbyE6
J


307 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:15:00 ID:LhS6sIAo
N

308 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:15:00 ID:LALyACDx
声付きも出たし、Bで

309 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:15:00 ID:o9NDfmDx
Bで最後に「~亡き超先生に捧ぐ」をつけるw

310 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:16:00 ID:o9NDfmDx
……連続うたわれか。
前向きに汚名返上と行こうか?

311 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:17:00 ID:YPWrRRNN
>>307
なんでわざわざ今終わった作品また選ぶかなあ…わざとやったのか?

312 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:20:00 ID:QIOS27n0
今キャラ名羅列してんだろうけど、
頼むから今度はヌワンギの名前忘れずに書いてくれよ…(泣

313 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:20:00 ID:uEpykqiz
数秒だった……俺が書き込んでリロードしたら既に選ばれていた。とてつもない早さだ。
ところで当方うたわれ未プレイにつきキャラ分からないので他の人提示ヨロ。

314 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:22:00 ID:TwCpC7Ry
早い者勝ちであるのは確かだが、このスレの慣習上、前作と同じものを選ぶのは暗黙の
内に禁止されていると思われる。

で、どうする?

A このまま進む
B 次の人のを選ぶ
C この瞬間、>>306から新たに選ぶ

315 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:22:00 ID:rUIzq9e1
cでB

316 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:23:00 ID:rUIzq9e1
ageてしまい申し訳けない。あまりにも反応勝負なのでつい。

317 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:24:00 ID:ko0pUsAT
勝手に変な了解を作らないでくれよ。βからいるがそんなの始めて聞いたぞ。
うたわれが選ばれたんだからうたわれでいーじゃん。

318 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:24:00 ID:uEpykqiz
ちょっと待て、流石にそれは選択肢無視と同等の行為。
だからこの場合そうではなく先の選択に「リコール」を申請と言う形にしてもらいたいんだが。

A よし許す
B 流石に「リコール」を使うのは……

319 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:24:00 ID:jlIdbyE6
禁止されてたのか……スマソ。
是非汚名返上したかったんだが。

320 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:25:00 ID:LhS6sIAo
A

321 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:25:00 ID:n00jINGs
ならAだ

322 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:27:00 ID:TwCpC7Ry
むぅ…すまん、昔から選ばれたことがないのでそうであると思ってしまった。

323 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:29:00 ID:T/sE7zc/
>>320
正直もう少し時間を置いてから返上した方が良かったと思う
どう考えても即やったら今回の流れ引っ張るよ、絶対

324 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:29:00 ID:TpCGdCgP
結局うたわれなのか雫なのかどっちよ?
どっちでもいいけど主役選択の時にササンテとか電波に操られた大田以外の女の子2人とか
そういう脇の脇役の名前もちゃんと入れてくれよな

325 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:31:00 ID:uEpykqiz
参考までに言うと前回のリコールは五人ぐらいが妥当かと言う意見があったが、
実質三人の賛成で通された。だから三人賛成したら出いいと思われる。

326 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:31:00 ID:ZLyWrXZR
>>325
そういう要求するんだったら自分でまとめてくれや

327 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:32:00 ID:nrQKCtho
>>327
死ね

328 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:33:00 ID:jlIdbyE6
>>324の言うことはもっともだし、暗黙の禁止とかの以前に常識的に間違っていたかも。
つーこって、リコールのして雫で。

329 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:33:00 ID:KI4pst8h
ヌワンギ忘れた前例があるしねえ…

330 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:34:00 ID:TwCpC7Ry
ではキャラ選択を

A 長瀬祐介
B 月島拓也
C 月島瑠璃子
D 新城沙織
E 太田香奈子
F 藍原瑞穂
G 長瀬源一郎
H 由紀&美和子(脇の人)

331 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:34:00 ID:ZLyWrXZR
A

332 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:35:00 ID:yXZiTZJ6
普通だな…

333 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:36:00 ID:uEpykqiz
雫信者な俺はちょっと、と言うか凄くうれしいw

334 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:36:00 ID:gh1XRRaE
やっぱ自分でまとめろなんて言う香具師は選択もつまらん

335 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:42:00 ID:TwCpC7Ry
 ついに僕の時代がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
僕の名はプリティチャーミーなDENPA高校生長瀬祐介さ。

さて、今の僕はと言うと…

A 瑠璃子さんとイチャイチャ
B この力を世の役に立てるために旅に出ている
C 取り逃した月島さんを追うために旅に出ている
D 世界征服!それしかない
E ハーレム!!これに尽きる
F まぁ、何だかんだで平和になって。修学旅行の最中さ

336 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:43:00 ID:NDaeKDaz
d

337 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:43:00 ID:uEpykqiz
F

338 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:45:00 ID:J3UGhLEX
また世界征服かよ!!雅史といい大志といい、世界征服好きだなあ(w

339 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:47:00 ID:j5lxiuKC
世界征服さ。
しかしそれに当たってはまず資金と人生経験が欠かせないよね。
そう考えた僕は、ちょっと世界を放浪してみようと思うんだ。
出来れば一人で行こうと思ったんだけど…愛しの彼女に泣いてせがまれちゃあしょうがない。
そんな僕の彼女は…

A るりるり
B さおりん
C みずぴー
D 太田さん

340 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:48:00 ID:TwCpC7Ry
世界征服!それしかないよね。折角電波の力もある訳だし。
だが、その為には……

A 愛だよ、愛!瑠璃子さんとのラブラブパワーで世界征服さ
B 戦力が必要だ。早速集めよう
C 「そんな馬鹿なこと言ってないで勉強だよ、長瀬ちゃん」と、瑠璃子さんに窘められる

341 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:48:00 ID:TpCGdCgP
d

342 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:49:00 ID:TwCpC7Ry
A!

343 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:50:00 ID:7wqc/3OJ
0.1秒でも早く選択して送信したいのかは解るが、
メル欄にsageとくらい打ち込んでからにしような…

344 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:51:00 ID:TwCpC7Ry
さて、その太田さんの状態はと言うと…

A 正常に戻った
B 変わらない。相変わらず「せっくす」「せっくす」「せっくす」
C つーか尻に敷かれています

345 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:51:00 ID:J9SCkBWW
C

346 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 17:51:00 ID:M7r5A2d+

347 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:09:00 ID:j5lxiuKC
「それで君は海外に行くんだって?」
僕からの話を聞いた月島拓也会長がいつもどおりの温和な顔で答える。
「はい…ぐるっと世界を周ってみようと思います」
「成程、人生経験か。うん、悪くないと思うよ。
 …で、何だって君がわざわざ僕のところにそんな事を言いに来るのかな?」
「ええと…太田さんも一緒に行くので、少々ご面倒をかけるかと思いまして」
「へぇ…まぁ彼女が君とそんなに離れ離れになる事を許可するとは思えないからな…
 とすると、昨日の渡り廊下での一件はソレ絡みか」

そう、僕こと長瀬祐介は彼女であるところの太田さんに、完全に尻に敷かれているのだった。
昨日も旅行の事、言いそびれてて、言ったらいきなりお説教。
やっと話に一区切りついたと思ったら、「私も付いてく!」だからなぁ…

「どうした長瀬君?顔がニヤけてるぞ…さては?」
会長が妙な笑みを浮かべる。う゛…
「じゃ、じゃあちゃんと伝えましたからね!」
慌てて部屋を出る。…うう、赤面してるな、間違いなく。
そんな風に廊下に立ち尽くしていると、

「どうしたの?長瀬君?」
あ、太田さん…
「ん、ほら、会長さんにしばらく君と僕が休むって言っておいたよ」
「もう…そんなこと私が言うのに…」
「まあ、いいじゃないか。それより、今日は計画立てるって言ったじゃないか。 早く帰ろう」
そう僕は彼女を急かして帰路に着いたのだった…

さて、僕が先ず行こうと考えていた地域。それは…

A 南米    C アジア   E アフリカ
B 北米    D 欧州    F 豪州

348 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:11:00 ID:UQlKr6SK

349 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:12:00 ID:J9SCkBWW
F

350 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:17:00 ID:M7r5A2d+
「ヨーロッパにしようと思う」
「いいわね」
 太田さんは笑顔で答えてくれる。
「うん」
 僕もそれに笑顔で返す
「ええ」
「……」
「……」
 ええっと……
「な、なに?」
「それで、どこに行くの」
「だから、ヨーロッパだよ。欧州」
「欧州って言っても広いでしょ。どこに行くの?」
 太田さんは少し呆れ顔だ。何も考えてないと思われてる?
「ええと……」

A て、適当に!
B 国は決めてないけどやはり西ヨーロッパ方面かな
C 渋く東欧

351 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:21:00 ID:uEpykqiz
B

352 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:21:00 ID:o9NDfmDx
Cかな。財前財前

353 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:29:00 ID:M7r5A2d+
「ドイツとかフランスとか、そこらへんにしようと思ってる」
「ふうん、ちゃんと考えてるのね。てっきり何も考えてないのかと思ったわよ?」
 意地悪そうにくすっと笑う太田さん。
「まあ、ね。それに太田さんがどこ行きたいかも聞いて決めたいし」
 ちょっとキザだったかも知れない。少し前の僕だったら絶対こんな事は言わなかったはずだ。
「んー、すぐは答えられないわ。ごめんなさい。色々行きたいけど」
「じゃあ、明日までに考えておいてよ」
「ええ、そうするわ」
 丁度その時、十字路に来た。いつもはここで太田さんと別れているが、さて

A 普通に帰る
B 情報収集
C 人材集め
D あ、金ないよ。バイトしなきゃ

354 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:32:00 ID:TwCpC7Ry
D

355 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:39:00 ID:M7r5A2d+
「じゃ、またね」
 僕は太田さんに手を振って分かれようと――
「何言ってるの? 今日は計画立てるんでしょ。長瀬君の家、行っていいのよね?」
「あ、ごめん。うっかりしてた。大丈夫、来ていいよ」
 笑って誤魔化したが内心冷や汗ものだ。説教10分加算かなぁ。
「何が大丈夫よ。本当に世界征服できるの?」
「ははは、それは大丈夫さ。なんたって僕は億万長者だからね」
 何を隠そう僕は宝くじで3億円当ててしまったのだ。
「……宝くじ当てたって話? あれ夢でしょ」
 はっ! しまった。あれは夢だった! つい嬉しくて現実と混同してしまった!
「バイトしなきゃ……」
「OK。長瀬君。作戦変更よ。今日はバイト探ししましょう」
 くぅ、情けない。

A ごめんなさい。よろしくお願いします
B いや、男らしく自分でなんとかしてみせる
C 金使わないでも行けるわボケェ!

356 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:40:00 ID:uEpykqiz
世界を征服しようとするならCしかあるまい

357 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:47:00 ID:j5lxiuKC
「金使わないでも行けるわボケェ!」という言葉を飲み込んで僕は告げた。

「物事には大抵表の道と裏の道があってね…今回海外に行こうと考えたんだって
 全くの無軌道ってわけじゃないよ」
「へぇ…それはどんな計画なの?」
「ぼくの親戚は結構色々やっててね。トラブルや何かの時には全力でサポートするのが家訓なんだ
 それで今回頼るのは…

A 博物館館長。美術品の中に隠れて…
B 研究員。メイドロボのハリボテの中に隠れて…
C 日本海側の警察官。夜ごと現れる謎の高速船で…
D 喫茶店店長。…あれ?

358 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:49:00 ID:J9SCkBWW
B

359 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:50:00 ID:626Pjl8G
う、う、うるさい!!僕はこれから世界征服しようとする男だぞ!?
そんな男が金なんて些細な事に屈してどうする!!

A 電波だ!!電波でハイジャックを敢行する!!
B よし、知り合いの○○に頼んで海外へ…(要指定)
C まずはヒッチハイクから始めよう

360 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 18:51:00 ID:626Pjl8G
リロード忘れた…無視してください

361 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:03:00 ID:TwCpC7Ry
「よしんば成功したとしてもそれからどうするつもり?生活費は?住居は?」
「で…電波で…」
「そんなに電波ばっかり使っているとすぐに対策立てられるわよ」
 太田さんからの無情の突っ込み。その表情はすでに呆れ返っている。いつのも説教モードだ。
「パスポートは?密入国するのはいいけど、これは記録に残るわよ。 国によっては強制退去だけ
 じゃ済まないわよ」
「で、電波で…」
「さっきから電波電波。 おまけに無計画。 若いうちからそんなのだと、これからの征服事業も
 先が見えたものだわ」
「……はい、すみません」
 思わず謝る僕。無軌道な僕の安全弁が太田さんという訳だ。彼女がいなかったら今頃、欧州で
野垂れ死にか、電波を暴走させてしまっていただろう。
「あたしが細かい計画を立てるから、長瀬君はちゃっちゃとお金を稼いできなさい」
「…はい」
 と、言うわけでバイトを探すことにしましたが…どうしよう?

A 源三郎おじさんのところを頼ろう
B ゲーム、グッズショップの「げるまんず」のバイト募集のチラシが目に入った
C フランクおじさんのところを頼ろう
D めんどくさい!電波で稼ぐ!!
E 源次郎おじさんのところを頼ろう
F 源之助おじさんのところを頼ろう
G 源四郎おじさんのところを頼ろう
H 源一郎おじさんのところを頼ろう
I 源五郎おじさんのところを頼ろう

362 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:05:00 ID:cQbji/5j
Bだ!!

363 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:08:00 ID:2iNEW8VJ
源次郎って誰?

364 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:08:00 ID:OfeZQtMm
千堂と大志がバイトしてた店だっけか、確か>げるまんず

365 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:21:00 ID:lnK709WG
「ここか…?」
バイトのチラシを見て秋葉原までやってきた祐介。
目の前にあるのはげるまんずというアニメ・ゲームグッズ販売店だ。
「すいませ~ん、バイトの募集を見てきたんですが…」
「ふはははははは!!」
いきなり後ろから笑い声がした。
「なっなんですか貴方は!?」
「驚かせてすまなかったな、青年。吾輩はこのげるまんずの
店長を勤めさせて貰っている九品仏大志だ」

「さて、まずは我がげるまんずで働きたい理由と趣味等を聞かせてもらおうか」
「(なんで意味なく偉そうなんだこの人?)働く理由…は
世界…、いやなんでもありません」
「なんだと?」
祐介は途中で言うのを止めたが、大志は聞き逃さなかった。
「今何と言った?世界…世界が何だというのだ?」
「まずい…どうしよう」

A 正直に世界征服の為、と答える
B 世界制服…、世界中の制服を手に入れる為です!!
C 世界を革命する力を!!

366 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:22:00 ID:j2Ie26PL
C

367 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:22:00 ID:C4gQprnx
Aで世界征服タッグ発動(W

368 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:34:00 ID:M7r5A2d+
「世界を革命する力だと……?」
 自分でも随分微妙なネタを言ってしまったと思う。
 これじゃ下手したら北○鮮の人と思われても仕方ない。
 しかし、偉そうな店長はなにやら懐かしげに呟いた。
「そうか、頑張れよ。それとパートナーを大事にしろ」 
 どうやらこの人は過去に女の人の胸から剣取り出してバトってたらしい。
「はぁ、どうも」
 適当に相槌を打ちながら履歴書を渡す。
「よし、採用しよう。長瀬君だったかな。君のような有望な若者を我輩は応援しているからな」
 よし! なんか知らないうちにバイトにありつけたぞ。
「有難うございます。それで、出来ればすぐにでも働きたいのですが」
「明日から研修。でいいかな? あ、それと君ゲームやアニメの知識はどれくらいかね?」
「まあまあ、ですかね。一応ゲーム機は一通り持ってますし」
「ところで、本当に世界を革命するつもりなのかね?」

A はい! 
B 実は征服したいんです。
C 実は征服したいけど、迂闊にはしゃべらずごまかそう。

369 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:36:00 ID:m4bVZKyB
B

370 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:41:00 ID:uEpykqiz
「実は征服したいんです」
「なにぃっ!? 征服だとおっ!?」
 数秒、時が止まった。
 ……少しうかつだったかな。
「ふむ……それはそれで……」
 大志さんは暫く考え込んだ。
 そして……
「よかろう、出来る限りの支援はしよう!!」
「え……本当ですか!?」
 意外だな……てっきりひかれると思っていたけど。
「無論。我輩も世界を征しようと志す者のうちの一人!
 同じ志を持った士、すなわち同志のための背中を押してやらぬわけにはいかん!!」
 それはありがたい……って世界を征す?
 なんだぁ、この人僕と目的同じじゃん。
 ……ってやばいんじゃないのそりゃ!?
 いやね、やはり世界征服を共に目指すものとしていずれはぶつかり合うんじゃないかと思うんですよ!
 というか一体何故この人は僕の手助けを!?
「そこでだ。長瀬祐介君、いや同志祐介。
 世界を征するには一人より二人のほうがやりやすい」
「はあ……」
 そうか、つまりこの人は……。
「我輩と組まないか?」
 そう来るわけね。
 それじゃあ……

A 分かりました、組みましょう
B いえ、僕は自分と連れだけでやっていきます

371 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:42:00 ID:m4bVZKyB
ほいB

372 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:50:00 ID:TwCpC7Ry
「いえ、僕は自分と連れだけでやっていきます」
「うむ、とすると君と我輩はライバルとなる訳だな。 いずれは対峙するであろうがそれまで互いに頑張ろうではないか」
 …この人も世界征服を考えているのか。しかし、世界は狭いなぁ。
「新たな可能性を持つメディアは、時代を変える力を持つ。 かつてのヒトラーの
 ようにな。 君もこの世界をしっかりと学び、世界征服に役立てるといいッ!」
 そうかもしれないね。世界征服には僕の電波の力だけでは少々足りない。
さて、バイトが始まったわけだけど、僕の仕事は…

A 一般誌漫画書籍、単行本フロア
B 中古同人誌売買フロア
C 18禁漫画フロア
D 委託同人誌フロア
E やおい同人誌フロア
F AV(オーディオ・ヴィジュアル)フロア
G 漫画、アニメグッズフロア

373 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 19:51:00 ID:X/vowdaR
G

374 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:02:00 ID:TwCpC7Ry
 さて、これからバイトだ。僕の担当フロアは漫画、アニメグッズのフロアさ。
流石に高校生だから18禁が置いてある所は駄目だからね。けど、ひとつ問題が。
それはこの「げるまんず代々森店」の構造にあるんだ。ここはあるビルを丸々
使っていて

一階   漫画、アニメグッズフロア
二階   AV(オーディオ・ヴィジュアル)フロア
三階   やおい同人誌フロア
四階   一般誌漫画書籍、単行本フロア
五階   18禁漫画フロア&中古同人誌売買フロア
六階   委託同人誌フロア
七、八階 スタッフ専用フロア

と、なっているんだ。一階は人通りが多くて知り合いにあったら困るんだけどなぁ…
と、思ったら知り合いが来たよ。


A 月島拓也
B 月島瑠璃子
C 新城沙織
D 太田香奈子
E 藍原瑞穂
F 長瀬源一郎
G その他※葉鍵キャラ

375 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:08:00 ID:uEpykqiz
B

376 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:08:00 ID:olPQU4ZI
A

377 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:28:00 ID:TUaDr1sH
「るりるりがるりるり」
レジの前にやってきた瑠璃子さんはそう呟きながら
一昔前に大流行して、今度出るロボット大集合SLGにも参戦するので
再出荷されたらしい某艦長(劇場版設定)のクリアファイルを差し出す。
「る、瑠璃子さん?」
「長瀬ちゃん、表通りまで電波が漏れてたよ」
しまった、知り合いに来て欲しくないと念じているうちに
逆に意識過剰になって電波を飛ばしてしまっていたようだ。
「バイトはじめたんだね、お祝いに買ってあげる。これ、いくらかな?」
「あ、ああ、ごめん。いらっしゃいませ、商品のほうは……」
そうしてマニュアル通りに対応しつつ、僕は始めてのレジ打ちに挑戦した。

A 妙に手が馴染む……そうか、僕ってレジ打ちの天才だったんだ。
B 困ったな、バーコードが上手く読み取れない……
C あれ?なんでレジスターから煙が噴き出すんだ!?
D 電波でレジの機構に直接干渉すれば一瞬で総てが終わるッ!!

378 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:29:00 ID:rWPApZ7w
どうでもいいけど>>366で秋葉原にやって来たと言ってるんだから
げるまんず代々森店ではなく秋葉原店では…

379 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:30:00 ID:rWPApZ7w
そしてD

380 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:30:00 ID:olPQU4ZI
C!
ここでドジッ子長瀬ちゃんですよ

381 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:46:00 ID:X/vowdaR
>>379
・面接は秋葉原だが勤務地が違った。
・この秋葉原には代々森という地名がある
とか

382 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:52:00 ID:UQlKr6SK
電波でレジの機構に直接干渉すれば一瞬で総てが終わるッ!!
僕はさっそく店内の電気の粒を集め始めた。
クリアファイルの値段、消費税額を計算して合計を算出するようにと、
レジに向かって電波で信号を送った。
うんともすんともいわない。
「あれ?」
電波が不十分だったのかな? 
もう一度、さっきよりも強めに電波をぶつけてみる。
「なんでレジスターから煙が吹き出すんだ?」
慌ててレジのキーに触ると、かなりの熱を持っているようだった。
「長瀬ちゃんは慌て者だね。レジスターは機械なんだよ。そんなに強く電気の
粒を流し込んだら、回路の方が焼き切れちゃうよ」
しまった、ロボ属性に電波はあまり効果がないんだった。
しかしそんなことを言っていても後の祭りだ。
完全にレジはぶっ壊れてしまったみたいだ。
どうしよう?

A.ともかく店長に事情を話してみる。
B.近くの店員に相談してみる
C.電波で責任を他の人になすりつければ……
D.おとなしく弁償だな、とほほ

383 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:54:00 ID:YgdhGT1m
B

384 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 20:54:00 ID:TUaDr1sH

385 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:11:00 ID:vwJOqQyp
まずいな…。とりあえず近くにいる他の店員に…
「どうしたんだい?」
そこに現れたのは副店長の千堂和樹という人だった。
「実はレジが…」
「なるほど。どれどれ…。ああ、これは駄目だ。中の回路まで
焼切れてるよ。これは修理しないと駄目だなあ。」
少し電波を送りすぎたみたいだ。流石にこれには僕も反省。
「一体何をやったらこんな壊れ方するんだ?仕方ない、
このお客さんの会計は俺が代わりにやっておくから
君は外でチラシ配りをやってきてくれ」

そう言われて僕は宣伝のチラシ配りをやる事になった。
こういうのも初めてだけど、とりあえず通行人に
チラシを渡せばいいのかな?
「げるまんずで~す、ただ今タイムセール実施中で~す」
ふう…1時間やって3人しか受け取らないや。
やっぱりこういうのは向き不向きがあるのかなぁ…
「そこの御人」
ん?振り向くとそこにはいかにもなオタクの人が二人立っていた。
「このカードマスターピーチのガレキの在庫を聞きたいのでござるが」
「あ、あさひちゃんのCDを予約したのにまだ届いてないんだな」

ピーチ?あさひ?何の事だろう…?
A とりあえず話を聞いてみる
B ここは店長の大志さんに任せてチラシ配りの続き
C これも勉強だ、この二人に適当に話を合わせてオタ談義

386 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:12:00 ID:/v4a0syB
面白そうだからC(w

387 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:21:00 ID:j5lxiuKC
これも勉強だな。征服のためには民衆の心を掌握することが必要だ。
あまり自分と縁の無い人間とも知り合っておくのが吉だろうし。

「ええ、ピーチですね…やっぱりマリオは人気ありますよねぇ」
「マリオ?お宅、何を言っているのかな?」
「で、あ、あさひちゃんのCDはど、どうなのかな?」
「ああ、あさひ銀行のキャッシュディスペンサーなら…あれ?今ってあさひもう無いんでしたっけ?」
「何をい、言ってるんだな。不愉快だ、も、もう帰るんだな」
「全くでござる、こんな社員教育の出来てない店などに用は無いのである」

ああ、帰っちゃった…しかし何を話していたんだろうか、あの人は…?

A バイト終了。日払いね、ハイどうぞ。
B おおっと九品仏が来た。
C キョロキョロ辺りをうかがいながら沙織ちゃんが…
D あれ?おじさん!? *どのおじさんか指定

388 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:26:00 ID:JYrl6J5j
Cだな

389 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:26:00 ID:eCDqlafy
CだC

390 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:47:00 ID:hewYXWmE
「やっぱり僕客商売は向いてないのかなぁ…。」
とぼとぼと店に戻ろうとすると、店の前に見知った顔があった。
「沙織ちゃん?」
「あ、長瀬君!」
「どうしたんだい?何だか捜し物のようだけど…」
「じ、実は…」

「アタックNo1!?」
沙織ちゃんはアタックNo1というアニメのDVDを買いにきたらしい。
「しかし古い作品だなあ…僕たちが生まれる前のアニメでしょこれ?」
最近再放送で見てハマったと沙織ちゃんは言うけど、
こんな古いのを再放送してる放送局なんて地方局か
ケーブルTVやスカパー等のアニメ専門チャンネルしかないぞ…
そんなチャンネルをわざわざ選んで加入してるって事は…まさか沙織ちゃんもオタ?

A とりあえず目的のDVDを売ってる階まで連れていく
B それとなくアタックNo1にハマった経緯を聞き出す
C 突如ライバル店の○○(要指定)が客引きを始めた
D 単刀直入!!沙織ちゃんもオタクなのか問い詰める!!

391 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:48:00 ID:tzmm7jr1
Cで七海

392 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 21:49:00 ID:NEz4oBzZ
A
最近DVDという単語を見ると、アレしか思い浮かばなくなってきた…

393 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:12:00 ID:96fT7xKl
「あの、DVDの品揃えでしたら、うちの店のほうが……」
近くの競合店(なんでこの手の店ってあからさまにライバル店の側に出店するんだろう?)の制服を着た
小さな女の子が、いきなり横から会話に割り込んでくる。
「ごめん、一応彼女は僕の知り合いで……」
「ごめんなさい!私もお仕事ですから、客を呼ばないといけないんです」
「ごめん、それもそうだよね……まだお店に入ってないのに独占しちゃって」
「ごめんなさい!でも先に声を掛けたのはそちらなんですよね」
「ごめん、でもここはどっちのお店でもない公道だから」
「ちょっとー!客を無視して勝手に譲り合わないでよ!」
……沙織ちゃんに怒られた。
「ごめんなさい!肝心のお客さんをないがしろにして」
「ごめん、そうだよね、沙織ちゃんはお客さんなんだからそっちに気を配るべきだったよね」
「そんなにごめんごめん言わなくてもいいよ……なんか疲れるなぁ。
 アタックNo.1が手に入ればそれでいいだけなんだってば!」
そうは言っても、なんかこの謝り癖があるらしい隣のショップの店員
『立田七海』ちゃん(名札にそう書いてあった)も苦労してるみたいだし……

A ここは譲ってあげよう
B いや、うちで買ってもらおう
C 公平に同じ巻数を両方で買ってもらおう
D 沙織ちゃんに決めてもらおう

394 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:15:00 ID:tzmm7jr1
ここでD

395 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:32:00 ID:j5lxiuKC
「う~ん、まぁ顔見知りだし、祐クンの方で買うことにするよ!…七海ちゃん。ゴメンね。」
「あっ、いえ、お気になさらずに…」
そういって寂しそうに七海ちゃんは去っていった…

そして僕は沙織ちゃんを二階へ案内した。
「ふぅ…いきなりこんなのでやっていけるんだろうか…」
「見ていたぞ、若者!!」
「わ!店長!」
唐突に現れる店長。この人声が大きいんだよな…
「そう、時には心を鬼にしても、成し遂げねばならないときがあるのだ…
 そして君はそれを乗り越えたのだ。胸を張っていい、自身を持っていい。
 君は運命の女神という存在に、選ばれた勝者なのだ!!」
「はぁ…」
「と、いう訳でだ。我輩は君に惚れ込んだのだ。
 何か希望は無いかな?出来る範囲で叶えてあげよう」
「え、ええと…

A 海外旅行したいんで前借させてください
B お勧めのマンガとかあります?
C 彼女もバイトさせてもらえませんか?
D 海外支店があったらそこに回してもらえません?

396 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:33:00 ID:eCDqlafy
Dカナ
Dカナ

397 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:44:00 ID:uEpykqiz
「海外支店があったらそこに回してもらえませんか?」
「海外支店? 一体何故に?」
「実は……」
 僕は店長に事情を説明した。
「ほう……世界征服のための人生経験に海外へ」
「ええ。だから……あるのならそっちに回して欲しいかと」
 そこまで言ったときに店長が大いに笑った。
「ははは!! その心意気やよし!
 世界征服のために見慣れぬ地へ足を運ぼうとは見上げた根性だ!!

A だが、残念だが海外支店など存在しない!」
B よし、ポナヤツングスカ支店へ行け!」
C サンフランシスコ支店が空いている、そこの支店長を務めろ!」
D 北緯三十八度線に限りなく近い場所が手薄だ、そこへ行け!」
E 魔法世界グエンディーナ支店へ行け!」

398 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:45:00 ID:3eYM2P3B
C!

399 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:46:00 ID:eCDqlafy
A
スマン

400 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 22:59:00 ID:JYrl6J5j
「けど、九品仏さんは唯の店長じゃ…」
 とは言っても只者じゃない雰囲気を醸し出しているけどね。話に付いていけなくなった沙織
ちゃんが口を大きく開けて呆然としているよ。
「ふふふ、げるまんず秋葉原支店店長は仮の姿。 我輩の正体はある世界的ヲタク組織の
 総帥なのだ! お主を海外に派遣するくらいは朝飯前のランニングッ!」
「どうして昨日今日出会ったばかりの僕にここまで…」
「『少年よ!大志を抱け!!』だ。 偉大なる野望を持った若き魂を止める事は何人であっても出来ないッ!
 さぁ、長瀬祐介よ!世界に羽ばたくが良いッ!!」
「はい!!」

 1ヵ月後、こうして僕と太田さんはサンフランシスコへと旅立った。ただ、初心者に行かせる
のは不安だからサポートを付けるとの事。それは──

A リサ・ヴィクセン
B 宮内レミィ
C 猪名川由宇
D 長谷部彩
E 千堂和樹

401 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:00:00 ID:f2zw5z0T
D

402 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:00:00 ID:YoKM/msu
C

403 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:12:00 ID:j5lxiuKC
そして機上の人となった僕たちだが、隣には初めて顔を合わせる人がいた。
「そんな…わけで、今の、向こうの、流行は…」
「…でも、向こうの方はやはりこういったものにはあまり興味を示さないんじゃあ…」

と、太田さんと雑談しているこの人こそ、ベテランアルバイトの長谷部彩さんだそうだ。
無口な人だけど、口を開くとそっち系統の話を楽しそうに振ってくる。やっぱ芯は熱い人なのかなあ。

しかし僕は少し考え事をしていた。
世界をぐるっと周ってくるといっていたのに、このままでは働かされ続けてしまうな…
なんとかして彼らと手を切ることを考えないと…
そんな事を考えていると。

A 突然機体が揺れ始めた。
B 雷が機体を直撃した
C 無事シスコに到着
D 間違ってリオに到着

404 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:14:00 ID:96fT7xKl
Cでアメリカ編突入

405 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:14:00 ID:X/vowdaR
D

406 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:22:00 ID:j5lxiuKC
僕たちは彩さんの案内でタクシーに乗り込んでいた。
「私は…、二、三度ここの店舗にきた事があるんです…とても広くて…清潔ですよ」
そういうと彩さんは運転手さんに行き先を英語で告げた。
「とりあえず…社宅に案内します…その後、今日は観光に当てましょう…
 どこか、リクエストは…ありますか?」

「う~ん、僕は良く知らないからなあ…太田さんは?」
「そうね…前々から行ってみたいと思ってたんだけどね…

A パシフィックベル・ボールパーク
B アルカトラズ島
C ゴールデンゲートブリッジ
D フィッシャーマンズワーフ

407 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:27:00 ID:NEz4oBzZ
B

408 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:39:00 ID:f2zw5z0T
「やっぱりアルカトラズ島ね。捕まった時に役立ちそうだし」

さらりと怖いことを言っている太田さん。
そういえば、僕らの目的は世界征服だったっけ。

「……着きました」
「早っ!?」
「何を言ってるのよ、長瀬君、船に揺られてきたじゃない」
「ええっと、そうだったかなぁ…」

どうにも思い出せない…まさか、僕を上回る電波使いが!?

「妙なこと考えてないでいくわよ」
「あれ?アルカトラズって今も使われてるんだっけ?」
「…1934年から1963年まで使われていました……そして、ここ数年で…復活しました」
「何故に!?」
「私達みたいな世界征服を狙うのが増えたのよ、しかも、長瀬君みたいな厄介な能力者で」
「……てことは、僕もつかまったらアウトなんじゃぁ…」
「……他にも、やはり凶悪能力犯罪者は収監されます……面会の時にサインをもらっていく人も多いですよ」
「……サインがもらえるの?」
「……よく考えると……すごい…話ですね」
「もしかしたら、仲間に引き込めるかもよ。面会してみよっか」
「誰がいいかな?太田さん、オススメは?」
「そうね……

A.連続酒樽窃盗犯、怪力のカルラさんかしらね
B.大量虐殺犯、通称少年かしらね
C.世界的詐欺犯、折原浩平かしらね
D.連続猟奇殺人鬼、柳川刑事かしらね
E.連続逆レイプ犯、通称エロイン天沢郁未かしらね

409 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:41:00 ID:JYrl6J5j
E!E!E!E!E!E!

410 名無しさんだよもん 2004/02/12(木) 23:41:00 ID:eCDqlafy
D

411 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:02:00 ID:+1faR2ae
僕らは性犯罪者を集めた獄舎の中の更にある奥の離れに通された。
「ここが…天沢、郁美の住まう場所、ね。」
太田さんが感慨深げに呟く。彩さんは怖いというので外で待ってもらってる。
離れのドアに手をかけた時、外人の刑務官が声をかけてきた。…意外にもニホンゴできるようだ。
「言っておきますが、彼女はサインできませんので、あしからず」
…どういうことだろう。まぁ世界が恐怖した犯罪者だし、しょうがないのかな。

太田さんがドアを開く。おっといけない。僕も彼女に続いて中に入った。
そこには、日本人と思われる女性が檻の中に入っている姿があった。
しかし、ただ入っているのではない。
頭には金属製の帽子に目隠し。
更に拘束衣。その上から更に鎖でグルグル巻きにしてある。

「これは…なんというか…」
「驚きましたか?」
刑務官が声をかけてくる。「ええ、まあ…」といい加減な答えを返した。
「でしょうね…コイツはね、エスパーなんですよ。
 それも、この檻の鉄柵を見ただけでへし折ったり、何人かここの同僚も食われました…
 その結果、離婚したり振られたりして…ジーザス!!」
成程…それを防ぐためのあの物々しい装備なんだな。特殊素子を仕込んだ帽子な訳か…

僕は電波で一方的に太田さんに話しかける
(どうする?この状況では引き込むなんて無理じゃないか?)
太田さんは右手で鼻を掻く。コレは…

A 肯定の合図だ
B 否定の合図だ
C 結論保留の合図だ
D 危険!の合図。…え?

412 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:03:00 ID:+1faR2ae
誤字
郁美 → 郁未

413 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:06:00 ID:Og3dzsip
C

414 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:06:00 ID:9gxoDz0P
D

415 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:06:00 ID:X1YfYrp/
A!
せっくすせっくす言ってた頃の何かが引っかかったんだ!

416 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:13:00 ID:FY3DuNB4
 確かこの仕草は迷っている時のもの。
「やめておくわ」
「何を……です?」
「少しくらいなら話せるかと思ったんだけど、ちょっと無理そうね」
 ちらっと僕の方を見て来る。
「そうだね」
「今日はまだいいわ。是非話がしたいけどね」
 まだ、保留ということだ。賛成。
「……では、他の受刑者も見ていきますか?」
「そうね。でも今度はもう少し穏やかなのがいいわね」
 僕達が次に向かったのは

A.連続酒樽窃盗犯、怪力のカルラ
B.大量虐殺犯、通称少年
C.世界的詐欺犯、折原浩平
D.連続猟奇殺人鬼、柳川刑事
E.いや、ここはもういい。施設を見学

417 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:14:00 ID:XXUZVpps
A

418 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:14:00 ID:X1YfYrp/

えいえんのトリックを求む!

419 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:25:00 ID:FY3DuNB4
「あ、あの人いるかしら? 一人で酒しか盗まなかったのに1000万ドルの被害を出した」
「カルラ……ですか」
 あ、知ってる。別に高い酒を盗むだけでなく安い酒も見境無く盗んだというあの女盗賊。
「まあ、いるにはいますが……」
 刑務官は何か困った様子だったので訊ねてみる。
「何かあるんですか?」
「いや、しっかり拘束してるからダイジョウブではありますが、見れば分かりますよ」
 そして、10分後にはカルラが入っているという独房に着いた。
「……なるほど……」
「なるほどねぇ」
「確かに」
 覗き窓からちらりと覗いたが、カルラは少し取り乱していた。体全体が震えている。
「彼女、アル中なんですよ。仕方ないのでたまに飲ませますが」
「今、飲ませてもらえます?」
 太田さん……アル中引き込むつもりですか?ちりちり
 太田さんは大丈夫、と口だけ動かした。
「ええ、できますよ。ただし、中に入れるのは一人だけです。私が付き添います」
 サインをもらえると言っても相当に厳しいようだ。

さて、どちらが中に入るべきか。

A 僕。主人公だもん。電波使えるぜ。
B 太田さん。ヒロインだもん。頭いいぜ。
C 怖いからやめようよぅ

420 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:26:00 ID:9gxoDz0P

421 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:32:00 ID:FY3DuNB4
「あの、太田さん。怖いからやめようよ」
 ……止まった。空気とか時間とか色々。
「長瀬君……ここまで来てそれはないでしょう」
 おそらく太田さんの好感度は4は下がった。
 刑務官の人もはぁ?といった感じだ。彩さんは、無表情でよく分からないけど。
 いやでも怖いし。相手は素手壁ぶち抜くような怪物だよ? 怖いじゃん。
 と、怯えたウサギのような目で訴えていたら太田さんが折れてくれた。
「はぁ、仕方ないわね。いいわ。やめましょう」
 良かった。でもどうしよう。なんかここにいてもしょうがないかも。

A いや、まだ会う。前の選択肢の受刑者から選んで
B 帰る

422 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:34:00 ID:X1YfYrp/
AでC
こうへいをてにいれろ!

423 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:34:00 ID:lgUdV9oX
B
彩は外で待っています。

424 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:42:00 ID:FY3DuNB4
「どうしますか? もう帰りますか?」
 刑務官が僕を戦意喪失と見て声をかけてくる。
「い、いや大丈夫ですよ。あ、実は会いたい人がいたんですよ。あっはっはー」
「本当かしら?」
 うぅ、太田さん突っ込みきつい
「本当さ。ええと、折原……祐一だっけ?」
「浩平よ。世界的詐欺犯。確かにこれなら怖い相手じゃないわね? 長瀬君」
 うぅ、そんな目で見ないで太田さん。
「折原受刑者でしたら、確かに安全ですよ。かなりの曲者ですが」
「でも、折原浩平って何したのかしら」

A 結婚詐欺の常習者さ。
B サミットや国連すら踊らすほどの大詐欺師だよ。
C あれ、僕も忘れたな。まあ、会えば分かるよ
D あれ、折原ってだれだ?

425 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:44:00 ID:FY3DuNB4
彩は外か。すまん。

426 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:44:00 ID:XXUZVpps

427 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:50:00 ID:h9IhpkWs
「あれ、僕も忘れたな。まあ、会えばわかるよ」
「それもそうね」

僕らは、折原浩平の独房に着いた。

「え?2人で入っていいの?立ち会いナシで?」
「はい、彼はすごい腕力があるとかありませんし」
「なるほど」

僕らは遠慮せずに2人で入った。

「ん?誰だ、あんたら」

中には僕と大して年がちがわなそうな少年。

「私は太田香奈子。このでくの棒と一緒に世界征服を狙ってるの」
「でくの棒…一応、彼氏のはずなのに」
「ま、男はどうでもいい。しかし、世界征服とはでかく出たな」
「まぁね」
「で、戦力は?」
「今のとこ、こいつと、長谷部彩って子だけ。面会した天沢郁未はフン縛られてるし、カルラはアル中だし」
「あん?カルラがアル中?あの人は、ザルだぜ?」
「どういうこと?」
「酒飲むために演技してるんだろうな……俺もそうしよっかな」
「え、演技だって!?」
「あぁ、間違いないな。それに、天沢も確か時々男を喰いにはいかいしてるって噂があったな」
「つまり、実際には色々抜け道があるわけね……」
「ま、そういうことだ。で、俺にはそんなこと聞きに来たのか?」

428 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:50:00 ID:h9IhpkWs
A.仲間に誘う
B.もっと捕まっている人についての情報を聞く
C.何をしたのか、経歴を聞く
D.サインをもらう

429 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:51:00 ID:XXUZVpps
彩は…郁未のいる性犯罪者ゾーンには入らなかっただけと取れるぞ。

430 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:51:00 ID:j139FzzD

431 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 00:52:00 ID:X1YfYrp/

あとあそこに挙げられた以外で誰が居る?

432 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:02:00 ID:lgUdV9oX
「まずはB.大量虐殺犯、通称『少年』だ。 本当に名前が無くてそう呼ばれているんだ。
 何でも怪しい新興宗教の御輿で天沢郁未を上回るサイコキネシスの使い手だ。
 で、その宗教団体の連中を皆殺しにして、手に負えなくなったところを軍を呼んで尚且つ
 対能力者専門の連中を呼んでやっと押さえ込んだ正に『化物』と呼ぶのに相応しい奴だ。
 その時は1個大隊が壊滅したって言う噂だ。機密情報だから詳細は知らないが。
 そして、この刑務所の奥深くで厳重に封印されていて、面会ですら大統領命令が必要なんだ」
「あの…そんな事喋っていいの?ほら、あれ」
 太田さんは部屋の隅に設置されている監視カメラを指した。
「くっくっく…俺を誰だと思っている?折原浩平だぜ。 俺は人を騙すだけじゃない、世界すら騙せる
 男だ。 監視カメラには俺達が他愛のない世間話をしているようにしか見えないさ」
 この人…一体何者だ?

A 能力の詳細を聞いてみる
B いや、こいつは危険だ。これ以上は止めておこう
C さらに受刑者について聞く

433 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:03:00 ID:5abHR1uy
C

434 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:06:00 ID:+1faR2ae
「柳川刑事。コイツはヤバイな。あいつは人間じゃない」
「人間じゃない…非道すぎるとかそういうこと?」
ちっちっち、と指を振る折原。
「いっぺん、ここで大立ち回りがあったんだよ、柳川が脱走しようとしてな。
 その時、危険だからってんで中庭に集合させられたんだが…
 塀の上で大暴れしていた受刑服の柳川刑事の体がぶくぶくと筋肉で埋め尽くされて…
 次の瞬間、熊より大きな生物になってたぜ…
 そのあとスタン・グレネードの連続攻撃で何とか取り押さえられたが…
 あれはなんと言えばいいのか…「鬼」だな 」

そう…と太田さんが考え込むポーズに入った。あ、やな予感。
「長瀬君!行くわよ!」
「ど、どこにですか!?」あわてて敬語調になってしまう僕。
「だから、柳川の独房よ、そんな面白そうで使えそうなやつこんなところで眠らせておくのは損失よ!」

A OK、わかったさ…
B その前に…あんたは何をやったんだ?折原さん。
C NO、危険すぎる
D ドアが開く。「貴方の服に付けた盗聴器に不審な言動が聞こえましてね…」

435 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:07:00 ID:j139FzzD

436 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:08:00 ID:XXUZVpps


437 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:17:00 ID:lgUdV9oX
「いや、それは危険すぎるよ太田さん」
「何よ、さっきから意気地なし!」
 太田さんが僕を顔を真っ赤にして掴みかかる。うう、こっちの方が怖いかも…
「くっくっく…そこのボウズの方が正しいぜ、お嬢ちゃん。 柳川の奴が最初に現れたのが日本の隆山。 そこから海を渡り、
 中国、ベトナム、インド、アフガン、イラク、トルコ、ユーゴとユーラシアを横断しつつ殺戮を繰り返し最後にフランスでお縄に付いた。
 それまでに殺した人間の数は分っているだけでも1万人。 個人で物理的に殺した数では世界最多だ。 おまけに完全な無差別殺人、
 他人に制御できるもんじゃないぜ」
 独房の中を沈黙が支配する。それを聞いた太田さんも流石に大人しくなった。こいつらに
比べれば僕や、嘗ての月島さんなんて子供のようだ。
「どすした、ボウズ。 怖気づいたか?」
 彼はニヤニヤしながらこちらを見ている。

A はい
B いいえ
C あんたは何をやったんだ?
D もう帰る

438 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:18:00 ID:prSkKwZS
C

439 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:18:00 ID:YGdQuTZo
どんどん長瀬がヘタレ化していきそうだなw

440 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:28:00 ID:fB/kfruf
「あなたは何をやったんですか?」
彼らと同じ牢獄に投獄されている、世界的詐欺犯である折原浩平。
でもその語りを聞いているとどうしてもそんな人には見えない……
少し口の悪い、でも気のいいお兄さんにしか見えないんだ。
「ふ……さしづめ、そんな男には見えないと思ったんだろ?」
「!?ど、どうしてそれを?」
まさか……僕が電波を操れるように、彼はテレパス能力が操れて
その力で他人の心を読んで巧妙に騙していた!?
「……なるほど、今長瀬君は折原さんに騙されている最中なのね」
「へえ、そちらの女の人はなかなか賢明なようだね」
「えっ?あ、そうか、そういう事なのか……」
「そう、俺は他人と接するときに意識的に相手の認識を変えるよう
 巧妙に立ち振る舞う事が出来る。それも口調や表情ではなく
 存在そのものを……そう、自分が望めば永遠に喪失させる事も出来るんだ」
ふと彼……折原浩平が遠い目をする。
僕はこの目に見覚えがある。拓也さんと瑠璃子さん……
何かを失い、それと引き換えに何かを手に入れた者だけが持つ目だ。

A ……いや、これも僕を騙すための演技に違いない。
B いや、この瞳は多分嘘じゃないと思う。
C これ以上彼に深入りするのは危険だ……ここを去ろう。

441 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:28:00 ID:gBLOHheH
A

442 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:34:00 ID:X1YfYrp/


443 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:35:00 ID:+1faR2ae
……いや、これも僕を騙すための演技に違いない。

「…僕はまださっきの答えを聞いてませんよ?」
「何をやったかって…だから、ちょおいと、詐欺をな」
「詐欺でこんなトコに捕まる事ってあるのかしら?」
「残念ながらあるようだな。この俺がその証拠だ」
「…!そういうことじゃなくて!反語!」
またしても愉快そうにくっくっく笑う折原さん。…なんだか腹が立ってくる仕草だな。
「ああ、詐欺だよ。本当なら後一歩でこの国の州一つ手に入るトコだったんだが…
 CIAのイキのいいのにとっ捕まっちまってな。以来、自戒の念も込めてここで大人しくしてるってワケさ」
「州を…」 そりゃまた大きく出たもんだ。
「ねぇ貴方…ここから出たくはない?」
「…あんたらの手下になれと?」
無言で、鷹揚に頷く太田さん。しかし凄い度胸だよなあ。
「そうだなあ…やる気になれば一人で出れるんだよ、こんなザル警備。
 だが、あんたらの心意気は嬉しいぜ、正直」
「じゃあ…!」
「まぁ落ち着け。俺はあんたらが気に入った。
 でも、俺はあんたらの腕の程を知らない。だからちょっと試させて欲しいんだ」
「…まあ、いいわ。なにをすればいいのかしら?性的なサービス以外なら大抵OKよ」

A このライターの火を消さずに外に持っていきな
B 俺以外の凶悪犯を誰でもいいからここから連れ出しな
C じゃんけんでいいや
D 柳川の髪の毛を持ってきてみな

444 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:36:00 ID:XXUZVpps

445 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:42:00 ID:lgUdV9oX

「俺以外の凶悪犯を誰でもいいからここから連れ出しな。 だが、奴らもで要と思えばここから簡単に出れるはずさ。
 奴らがここから出たがらないのは外の世界に求める物がないからさ。 ま、俺も似たようなものだが。
 だから、説得するには結構骨が折れるぜ。 特にカルラや柳川辺りなんかな。
 そう言えばお前は何の為に世界を狙う?その辺はっきりしておかないといずれは俺達の仲間入りだぜ」
 僕の…目的?

A ハーレム!それしかない
B 能力者が差別されない世界を作る為
C この世は荒野だ!唯一野望を実行に移す者のみがこの荒野を制することが出来るのだ!!
D な、何となく…
E それが粋ってもんでしょう?


446 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:44:00 ID:k9LNA0NM
E

447 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:44:00 ID:2WCKvU3y
Cでへたれ脱出を図る

448 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:53:00 ID:X1YfYrp/
「そうか、……そこまで言うんだったら、」

Aやっぱ”少年”頼むわ。世界を掴むんだろう?
Bでもお前等ならあの柳川位が妥当だな。
C長瀬って奴を。
D宮内って奴を。
E手組んでやるよ。もしお前等が口だけのヘタレなら俺が使い捨てればいいだけだし。

449 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:57:00 ID:lgUdV9oX
Bでたまには怖い柳川を見てみたい。

450 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 01:59:00 ID:fB/kfruf
「それが粋ってもんでしょう?」
僕が一瞬とまどっている間に太田さんに答えられてしまう。
「あの、僕は……っ!」
「しっ!こういう問答が好きなタイプと見て間違いないわ。私に任せて」
うう、お尻をつねられた。本気で尻に敷かれてるなぁ……
でも口下手な僕より太田さんが向いていそうなのも確かだし
もう少し様子を見ることにしよう。
「ふーん、粋か。たかが世界征服とでも言いたげな物言いは確かに粋だな」
本当だ、折原さんはなにやら関心を示しているようだ。
「俺もたかが州取ろうとして捕まったくらいでびびっちゃいられないな。
 よし、時が来たらお前さんのために世界を各地の支配者から騙し取ってやるぜ!」
「ほ、本当ですか?」
「ああ。でかい事を平気な顔で腹心が吐いているのに
 文句のひとつも言わずそいつに交渉を任せるお前さんの度量も凄いしな」
……尻に敷かれてて反論出来なかっただけなんだけどな。
「それはともかくとして、約束は約束よ。誰か囚人を連れてこないと」
「お、太田さん、別に力を貸してもらえるなら……」
「約束を反故にするような人は、味方に欲しくないわ」
うわ、なんか太田さんのほうが僕より乗り気になってませんか?

>>449はあんまりなので、これを>>449の前に挿入してください。
ここまで書いて消すのも勿体無いので……

451 >450から 2004/02/13(金) 02:03:00 ID:+1faR2ae
>451それは駄目だろ。気持ちは分かるが。

「でもお前等ならあの柳川位が妥当だな。」

「…わかりました、では…」
「ああ、ちょっと待ってくれ。もう一度聞くけどよ…本当にそれだけなのか?」
「ご不満ですか?「粋」では。他に何か理由がなければ征服とは出来ないものですか?」

折原さんは感じ入ったように目を閉じ…再び目を開き、続けた。
「…目的のための征服ではなく、目的そのものが征服…という事か?」
「ええそうですよ。別に支配欲も選民思想も共産主義も僕の頭の中にはありません
 マロリーって登山家の名文句、知ってるでしょう?
 『なぜエベレストに登るのか?』『そこにそれがあるからだ。』  コ ノ ホ シ
 そういうことです。そこに人がいるなら。手に入れるだけです、 地 球 を!!」
ぽかんとしていた折原さんだったが、プッ、と噴出すと、笑いが止まらなくなったように
「くく……あははは…ハーッハッハッハ!!気に入ったぜ、兄ちゃん!
 俺は大人しく柳川が脱出するのを待とうじゃねえか!テレパスで伝わるから報告はいいぞ」  
僕たちが去るときにはこんな感じだった。

さて…どうしようか

A 一旦出て、準備
B このまま独房に

452 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:08:00 ID:k9LNA0NM
>>452
今までも展開が上手く繋がってればOKという時もあった。
ただ、あくまでもリロード忘れでかぶった場合に選択肢で決めた。
ということで
>>451を通す?
A了承
B却下

453 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:09:00 ID:lgUdV9oX
>>453
B この場合は駄目だろう。
>>452は次に任せる

454 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:09:00 ID:/zPH4ek0

囚人が間違ってるのは幾らなんでも酷い
(長瀬は主人公、宮内は未登場)

455 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:10:00 ID:/zPH4ek0
ああ、449じゃなくて451か。

456 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:11:00 ID:h9IhpkWs
確かに、早い者勝ちがココのルールだが、あまりにも短文とか、酷すぎる間違いは注意したいとこだな。

457 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:12:00 ID:j139FzzD
じゃあ>>452はAで

458 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:14:00 ID:/zPH4ek0
一旦出て準備する事にした

A 柳川の素性を調べる
B 刑務所の警備を調べる
C 恩赦の条件を調べる

459 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:16:00 ID:+1faR2ae
………

460 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:17:00 ID:/zPH4ek0
え?だってどの文にも繋げられる一行レスが許されるんだろ?

461 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:17:00 ID:k9LNA0NM
うーむ

462 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:22:00 ID:/zPH4ek0
じゃあはっきり言うよ。
俺はスルーしてもいいが、ならID:X1YfYrp/はどうなんだ?
age選択に一行レス、しかも事前の選択折り込み皆無でだぞ。
まだ俺のレスのほうが事前の選択を反映して書かれていると思う。

ID:X1YfYrp/はそのあたり、荒らしでないなら的確な解説しろ。
出来ないor荒らしなら俺と共に双方スルーで進めてくれ。

463 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 02:25:00 ID:k9LNA0NM
>>463
支援板に行こうぜ。X1YfYrp/も見てたらな。
選択は漏れさっき選んだばっかだから次の奴に譲るね。

464 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 04:12:00 ID:ZKtdN8rG
C

465 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 04:41:00 ID:Mph/6mdG
「とりあえず恩赦の条件を調べてみよう。合法的に連れ出せるんならそれが一番いいよ」
「意気地がないわね」
「うぅ……」
「けどあなたらしいといえばあなたらしいわ。それじゃ、ちょっと調べてみましょうか」

 というわけで僕らは刑務官に尋ねてみた。

「ん? 恩赦の条件? そうだなぁ……」

A ここの所長に素手で打ち勝てば囚人の一人ぐらい出してもらえるかもな。
B 10000000000000000000000000000万ドルも持ってくればどんなヤツも釈放されるさ。
C 囚人の面倒を見れることを証明できれば連れ出すことも許されるかもな。
D ンなモンはない。アルカトラズをなめるな。

466 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 04:48:00 ID:IUL0roF/
A

467 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 04:54:00 ID:Mph/6mdG
「ここの所長は腕自慢でね。自分に勝ったヤツの願いは何でも叶えるって言ってるんだ」
「なら……」
「うん。所長にガチで勝負を挑んで勝てば囚人の一人ぐらい出すのはわけないと思うよ」
「なかなか粋な所長さんね」
「うん。男らしいね」
「どうだい? やってみるかい?」
「……どうしよう太田さん」
「そうね……ここは……」

A 頑張りなさい長瀬くん。
B 長谷部さんお願いできる?
C やはりここは私自ら。
D 別の手段を探しましょう。

468 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 06:29:00 ID:h2wVfjOy
Bの方向で

469 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 07:43:00 ID:c2KENp7O
「長谷部さんお願いできる?」
私は長谷部さんに所長と戦うようお願いしてみた
「…無理です」
葉鍵のヒロインになかには化け物みたいな戦闘能力を持った人もいますがこの人は基本的の普通の人です
戦闘は向いていないみたいです、なんでこんな無茶なことを頼んだんでしょう?

「………」
太田さんが困っています
どうしましょう

A こんなときに頼りになる知り合いに連絡(人物要指定)
B あきらめて別の場所に行きましょう
C それより早くバイトに行きましょう 

470 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 07:59:00 ID:9gxoDz0P
C

471 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 08:45:00 ID:+1faR2ae
「それより…早くバイトに行きましょう… 」
そう告げる彩。だが――

「済みません、彩さん。僕たちはサンフランシスコ店には行けないようです」
「…!それは、どういう…?」
「店長から聞いていないんですか?いや、どっちでもいいか…
 ちょっとやりたいことがありましてね…本当はそっちの仕事もしてからにしようと思ったんですけど、
 折原さんとちょっと約束しちゃいましたし…残念ですが、あなたはここで帰ったほうがいい」
「…納得できません。…なぜ、そんなにも…急ぐのですか?」
「…だから言ったでしょう。約束したからだって。それに…成田を発った時から僕たちの戦いは始まっているんです
 目の前に豊穣たる草原が見えるんですよ。最高の気分です、もう誰も止められない」
静かに、しかし激しく燃える、瞳の中の野望を感じ取ったのか、彩さんはやれやれとばかりに立ち上がった。
「…わかりました…残念です…」
肩を落として告げる彩さん。…少し悪いことをしたかな…

「ゴメンなさいね、長谷部さん」
太田さんもたまらず一声かける。
「・・・いえ、お気になさらず。では、お二人とも、息災で…」
そういって、彼女は僕たちにあてがわれた社宅から出て行った。

「さて…とっとと所長を負かしてこの街から出ないとね!」
暗めの雰囲気を吹き飛ばそうと、殊更明るい声で太田さんが言う。
…やっぱりいい女だなあ。
「…?、にやけてんじゃないわよ!
 …で、どうする?そんな無茶な条件設定してあるだけあって、相当腕っ節に自信があるんじゃないかしら?」
太田さんが話してるのは恩赦の所長の話だろう。
「僕の電波を使えば、何とか」
「でも、あの天沢さんみたいに能力を防ぐ帽子とかを使われたら…」
「いや、そうじゃない。僕ら自身に使うんだ
 体のリミッターを外す事で人間を超えた動きを可能に出来るんだ」

472 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 08:46:00 ID:+1faR2ae
「…そうか、そんなことも出来たのね」
「ただ、その後がちょっと大変なんだ。拳が砕けたり足の筋が断裂したりすることだって
 考えられる…出来れば使いたくないけど…」
「そうね…」 と太田さんはイスから立ち上がり、部屋をぐるりと回った後に、
僕にいくつかのプランを話してくれた。

A それで行きましょう。
B このシスコで格闘戦のエキスパートを探して見ましょう
C 脱獄させるしかないわね…私とあたなのパーティじゃそっちのが確率高いわ

473 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 08:55:00 ID:lgUdV9oX
C

474 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 09:02:00 ID:gxAuJCNa
あ、あたなって誰だー!

475 473 2004/02/13(金) 09:10:00 ID:+1faR2ae
ギャーーーッス

476 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 09:59:00 ID:+1faR2ae
――深夜、サーチライトが夜闇を切り裂き、刑務官は犬を連れ巡回をしている。
ここはアルカトラズ。南北戦争時から続く由緒ある獄舎。…それが受刑者にとって幸せなのかは分からないが。

「暇だ……」
そんな中、一人の日本人男性が読んでいた本を伏せ、呟いた。
史上最狂にして最凶の殺人犯、柳川その人だった。
以前の脱走事件以来、スゥイートとまでは行かないが、なかなか庶民には手の出ない
ホテル並みの独房が用意されているのだった。もちろん壁の奥に特殊複合合金製の板が仕込んであったり、
そこかしこに監視カメラが付いていたりする事を除けばだが。
「まぁ仕方ないか…」
そう、彼も抜け出そうと思えばそんなことは容易いのだが―――彼はあえてそれをしなかった。
立ち上がって冷蔵庫の中からワインを取り出す。冷えたグラスに注ぎ、再び窓際まで戻った。
手にした赤ワインを眺めながら、柳川は昔のことを思い出していた。そう、濃密な血の記憶を…

ガチャン!…手にしたグラスが割れている。無意識のうちに握りつぶしてしまったようだ。
「い、いかん…!ヤツが…」
柳川は突如頭を抑え、その場にうずくまった。
(よぉ…つれねえじゃねえか…どうした?こんな所に閉じこもってよ…
 お前の力ならこんなチンケな刑務所の一つや二つ…)
「黙れ!!」 必死に叫ぶ柳川。だが脳内の声は止まらない
(なに善い子ぶってるんだよ…お前は大量殺人鬼だろうが…
 その手で男も女も老人も、ましてや甥、姪すら手にかけたお前じゃないか…!)
「うるさい!俺は…もうコロシはしない!!」
悲痛な叫び。だがその声は広い室内にむなしく響き渡っただけだった。いつの間にか脳内の声も失せている。
「ははは、は……」 思わずこぼれる自嘲。なぜこんな醜態を晒して自分は生きているのだろう…
鬼としての生存本能?笑わせる。自分で死ぬ度胸がない言い訳だ。
「オッ死んででやるさ…」といって柳川はダッシュボードの上の錠剤を手に取る。

477 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 10:00:00 ID:+1faR2ae
「この睡眠薬を飲んで、直後に首でも手首でも切り裂けば…流石に死ねるだろう…」
そうだ、もっと早く決断すればよかった。そうすれば俺は…
「繰言だな。…さて…」 右手の先だけ「鬼」へと変化させた。錠剤を手に取り口に放り込もうと――

「待ってください!柳川さん!!」
「!?」
突如自分を呼び止める声が聞こえ、柳川はその手を止めた。
そこにいたのは…高校生くらいの男女がひとくみ。えらく場違いな組み合わせだった。
「何だ貴様ら…どうやって入った?」
「…企業秘密ですよ、柳川さん」 と男の方が答える。
「…そうか、貴様、サイキッカーだな。で、何だ?俺に何の用だ?」
「柳川さん、貴方の力を貸して欲しい。そのために脱獄の手伝いに来ました」
真正面から柳川を見据え、堂々とした口調で少年は彼に告げた。
それはこの少年の見た目の印象を裏切っていたため、柳川は少々呑まれていた。
「…やめとけ。俺は自分の殺人衝動を自分でも制御できなくなってる。
 いつ爆発するか分からない、リモコンをなくした爆弾みたいなもんだ…」
「…つまり、貴方は殺しを止めたがってるんですね?
 …よかったぁ。流石に真性の人はちょっと手間が折れるからなあ…」
「?何を話している」
「僕は貴方の言うところの「リモコン」を持っているサイキッカーなんですよ。
 …柳川さん、僕の目的のためには貴方の存在が必要だ。…来てもらえますね?」

柳川は…

A 目的は…何だ? 
B 分かったよ、その目には嘘は無さそうだ
C 証拠を見せてもらおうかい
D 駄目だ…

478 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 10:36:00 ID:rexLHacV
こんな重要な選択が30分以上も放置されてるなんて!!
まずはAで様子見

479 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 13:04:00 ID:/+BGj4SQ
「目的は…何だ?わざわざこのアルカトラズに喧嘩を売り
 世界でも指折りのシリアル・マーダーに声を掛けるほどの目的とは」
「世界征服です。世界を相手にするには、世界に通用する人材が必要です」
世界征服なんで突然言い出しても普段なら単なる誇大妄想に思われるだろうが
既にアルカトラズの独房に侵入している事実が
それが単なる妄想でない事を裏付けてくれているはずだ。
「……世界に通じる才能というのは人殺しの事か?」
柳川の声が重く沈んだようになる。
(ふざけた野郎だろ?お前に人殺しをさせるために来たんだ)
柳川の心の中で、何か別の存在が囁きかける。人とは明らかに違う波長……
そのあまりに強烈な意思は、余波が電波と化して僕まで伝わってくるほどだ。
「長瀬くん……」
意思は読めなくともその只ならぬ気配は伝わったのか
太田さんが不安そうに僕の手を握る。
汗に湿った手の平の感触が彼女の抱いている恐怖を物語っていた。
……そう、幾ら僕を尻に引くくらい積極的で頭の回転が速くても
彼女は何の特殊能力も持たない女の子なんだ。
(殺しちまおうぜ?何百何千も殺すよりは、二人で済ませたほうが気が楽だろ?)
「うっ、うぐぐぐっ!」
まずい。もうひとつの意思に柳川さんが屈してしまいそうだ。
既に部分的に筋肉が肥大し始めている……

A 先手必勝、電波で謎の意思の活動を押し込める!
B いや、自分の葛藤は自分で解決して欲しい。電波で柳川さんの心に話し掛け応援しよう
C 敢えて襲わせて、電波はあくまで攻撃を逸らすために使い柳川さんの能力を観察しよう。
D 奥の手……太田さんに電波を浴びせて、伝説の戦闘モード再来だ!

480 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 13:05:00 ID:lkksig8x

481 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 13:05:00 ID:OmtmeHly
Dキターーーーーーー!!!!!!!!!!

482 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 18:30:00 ID:SVxLLfnl
 僕に物理的に何かしてやれることは何もない。
 もともとこれは柳川さんの心の問題。
 自分の殺したいという欲望を抑えられないことがもう一つの意思として
 柳川さんに干渉しているのだ。
 なら……精神的に柳川さんの中に入り込み、柳川さんの応援をするのみ。
 僕は自分の中で電波を集め始めた。
 その動作をしている最中にも、柳川さんは苦しみ蹲りながら体が変わっていく。
 僕は月島さんの時と同じ要領で柳川さんの意識の中に入っていった。

 ……暗い。
 あたり一面闇で覆われている。
 これが、柳川さんの心の中? 辺りには何も見えなくて、まるで……絶望の底みたいじゃないか。
 ……と、こんなことを考えている場合じゃない。柳川さんを見つけないと。
 暫く彷徨っていた僕だったが、柳川さんはいた。
 何か巨大な黒いものと対峙している。それは一言で表すなら……鬼。
 浩平さんが言っていたのは……比喩でも何でもなく、ありのままの姿だったのか!?
「お前もがんばるなぁ。だが、もうそろそろ終わりが近づいているぜ」
「まだまだっ……!! おまえを外に出すわけにはいかん!!」
「いや。お前はもう負けている。あとは俺が最後の理性であるお前を裂き、この闇の中に閉じ込めておくだけだ」
「ぐぅ……!!」
 ……柳川さんが圧倒的に劣勢だ。
 もともと欲望というものは強大だ。そう簡単に抑えられるはずもない……。

483 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 18:31:00 ID:SVxLLfnl
「柳川さんっ!!」
 僕は意を決して二人の会話に割り込んだ。
「……長瀬君!?」
「何だ……貴様?」
「柳川さん! 気をしっかり持って!! ここは意思の世界、
 少しでも弱気になればそれで負けて柳川さんの存在は消されてしまう!!」
「ちっ……ガキが、余計なことを」
 そう、ここは精神の世界だ。あの鬼も相当な強さなのだろうが、
 この精神世界では僕のように相手の精神に干渉できる力がないと意味をなさない。
「……ありがとう。少し弱気になっていたようだ、私はまだ戦える」
 柳川さんの目に光が戻った。
 この殺人衝動の象徴ともいえる鬼を抑えられているわけではないのだろうが、
 先程よりは随分マシな状態になっただろう。この人は……勝ったのだ。
 なら……僕が少しばかりでしゃばってもいいかな。
 僕は鬼のほうをきっと見据えた。
「……何をする気だ? 俺もお前も同じ精神。どんなに憎もうと俺を消すことなど出来はしないのだぞ」
「五月蝿い」
 そうだ……この鬼だ。
 この鬼さえいなければ……柳川さんは人を殺めることはなかったろうに。
 僕は鬼ににじり寄り……
「僕だって世界征服は目指しているが……畜生に堕ちてまで成し得ようとは思わないよ!!」
「な、何を……!?」
 突き飛ばした。
 鬼は……

A 陶器のように粉々に砕け散った
B 何ともなかった

484 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 18:36:00 ID:k9LNA0NM
B

485 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 18:53:00 ID:SVxLLfnl
 そう。人の精神なんてもろいものさ。
 その辺においてある花瓶や壷のように、結花に叩きつければ簡単に砕け散る。
 ……だが、現実にはそうは行かなかった。
 なんと、鬼は少し後ろによろけただけで、何ともなかったのだ。
「……なんだ、ただのこけおどしか」
 ……バカな!?
 僕は電波というものに触れてから人の精神構造はよく分かっている。
 ならばこいつは……僕でさえも壊せない、生きるための本能!?
 たいした敵だ……勝てる方法はただ一つ、柳川さんが自力でこいつを闇の底に押し込めることだけだ。
「柳川さん!」
 柳川さんは僕のほうを向く。
「こいつをなんとかしたいですか!?」
「無論!」
「ならば……全力でこいつに向かってください!!」
「!?」
「精神力がこの本能に打ち勝てば……あなたはこの鬼を二度と出てこられないように出来ます!!」

486 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 18:54:00 ID:SVxLLfnl
 正直言って雲を掴むような話だった。
 理論上は不可能じゃない。人間も性欲を理性というもので押さえたりしている。
 だが……相手は本能、生半可な相手じゃない。
「勝てなかったら?」
 そう聞いてきた。ここは正直に言わなければなるまい。
「……あなたは理性の象徴。その存在は二度と表に出ることはありません」
「…………そうか」
 柳川さんは少し沈黙してからそれだけ言った。
 言葉は閉じ込められるように言ったが、消えるのと同じようなものだ。
「どうしますか? 全てはあなたの決断次第ですが」
「ああ、もう答えは決まってるよ」
 やはり……。
 次に柳川さんから出てきた言葉は

A 「一か八か! やってみるさ!!」
B 「すぐにこの精神世界から抜け出てくれ……私は自決する」
C 「絵空事のようだが……こいつと共存を試みてみる」

487 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 18:56:00 ID:qFfr7sjG
A・・・と言いたいがCで頼む

488 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 19:14:00 ID:SVxLLfnl
今気付いたとてつもない誤字_| ̄|○
結花→床
まあ、奴にぶつけても簡単に(ry

489 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 19:15:00 ID:IaakttoT
結花に叩き付ければ精神は砕け散るのか…
そりゃあのハイキック食らえば大抵の香具師の精神は崩壊するわな(w

490 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 20:32:00 ID:SVxLLfnl
「絵空事のようだが……こいつと共存を試みてみる」
「共存……バカな! そんなことは無理に決まって―――」
「長瀬君」
 柳川さんが僕の言葉を遮った。
「なら言わせて貰う。君の世界征服とやらも傍から見れば無理に決まっている。
 だが、君は不可能ではないと考えている。それと同じことさ」
 ……柳川さん。あなたは……。
 そうだ。確かに僕の野望も普通に考えれば無理だ。
 だからって僕が歩みを止めることはまずない。これは理屈じゃない。
 やってみなければ分からないから、少しでも可能性があるから挑むんだ。
 少なくとも失敗するまでは無理と決まったわけじゃないんだ。
 柳川さんは、それを言いたかったんだろう。
「……分かりました。自力で、できるところまで頑張ってみてください。
 そいつの干渉も気にならなくところまで」
「……ああ。やるだけやってみるさ」
「おいおい、いいのか。俺をこのまま野放しにしてよ? いずれこいつに取って代わるぜ」
 鬼がまだ何かしゃべっているが、無視だ。
 柳川さんは、自分から辛い道を選んだ。
 本能と戦うといえば聞こえは良いが自分の欲望から目を背けているだけだ。
 背けるのではなく向き合うのはかなり辛いものがあるだろうが、大丈夫だろう。
 少なくとも僕は信じている。

 さて、現実世界へ帰還だ。

491 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 20:33:00 ID:SVxLLfnl
 僕は自分の意思を体に戻した。
 先ほどから時が止まったかのように、部屋には何の変わりもない。
 蹲っていた柳川さんも、すぐに起き上がった。
 先ほどからの体の変化は元に戻っている。
「ふう……ひとまず礼を言っておこう、長瀬君。
 私は先ほど言ったとおり、奴との共存を目指してみる」
「ええ。もう止めはしません。……ですが、先ほどの件について、ご返答を頂きたいのですが」
「俺の力を借りたいということか……」
 柳川さんの一人称が変わった。
 それは他人行儀な話し方から私的な話し方に変わったととっても良いのかな?
 柳川さんの答えは……

A いいだろう。君には借りが出来たからな
B 悪いが、それは出来ない。これからの戦いに君を巻き込むわけには行かない 

492 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 20:41:00 ID:sAZxyFW0

493 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:00:00 ID:EzdlHM92
「悪いが、それは出来ない。俺が奴と戦っている間は
 恐らく頻繁に情緒不安定な状態になり、時として暴走するだろう。
 そんな危険な戦いに、君を巻き込むわけにはいかない」
「そうですか……」
「なに、この独房の中でなら多少暴走しても他人に被害は出ないだろうし
 最悪この戦いに屈して俺が完全なる殺戮者と化したとしても
 別の独房にいる奴等が総出で止めてくれるだろう……待遇改善と引き換えに、な」
柳川さんが自嘲めいた笑みを浮かべる。
もしかしたら、柳川さんの独房の設備がこんなに整っているのも
以前暴走した際に偶然やっかいな他の受刑者を始末したからかもしれない。
「だが、俺に再び自分と立ち向かう勇気をくれた事には感謝している。
 何か力になれる事があれば是非とも協力してやりたいが……」
「ああ、それでしたら……」

A 浩平さんと約束しているんです、彼にテレパスで事情を説明してください。
B 世界を巡る間には知り合いも出来たはずです、能力のある人を紹介してください。
C 何かの参考になるかもしれません、あなたの力の由来を教えてください。

494 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:06:00 ID:eE6vl+qb
B

495 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:17:00 ID:SVxLLfnl
「世界を巡る間には知り合いも出来たはずです、能力のある人を紹介してください」
「能力のある人……?」
「はい。世界征服のために有能な人材を探しています。
 柳川さんを引き入れることに失敗したのは残念ですが、あなたなら誰か最適な人を知っているのではと」
「能力者か……そうだなぁ」
 柳川さんは暫く考え込んだ。そして、
「俺がここまでやってくるのに随分と殺した。正直言うと敵は多いが味方はいない」
 少し自嘲めいてそういった。
「やっぱりいないのですか……」
「いや待て。誰もいなかったが、それは日本を出てからだ」
「え!?」
「以前俺は刑事をやっていた、隆山という場所でだ」
「はい、それは存じています」
「何だ、調べていたのか。
 当時は仕事柄いろいろな場所に行くことが多くてな。そこで面白い奴に出会った」
 少し勿体つけているようだ。
 こっちがちょっともどかしくなってくる。
「その面白い奴……とは?」
「それはな……」

A 天沢という超能力使いだ。ここに押し込められていたと思ったが
B 立田と言ったかな、そいつに会えば分かる
C 月島という奴がいた。電波とかいった不思議な力を使う男だ
D 光岡という男だ。なんでも不老不死らしい
E 名前は忘れたが、異様に偉そうな奴がお前と同じように世界征服を目指していた

496 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:19:00 ID:Ywjj5MKq
こい光岡ー!
DD

497 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:20:00 ID:cmS8fUY4
ああ、久々だな光岡…

498 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:22:00 ID:SVxLLfnl
よりにもよって今まで伏線のなかったキャラを……まあ、提示した俺が悪いと言えば悪いんだがw

499 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:26:00 ID:cmS8fUY4
まあいいんじゃない?
CやEだとあんまり話進まなそうだし。

500 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:28:00 ID:+1faR2ae
「…光岡という男だ。なんでも不老不死らしい。今は日本を出ているらしいが」
といって柳川さんはメモ帳に住所を書き込んでいく。
「取りあえず私の名前を出せば無下には断れないはずだ。
 一筋縄ではいかないが…後はお前たち次第だ」
「…わかりました。ありがとうございます!」
どちらともなく差し出される右手。そして、シェイク・ハンド。熱いぜ、ブラザー!

「ってちょっと待ってよ!柳川さんが出ないと浩平さんも仲間になってくれないじゃない!?」
あ、そういえばそうだ。…とはいえどうした物だろうか…
「浩平?どういうことかな?」 柳川さんが尋ねてきた。仕方なく簡潔に約束のことを話す。
「ふむ…成る程な。長瀬祐介君、君は…サイキッカーだな?
 ならばこうヤツに伝えてやってくれ、まずは、…ひも」
紐?何だか分からないけど…ちりちり…これで届いたはずだ。
「なにか彼から反応は無いか?」
「ええ…何も無いです」
「では次はこうだ…4月3日、新宿」
またしても言われた通りに電波を流す。ちりちり…
「まだ反応無いかね?」
「…ええ、何も」
「ふぅ、仕方ない、では長瀬君…
『やめんかーーーー!!柳川ーー!!』
うっ…突然頭に響くテレパス。浩平さんだ。
『おっと、お前に怒鳴っても仕方ないよな…しゃあねえ、不本意ながら手伝ってやるよ…世界征服』
「!?本当ですか?」
「嘘言ってもはじまらねーだろうが、あとそこの不良刑事に伝言だ。ファック・ユー!とな!」
ブツン!と音を立てて交信が切れる。荒っぽい能力者だなあ。
「その様子だと協力してくれるようだな、浩平は」
「…何の弱み握ってるんです?」
「それは秘密だよ、ふふふ…」

501 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:29:00 ID:+1faR2ae
「そして僕らは別れを告げ、刑務所から脱出したんです」

ここは僕らの社宅。目の前には太田さん、浩平さんが座っている。
「ふう…内緒にしとけっていったのによ…」 さっきから愚痴ってばかりの浩平さん。
僕らがここに帰ってきたときには既にこの家に転がり込んでビール飲んでたのだった。

「…で、これからどうするんだ?大将」
「取りあえず柳川さんの教えてくれた能力者の下に向かいます。
 住所は…

A テキサスの牧場
B 中南米のバー
C ニューヨークの…マンハッタン島?
D アラスカ

502 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:31:00 ID:cmS8fUY4
D

何したんだよ浩平 w


503 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:32:00 ID:j139FzzD
Bで

504 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:41:00 ID:SVxLLfnl
 アラスカ。
 北米大陸のかなり北方に位置し、アメリカの華ニューヨークやラスベガスなどからはかなり遠い地域。
 こんなところに光岡と言う人が……?
 それに考えてみると不可解だ。
 旧軍関係者といえば、あまりアメリカへの渡航は好まない人が多いと聞いたが。
 それに……ここは北極海。
 こんなところに好き好んで人がいるとは思えない。
 ……えっ、お前たちサンフランシスコ店はどうしたんだって?
 そんなもの大志さんに頼んで他の人に頼んでるよ。
 しかし本当に何もない。
 ただ単に氷が辺り一面広がっているだけだ。
 ん……あそこにイグルーがある。
 こう何もないところにぽつんと一つ、明らかに怪しい。
 これは入ってみるしかないな……。

 僕と太田さんはイグルーに入ってみたが、絶句した。
 中で最初に目に付いたのは……

A 人が氷付けになっている、これが……光岡さん!?
B 何だか床に穴をあけて氷を溶かしている人。一体何をやっているのか
C 普通に食事中の場面だった。ちょっと間が悪かったな

505 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:42:00 ID:SVxLLfnl
今度は床を間違えんぞw

506 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 21:44:00 ID:j139FzzD
光岡かどうかはわからんがAで

507 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:05:00 ID:SVxLLfnl
 不思議な光景だった。
 イグルーの中には大きな氷柱。その中に人が入り込んでいた。
 よく漫画とかで見られる光景だが、一般人が実際に目の当たりにすることはおそらくないだろう。
 とにかく、筆舌に尽くしがたいものがあった。
「この人が……光岡さん?」
「たぶんな。見ろよ祐介、こいつの着てる服を」
 浩平さんに言われ、服装などを良く見てみる。
 ……この服は僕も知ってる、旧軍の軍服だ。
 ということは、やはり……この人が。
「とはいえ、いったいどうしたものか。
 この氷を溶かすのにはかなり時間が掛かるぜ。それにこんなことされちゃ流石におっ死んでんじゃねえの?」
「う~ん……とりあえず僕が電波で呼びかけてみるよ」
「おっ、頼むぜ」
 そう、死人に電波は届かない。
 生死の確認ぐらいは……できる。
 ちりちり……
 僕は光岡さんと思われる人に電波を送ってみた。
 暫く反応はない。……やっぱりだめか。
 と思っていたその時だ、
『誰だ……俺の眠りを覚ます奴は?』
 答えてくれた!
『すみません……早速で申し訳ないのですが、あなたの力を借りたいんです!』
『…………』
『柳川さんが言っていました。あなたならきっと協力してくれると! お願いです光岡さん!!』
 光岡さんは……

A 『世界征服か……ふっ、いいだろう』
B 『俺はもう人と関わるつもりはない、去れ』
C 『理由ぐらい話してみろ。話はそれからだ』
D 『光岡? 間違えんじゃねえ、俺の名は御堂だ!』

508 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:10:00 ID:c2KENp7O
B

509 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:17:00 ID:dVCNcRG+
…なんてーか、断られてばっかな気が…人徳ないんかよ…長瀬

510 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:22:00 ID:cfn5WW2S
いや、「一緒に世界征服しましょう!」なんて誘われても、普通の人なら断るぞ。

511 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:29:00 ID:lgUdV9oX
そう言えばそうだ。至極当然の事なのに何故こうも簡単に忘れてしまうのは
俺が穢れているからだろか?

512 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:45:00 ID:SVxLLfnl
『俺はもう人と関わるつもりはない、去れ』
『……何故ですか!? せめて理由を聞かないと……!!』
『聞きたいのか? 柳川の知人』
 不意にそんな言葉を投げかけられた。
 何か……世の中を悟ったような、そんな口ぶりだった。
『まあ、このまま帰るのも納得がいかんだろう。理由を聞かせてやる。
 …………女だ』
『女?』
『ああ、俺には好きな女がいた。きよみと言う名の。
 だが……俺はあの日親友に裏切られたんだ!!』

 あの日……そう、俺が柳川と出会ってから一ヶ月ぐらいか。
 俺と親友は同じ女を愛していることにお互い気づいていた。
 そして感じていた、いつかは決着をつけねばならない、と。
 そして……来るべき日が来たんだ。
 どちらがきよみにふさわしいか……剣で勝負をつけることにしたのだ。
「蝉丸さん……どうしても退く気はないの?」
「笑止。俺と光岡の前に言葉はいらぬ。刀で語るのみだ」
 今思えばきよみが蝉丸を止めに入っていたのも、俺を気遣ってのことだったのかもしれない。

513 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:48:00 ID:SVxLLfnl
 勝負は互角だった。
 お互い紙一重で交わし、体には細かい傷が見受けられた。
 今俺の体についている無数の傷がそれの名残だ。
 そして、最後の勝負に出ようとしたその時だ。
 運が悪かったのかもしれない、俺は先ほどからの戦いでついた血によって足をとられた。
 だが自分の失敗を運のせいにしても始まらない。勿論親友もそれを見逃すはずもない。
 俺は負けたと思った。だがその時だ。
「駄目えぇーー!!!!」
 結局きよみのその言葉が決まりだったな。
 俺は剣では負けたが勝負には勝ったのだ。親友は最後の太刀を振り切れなかった。
 それから俺は田舎にでも新居を建て、きよみとつつましく暮らそうと考えていたのだが……。

A きよみを親友に奪われたんだ!
B きよみを親友に殺されたんだ!
C 親友がきよみを引き連れ入水心中したんだ!

514 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:51:00 ID:dVCNcRG+
C

515 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:56:00 ID:+1faR2ae
『親友がきよみを引き連れ入水心中したんだ…
 酷い裏切りだろう…なぁ、そうは思わんか?
 理由は…これからずっと永遠を生きていくことに耐えられん…だとか。
 そんなことなら始めから…!いや、繰り言だな。
 と言うわけで、俺はもう人と関わるつもりはない、去れ』
『そうですか…それは済みませんでした…』
『いや、謝る必要は無い。あるとすればそれは俺だ
 …世界を狙っているといっていたな、ならばこの俺には最早無用の長物となった…
 俺の蒼龍、そしてヤツの鳳凰…そこの日本刀を持って言ってくれ。
 それが俺に出来る柳川へのギリギリの恩返しだ…』

確かに壁には、いかにも使い込んでいる、という印象を受ける日本刀が二振り、立てかけられていた。
『わかりました…では、御機嫌よう、いつかまた会えたら…』
『…もう、来るな、私は静かに眠りたいだけだ…』
…悲しい話だ…

「長瀬君?どうだって?」
「いや…素気無く断られたよ…
 ま、「一緒に世界征服しましょう!」なんて誘われても、普通の人なら断るだろうからね。
 次からはもう少し変化球でいってみようかなあ…」
実を言うとそんな問題だけでもないのだが。まあいい。
そう言って僕は日本刀を手に取り、イグルーを後にした。
…しかし、重い。非運動部の僕にはキツいよ、光岡さん…

そして僕らは四輪の車で北を目指すことになった。
太田さんが「せめて綺麗な北極海が見たい!」と言ったからなんだけど。
現地のガイドに聞くと、北極海ならイヌヴィックという町がお勧めらしい。
エスキモー語で「男の土地」と言うそうだ。

516 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:56:00 ID:cfn5WW2S
うわああああ、蝉丸最低だぁぁぁぁぁ

517 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:57:00 ID:+1faR2ae
浩平さんが車を運転しながらこっちに話しかけてくる。もちろん、口頭で。
「しかし…前から聞きたかったことがあるんだが」
「?何ですか」
「いやぁ…お前らって…何処まで行ってるんだ?」
「ど、何処って…ナンノオハナシデスカ?」
「だからアレだよアレ。…どうなんだ?え?」

A それはもう、最後まで
B き、キスまでなら…
C そ、そんな、手を触れるなんて恐れ多い!!
D ボカ!ああ、運転中の浩平さんが背後からの打撃でダウンしてしまった!

518 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:58:00 ID:c2KENp7O
A

519 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 22:58:00 ID:cfn5WW2S
割り込みの上に意味無しレスすまない…

罰として三日ほど断ハバネロするよ…

520 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:00:00 ID:pQi3fp9W
むしろハバネロを一気食いすべし。

521 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:01:00 ID:cfn5WW2S
了解。ついでに炒めてくる

522 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:10:00 ID:dVCNcRG+
ブレアの5時ソースもやる…これをかけて炒めなさい

523 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:16:00 ID:lgUdV9oX
「それはもう、最後ま『わ───!!』」
 後部座席の太田さんが僕の言葉を大声で遮る。狭い車内に耳をつんざく様な声が響く。
「いきなり何を言い出すのよ、長瀬君!」
「ご、ごめん。思わず…」
「おいおい、最後まで行ってるのに苗字で呼び合うのかよ。 普通は名前で呼びあうとか
 あだ名で呼び合うとかするだろ?」
 折原さんは大声を平然と聞き流し、僕らを茶化す。そう言えば僕らが付き合った経緯とか
心情的な事情と色々あって名前で呼び合うのにはちょっと抵抗があったんだ。僕らは
折原さんの思いもよらない言葉にお互い見つめあいながら固まってしまった。

どうしよう?

A 「か…香奈子…」と呼んでみる
B やっぱり恥ずかしい。止めよう
C 「か…かなぴょん」とか呼んでみる
D 突然、車の進路を遮るように何者かが現れる

524 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:20:00 ID:dVCNcRG+
C

525 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:30:00 ID:SVxLLfnl
 ……ちょ、ちょっと恥ずかしいけど。
「じゃあ……か…かなぴょん」
 数秒、沈黙が場を制した。
 そして……
「ぶわははは!! 面白い、面白いセンスだ!!
 おまえ七瀬や沢口より面白い、面白いよ!!」
「な、長瀬君!!」
 ガスッ。太田さんの鉄拳が僕にジャストミートする。
 ……言うんじゃなかった。
「しかしどうするか。結局は収穫が刀二本だろ?
 どんなにいい業物だって使える奴がいなきゃただの棒っきれだぜ?」
 ナイス浩平さん。ありがとう話を変えてくれて。
「それはそうだけど……」
 これで……光岡さんは戦い合ったのか。
 そう思うと、胸が悲しくなる。この二本の刀、
 たしか蒼龍と鳳凰って言ったっけ。
「やっぱ堅実的に言うならば刀使える二番手が欲しいんじゃねえか?
 どこぞの海賊の頂点を目指す漫画だって最初は三刀流の刀使いだったぞ」
 それは関係ないけど……たしかに持ち主がいないとこの刀も寂しいよね。
 とくにああいう話を聞かされたばかりだからなおさらだよ……。

A とりあえずは店に戻ろう。暫く空けちゃった、というか一度も行ってないし
B アルカトラズにもう一度いってみるよ。あそこなら他にも凄腕がいそうだ
C ……ん、後ろから誰かが追ってきている。……光岡さん!?

526 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:32:00 ID:XXUZVpps
B

527 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:39:00 ID:SVxLLfnl
「アルカトラズにもう一度行ってみるよ」
 あそこなら他に有能な人材がいる。……僕には分かる。
「またあそこか? たしかにな……でもあそこは当たりも多いが外れだって多いぜ?
 柳川とか見て分かってると思うが、性格に問題がある奴だっている」
 あんたもね……。
「でも、行ってみるよ。当たりが多いんでしょ?」
「まあ、な……」
「でもその前に、行くところがある」
「行くところ?」
「イヌヴィックだよ」
 太田さんの希望最優先さ、僕は。

「ほぅ、ここが……」
 というわけで、イヌヴィックに来たわけだけど……

A 何もすることがないね
B 何だか人だかりが出来てる、行ってみよう
C ここでも有能な人材がいるかもしれない、探してみよう

528 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:41:00 ID:5Y54JFTw
B

529 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:43:00 ID:lgUdV9oX
 僕らはイヌヴィックに着いた。車を駐車し、街へ出歩くと、以外な程に人が多かった。
だが、彼らはどう見ても地元の人間、と言うようには見えない、ごつい男や重武装の人が、
街を闊歩していた。何だか人だかりも出来てる。
「これは…何だろう?」
「その辺の人に聞いてみるわ」
 太田さんはその辺の人をとっ捕まえて事情を聞いて回った。5分もすると戻ってきた。
「えっと、何でも化物のような白熊が現れて、そこら中に被害が続出しているらしいわ。
 並みのハンターじゃ相手にならないから、困った市長がその熊に賞金を掛けたら…」
 太田さんは顎で厳つい野郎共を指す。その結果が全米からハンターが集まった。
と、言う事らしい。
「けど、これってチャンスじゃない?ここで腕利きのハンターを仲間に引き込むのも
 いいし、賞金をゲットするのも悪くはないわよ」
 …言われてみればそうかもしれない。どうする?

A 止めておく。観光だけにしておく
B やろう。仲間も賞金もゲットだ
C そんな事を言っていると誰かが話しかけてきた※人物指定

530 名無しさんだよもん 2004/02/13(金) 23:48:00 ID:WMkr/g1w
C
アメリカだしレミィあたりが妥当かな。

531 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 00:36:00 ID:xJ7lp0Kf
「Hey!アナタたち、日本人だよネ?」

僕らに話しかけてきたのは、おそらくは僕らと同年代の金髪の女の子だった。
驚くべき事に、日本語で、だ。

「え、ええ、そうですけど、なんでわかったんですか?」
「長瀬君、面白い事言うね?私達、日本語で話してたじゃない」
「そういうことダヨ。ワタシはレミィ・クリストファ・ヘレン・ミヤウチ。アナタ達のお名前は?」
「太田香奈子よ、ミヤウチってことは日系人なの?日本語も上手だし」
「Yes,I am」
「わざとわかりにくく答えてる?」
「アハハ、冗談ダヨ。うん、私のお母さんが日本人なの」
「ふぅん…父親が外人なのに、いい胸してるな……」
「……アナタ、視線がいやらしいよ」
「いやらしいとは失礼だな、褒めてるのに。あ、ちなみに、俺は折原浩平。世界をまたにかける男だ」
「そして、僕の名前は…」
「ねぇ、アナタ達もハンティングに参加するの?」
「ええ、まあ、そういうつもりですけど。で、名前…」
「なら、ワタシ達と一緒にやらない?ワタシの家族も一緒に来てるんだけど…」
「そうね……

A.是非一緒にやらせてもらうわ
B.いいえ、悪いけど、他の人と組みたいから
C.いいえ、誰とも組むつもりはないの、ごめんなさいね
D.う~ん、ちょっと考えさせてくれる?
E.「そ、そんなことより僕に名乗らせてくださいよ!」

532 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 00:40:00 ID:7Oo+qweF
E
頑張れ主人公(w

533 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 02:16:00 ID:S91raQc0
「そ、そんなことより僕に名乗らせてくださいよ!」
なんか無視されてないか不安になったので自己主張してみた。
「……ゴメンネ、無視するつもりはなかったんだけど
 なかなか自己紹介しないから、てっきり単なるガイドかと思ったの」
無視よりひどかった。一応僕がリーダーのはずなんだけどな……
でもここは自己紹介で存在感を示して挽回するチャンスだ、
僕は気を取り直し、いかにもリーダーらしい引き締まった表情を作った。
「僕がこのメンバーのリーダー、長瀬祐介です」
「俺より知略に欠けるけどな」
「私より交渉で劣るしね」
み、みんなひどいよ……反論出来ないだけになおさら辛い。
「ン?じゃあ、なんでアナタがリーダーをやってるの?」

A 言い出しっぺだから
B 調整能力があるから
C 電波が操れるから

534 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 02:23:00 ID:MKxpPpv9
B なんてどうだろ

535 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 02:38:00 ID:7Oo+qweF
「それは調整能力があるからさ」
 それに内に秘め熱き野望があるからさ。と、心の中で付け足す。
「フーン…」
 宮内さんはじろじろと僕を眺める。品定めをしているのだろうか。
「で、一緒にやるの?やらないの?」
「やらせてもらうわ。 渡りに船とはこの事ね。 いいわよね、長瀬君」
 と、太田さんは僕に同意を求めてきた。獲物の情報も分らないし、狩りについても
よく分らないから協力したほうがいいだろう。どの道反論の余地はないだろうしね。
そんな事を思いながら、太田さんに踏まれた足を見る。
「それじゃ、ダディたちに紹介するから──」

A 街のホテルへ行こう
B レストランで待ち合わせしているからそこで
C 街の外でキャンプしているからそこで

536 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 02:46:00 ID:O94YxT3P
A

537 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 13:56:00 ID:y0ouN0j/
僕達はレミーに先導されホテルへと向かった。
それなりに設備の整ったホテルだが、やはりここにも
ハンティングで一攫千金を狙いに来たらしい猛者がごろごろしている。
中でも、ラウンジの中央に陣取った顎鬚を蓄えたおじさんなんて
ショットガンを抱えながらコーヒーを飲んでいる。
金髪だけど、なにやら昔のマタギのような豪傑さが
「ダディ、スタッフになってくれる人達を連れてきたヨ」
……ダディ?
「HAHAHA、一気に3人も連れて来るとは思わなかったぞ!」
ショットガンの人が返事しているから彼がダディで間違いないようだ。
参ったな、こんな濃い人だとは思わなかったよ……
「えっと、僕がリーダーの長瀬です。こっちが太田さんで、こっちは折原さん……」
「オリハラ?……OH!NO!貴様の顔はCNNで見た事があるぞ、このペテン師め!」
しまった、良く考えたら逮捕された稀代の詐欺師なんて報道されてて当然だ!
ダディの人がいきなりショットガンの銃口を向けるのも無理はない……
ごめん、やっぱりあるよね。
「いや、別に俺は今回は騙して賞金奪おうなんて考えてないから」
「ゴメンネ、ダディはアタシが説得するから……」
…修羅場を何度も乗り越えているであろう折原さんや家族である宮内さんは意外と冷静だ。
じゃあここは当事者達に任せて、このホテルで……

A ロビーに他にどんなハンターがいるか調べよう
B 出没する白熊についての情報を集めてみよう
C そ、そうだ!二人部屋を押さえれば太田さんと二人きりに……

538 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 13:58:00 ID:XqkntuuX
C

539 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 18:09:00 ID:f5aY6WaW
 そ、そうだ! 二人部屋を抑えれば太田さんと二人きりに……!!
(太田さん、今からぼくらは二人部屋でチェックインだ。そうすれば二人っきりだよ!)
 僕は太田さんに耳打ちする。
 だが、太田さんは呆れたような表情で言い放った。
「……あのねえ、そんなお金どこにあるの?
 私たちは旅行するお金がなくてバイトをしていたの、忘れた?」
 ……う、うぐっ。痛いところを……
「い、いや……勿論電波でちょいちょいっと」
「電波。また電波。いい加減にしたら?
 確かにあなたの電波は強力よ、それは誰だって認めるわ。
 だけどね、切り札でしょ? そうこんなところでやすやすと見せるものじゃないわ。
 だれかに対策でも立てられたら正直言って長瀬君はお荷物になりかねないわよ」
 ……今のは、ちょっと心に響いたよ太田さん。
 うん、負けた。負けたよ。
 ……二人部屋は我慢しよう。とっととハンティングを終わらせてアルカトラズに戻るに限る。
 さて、向こうのほうはうまく話がまとまってるかな……?
「とにかく、ペテン師と共闘は御免だ!!」
「へっ、俺だってあんたみたいな偏屈親父と組むなんて勘弁だ!!」
 いや、全然まとまってないね。
 それどころか二人ともヒートアップしてるよ。浩平さんあなたそれでも話術に長けてるんですか?
 宮内さん、あなた一体どこに? 止めてくださいよ!
「……いや~、大変なことになっちゃったネ」
「あ、宮内さん。なんか収拾がつかなくなってるんですが?」
「ダディも曲がったことが嫌いだからね。コウヘイとは話が合わないんダヨ」
 ……交渉の余地なし?
「あれじゃあ、宮内さんと組むのは不可能ね……」
「う~ん、仕方ないネ」

A 「無理に頼んで見るヨ」
B 「諦めるしかないネ」
C 「私がダディたちとは別行動をとるヨ」

540 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 18:14:00 ID:TPaaEEfA
よしB

541 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 18:28:00 ID:f5aY6WaW
「諦めるしかないネ。全く方向ベクトルが違う二人を一緒にしても軋轢が生じるだけダヨ」
「そうかい……残念だな」
 宮内さんはこのハンティングが終わったら密かに仲間に加わってもらおうと考えていたのに。
 まあ、宮内さんの父さんと浩平さんがとっても一緒にいられる雰囲気じゃないし仕方がないか。
「うん、ゴメンネ」
「気にしなくても良いよ。元はと言えば、浩平さんにも問題があるからさ……」
 僕はちらりと浩平さんを見る。
 まだ口論していた。ちょっとここら辺で退いたほうが良いな、収拾もつかないし。
「それじゃ、宮内さんまた。縁があったらまた会いましょう」
「うん、マタネ」
 僕らは宮内さんとは別れて行動することになった。

「……ったくあの親父、詐欺における心理戦の素晴らしさを分かっちゃいねえよ。ペテンだペテンだってさ」
「まあまあ、抑えて抑えて」
「俺だって州を手に入れる直前まではアメリカ国民に絶対的な支持を得ていたんだぜ? 多分あのおっさんだってそうだろ」
「うん、すごいすごい」
「おいおい、冗談じゃないんだぜ」
「分かってる。分かってるよ」
 数十分後、僕らは車に乗っていた。
 これからの予定は……

A 白熊を退治するついでに、この件を使える人材を探す
B 白熊退治はしない。アルカトラズに行き、再び有能な人材を探す
C いちどサンフランシスコ店のほうも見てみる

542 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 18:40:00 ID:Mn58mN7/

543 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:00:00 ID:N/kgw9H+
いちど『げるまんずサンフランシスコ店』を見てみる事になった。
僕としては、なんとなく沈んだ彩さんが支店長で大丈夫なのか気になっていたし
太田さんも活動予算不足に頭を悩ませていたらしく、意外とあっさり承諾した。
折原さんも「それじゃ俺がアメリカのOTAKU相手に一稼ぎしてやるか」と
乗り気で……その乗り気はまずいような気もするけど、とにかく話がまとまったんだ。


数日後、シスコ郊外。
「でも、いまさら戻っても雇ってもらえるかな?」
「良く考えると、あそこで社宅に残る権利があったのは
 社員の彩さんだったのに、話の流れで何となく追い出しちゃったしね」
「過ぎた事は気にするな、話せば分かってもらえるさ」
三人で歩きつつ『げるまんずサンフランシスコ店』の住所に辿り着くと

A 民族こそ違え、同じ志を持つOTAKU達で普通に繁盛していた
B む、むしろ今シスコは内気系がブーム!?彩支店長効果で大賑わいだ!
C 彩さんには支店長の荷が重かった……閑古鳥が鳴いてます
D やばい、むしろライバル店に店舗がM&Aされちゃってる……

544 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:09:00 ID:D1uOpCp7
Dです

545 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:16:00 ID:D1uOpCp7
つかライバル店って>>394の?

546 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:29:00 ID:f5aY6WaW
 なんだか様子がおかしい。
 似たようなげるまんずとは雰囲気が違うんだ。
 サンフランシスコ店だからと言えばそれまでだが、なんというか、違う。
 ……いやね、その前に看板が違うってのはどういうこと?
 あれ? 店の前に彩さんが困ったような顔で立ち尽くしている。
 とりあえず僕は声を掛けてみることにした。
「彩さん?」
 彩さんは僕に声をかけられると、びくっと体を震わせた。
 振り向いて、声を掛けたのが僕だと分かると、少しほっとしたのか途切れ途切れに答えだした。
「……長瀬さん」
「何か、様子がおかしいけど一体どうかしたの?」
「……非常に…言いにくいのですが、サンフランシスコ店はM&Aをされました」
 M&A。
 主に、将来発展が望めるにもかかわらず、跡継ぎがいない企業とかが
 第三者に好意的にその企業を譲れる……以下略。
 つまりは……ここは引き抜かれたってことか?

547 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:31:00 ID:f5aY6WaW
「すみません……私が、私が……不甲斐ないばかりに……」
 彩さんがそのまま泣き崩れる。この人も辛かったのだろう。
 確かにこの人が管理していたが、無闇に責めるものじゃないな。
「祐介。まさかここを黙ってみてるとか……」
「分かってるよ浩平さん」
 浩平さんはそれを聞いて、にやりと不敵な笑みを浮かべた。
 ……考えていることは同じか。僕は太田さんに目配せする。
 太田さんも「しょうがないわね……」といった表情だ。ありがとう、太田さん。
「ほら、彩さん。泣かないでさ、僕たちに任せなよ」
「……え?」
「最強の電波使いと」
「世界を揺るがす大詐欺師がここにいるんだぜ」
「ちょ、ちょっと私も忘れないでよ!!」
 M&Aだか何だか知らないが、僕らが何とかしてやろうじゃないか。
 まずは敵を知ることだ。それには……

A 日本にいる大志に連絡、ライバル店の詳しいことを聞き出す
B ライバル店に入って直に見て回る
C アルカトラズにいた柳川さんなら、何か詳しいことを知ってるかも
D 浩平さん、世界を股にかけたあなたなら何か知ってるんじゃないんですか?

548 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:32:00 ID:XqkntuuX
B 行動あるのみ

549 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 19:32:00 ID:V/mPiyf9
まあBだな

550 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 21:33:00 ID:qw2esVs+
「ライバル店に入って直に見て回る事にしよう」
幸い僕達はまだ一度もこの店舗には出入りしていない。
特に小細工しないで普通に客として入れば
げるまんず側の人間だと気が付かれる事はないはずだ。
「彩さんは待っていてください、流石に元支店長の顔は知られているでしょう」
「はい……よろしく、お願いします……」

で、とりあえず入店してみたのだが……
「あまりげるまんずと代わり映えしていないなぁ」
そう、マスコットのキャラクターと店のロゴが変わったくらいで
日本でみたげるまんずの店舗内とあまり変わった点が見られないのである。
「投資額と工期を抑えるために、既存店舗を設備ごと買収して
 部分改装にとどめる事で迅速な店舗拡張を狙ったってところみたいね」
「……太田さん、なんか経済アナリストみたい」
「長瀬くんも普通に授業で習ったはずよ?新聞の経済面にもよく出る話だし。
 電波に頼るばかりじゃなくて、もっと社会勉強しないと駄目なんだからね」
う、説教されてしまった……
「ま、逆に言えば名義さえこちらに取り戻してしまえば
 げるまんすとして営業再開するのは容易いだろうからな。
 ご親切にリフォームしてくれたと思えばいいんじゃないか?」
すでに取り返せると確信したかのような、浩平さんの言葉。
いや、僕も必ず取り返す、そう信じないといけないんだ。
そのためにもまずは……

A この店の支店長と話をしてみよう
B ライバル系列のオーナーと交渉してみよう
C げるまんず本社に連絡をとって指示を仰いだらどうかな?

551 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 21:33:00 ID:XqkntuuX
B

552 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 22:46:00 ID:7Oo+qweF
「ライバル系列のオーナーと交渉してみよう」
 僕らはげるまんずの代表としてライバル店のオーナーの元を訪ねた。

「ギワハッハッハ!俺様がケシナコウルペ社のメディア部門代表のヌワンギ様だ!
 げるまんずのクズ共が何のようだ? 俺様の軍門に下りに来たのか?」
 ライバル店の代表はケシナコウルペ社と言うかなり大き目のグループの系列の人だった。
何でも社長の親戚らしく、その権力を使って横暴を繰り返しているとの事。僕らはその横柄な
態度に腹を立てたが、ぐっと堪えて彼と交渉をすることにした。
「いえ、我々げるまんずとしてはあの店舗を取り戻したいので、その交渉に…」
 因みに九品仏さんの了解は既に取れている。回答は『自らの野望の前に立ちはだかる者は
全て粉砕せよ』との事。確かにこんな所で躓いてられないからね。
「ふん、あそこは俺様が大金をはたいて買い取ったんだ。 誰がお前らなんかにやるか
 ほら、さっさと帰んな」
 彼は手振りで追い払うような動作をした。取り付く島もない。

「ったく、何なのよあの馬鹿は!」
 太田さんがブチ切れているよ…相変わらず怖いなぁ…
「だが、観察した限りじゃ典型的なお坊ちゃま社長だ。 社員からもそんなに好かれていはいない
 みたいだ。 付け入る隙はいくらでもあるぜ。それこそ、合法、非合法問わず」
 希代の詐欺師が言うと何だか怖いなぁ…けど、こんなところで戸惑っている暇はない。
さっさと片付けよう。で、どんな方法でいく?

A 合法
B 非合法
C 九品仏さんに助けを求める

553 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 22:48:00 ID:PdAJxGn3
A

554 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 22:48:00 ID:0PnbD7TP

ケナシコウルペな。

555 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 22:49:00 ID:Qsfui/zn
ヌワンギキタ――(。A。)――!
BBB

556 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:05:00 ID:7Oo+qweF
「俺に任せてみないか?あんなガキ一捻りだぜ」
 何か不安だけど…折原さんはこういうのが得意そうだから任せてみよう。
「じゃぁ、お願いします。けど、くれぐれも法に触れるような事は控えてくださいよ」
 と、一つ釘を刺しておこう。
「非合法な手段の方が手っ取り早いんだが…まぁ、リーダーさんのお願いだ。
 ちょっと時間をくれ。 情報とか段取りとか色々あるからな」
 そう言うと折原さんは僕らと一旦別行動を取り出した。取り残された僕らは
げるまんずの社宅へと彩さんと一緒に向かった。こちらはどうも買収されなかった模様で
しっかりと残っている。
「部屋は…二人一組なので…太田さんとご一緒にお願いします」
 何ですと!?こ、これは願ってもないチャンス!ど、どうする?

A やっちゃう
B 男になる
C 狼になる
D 誘う
E 「そんな暇はないでしょ」、と断られた
F 部屋を空けると獣耳の女性が…カルラ?

557 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:08:00 ID:Qsfui/zn
D
ここは「や ら な い か ?」だな

558 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:38:00 ID:f5aY6WaW
 ここは誘うしか! 僕らは部屋に入った。
 まず見受けられたのは、ビジネスホテルにでもありそうなベッドが二つ。……ダブルじゃないのね。
 彩さん……もう少し気を利かせて欲しいよ。
「今日は疲れたわね……朝一にサンフランシスコまで来たと思ったらアルカトラズへ、それからアラスカまで」
 ちなみに、とても一日じゃ無理だと言う突っ込みはなしね。
「でも、これからもっと忙しくなってくるよ……」
 そういいながら僕はベッドに腰掛ける。
「あ~あ、学校休学届けだしとけばよかったわ。あまりに急な話だもの、許可もらえずにきちゃったけど、
 この分じゃ早くしないと留年しちゃいそうよ? 一日や二日ならまだ良いけど」
 太田さん……世界征服するのにそんな学校のこととか考えなくても……。
 と、話はそこじゃない。もっと大事な話しがあるだろ僕。男としての沽券に関わる大事な話が。
「あのさぁ、太田さん。僕らも暫く……その……あれしてないわけじゃない? だからさ……」
 ……何だか言うのは気恥ずかしい。まるで中学生みたいだな、僕。
「……あのねぇ、長瀬君。今日は長旅で疲れているんだけど」
 そう言いながらも服を脱ぎ始めてくれる太田さん。
 なんだかんだ言って分かってくれている。僕もそれに精一杯応じないとね。

 その頃、壁の向こう側では……
「…………すごい。長瀬さん、おおきい」
 …………。
「あっ……いきなり胸から」
 …………。
「え……? もう終わり? 長瀬さんて、早漏?」
 …………。
「あ、二回戦が始まる……良かった」
 …………。
 しっかり彩には見られていた。壁の穴から。

559 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:40:00 ID:f5aY6WaW

 翌日……僕は早くに起きる事が出来た。
 げるまんずの件は浩平さんに任せてある。彼ならきっとうまくやってくれるだろう。
 僕が早くに起きたのは他でもない。仲間集めだ。
 よくよく考えたら仲間は今のところ浩平さんだけじゃないか、寂しすぎる。
 こんなことじゃ世界征服など夢のまた夢だ。
 という訳で……

A またアルカトラズに向かい、誰かを引き入れることにした
B またアルカトラズに向かい、柳川さんをもう一度説得してみることにした
C アラスカに赴き、光岡さんにもう一度頼んでみることにした
D アラスカに赴き、白熊の件は解決したのか見に行ってみることにした
E 店長に連絡し、有能な人材について相談してみることにした

560 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:42:00 ID:wY8580bL
迷うがB

561 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:58:00 ID:W/OIPdOk
「また君たちか」
あからさまに迷惑そうな顔を浮かべ、柳川さんが言う。
ちなみに今日の彼の格好は、何故だか知らないがスーツにカウボーイハットという
エキセントリックな格好だった。
「もう俺は君らに同行しないと言ったはずだし、浩平と光岡の紹介で話は済んでるだろうが…」
まあそうなんですけど…と、もごもごと聞き取りづらいであろう口調で僕は言った。
「まあいい。折角だ。茶でも飲んでいけ」
席を立った柳川さんは急須と湯飲みを携えて戻ってきた。
「…で、光岡には会えたのか?」
「…はい、断られちゃいましたけど」
そうか。と柳川さんは言って視線を外に向ける。そこにはサンフランシスコの海が広がっている。
何がこの人と光岡さんを結びつけたのだろう…

「そういえば…光岡さんから剣を貰いましたよ」
「剣…跋扈か」 少し驚いた後、ふむ…と考え込む柳川さん。
考えがまとまったのか、ゆっくりと顔を上げてこちらに話しかけてくる。

「あの剣、どうするつもりだ?」
「え?まあ僕には扱いきれないんで、誰か剣を得物にしている人に
 託そうかと思ってますけど」
「そうか…

A テキサスの大金持ちが欲しがってたぞ
B 実はあの剣、人間が術で固められたものなのだが
C いい剣士を知ってるぞ。
D 俺にくれないか。そうすれば同行してやる。

562 名無しさんだよもん 2004/02/14(土) 23:59:00 ID:RcUgE0IK
C

563 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:09:00 ID:kTc6JUzk
「いい剣士を知ってるぞ。 俺が昔、隆山で刑事をやっていた頃、ある事件で共に
 戦った少女だ。 いや、もういい女だろうな。 4年も前のはなしだからな…」
 その少女との思い出に浸ったのか、柳川さんはどこか遠い目をしていた。
「紹介状を書こう。 君ら次第だが、上手くいけば力になってくれるだろう」
 そう言うと、柳川さんは机から万年筆を取り出し、紹介状を書き出した。
「これでいいだろう」
 彼は出来たてほやほやの紹介状を僕に手渡した。
「あの~彼女は今何処に?」
「ああ、すまん。忘れていたな。 風の便りではこのアメリカにいるらしい」
「アメリカの何処ですか?」
「それは──」

A ロッキー山脈で山篭り
B グレートプレーンズでインディアンと共に暮らしている
C ラスベガスで用心棒
D ロサンゼルスにいると聞いた

564 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:10:00 ID:UP1xq0hx
B

565 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:10:00 ID:kTc6JUzk
※柳川24時は関係ありません(w

566 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:10:00 ID:ZpG8uZhN
Bで修羅の刻と洒落込もうかw

567 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:18:00 ID:Oij4pkh3
「グレートプレーンズでインディアンと共に暮らしている筈だ」
「はぁ、漠然としすぎてて良くわかりませんね。まぁ覚えていたら寄ってみます」
そういって席を立った。
「もう来るなよ!」 とは柳川さんの声。いつもながら厳しいな。

しかしドアに手をかけた時、彼の方から声が聞こえ始めた。
「馬の運命は過酷なものだ…
 ただ走り続けることでしか己を示すことが出来ない。
 どれだけ速い馬であっても、だ。
 そして、もし脚を折ったなら…頭に銃弾。それで御仕舞いだ」
「…わかってます・・・走り続けますよ、新聞に載る日を楽しみにしていて下さい」
ドアを押し開く。
「祐介!」
「ん?」 振り返る。
その瞬間、彼の投じたハットが僕の頭にかぶさった。
「つまずくなよ…最後まで」

アルカトラズからの船を降りた僕は、さて、どうしようか?

A 先に剣士の元へ行ってみる
B 太田さんに会う
C 浩平さんに進行状況を聞く
D こっちに来ているおじさんに会う。

568 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:20:00 ID:PqZSuWsv
A

569 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:20:00 ID:locu+89A

570 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:23:00 ID:j8iUdjIV
柳川さん譲りの帽子を手に、やってきました、グレートプレーンズ。
ロッキー山脈から眺める景色は素晴らしい!
つうか、馬鹿に広いよ、柳川さん。
貰った地図を頼りに、インディアン保護区にたどり着いた。

「…結構ヒマがかかったわね」
「そうだね……浩平さんはもうげるまんずを取り返してるかもね」
「長谷部さんもおいてきたわね……」
「まぁ、彼女を見つけ次第、すぐに戻ろうよ」
「それもそうね」

話しながら歩いていると、インディアンの部族と遭遇した。
その中には、一人異彩を放つ女性。

「すいません、あなたが……

A.剣豪として名高いエヴェンクルガのトウカさんですか?
B.かつての学生美少女剣士、川澄舞さんですか?
C.水中戦に強い強化兵の岩切花枝さんですか?

571 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:24:00 ID:3vftH1Sx
A

572 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:24:00 ID:locu+89A

573 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:24:00 ID:ZpG8uZhN
刀使いには思えないので、逆にあえてC

574 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:35:00 ID:j8iUdjIV
「あなたが、剣豪として名高いエヴェンクルガのトウカさんですか?」
「いかにも、某がトウカだが……貴殿らは?」
「あの、僕たち、柳川さんから貴方を紹介された長瀬祐介と」
「太田香奈子よ」
「ふむ…で、長瀬殿に太田殿、柳川殿から紹介とは…某に何用かな?」
「単刀直入に言います。僕たちの世界征服に力を貸して欲しいんです」
「世界征服だと!?」
「ええ、剣はあっても剣士がいないの。力を貸してくれない?」
「断る!義なき戦いに参加したとあっては、エヴェンクルガの名折れ!」
「義なきって…」
「世界征服をたくらむなど、悪漢のすること!いかなる義があるというのだ!?」

く、かなり正義感が強い人だったようだ…

A.そんなことを言わずに、まずは、この刀を見て欲しいんです
B.世界を平和にするためなんだ!
C.太田さん、説得をお願いします
D.浩平さん、テレパスでヘルププリーズ!
E.そういえば、カルラの名前を出すといって柳川さんが言ってたか?

575 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:36:00 ID:nHrXV45x
A

576 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:36:00 ID:locu+89A

577 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:36:00 ID:ET7QfKxb
C、生徒役員の力を見せ付けてやれ!

578 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:39:00 ID:Oij4pkh3
そういって僕は包みを解いた。そのまま彼女に差し出す。
「む…なんと…!」
鞘を見ただけでこの驚きよう。やはりあの剣は相当の業物だったのだろう。
鞘から引き出し刀身を眺めるトウカさん。ややあって、鞘に収めた後、こちらに視線を寄越した。
「…いや、眼福だった…それで、なんなのだ、見せびらかすだけではあるまい」
厳しい視線。まあ当たり前の反応か。さて、今回は変化球で誘うって決めたから…

A 「なんでインド人(インディアン)の集団がこんなトコにいるんです?」
B 「その剣を思う存分振るってみたくはありませんか?」
C 「柳川さんからメモを貰ってましてね…まず、耳栓…」
D そうですか。回れ右して去る。

579 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:39:00 ID:3vftH1Sx
A

580 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:40:00 ID:Y4VNbjmp
D

581 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:53:00 ID:Oij4pkh3
「え…だからインディアンはアメリカにいるのだろう…?」
「いや、今そう言うと怒られるんですよ、だからアメリカ先住民の人は、
 ネイティブ・アメリカンと呼称されるのですよ」
太田さん、解説サンキュー

そんなわけでこの問答をしている間にも、ターバンを巻いたりのインド風人々が
いつの間にか僕らを囲んで見物している。
「う…では、某がインディアンであると考えていたものは…」
「はい、恐らく違うものだと…」
「クケーーーー!」 ああ、壊れた。

「ニホンの方、ですか?」
!?なんだ。背後から話しかけられたから驚いてしまった。
肩を叩いたのは若者(無論インド人)だった。
「私は、マサーシといいます。トウカさんに何かご用事ですか?」
「ええ…彼女の剣の腕を聞いてスカウトしに来たんですけど…」
といって壊れたトウカ」さんを横目で見る。マサーシさんは苦笑した。
「はは…でも確かにあの人の剣術は凄いですね。
 まあ、ああなった以上しばらくはあのままでしょう。カレーでも食べません?」
 
A いや、柳川さんと約束した通り、立ち止まるわけには行かない。
B そうですね、いただきます。
C マサーシさん、なんでこんなトコにインドの方が集団で来たんですか?

582 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:54:00 ID:PqZSuWsv
A

583 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:54:00 ID:3vftH1Sx
Aすすめ

584 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 00:54:00 ID:Y4VNbjmp
B

585 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 01:05:00 ID:kTc6JUzk
「いや、柳川さんと約束した通り、立ち止まるわけには行かない。 僕らには立ち止まっている暇はない」
「そうですか…残念です…」
 マサーシさんがちょっぴりがっかりしている。ちょっと悪かったかな?
「そう言えば何でトウカさんを雇ったんですか?」
 そんな事が僕の頭をふと過ぎった。
「それはですね…」
『ギワッハッハッハ!インディアン共、ここを出て行く準備は出来たか!』
 マサーシさんが口を開こうとしたその時、何やら聞き覚えのある耳障りな笑い声が聞こえてきた。
「クッ、ヌワンギめ!またしても来おったか!某が成敗してくれる!」
 トウカさんはすぐさま復活し、刀を手に外へと飛び出した。
「ヌワンギ!?」
「…世間は狭いわね」
 僕らは思わず顔を見合わせる。そして、トウカさんの後を追って外へと出た。

「俺様がお前らに金払ってやるっていってんだ。 そんな悪い話じゃないだろ、さっさと出て行きな」
 ヌワンギとこの保護区の長老が何やら口論をしている。
「断る、お前達は我々をこんな所に押し込んだだけでは飽き足らんと言うのか?」
「ふん、昔の奴の事なんざ知ったことか。 お前達にこの土地の価値がはわからんだろうが、どけジジイ!」
 ヌワンギは長老を押し飛ばそうとするが、それをトウカさんが腕を掴んで止める。
「それ以上の無法はこのトウカが許さん。 ここは大人しく立ち去るが良い」
 トウカさんのひと睨みにびびったのか、ヌワンギはたじろぐ。
「くっ、いいか!俺は諦めねえからな!」
 捨て台詞を吐いて、ヌワンギは配下の者と共に立ち去った。
「トウカさん、彼は?」
「ん?ああ、奴はケナシコウルペの者でこの土地に眠るレアメタルなる物を欲して彼らを追い出そうと
 しているのだ。 某がここにいるのは彼らを奴の手から守る為なのだ」
「長瀬君…相手が奴なら話は別よ。 ここはいっちょギャフンと言わせちゃおうよ」
「そうだね…僕としても許せないね。 トウカさん、奴は僕らの敵でもあるんだ。 ここは協力するよ」
「そうか…かたじけない。 だが、奴らは州政府にも顔が利き、我々は劣勢だ。 どうにかならぬものか…」
 うーん、州政府も味方につけているのか…どうしよう?

586 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 01:05:00 ID:kTc6JUzk

A 電波でGo!
B 折原さんに聞いてみる
C マスコミだ!メディア戦略で奴らを窮地に陥れる
D 実力行使だ!今度来た時にコテンパンにしてやる

587 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 01:07:00 ID:ET7QfKxb
ここで出さないとエイエソに放置されそうだからB

588 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 01:25:00 ID:kTc6JUzk
「折原さんに聞いてみよう。 彼なら政治絡みとか強そうだし」
 僕は長老さんに電話を借りて彼に電話を掛けた。緊急連絡用に教えられた
携帯番号で、僕らしか知らない。数回のコールですぐに繋がった。
『あーハロー、こちら折原。 ただ今裏工作の真っ最中。 どうした、祐介』
「ええ、実は…」
 僕は現状を彼に話した。
『へー、いいぜ。 今ちょうど奴等を陥れる裏工作をやっている所だ。 ここは俺に
 任せておけ。 お前達は奴らに追い出されないように頑張りな』
 忙しいみたいで、電話はすぐに切られた。

「げるまんずを取り返す為に奴等を陥れるってさ。 だから奴等が嵌ればここも大丈夫
 だからそれまでやられないように気を付けろってさ」
「…一体何をやるつもりなのかしら?」
「気になるでござる」
 あの折原さんだからね。合法とは言ってもグレーゾーンや犯罪スレスレの手段も
世の中にはある訳だから。あまり無茶しなければいいけど…

A トウカと話す
B ヌワンギ視点へ
C 折原視点へ
D カレーを食べてみる

589 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 01:27:00 ID:WvgYgrpw
D.
ちなみにトウカは「ござる」は使わないのでご留意を。

590 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 01:29:00 ID:kTc6JUzk
某とした事が!
もう2年も前だからな…すっかり失念してしまったよ。

591 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:04:00 ID:pb0UI3dX
このトウカは飛天御剣流の使い手ということで

592 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:04:00 ID:+hLEtE6i
さて、しばらくする事もないし、腹が減ってはいくさはできぬ。カレーでもご馳走になるかな
そう考えた僕はマサーシさんの家でカレーを食べさせてもらう事にした。

「どうぞ、たくさんありますのでいっぱい召し上がってください」

そういって差し出されたカレーライス、カレーの本場のインドの人が作っただけあって、とても美味しそうだ
最近はやたらと移動が激しく、疲れが溜まっているせいか食欲が落ちぎみであったたが、
カレーという料理は不思議なもので、どんな状況であろうとも食欲をそそる、そんな魅力があるのだ

そんなこんなでカレーを食べ始める一同

「「「いただきまーす!」」」
  パクパク    モグモグ
「そういえば、インドの主食って米じゃなくてナンっていうパンじゃありませんでしたっけ?」
「うちはお米派なんだよ。」
「ふーん。」
  パクパク    モグモグ
「これ、牛肉入ってますけど、ヒンズー教って牛食べるの禁じられていませんでしたっけ?」
「うちは無宗教なんだよ。」
「ふーん。」
  パクパク    モグモグ
「ところでマサーシって名前、インド人っぽくないですよね。」
「うん、よくいわれるよ。」
「ふーん。」
  パクパク    モグモグ
「…日本語ペラペラですけど、いったいどこで覚えたんですか?」
「……」

593 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:05:00 ID:+hLEtE6i

A、実をいうと僕は日系2世なんだよ。
B、フハハハハ、バレちゃあしょうがない!
C、実は、記憶がないんだ…
D、え?君がヒンディー語をペラペラと話しているんじゃないか!

594 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:06:00 ID:pb0UI3dX
D

595 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:25:00 ID:ZpG8uZhN
「え?君がヒンディー語をペラペラと話しているんじゃないか!」
「そ、そうか、僕がヒンディー語を喋っていたのか」
「……はぁ、そんなわけないでしょ」
太田さんが呆れ顔でため息をつく。
「どこからどう聞いても日本語を話していたわよ」
「ははは、冗談が通じない人は寂しいな」
「真に受けちゃう人もいるから、あまりたちの悪い冗談はよしてよね」
真に受けちゃった……
いや、電波で心に直接話しかける事が出来ちゃたりすると
自分の話している言語の感覚がいい加減になる時があるんだよね。
「それじゃ、冗談じゃなくて少し真面目な話を。
 これはこの地域古来のネイティブアメリカン部族に伝わる伝説なんだけど……」
マサーシさんが急に真顔になって、こんな話をはじめた。

A 「この土地では、夜な夜な麻雀を愛する魔物達が徘徊しているんだ」
B 「この土地には、ガディムと呼ばれる異世界の魔人が眠っているんだ」
C 「この土地は、月に一度グエンディーナと呼ばれる異世界への門が開くんだ」

596 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:28:00 ID:j8iUdjIV

つうか、こいつらネイティブでなくてインディアンでは?

597 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:30:00 ID:j8iUdjIV
あ、言い方が悪かったかも。
ネイティブ・アメリカンでなく、インド人なのでは?

598 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 02:30:00 ID:ddK2ibl4
Aで

599 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 03:09:00 ID:ddK2ibl4
「この土地は、月に一度グエンディーナと呼ばれる異世界への門が開くんだ」

おもむろに語り始めるマサーシさん、その目は真剣そのもので、こっちまで萎縮してしまうほどである。

「僕達をこの土地から追い出そうとしていた奴が、
この土地にはレアメタルが眠っている、って言っていたことを覚えてるかい?
その鉱石が発掘される洞窟にその門は夜な夜な出現するんだ。
そしてその門から大量の鉱石をばら撒いて消えて行く。
さて、なんでその門はレアメタルをその洞窟に置いていくんだと思う?長瀬君。」

突然話をふられて思わず慌ててしまう。少しパニックになっているせいか、答えが浮かんでこない
何でもいいから言わないと・・・

「え、ええと、ゴ、ゴミの日だったからかな?」

トンチンカンなことを答えてしまった…隣では太田さんがヤレヤレとため息をついている、ああ~恥ずかしい!
マサーシさんもわなわなと震えてる。真面目な話をしててくれていたのに…怒らせちゃったかな?

そこでマサーシさんはパッと表情を明るくしてこう言い放った

「その通りだよ!!!」
「「え?」」

600 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 03:09:00 ID:ddK2ibl4
「そう、そのレアメタルとは彼ら世界での産業廃棄物だったんだ、笑っちゃうだろ?
僕達にとっては大変貴重な物が彼らにとってはゴミでしかないんだよ?アハハハハ」

あまりのオチに事態が飲み込めない僕と太田さん、二人してキョトンとした表情でマサーシさんを見つめる

「このお話の教訓は、自分と同じ価値感を他の人が持っているとは限らない。という事だよ、ためになっただろ?」
「あの、えーと、つまり今までのは作り話だという事ですか?」
「アハハ、当たり前だろう!月に一度宝の山を届けてくれる門なんてあったら、今ごろ僕らは大金持ちだよ。」

う、嘘だったのか、一気に拍子抜けしてしまった…
だったらそんなに真剣な表情で話さないでよマサーシさん…


カレーも食べ終わり、マサーシさんにお礼を言って家を出た二人組は次に

A、トウカに話しかけた
B、浩平に電話を
C、長老に会いに行ってみた
D、二人きりで甘い時間を…

601 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 03:15:00 ID:locu+89A

602 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 09:35:00 ID:B6j3odjl
マサーシって…雅史か?ホモか変態魔王なのかぁ~?

603 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 12:25:00 ID:nHrXV45x
「トウカさん……」
 僕はトウカさんに話しかけた。
「長瀬殿か、何用だ?」
「えぇ。僕らはこれから協力してヌワンギを倒すことになりそうですが、
 もしよろしければこの戦いが終わった後も僕に力を貸して欲しいんです」
「……つまりは、仲間になれと言うことか?」
「簡単に言えばそうです」
 僕がそういったとき、トウカさんは呆れた目で僕を見た。
「何度も言わせるな。某は世界を狙う悪漢の手助けなどするつもりはない」
「……なら、言わせて貰いますが、世界を征服することが本当に悪なのですか?」
「なに?」
「確かにトウカさん、あなたは世界征服を悪だと考えている。
 だけど、僕が世界征服に成功したら世界は一つになる。それが本当に悪と言い切れますか?
 自分の考えていることがいつも正しいとは限らない。
 この世の中自分の価値観だけで全てを図れるって訳じゃないってことですよ」
「…………」
 トウカさんは考え込んでしまった。
 マサーシさんの受け売りだけどね。でも、これで説得できそうだ、ありがとうマサーシさん。
「さて、難しい話はそれまでにして、聞きたいことがあったんですよ」
「聞きたいこと?」
 僕は話題を変えた。こういうことはじっくり僕が言った言葉を噛み締めてもらっていたほうが効率が良いだろうと踏んでだ。
 今焦ったら成るものも成らなくなる。慎重に、だ。
「あなたは、柳川さんとどうやって知り合ったんです?」
「柳川殿か……」
 トウカさんは懐かしそうな表情をする。おそらく昔を思い出しているのだろう。
「あれは忘れもしない、四年前のことだ。
 その当時某は武者修行で世界を旅していた。そして、日本の隆山に立ち寄った時に事件は起きたのだ」

A 某は柳川殿に命を助けられたのだ
B 柳川殿が敵と戦っていた、その時に助太刀したのが某だ
C 偶然泊まっていた旅館に凶悪犯が舞い込んできて、その時に共闘したと言うわけだ
D ……いや、やめておこう。昔の話だ

604 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 12:32:00 ID:6CTwJzcq

605 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:21:00 ID:nHrXV45x
 当時、某は若かった。自分の力を過信していて、自分こそが世で最も強いと考えていた。
 そんな折だ、某は隆山の雨月山に立ち寄った。何のことはない、ただの観光気分だった。
 修行と言ってもその当時某はそれすら疎かにしていた状態だったからな。
 山に分け入ると、なにやら人の声が聞こえてきた。
 某は不審に思い、その場に近づいてみた、それが全ての始まりだった。
 鬼が二匹、いたのだ。
 なお、ここでの鬼というのは比喩ではない。絵本などに良く出てくる鬼、正にあれだ。
 某は初め震えた。自分より強いものもなくなり、本当に戦える敵がいなかった当時、
 あの鬼たちには見惚れた。この者らなら、某と互角以上に戦える……と。
 暫く観戦していた某だったが、一匹の鬼がもう一匹の鬼の腕に爪を刺した。
 致命傷ではなかったが、あれはかなりの深手だ。勝負は決まったか……!!
 と思っていたその時だ。
「ぐぅ……!!」
 刺されたほうの鬼が姿を変え、ひとりの人間の姿になったのだ。
 初めは某も自分の目を疑った。信じがたかったからな。
「ちっ……制御を失った鬼め、
 哀れな殺人鬼と化す前に俺が止めを刺してやりたかったがもはやここまでか……!!」
 その言葉を聞いた時、ぞくっとした。
 あんな化け物が人里に降り立てば何人もの犠牲者が生まれるだろう。
 そう考えた某は……うしろから鬼に切りかかった。
 卑怯者だとせせら笑うがいい。いくら人のためだといえども……某は一対一の真剣勝負を汚したのだ。

606 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:22:00 ID:nHrXV45x
 まあ、分かっているだろうがその時助けたのが柳川殿だ。
「お前は……」
「某の名はトウカ。武者修行の途中に貴殿を見かけたまでだ。
 正直すまぬ、一対一の真剣勝負だったが、見兼ねて剣を挟んでしまった」
 柳川殿は某を見極めるように見回した。
「……ひとまず礼を言っておこう。俺は警視庁の柳川だ。正直君には命を助けられた」
「それについては気にしなくてもいい。しかしあの鬼は一体何者だ? 見たところ、柳川殿も同族のようだが」
「……見られてしまったからには仕方がないな。全てを話そう」
 それから柳川殿は語ってくれた。
 この地には鬼の血を引くものが住んでいることを。
 本来なら濃い血を受け継ぐ自分とその甥姪たち以外にはあのように力を発揮することはないらしいが、
 ここ最近原因不明の鬼の血を継ぐ者の大暴走が相次いでいるらしい。
 鬼というのは本来人を狩るのを本能とする種族。自分もまた内からの鬼の干渉におびえ暮らしている。
 そう某に説明してくれた。
「今ここにいた鬼もここの近所の高校生だ。こうやって凶暴性を発揮する時に俺が密かに
 狩って回っている。表向きは失踪ということにして……な」
 柳川殿はその時陰りのある表情を見せた。
 いくら正気を失い、暴れるだけの鬼と化しても元は人。斬るのはとても心苦しいことだったのだろう。
 某はそれから柳川殿と行動を共にすることにした。
 そのような話、武人としては捨て置けぬ。それから柳川殿と協力し、事件を共に解決した。

607 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:23:00 ID:nHrXV45x

「……まあ、そんなところだ。柳川殿はやはり隆山にいるのか?
 柳川殿ほどならもう警察署長になっていたっておかしくはない。それは……少し褒めすぎか?」
 そうか……トウカさん、柳川さんがアルカトラズにいること知らないのか。
 多分柳川さんがトウカさんと一緒に行動したのも、ただ単に腕が立つからだけじゃなく、
 もし自分が暴走した場合トウカさんに斬ってもらうためだったのだろう。
 トウカさんに本当のことを言うべきか……柳川さんが一万人の辻斬りをしたことを。

A 柳川さんは、訳あってアルカトラズに収容されてます。と少し隠し気味に答える
B 柳川さんはその後制御を失い、大量虐殺を行いアルカトラズへ入りました。と全てを答える

608 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:24:00 ID:59xB91xi
あえてB

609 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:42:00 ID:nHrXV45x
「トウカさん……あなたは知らないのでしょうが、柳川さんは……」
「ん? 柳川殿がどうかしたのか?」
「柳川さんはその後制御を失い、史上最悪の大量虐殺を行いました」
「な、何だと!?」
 トウカさんはいきり立って僕の襟首を掴んだ。
「そんなはずはない! 柳川殿は、柳川殿は最後の別れの時も笑っていた。
 『大丈夫、どうやら俺は生まれつき鬼を制御できるタイプだったようだ』と答えてくれた!
 柳川殿が、柳川殿が……そのような人の道に外れたことをするものか!!」
「トウカさん、あなたは人として柳川さんを尊敬していたのですね……。
 でも事実です。柳川さん本人はそれについて深く後悔し、今はアルカトラズに収容されています。
 もともと正義感の強かった柳川さんは、いちどは自殺まで……」
「や、柳川殿が!?」
「もっとも、今は僕らが説得して鬼との共存を目指しているみたいですが」
「まさか、柳川殿が……」
 だいぶショックを受けているみたいだ。まあ、仕方がない。
 今まで尊敬していた人物が自分の本意ではないとは言え大量虐殺を引き起こしたのだから。
 少し気がひけるけど、説得するためだ。厳しくいかせて貰ったよ。
「そう言えば、柳川さんは房の凶悪な問題児を殺してしまった時に待遇が良くなったって聞きました」
「……それがどうかしたのか? 極悪人を斬ったのだ、そうなってもおかしくはないだろう」
「先ほどの虐殺の話では大罪です。しかし、その時の場合には待遇改善。
 この差はいったい何なのですか? 相手によっては殺してもいい場合とよくない場合がある。
 おかしくないですか? 殺人が悪である場合と悪ではないという場合があるというのですか?」
「そ、それは……」
「もうお分かりでしょうが、僕が言いたいのはそのことです。
 トウカさんの先ほどの論理でいえば、悪はどのような場合でも悪のはず。
 しかし現実はこうです。悪が悪たり得ない場合も確かに存在するんですよ。
 ……以上を踏まえて、僕についてきてくれませんか? 僕が悪となることはないと、誓いますから」
 トウカさんは暫く考え込んだ。そして……

A ……分かった
B 暫く考えさせてくれ……

610 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:44:00 ID:PqZSuWsv
今度こそ仲間を!A

611 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 13:52:00 ID:kTc6JUzk
「分った…この件が終われば、長瀬殿に力を尽くそう。 だが、もしそなたのやり方が
 某の義に反すると判断したら、その時は…斬る!それでよいかな?」
「…はい、分りました」
 僕を見つめるトウカさんの双眸はまるで僕を射抜くように鋭い。だが、あの柳川さんが
褒めたほどの剣士だ。全く使えないと言う事はないだろう。僕がこの力に溺れない限りは
力を尽くしてくれるはずだ。
「それと…そろそろこちらからも動く必要が出てきましたな」
「え?」
「東方より軍氣が…恐らく奴等であろう」
 僕も彼女が示した方角を電波で探ってみる。…明らかな敵意がこちらに向かってきている。
結構早いな…車かなんかで来ているんだろう。数も…数十人はいる。
「業を煮やした奴等がついに実力行使にきたようですな。 どうなさる?」

A 僕らだけで迎撃
B 皆を起こして防衛
C 先手必勝。奇襲だ

612 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:03:00 ID:FuLcrMTW
A

613 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:20:00 ID:kTc6JUzk
「僕らだけで迎撃しましょう。 皆さんに協力を求めればここを守るのは容易ですが、少なからず
 とも犠牲者が出る可能性があります」
「うむ…その通りであるな…よし、我々だけで戦うとしよう」
 僕らはすっかり闇に染まった大平原へと飛び出した。

「ギワハッハッハ!インディアン共め、金を貰って穏便に済ませればよかったのによぉ…
 俺様の邪魔をするから無意味に命を落とすことになるのさ」
 ジープに乗って耳障りな笑い声を飛ばすのは坊ちゃん社長のヌワンギ。地元のマフィアを
動員して、インディアン達を皆殺しにしようと画策した。その兵力は銃器で完全武装の兵隊が
30人。後始末も州政府の高官に鼻薬を嗅がせてあるのでバッチリだ。某部族が突然の集団失踪
と言う見出しが新聞の片隅を飾るだけ。
「さすが俺様だぜ、さて、久しぶりに人間狩りと洒落込むかな」
 自分の策に微塵の揺らぎも無いと思っていたが…

「むむ…かなりの数であるな…」
「一人でも抜かれると危険ですね…」
「で、どうなさる、長瀬殿?」

A 威風堂々と名乗りを上げて戦いを挑む
B まずは奇襲で混乱させる
C 大将を倒して一気に勝負を決める

614 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:27:00 ID:Apai4QGC

615 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:33:00 ID:nHrXV45x
「頭を狙いましょう。そうすれば他の雑魚は霧散する」
「なるほど……承知した」
 ……そう言えば、浩平さんはどうしてるんだろうか。
 まさかこれをけしかけたのが浩平さんで、これをスキャンダルにする……とか。
 はは……まさかね。……………………ありうるけど。
「トウカさん、早速だけどこの剣を」
 僕はトウカさんに剣を差し出した。
 蒼龍と……鳳凰。先ほど見せたのは鳳凰だけだったが、今度は二本とも見せた。
 この二本のどちらかを使って欲しい、ということだ。
「かたじけない、ありがたく使わせてもらう」
 トウカさんは二本の刀に目を向けた。
 そしてしばらく考えた後に二本を手に取り……静かに鳳凰を置いた。
「……戦友、光岡殿の刀だな。まだ覚えている」
「光岡さんを知っているのですか!?」
「先ほどの話……あの事件には光岡殿も手を貸してくれたのだ!」
 そう言い放ってからトウカさんは敵側に走る。
 ……そうか、だから柳川さんは光岡さんと知り合いだったのか。
 トウカさんは相手の陣の中心に切り込んでいく。おそらく敵の頭はヌワンギだろう。
 このように敵側にも手札があるのに目立つ大行進をするのはバカと相場が決まってる。
 だが、数は厄介だな。
 絶対に奥のテントまでは行かせない。中には太田さんが眠ってるんだ。
 太田さんに僕の活躍を見せられないのは残念だけど、絶対にここを通すものか。
 しかし……トウカさん、他は僕に止めろって言うの? 僕は辺りを見回した。

A あ、あそこにヌワンギの姿が……まさか中心近くのでっかい車はダミー!?
B ん……あれは、アルカトラズで見たカルラさん! 厄介だな……何故彼女が
C 取り分けて凄そうなのはいない、ただの烏合の衆か。楽勝だね
D いやね、確かに同じ制服だったさ。だけどさ……何で日本で見かけた立田七海ちゃんが!?

616 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:36:00 ID:6CTwJzcq
A

617 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:38:00 ID:kTc6JUzk
「ゴロツキとは言え相手にも犠牲者が出るのはあまり喜ばしい事じゃないしね、ここは
 大将を倒して一気に勝負を決めよう」
「うむ、それは正論であるが…問題はあれでしょう…」
 トウカが見た先には車のライトに照らされ、堂々と鎮座しているヌワンギとその周りを
囲むようにジープと併走する配下の車。これでは簡単に近づく事は出来ないだろう。
「ゴノレゴでもいたらここから狙撃して終わりなんでしょうけど…」
「おまけに走行中の車ですからな。 乗り込んで一気に切り伏せると言うのも無理がありますな」
 どうする?

A 電波だ!
B 投石
C 刀を投げる
D トウカのエヴェンクルガ航空殺法だ!

618 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:39:00 ID:kTc6JUzk
ぎゃふん。負けた

619 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 14:45:00 ID:nHrXV45x
>>619
リロード推奨です、ここは。俺も一体何度苦しんだか……。
しかし今日は長文結構書けたな……そろそろ選択に回ろう

620 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 15:02:00 ID:nHrXV45x
「ヌワンギ、その首をもらうっ!!」
 トウカさんが中心の巨大なジープに向かっていく。
 周りの雑魚をなぎ倒しながら進んでいく。……やっぱり凄い。柳川さんの言っていたことに嘘はないみたいだ。
 この分ならすぐにかたがつくな……そう思っていた。
 ふと、ぽつんと別の場所に小さなジープが走っているのが見えた。
 ……何かおかしい。別働隊にしてはこちらに近づいてくる気配もない。
 僕は目を凝らしてよ~くみてみた。……ヌワンギ!?
 ということは・・・…まさかあの大きいジープは囮!?
「ま、待ってトウカさん! わなだっ!!」
 トウカさんには僕の静止も聞こえずついにジープの上に飛び乗った。
「……ヌワンギがいない!?」
 巨大なジープの上には、ぽつんとトウカさん一人だけ取り残されていた。
 その時だ。
 ばばっと周りから大勢が短刀を構えてトウカさんを取り囲む。
 その数……数百人。ちっ……隠れていたのか。
「バカな奴だ!! 俺様がそんなあからさまに来ると思ってたのか!?」
 そして、先ほどのジープから拡声器でそんな声が聞こえてくる。
 ……正直、甘く見すぎていた。
「やいトウカ! いくらおまえでもこの大人数じゃどうしようもないだろ!?」
 そういわれてトウカさんが少し汗ばむ。
「くっ……某としたことが罠に落ちるとは」
「単純で助かったぜ! お前ら、やってしまえ!!」
 ヌワンギさんの声で、一斉に手下がトウカさんに向かっていく。
 だけどね、ヌワンギ……お前も詰めが甘い。

A トウカさんを甘く見すぎだよ
B 僕の電波については知らなかったようだね
C 伏兵を隠してたのは君だけじゃない。……浩平さん、いるんだろ?

621 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 15:03:00 ID:kTc6JUzk
Bでたまには活躍しろと

622 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 15:29:00 ID:nHrXV45x
 僕の電波については知らなかったようだね。
 一対多数は僕の最も得意とする分野さ。
 僕は十分に電波を集める。何せ何百人分だ。
「くっ……!!」
 トウカさんは必死で応戦してる。ごめん、もう少しだけ待ってくれ。
「絶体絶命だな! これでここは俺様のものだぁっ!!」
 ……実に五月蝿い。耳障りなんだよ。
 …………さて、電波も集まってきた。
 いくかっ!!
 ちりちり…………
 僕は頭の中で「止まれ」という信号を作り出し、その電波を周りに広げる。
「…………!?」
「どういうことだ、体が!?」
「な、長瀬殿!? こ、これは……!?」
 ……トウカさんにまでも電波が伝わっちゃったけど、仕方ないね。
「な、なんだぁっ!? 一体何をしやがった!?」
 ヌワンギのほうまで届いてる。十分だ。
「ああ、トウカさんごめん。僕の技はその性質上、対象を絞れないんだ。
 ある程度ならできるけど、そこまで密集されてるとね……。
 だけど……心配しなくていい。僕の力だけでも勝てるから」
「……分かった、信用する。これほどの力を見せられては信用しないわけにもいくまい」
「ありがとう。すぐに終わらせるよ……」
「おいお前、俺の質問に答えろっ!」

623 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 15:30:00 ID:nHrXV45x
 ……本当に五月蝿い。いっそのこと壊してやろうか。
「ふふふっ、いいだろう。僕はこの話をするのが大好きなんでね。
 まあ、いわゆる自慢話で恐縮なんだが……」
 お決まりの前口上をまず述べる。
 うん、言っていて気持ちいい。月島さんの気持ちが分かったような気がした。
「僕は、人ぐらい簡単に操れるんだ。そう、文字通り思いのままに」
「……なんだとぉっ!! 今俺はお前の術中にはまってるっとでも言うのか!?」
「ご名答。よく出来ました……」
 僕はヌワンギに近づく。
「さてと、君には相当借りがあったよね……。
 げるまんずの乗っ取りとかもしてくれちゃってさ……」
「……思い出したぞ!! おまえはげるまんずにサンフランシスコの店を返せとか言ってきやがった……!!」
 ……てか、忘れてたんですか。
 確か、昨日……といってももうすぐ一昨日か、のことだと思っていたんですけど。
 なおさら許しがたい。
「さて……今度は僕のほうから言わせて貰うよ。
 用件は二つ、一つ目はげるまんずにサンフランシスコ店を返すこと。
 そしてもう一つはここをインディアンたちに譲り、二度とここへ来ないこと。
 ……ちなみに、逆らったらどうなるか分かってるね。君の精神を……木っ端微塵に壊す」
「精神を壊すだと!?」
「ああ。僕は人の精神も思いのままに操れる。
 君の考え方を根本的に変えさせることも出来るし、君を壊して廃人に追い込むことだってできる。
 それで、君は用件を飲むのか、それとも飲まないのか?」
 ちなみに言うと、前者は試したことないのでよく分からない。
 理論的に可能なんだろうけど……自信がないな。まあ、体を操るのと同じ要領でやれば出来ると思うけど。
 さて……ヌワンギはどう動くかな?

A ちっ……分かった
B ふざけるな! 俺は最後まで俺だ、誰がてめぇの言うことなんか聞くか!!

624 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 15:42:00 ID:Apai4QGC
A

625 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 15:59:00 ID:kTc6JUzk
「そんな馬鹿な…」
 ふん、これだけの力を見せ付けられてまだ信じられないってのかい?ちょっと痛めつけてやるか。
チリチリチリチリチリチリチリチリ…………
「あがががががが!!」
 ヌワンギがもがき苦しむ。この程度は序の口なんだけどね。
「で、どうするんだい?」
「ちっ……分かったよ!返せばいいんだろ!」
「それがお願いする方の立場なのかなぁ…」
 ムカついたんでまたちょっぴり電波を浴びせる。
「ぐげげげげ!す、すみません、返させていただきます。 ここにももう二度と手を出しません」
 今までの強気は何処吹く風。哀れに泣きじゃぐって懇願するヌワンギ。
「じゃぁ、頼むよ。 あ、そうだ。 念の為に念書を取っておかないとね」
 僕は懐からデジカメを取り出した。300万画素のクリアな画像が撮れるステッキーなやつだ。
「ま、まさか…」
「多分君の期待通りだと思うよ」
 そして、僕は彼に向かって電波を放った。

 彼は「チクショー!覚えていろよ!」、と言う典型的な捨て台詞を放ってここから逃げ去った去った。
彼の体を操り、あられもない姿をデジカメのメモリ一杯に撮りまくった。もし、約束を違える事があれば
これを今回の経緯と共に世界中に配信すると言う脅しをかまして。
「こ、これで大丈夫だと思うのだが…その…長瀬殿…」
 トウカさんは顔を真っ赤にして俯く。もしかしてこう言うのに免疫無いのなか?
「本当に念書取っても反故にされる可能性があるからね。 こう言った脅しが一番だよ、あの手合いには」
 これで暫くは大丈夫だろう。彼が約束を本当に守るとは思えないけど、少なくともこれでここは大丈夫なはずだ。

A 暫くここにいよう
B サンフランシスコに戻ろう
C 折原さんから電話が『準備OKだ』
D ヌワンギの復讐が…

626 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 16:11:00 ID:3vftH1Sx
C

627 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 16:37:00 ID:kTc6JUzk
 保護区に戻ると、長老さんの電話に折原さんからの呼び出しがあったと言う。僕は急いで電話に駆けつけた。
『おお、祐介か。 準備は万端だぜ。 上手く行けばサンフランシスコ支店どころか奴等のグループを丸々
 乗っ取れるぜ』
 電話の奥で折原さんが嬉々として語っている。流石は希代の詐欺師だ。
「で、一体何をやるんですか?」
『株だよ株。 偽情報を流して仕手戦を発生させる。 で、程よく株が上がった所で更に情報を流して
 株を暴落させる、空売りを交えて金を市場から吸い上げて、底値に入った所で株を買い上げる。
 それで奴等のグループごと乗っ取るって訳さ』
 ……法律には触れないんだけど…やっぱりあくどいなぁ…まぁ、任せよう。
「じゃぁ、お願いします」
『おうよ。 じゃぁ、大船に乗ったつもりでどーんと構えてな』
 詐欺師が言うと泥舟に思えるのは気のせいだろうか?けど、もう彼に任せるしかないか…

 ~翌日 ケナシコウルペ社 社長室~
「社長、先日から我社のグループの株が不自然な上昇を続けているのですが…」
 社長室の主の席に座るはアフロデブ。突然やって来た闖入者に機嫌を悪くする。
「にゃも~ベナウィよ、朕の頭の手入れの最中に入ってくるなと申しておるじゃろう」
 その闖入者は鋭利な目を持つ、知性と鋭気が溢れる若き青年であった。
「……失礼しました。 ですが、この株価上昇は不自然です。 どこかの投資グループが動いているとしか──」
「うるさいにゃも! 株価が上がって悪い事などある訳無いにゃも! 折角良い感じに
 手入れされた髪がお前のせいで台無しにゃも! さっさと出て行くにゃも!」
「……分りました」
 そう言われた青年は渋々と社長室を出て行った。
(…とは言えこの株価の動きは不自然ですね…探りを入れる必要がありますね…)
 そして、彼が取った行動は?

A その投資家グループに探りを入れてきた
B 株価上昇の原因となった情報に探りを入れてきた
C だが、折原の動きは更にその一歩先を行っていた

628 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 16:50:00 ID:rkk/podK
B

629 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 19:42:00 ID:nHrXV45x
どーでもいいことかもしれないが、
最初に祐介の浩平への呼称は「折原さん」じゃなくて「浩平さん」だったような気が……。
途中から変わるとなんか違和感を感じるな。

630 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 23:01:00 ID:kTc6JUzk
(株価上昇の原因となった情報に探りを入れましょう…若しかしたら内部に協力者がいる可能性がありますからね)
「クロウ、株価上昇の原因を探ってもらえませんか?」
「あいよ、大将」
 ベナウィの呼びかけに現れたのは、普通の人より一回り大きいオールバックの気の良さそうな青年であった。
目には目立つ一条の傷があった。
「大将、どういった手段で行きますかい?」
 彼が求めているのは、暗に法的な処罰以外…暗殺、拉致などに対する許可である。
「クロウ、出来るだけ穏便に済ませなさい」
「あいよ、任せてくれ」

「くっくっく…皆、俺の手の上で踊ってるぜ…」
 浩平はパソコンのモニターの前で歪んだ笑いを漏らす。その画面に映るのは右肩上がりのグラフ。対象銘柄は
『ケナシコウルペ・メディア・エンターティメント』…通称『K.M.E』。ケナシコウルペグループのマルチメディア系の
会社でヌワンギが社長を務める会社である。
「証券の世界のハイエナ共は、先んずる為に憶測に近い情報でも食いついてくるからな…上手くいったぜ」
 彼が行ったのはK.M.Eが制作した新作映画の情報である。これをネットや鼻薬を効かせた評論家などを使って
いかにも期待の新作に見せかけて、投資家を煽ったのだ。最初の時点で大口で株を買い込み、恰も機関投資家
が介入したように見せかけて、噂に真実性を持たせたのだ。程よく株価が上がった所で切り札を切り、株価を
一気に暴落させるのが彼の目的なのだ。そして、その直前で売り抜き、底値で株を買占め。
晴れて乗っ取り完成だ。さて、その彼の切り札は──

A K.M.Eの粉飾決算の証拠
B 社長ヌワンギのスキャンダル情報
C 実はその映画はクソつまらない
D 社員に対する過酷な扱いの情報

631 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 23:09:00 ID:kGT+pSdV
C

632 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 23:40:00 ID:kTc6JUzk
 実を言うとその映画はクソつまらないのだ。つまらないと言う次元が違う。作っている時点ですでに
駄作が確定していると言っても過言ではない。それは社長が現場に口出ししまくった挙句、制作期間と
費用だけがズルズル掛かってしまったのだ。おまけに社長はこの映画が成功すると信じて疑っていない。
スタッフも社長の不興を買って解雇されるのを恐れて口に出せないと言う。浩平はいち早くこの情報を
掴んで、策を巡らしていたのだ。先行公開の日が4日後…株価は最早彼の操作の手を離れ、暴騰を
続けている。地下に潜ったり、複数の中継点を使って取引をしている彼の動きを探るのは非常に難しいだろう。

「しかしお久しぶりですね、浩平さん。 急に私に会いに来たのでびっくりしましたよ…アルカトラズにいると
 聞きましたが…何故急に出られたのですか?」
 彼の傍らには落ち着いた感じの金髪でお下げの女性がいた。ここはニューヨークのあるアパートの一室。
浩平はこの部屋の主の里村茜の部屋を借りて株取引を行っている。
「ああ、ちょっと面白い奴が来てな。 素で野望は『世界征服です』と言い放った奴だ。そいつに誘われてな」
「まるで浩平さんみたいですね」
 茜は思わず苦笑した。
「いや、州乗っ取りくらいでとちってムショに入れられたくらいでいじけた俺とは別物さ」
「これからどうなさるんですか?」
「そうだな…そろそろ場所を移した方がいいかもしれないな。 昔、結構マンハッタンで派手にやったからな。
 俺が帰ってきたと知ったら恨みを持った連中がやって来る可能性が高いしな」
「つまり、私は巻き込まれたと」
 無言&無表情で浩平を睨みつける茜。そこからは激しい怒りのオーラが読み取れる。
「はい…ごめんなさい」
 そんな話をしていると──

A 祐介から電話が
B 突然襲撃が
C 小包が送られてきた
D 今回の件の仲間の詩子から連絡が

633 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 23:41:00 ID:3vftH1Sx
Aで繋がるな。

634 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 23:45:00 ID:PqZSuWsv
シナリオなら、浩平
普通は折原君
で、同級生ね。考慮してくれ。

635 名無しさんだよもん 2004/02/15(日) 23:47:00 ID:kTc6JUzk
…すまん

636 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 00:10:00 ID:Bv5TJ0V/
るるるるるる…
浩平の胸ポケットから電子音が響く。
「っと悪いな、失礼するぜ」
通話ボタンを押し、声をかけた。
「もしもし?折原だが」
『浩平さん?長瀬です。…そっちの進捗はどうですか?そっちの動き次第で、こっちの行動も変わるので…』
「おう、待たせたな。いまNYで最終的な打ち合わせ中だ。あと4、5日、それで全てが決着するぜ」 
『ニューヨークですか!?いつの間にか僕らより先に進んでますね…』
「なぁに、昔のコネでな。確かに俺は騙す人間だったが、同時に鼠小僧じみた事もやってたから
 それに恩を感じてくれる酔狂なやつが多くてな。おかげで今、助かってる。
 塀の中に入ったくらいでなくなるような人脈は持ってないんだよ」
『それは凄い…、で浩平さん。話は変わるんですが、
 僕らはどう行動しますか?なんならこっちから合流に出向きますけど』
「…いや、俺はこの街に敵が多いものでよ、そろそろ離れようと思ってたところだ」
『?ヌワンギさんの手の者ですか?』
「…それもあるな。手前味噌になるが、なかなかここまでの仕掛けを出来るやつはいない。
 その線で辿れば――直に、そっち方面からも追っ手が来るか。ゲ、落ち着いてる場合じゃなかったのな」

「浩平…」
表情は変えないながらも、茜からにじみ出る迫力に、冷や汗が流れる。

『…やはり合流しましょう。場所は…』
「ああ、俺がそっちに出向く。ここまで来ればネットがあれば問題ない。」
『分かりました…ところで

A 迎えを出しましょうか?
B そちらに誰かいらっしゃるんですか?
C やはり合流地点は中間にしません?
D 今日の日本の新聞の一面、どれでもいいから見ましたか?

637 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 00:11:00 ID:JLvYZthV
Bカナ
Bカナ


638 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 09:32:00 ID:Bv5TJ0V/
「そちらに誰かいらっしゃるんですか?どうも話し声が聞こえますが」
「昔馴染みの家に厄介になってるんだが…ここも足がつくかもだ。
 一時的にそっちに連れて行こうと思うが…いいか?」
『ええ、幸い場所は有り余ってますからね、一人や二人増えたところで大した事はありませんよ』
「そりゃあ良かった、じゃあ、一両日中には着くと思う、それじゃあな」
『ええ、お気をつけて』
プッ…という音を残し、通話が切れる。――さて、
「茜…聞いたと思うが…」
「はい。分かってます」
見ると既に茜は旅支度を整えつつあった。
「もうここまで来て愚痴を吐いても仕方ありませんから。
 それより何処へどうやっていくのです?まさかサブウェイで行ける場所ではないでしょう?」
「…適応早いな…昔からそうだっけ?」
「いえ、昔はそうでもありませんでしたけど…
 誰かさんが色々連れまわしたり、トラブルに巻き込んでくれたせいじゃ無いかと私は睨んでいるんですが」
「う…まぁいいや。取りあえず空港だ。急ぐぞ」
浩平も自分の荷物を鞄に放り込みながら言った。
「ここからどのくらいあったっけか?」と後ろに声をかけつつドアを引き開けた瞬間。
「コウヘイ・オリハラ。間違いないな?」そこには一人の巨漢がいた。

「お前は――」
「ケナシコウルペの者だ――といえば分かるだろう?」と言って、ニパッと笑いかける。
「大人しく付いてくれば何もしねぇよ…ん?奥にも誰かいるのか?」
奥の鞄に気づいた男が、部屋を覗き込んだ瞬間だった。

ぐぁああん…

「ぐをぉぉぉっ…!!」

639 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 09:33:00 ID:Bv5TJ0V/
「茜!」
そう、ドアの影には中華鍋を構えて待ち構えた茜の姿があったのだった。
「今のうちに!」茜がバッグを持って部屋の外に走り出す。
「おう!」浩平もこんな程度の苦境は何度も経験している。茜の後を追って、部屋の外に飛び出した。

「浩平!まだ目標は空港ですか!?」
「そうだな…あの男、一人で来たってことは、そんな大動員したってワケじゃなさそうだ。
 網を張るほど人数は割いてないんだろう」
「で、空港まではどうするんですか!?」

A 地下鉄
B タクシー
C 走る

640 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 10:13:00 ID:NqxQwdDX

641 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 21:58:00 ID:s2yu9OYr
CLANNADスレが乱立しそうなので保守しておく

642 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 22:41:00 ID:zsCEUgKs
「タクシーだ!特別速いのを呼んである!」

浩平が手を上げると、すぐさま寄ってくるタクシー。側面には特別なロゴが入っている。

「…CKO…アメリカ最速と名高い裏タクシーですか……」
「お、さすが茜、知ってたか」
「こういうことを覚える事になったのは誰のせいです?」
「ま、まぁ、話し込んでる場合じゃないぞ?さっきのが追ってくるかもしれん」

言うが早いか乗り込む浩平と茜。

「ご使命ありがとうございま~す。どちらへ?」
「柚木!?」
「そういえば、運転手は日本人女性という噂がありましたが……まさか詩子だったなんて」

よく考えれば、CKO……シーこ…詩子と書いてあったではないか。

「あれ?折原君に茜じゃない。新婚旅行?」
「俺は独身貴族だ!」
「浩平、急ぐのでしょう?詩子、空港までとばしてください」
「ん~~何かワケアリって感じだね?ね、私も一枚かんでいい?」
「…ちゃんと空港につけたら考えてやる」
「オッケー!ジェット機より速く着いてみせるわ!久々に楽しくなりそうね~」
「…できる限り安全運転でお願いします」

音も無く発信すると、グングンスピードを上げるタクシー。
鼻歌交じりに運転されるタクシーの速度が200kmを超えたような気がするが、茜は気のせいだと自分に言い聞かせた。

643 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 22:42:00 ID:zsCEUgKs
「……柚木、もっととばせないか?」
「ん?どうしたの、折原君」
「一台追ってきてる……あのフォルムは、確かケナシコウルペ社のベナウィのシシェ…」
「えぇ~っ!?あの人に追われてたの!?」
「有名なんですか?」
「こっちの世界ではアメリカ最速の男って言われてるわ…」
「で、まけるか?」

A.ふふん、詩子さんは世界最速の女よ!カーチェイスでまいてみせるわ!
B.ココらへんは私の庭よ、裏道を駆使してまいてやるわ!
C.このタクシーには数限りない武装があるのよ?悪いけどシシェ命運は尽きたわね!

644 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 22:49:00 ID:8qDa7GFD
Cしかなぁぁぁい!

645 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 23:43:00 ID:Bv5TJ0V/
「このタクシーには数限りない武装があるのよ?悪いけどシシェ命運は尽きたわね!」
ふふん、と呟いた詩子は、ハンドルのボタンを押す。
ハンドル中央には電話のダイヤルのようにAからGまでのボタンが並んでいる。
「さ~て、どれにしようかなっと。ねぇ折原君、チェーンガンとグレネードってどっちが好き?」
「そうだな、好みから言うとチェーンガンのが…ってちょっと待てーー!!」
「え?」 と振り返る詩子。だが遅い、既に彼女の指はCボタンを押さえていた。

バリバリバリバリ―!!
ボンネットが割れ、そこから顔を覗かせた回転式機関砲――チェーンガンが火を噴いたのだった。
勿論砲手などいないから適当に後方に弾をばら撒いたということなのだが。
その放たれた弾丸は、今さっき詩子の追い抜いた一般車両に吸い込まれるように命中し――
チーズのようになった哀れな一般車両は横転し、さらに対向車を巻き込んでしまう。

轟。という爆音。振り返るそこには地獄絵図のような光景が広がっていた。
「おいコラ、柚木!何考えてんだ一体!?」
「え、え~と、あはは。…正当防衛ってことには…」
「なるか!」「なりません!」 二人同時に突っ込みを受ける詩子。
「…流石に追っては来ないか。だが柚木ィ…お前までお尋ね者になってどうすんだよ?」
「そ、それを言うなら折原君だって懲役200年の大悪党じゃない!?」
「もう、いい…この騒ぎだと空港もテロ対策とかで止まってんだろうし…
 柚木、匿ってやるから、指定した場所に行ってくれ。遠いぞ、取りあえず西だ」
そして世にも危険なタクシーは、中部のインディアン居留区に向かったのだった…

「っ!」
慌てて急ブレーキを踏むベナウィ。目の前を吹っ飛んでいく乗用車が通過する。
一拍おいて、轟音と閃光。――無茶苦茶だ――ベナウィは柄にも無く混乱していた。
あのまま付かず離れずで空港まで付け回し、いざ飛行機に乗り込むところで先回りさせておいた
部下に捕らえさせる算段だったのだが…コレだけの騒ぎを起こして尚空港に向かうことはまず無いだろう。
「流石は希代の詐欺師。策士・折原といったところですか」

646 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 23:44:00 ID:Bv5TJ0V/
ぴぴぴぴぴ…
胸の携帯電話が電子音を奏でる。
「はい」
「大将?クロウでさあ。…首尾は?」
「いえ、見失いました」
「…まさか、この煙はあいつらが!?」
「そのようですね…私もここまでは読めませんでした」
「…するてぇと、ここで追跡は御仕舞いですか?」

A ええ、遺憾ながら。そこまでの働きは給料に入ってませんよ
B …ヘリを出します。
C 実は発信機を埋め込んであるんです。

647 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 23:46:00 ID:JLvYZthV
A

648 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 23:47:00 ID:8qDa7GFD
Bで武装カーとバトルだ!

649 名無しさんだよもん 2004/02/16(月) 23:53:00 ID:8qDa7GFD
回転式機関砲はガドリングガンの事ね。銃身を幾つも束ねているやつ。
チェーンガンはボルトを外部動力とチェーンで繋いで強制的に装弾、激発、排莢を
行うやつ。こっちは単銃身で主に戦闘ヘリや戦闘車両に搭載されてたりする。
どっちも外部動力で発射している事には変わらんが。

軍ヲタですまんがな、一応。

650 647 2004/02/16(月) 23:56:00 ID:Bv5TJ0V/
なんか昔読んだラノベで、こんな武装カーがあってな。
そこから色々借用したのだが…そこにはCでチェーンガンと書きつつも
回転式機関砲とあったから、そのまま使ってしまったよ。ああもう。

651 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 00:03:00 ID:qssE4qHE
「ええ、遺憾ながら。そこまでの働きは給料に入ってませんよ」
ベナウィはそれよりもやるべきことがあった、先ほどの攻撃で道路は地獄絵図である
チェーンガンを撃たれでミンチよりもひどい死体になった運転手、その隣で泣き崩れる家族たち
巻き込まれた対向車は道路に突っ込み通行人を引いてしまっている
玉突き事故となり後ろの車も何台か事故を起こしてた
血と肉の焼けるにおいと悲鳴と怒号が満ち溢れていたその場をベナウィは見過ごすことができなかった
「……」

A 救助活動をする
B 泣いている女の子に声をかける(要人物指定)
C まずは警察に連絡をする

652 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 00:05:00 ID:4/qtQMNz
C
市民の義務

653 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 01:44:00 ID:4/qtQMNz
「まずは警察を呼ぶ必要がありますね…私だけでは手に負えない」
 ベナウィは携帯を取り出し、おもむろに警察へと連絡を取った。
『もしもし、こちらニューヨーク市警』
「もしもし、警察でしょうか。 マンハッタンの○○ブロックの~で事故が起こりました。 死傷者も多数出ています。
 至急、こちらに来ていただけませんか?救急車と消防車も加えて」
 炎上している車もあり、所々で燃料に火が付いて盛大な炎を上げている。
『事故?ああ、既に何件かこっちにも来ているが…詳しいことは分りますか?他の人達は興奮していたりしていて
 どうも要領を得ないんです』
 ベナウィは少し躊躇した。「車のボンネットから機関砲が迫出し、銃を乱射して事故が起こった」こんな漫画みたいな
状況を信じるだろうか。とは言え生真面目な彼はありのままに報告せざるを得ないと思い、ありのままに話した。
『ふむ…分りました。 犯人について何か分る事はありますか?』
 ベナウィはこれはチャンスだと思った。これなら警察はすぐに非常線を張って、彼を瞬く間に捕まえてくれるだろう。
「ええ、車の色、車種は~で、犯人はあの『コウヘイ・オリハラ』です」
『なんだって!?あ、失礼しました。 分りました。 詳しい事を聞きたいので暫く現場にいてください』
(…これで彼らを捕まえる事が出来るでしょう)
 だが、ベナウィの期待は大きく裏切られる事になった。それは──

A 詩子カーには超加速モードがある
B 詩子カーは水の中を走行できる
C 詩子カーは空を飛べる
D 詩子カーはその重武装で追跡者を悉く粉砕

停滞したから次を書いていいよね?

654 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 01:45:00 ID:Ru3Cj+Z8
Dしかあるまい

655 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:14:00 ID:4/qtQMNz
 浩平たちはあれから通報を受けたパトカーに追跡を受けていた。アメリカの犯罪の風物詩のカーチェイスの始まりである。
「茜!後部座席の裏にグレネードランチャーがあるからそいつぶっ放して!」
「何でこんな物が…」
 後部座席を空けるとそこにはU.S. M79グレネードランチャーが入っていた。中折れ式のグレネードで
重さ、大きさとも手ごろで女性の茜でも充分扱える物である。他にも武器があり、選り取りみどりの状態であった。
「こいつは後ろには攻撃できないの、早く!」
 詩子の叫び声をかき消すように銃声が響く。街中であるにもかかわらず既に発砲許可が出ているようだ。
車の足回りを狙うように着弾の火花が幾つも飛び散る。
「く…しかたありません」
 茜は窓から乗り出し倒立式の照準を立て、後ろから追い立てるパトカー群に狙いを定める。
「…!ごめんなさい」
 花火を打ち上げた時のような重い音と共に、銃口からグレネードが飛び出し、白い煙を出して茜の視界を白く染める。
数瞬遅れてグレネードがパトカー群の中に飛び込み、信管を作動させ、大爆発を起こす。
「やりぃぃぃ!」
「ビンゴ!!」
 助手席と運転席の二人が歓声を上げる。この追跡劇に二人は完全にヒートアップしている。パトカー群はその大爆発に
よって横転したり、追突したりなど大事故を起こし完全に止まった。
「これでしばらくは安心ですね」
 茜は胸をなでおろす。だが、安心したのもつかの間。彼らに新たなる危機がやって来た。

A 検問。車止め付き
B 戦車出動
C ヘリで追跡された
D FBIの対能力者班出現

656 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:17:00 ID:VEfUYUd4
カーチェイスといえばやっぱりC。

657 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:30:00 ID:5bGIL/qL
 バルルルルルルルルルルルルルルルルルル
 まるでバオー来訪者のような擬音をたてながら空から青いヘリがやってくる。
「あ、あれは!?」
「知っているのか柚木!?」
「あれは世に聞くエアーウルフ!」
 20代前半の視聴者のための参考資料→ ttp://www.hi-ho.ne.jp/maro99/
「ヤバい! ヤバいぞアレは! 柚木、何とかしろ!」
「何とかしろって言われてもねぇ……手段は選ばないけどいい?」
「何をいまさら!」
「おっけー。茜、アレ行くよ」
「……気が進みませんが、仕方ないですね」
 そして詩子がとった次の行動は?

A 車のボタンを押して「行くよキッド!」と叫ぶと、車が「はいマイケル」と答えた
B トランクに潜ませてあった地対空ミサイル一斉射撃
C 柚木家に伝わる家訓、「逃げるんだよおおおおぉぉぉぉ!!」
D 今週のビックリドッキリメカ出動
E 全自動全面降伏マシーン“白旗壱号”作動

658 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:32:00 ID:qssE4qHE
D

659 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:34:00 ID:4/qtQMNz
 パトカーの追跡を振り切った彼らの頭上から空気を叩く爆音が響く。その音に気付いた浩平が
窓から乗り出し、空を眺める。
「柚木!上だ!ヘリが追って来やがってる!」
 その頭上にはニューヨーク市警のヘリが彼らを追跡していた。このまま追いかけられては
非常線を張られ、包囲されてお陀仏だろう。
「詩子!何か武装はないの?」
 茜が後ろから尋ねる。
「それは──」

A ステルス迷彩があるわ
B 茜、今度はスティンガー出して
C 「詩子カーの力、見せてあげるわ」と、言って”F”と記されたボタンを押した
D …無いわ

660 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:35:00 ID:4/qtQMNz
ぎゃふん

661 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:45:00 ID:5bGIL/qL
「今週のビックリドッキリメカ~!」
 詩子が叫ぶと
「……ぽちっとな」
 茜がボタンを押す。これは確かに気が進まないかもしれない。
 それはともかく、ボタンを押すとトランクが開き、道路まで階段が伸びる。
 高速走行中なので、階段の一端が地面に触れてガリガリ音を立てている。
 そしてトランクから出撃する今週のビックリドッキリメカは!?

A 赤くて角があって3倍のアヴ・カムゥ
B HMX-12 マルチ
C HMX-13 セリオ
D 身長57m、体重550t、巨体が唸って空も飛ぶ詩子ロボ
E 出るや否や自爆してしまったので正体がわかりませんでしたガクー

662 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:47:00 ID:4/qtQMNz
出遅れた悔しさをCを選んで晴らし今日は寝る

663 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:57:00 ID:qssE4qHE
それは来栖川の誇るHMX-13 セリオだった、高速移動中にもかかわらず器用に階段を降り道路に立つ
「よし、これで何とかなるのか?」
浩平が詩子に聞く、だが詩子の顔は蒼白だった
「どうしよう…」
車は高速移動中だったのだ、詩子が命令を下す前にセリオは置き去りにされてしまった
遙後ろに命令を待っているセリオが豆のように小さく見える
「アホーーーーーー!!!」
折原が叫ぶ中、エアーウルフが詩子カーにロケット砲を打ち込んだ

A 命中、哀れ三人は死んでしまう、主人公の祐介視点へ
B 命中はしなかったが車は横転、茜がロケット弾の破片で死んでしまった
C 命中はしなかった車は横転、詩子がロケット弾の破片で死んでしまった

664 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 02:59:00 ID:4/qtQMNz
C

665 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 03:11:00 ID:5bGIL/qL
 ちゅどーーーーーーん!!!!
 周囲に響きまくる音を立ててロケット砲は道路に突き刺さる。
 直撃こそしなかったものの、衝撃から車は横転どころか回転。ごろんごろん。
 そこにロケット砲の破片が飛来。詩子のアタマにストライク。

 浩平と茜が車から投げ出され、とりあえず高校の柔道の授業で習った受け身のおかげで無傷で立ち上がる。
 そこで二人が見た景色。美しくて悲しい景色。
 幼なじみだったり腐れ縁だったりする詩子が、頭から血を吹き出しながら、拳を天に突き上げていた。
「我が暴走生涯に一片の悔い無し!」
 そう叫んで、詩子は絶命していた。未だに詩子の頭からピューッと血がシャワーのように噴き出している。

A 「実は蘇生術が使えるんです」と茜の衝撃の告白
B 「グラッツェ! 詩子!」最大限の感謝を込めて、とりあえず逃走再開
C エアーウルフの追撃。現実は非情である。
D 祐介一行に電話、蘇生術師に心当たりはないか聞いてみる
E そこでもうぶち切れですよ。エアーウルフ相手に全面闘争開始

666 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 03:14:00 ID:qssE4qHE
C

667 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 08:14:00 ID:KVQN3PjJ
>>664
この誰かが死ぬしかない選択肢はちょっと酷くないか?

668 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 08:16:00 ID:d09BwbiO
>>668
その前の選択肢でセリオを選ばなければ誰も死なない選択肢が現れたかもしれないね。

669 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 08:20:00 ID:T4DofGim
>669
さらに言えばもう少し前の選択肢で、タクシーに武装があるって選b(ry
ま、言い出したらきりが無いし仕方ないわな。

670 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 08:21:00 ID:KVQN3PjJ
後、今気づいたが詩子がうったチェーンガンで阿鼻叫喚にしたのもこの人だ。
個人的な意見なので多くは言わんがネタ創作で殺伐とするのは好かんなぁ…

671 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 10:22:00 ID:VapbIkYC
「詩子!」 慌てて駆け寄ろうとする茜を、浩平が車の陰に引き戻す。
「馬鹿!アレが見えないのか!?」

そう、彼らの前方には尚ホバリングを続ける空の狼が、未だその牙を隠そうともせず
地面に這う彼らを見下ろしていた…

「でも!詩子が!」
「馬鹿野郎!お前まで蜂の巣になる気か!?
 これ以上俺にだけ罪の意識ひっ被せておっ死ぬ気かよ!?」
「……」
沈黙する茜。
しかし……「ジリ貧だな、こりゃ」 浩平が呟く。だがまぁここで死ぬのは正直ゴメンだな…
車から零れ落ちていたマシンガンを手に取る。
「浩平?」 茜が不審に思ったのか、声をかけてくる
「悪いな、こんな土壇場にまで巻き込んでしまってよ」
「いえ…本当に安全に生きていきたかったら、あなたの顔を見た瞬間アパートのドアを閉めれば
 良かったんです。半ば覚悟してましたし――詩子と同じ場所で死ぬのも悪くはありませんから」
ここから見える柚木はもう倒れこみ、ピクリとも動かない。血はどんどん広がっているのにだ。

浩平は幽かに眉を上げ何か言おうとしたが――止めた。
「じゃ、せめて最後っ屁くらい派手に行こうか!」
そういって車の陰から飛び出そうとした瞬間だった。

どがぁぁぁあぁん!
突如ヘリの側面に爆発。「な、何だぁ!?」 視線をヘリの向こう側に向ける。そこには――
「HMX-13!?」
そう、セリオが備え付けの腕ミサイルでヘリを爆撃する姿があった。
どがぁぁぁぁぁん!
セリオの肘より少し上の部分が折れ曲がり、砲口が顔を見せ、続けて第二撃が放たれた。

672 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 10:23:00 ID:4/qtQMNz
>>664
選択無視じゃないか?かなり悪質な。

673 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 10:25:00 ID:VapbIkYC
だが――ヘリはまだ堕ちない。
ホバリングしながらヘリは向きを反転させ――セリオにその火力を叩き込まんとする!
「うぉぉぉぉぉぉぉおおお!!」
浩平がマシンガンの弾をヘリの背面に撃ち放つ。無論効きはしない。
「くっ!ジーザス!」
彼の前に見た仕様書によれば、メイドロボシリーズは本来護衛用。対空用の重装備は、
あのミサイル二発のみの筈。あのヘリはセリオにその武装をぶつけ、その後速やかにこちらを攻撃するだろう。

「というかなんであいつら俺たちを殺す気満々なんだよ…」
ぼやていてもしょうがない。茜の手をとり立ち上がる。
「逃げるぞ、取りあえず建物の中だ」 そういって茜を立ち上がらせた瞬間――

突然、セリオの靴の下からジェット噴射が放たれる。
そのままの勢いでセリオはヘリの高度を超え――そして、
ガシャアァァァン!ヘリのガラスを叩き割り、コクピットに潜り込む。
数発の銃声の後、ヘリはそのコントロールを失い――地面に大激突した。
大爆発。ハリウッド映画そのままな感じの爆発が巻き起こる。丁度詩子が倒れていた辺りに。
炎の中から――セリオが姿を現す。主を最後まで熱さから護ろうというのか、、
詩子「だった」モノの近くにうずくまると、そっ、と抱きしめ、その身を炎に包ませていった…

「詩子!!」
「もう遅い…それより、今だ、逃げるぞ!」
浩平は茜の手をとって走り出す。浩平は携帯電話をプッシュしながら走り続ける。
「ハロー?Mr.カーチス。お久しぶりで、実はちょっとお力をお借りしたくて…」
「詩子…さよなら」 そして、茜は親友に別れを告げた。

A 祐介視点へ
B このまま浩平視点
C ベナウィ視点へ

674 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 10:27:00 ID:4/qtQMNz
うぎゃぁ、割り込み超スマソ&ナイスフォロー。
Bでアメリカ映画っぽく。

675 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 11:15:00 ID:qssE4qHE
「え、今ハリウッドにいて撮影がある?抜け出せませんか…」
浩平は旧知の知り合いに連絡を取っているが状況は芳しくない
「……もういいです、投降しましょう?」
茜が言うのも無理は無い、車も無く人間の足では到底逃げ切れるものではなく、それに後から来た警察の部隊がすぐそこまで来ていた。もはや二人は詰んでいるのは浩平にもわかっていた。
「いたぞ!!二人だ」
「しまった、見つかったか」
三人の警官が現れ銃口を向けている、狙いはマシンガンを肩からかけている自分だ
「…だめぇぇ!!!」
そして三人が弾丸を放った

A 茜が自分をかばって銃弾をすべて受けた
B 無情にも浩平に全弾命中、「俺はここで死ぬのか…茜、ごめんな」

676 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 11:16:00 ID:VapbIkYC
「ハロー?Mr.カーチス。お久しぶりで、実はちょっとお力をお借りしたくて…」
「おお、コウヘイか?久し振りだな。この間の漁業権問題では世話になった。
 とうとうシャバへ復帰かい?だとしたら喜ばしい事だが――楽しい話では無いのだね?」
「ええ、ちょっとヘタ打ちましてね。いまサツの追走を振り切って逃走中です。
 ちょっと中部の―― カンザスの方に仲間がいましてね。そこまで…出来ればサツを振り切って逃げ込みたいんです」
電話口でしばらく考え込むカーチス氏。そして、
「わかった。君にはだいぶ世話になった事だ。ここらで一肌脱いで恩を売るのも悪くない。
 今はどこにいる?…よし、その近くにカフェがあるだろう?そこに私の名前を出して匿ってもらいなさい
 後の指示はおいおい出そう」
「…ありがとうございます!!」
「礼はいい。いずれ返してもらうのだからな、ワッハッハッハ…」
そして、カーチス氏は豪快に笑ったのだった。

そして二人は指示されたとおりのカフェへと潜り込んだ。
その店名を「エコーズ」という。
「いらっしゃいませ…!」
店内には日本人のマスターと従業員一人のみ。その従業員は驚いたようにこちらを見ている。
まぁ、擦り切れた服にかすり傷だらけの顔をして息を切らせた男女をみて平然としている
マスターの方が異常か。
「カーチスさんの紹介だ。匿って欲しい!」
「……」マスターは黙ってカウンター奥の扉を指差す。
「その扉の奥はただの倉庫ですが、右奥のスミの箱をどけると地下室にいけます」
「わかった。ありがとう!」
すばやく潜り込む二人。

そして暗闇の中で隠れること十数時間、床がノックされ、さっきの店員が顔を見せた。
「生きてますか?」
「…ああ、なかなか快適だよ」 やつれた顔で浩平が声を上げる。

677 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 11:17:00 ID:VapbIkYC
「この店にも警察は来ましたが…とぼけておきました」
「サンキュ…立てるか、茜?」 茜に手をさし伸ばし、立ち上がらせる。
先程から茜は全く元気が無い。当然といえば当然なのだが。
「カーチスさんから指示が来ました。
 
A この店の地下室から下水道に抜けられます。そこから市外へ
B この店のトラックの荷台へ。
C 警察に鼻薬を嗅がしたそうで。とある一箇所の検問が緩くなっています。
D カーチスさんの自家用セスナを使え、とのことでした。

678 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 11:39:00 ID:qdkEGloI
A

679 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 11:40:00 ID:gcrP437K
さっきから空気読まない短文連発者がいるな。
それはそうと>>676が正規ルートになっちまうのか?
いい加減アレも考えたいと思うのは過敏かね。

680 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 12:35:00 ID:VapbIkYC
『死でしか感動を演出できないものは二流だ』
何処で聞いた言葉だったか。本か、映画か、漫画だったかもしれない。
目の前に映る光景を見ながら、浩平はそんな言葉を思い出していた。

茜が自分をかばって銃弾をすべて受けるのを、浩平はただ、眺めることしか出来なかった。
「手前ェら…」
浩平は反射的にマシンガンの引き金を絞っていた。
マズルフラッシュ、射撃音の嵐、それらが通り過ぎた後、そこに残っていたのは4体の死体と、浩平だけだった。
「茜、茜ェ!!」
しゃがみ込んで必死に声をかけ続ける浩平。
しかし、その体からは刻一刻と熱が消え失せていくのが分かる。
「こ、こうへ…い…」
「茜!?」
「…私は…もう、ダメ、です」
「何を言うんだよ!さ、たて、立ってカンザスの向こうまで行くんだろ?」
「分かってるでしょう?…それより、…浩平… あなた…なにをして…いるんですか?
 詩子が死んで…私も死んで…二人も踏み台にして…あなたまで死にたいというのですか…?
 そんな無駄は…嫌いです」
「あか、ね…」
「立って!そして、逃げなさい!
 こんな死体に構っている暇は無いんじゃないですか?
 あなたは…もっとふてぶてしい顔で、皮肉気な顔で…胸を張って…生きて…
 好きでしたよ、あなたのこと」
茜の首が力を無くし、側面に顔が倒れる。

……浩平はゆっくり立ち上がると、茜の瞼を下ろし、わずかに黙祷した後――
昼尚薄暗いNYの路地を走り始めた。

A 祐介視点
B このままの視点

681 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 12:36:00 ID:T4DofGim
一旦今の流れを断ち切ろう。Aで

682 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 13:11:00 ID:oYkqIlBL
殺伐ついでに聞きたいんだが、カーチスって何者?

683 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 13:47:00 ID:T4DofGim
>683
支援サイトの掲示板によると、無意味にキャラ増やしてもしょうがないので
名前があればいいやって感じのオリキャラとのこと。

684 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 14:07:00 ID:KVQN3PjJ
俺的には ID:qssE4qHEの書いた文章全てのリコールを提案したいのだが…
相変わらず殺す展開、選択肢しか書かないし
これはこのスレ的には許容範囲内なのか?

685 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 15:07:00 ID:Tq7Fmmdn
>>685
遡ってはともかく、以後はスルーでいいかもな……
もっとも、串刺されたらお手上げだが。

686 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 17:30:00 ID:4/qtQMNz
>>686
文体で大体分ると思うが。
まぁ、変に荒らす展開じゃなきゃ大丈夫だと思うが。

それとレミィみたいに別れさせるだけで退場できるから、殺す必要はないと思う。

687 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 18:42:00 ID:VapbIkYC
>684
んー。
やっぱり紛らわしくなるから葉と鍵のみで構成した方が良かったかな、カーチス。
>678が採用されてたら、さっさと退場するように書こうと思ってたのだが。

688 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 19:09:00 ID:3aeWCmzy
 さて、皆さんお久しぶり。
 長瀬祐介です。ヌワンギたちから居住区を死守した僕たちは……
 といっても僕の電波で苦労も何もしてないんだけど。
 とにかく、僕たちは浩平さんを待っているわけだ。
 何でも連れが出来てるみたいだけれど、まあ問題ないだろう。それにしても遅いな。
「長瀬君、そろそろ行動を早めたほうがいいみたいよ?」
「え?」
「ほら、朝刊とって来たんだけど……」
 太田さんに言われ、朝刊を手にする僕。
「…………ごめん、読めない」
 ああそうさ。僕は天才でも秀才でもないよ、どうせ基本設定学力中の下さ!
「写真ぐらいならあなたも見えるでしょ!」
 太田さんが怒りながら新聞の一面を見せる。
 そこには浩平さんの顔があった。
「……浩平さん?」
「つまりね、浩平さんがアルカトラズから脱走したのが載っちゃったわけ。
 うかうかしてると警察の手がやってくるわよ? そしたら勿論私たちだって共犯扱いだわ」
 う~ん、それはマズイな……。
 大概のことなら電波でうまく誤魔化せるけど……。
「長瀬殿、その浩平殿という人物はアルカトラズにいたというのか?」
 トウカさんが聞いてきた。
「はい。一癖も二癖もある人だけれど、柳川さんを紹介してくれたりしましたし、
 ケナシコウルペの連中を叩き潰すのに一役買ってくれてます」
「むぅ……。確かに柳川殿のように褒められるべき人間が牢に入れられることもあるが……」
 難しい顔をしながらトウカさんが悩む。
 この人は正義感が強いからなぁ、詐欺師の浩平さんとはあまり話が合わないかもね。

 さて、浩平さんもなかなか来ないしどうしているべきか。

A まだ奴らが襲ってこないとは限らない。見回りだ
B トウカさんに柳川さんと解決したと言う事件の話でもしてもらう
C そんなこといっている間に浩平さんが到着した

689 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 19:10:00 ID:iuZeiKPZ
C

690 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 19:59:00 ID:4/qtQMNz
 そんなこといっている間に地平の彼方から人影が見えた。目を凝らしてみると…
「浩平さんだ!おーい、浩平さん。 こっちです」
 手を振りこちらへ誘導するが、反応が無い。歩みもどこかおぼつかない。
「まさか…怪我をしているのではないか?」
 そんな疑問が僕らの頭に浮かんだと思ったその時、浩平さんは崩れ落ち地に伏っした。
「あ、倒れたわよ。早く助けなきゃ」
「うむ」
 僕らは倒れた浩平さんの下へと駆け寄った。

「……かね…茜ぇぇぇ!!」
「気がついたみたいよ」
「…え?こ、ここは?」
 あれから僕らは倒れた浩平さんをテントに運び、治療を施した。幸いにも深い傷は無く、倒れた
原因も主に疲労だと言う事が分った。
「随分うなされていたようだが…大丈夫であるか?」
 トウカさんが浩平さんの顔を心配そうに覗き込む。
「……ああ、大丈夫だ」
「随分とうなされていたようですが…ニューヨークで何かあったんですか?」
 すると、浩平さんは何か思う所があるのか急に黙り込んでしまった。
「色々と…あったのさ。 気にするな。 それよりも早くサンフランシスコへ行くぞ。 ここからが正念場だ」
 だが、浩平さんの顔色は冴えない。やはり何かあったのかもしれない。
「けど…浩平さんは…」
「俺の事はいい!折角この俺がお膳立てしてやったんだ!全てを無駄にする気か!!」
 突然浩平さんは激昂し、僕に掴みかかってきた。その真剣な表情に彼からはその決意が汲み取られた。
「…そうですね。 では行きましょう。 やつらとの決戦です」
 僕らはそのまま一路サンフランシスコへと急いだ。

691 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 20:00:00 ID:4/qtQMNz
~ケナシコウルペ本社~
「そうですか…見失いましたか。 それでは引き続き彼の行方を追ってください」
 ベナウィは本社において浩平を追尾していたクロウからの報告を受け取った。
「結局…彼の動きを掴みきれませんでしたね…」
 彼は様々な手を尽くしたが結局浩平の動きを掴みきれなかった。大規模にK.M.Eの株に関して
介入している所までは掴んだが、ヌワンギの非協力的な態度も併せてそれがどういったものかは分らない。
「…株価は暴騰してる…だが、ここから何が起こるというのでしょうか?」
 すると、彼の執務室に血相を抱えた社員が入り込んできた。
「ベナウィ様、大変です!K.M.Eの株価が…暴落を始めました」
「……!何ですと!?詳しく話しなさい」
「はい、今日の取引開始から急激に低下を初め、今やストップ安で取引を中止しています」
 あまりに急激な売り注文に、取引が中止してしまったのだ。
(…これが彼の狙いだったのか…どうする?)

A 社長の判断は待っていられない。独断で市場介入。買い支えに走る
B ヌワンギに忠告を入れる 
C 社長へ進言をする
D まずは原因を探る
E だが浩平の手は更にその先を行っていた

692 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 20:04:00 ID:N7MCFR9l
祐介が今後の動向をどうするか熟考していると、突然、浩平さんからの電話の音が鳴り響いた。
電話の内容は、「もうすぐそちらに着く、美味い飯と美人の看護婦を用意してくれ」、との事。
数分後、遠くの方から一台のハマ―がこちらに向かって来ている事に気がついた。

そこで僕は驚愕の光景を目にする事となる。

ハマーから出てきた浩平さんは――まるで戦地から生還を果たした負傷兵さながらの格好をしていた
全身のいたる所に擦り傷と切り傷が赤々とその存在を主張していて、見るからに痛々しい。
右肩には銃創、幸いにも弾は貫通しているようだったが、いまだに出血は治まっていないようだ。
服はビリビリやぶれていて、残った部分も浩平の血で真っ赤に染まっていて、以前の色はまるでわからない。
そして右肩に担いだマシンガン、今の彼にはとても似合っている…怖いくらいに

あまりの光景にしばらく呆然と眺めていたが、ふと我に返ると、あわてて僕は浩平さんに声をかけた。

「大丈夫ですか!?一体何があったんです、何でこんな酷いことに…」

そんな僕の問に、浩平さんは以外と平然そうに答えた。

「はは、連中を巻いてくる時に少し色々あってな…」

693 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 20:04:00 ID:VapbIkYC
Eで男をみせろ

694 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 20:06:00 ID:N7MCFR9l
ぎゃー!リロードしそこねand負けたー!


695 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 20:18:00 ID:3aeWCmzy
その頃、サンフランシスコげるまんず社宅――
「悪いな、PC占領しちまって」
 浩平はPCの前に構えながら、彩に言った。
「……いえ、これもげるまんずのためです。心行くまでどうぞ……」
「……ああ。やってやるさ……茜と柚木のためにも、な!」
 浩平は株価の暴落をのんびりと見つめている。
 効果は上々。今や誰もが我先にと株を売りにてんやわんやだ。
 勿論自分が買った株は既に全額売り払っている。
 少し売るのが早かったかもしれないが、それでも十分だ。
 全員がK.M.Eの株を売り、激安値となった株全てを買い取るのには十分な額がある。
「ヘへへ……ざまあみやがれってんだ」
 まだこの騒動は、終わりそうにはない。
「どうですか、浩平さん?」
「祐介か。こちらの思惑通りってところだ」
「まあ、任せますよ。浩平さんは性格があれでも一応そういったことはプロですから……」
「性格があれと入ってくれるな。だけどな、俺に出来ないことが一つあるんだ」
 浩平が真面目な顔をして祐介を見る。
「出来ないこと?」
「ああ。もう奴らに打つ手はない。俺の流した情報は殆どが真実だからな、誤魔化しようがないんだ。
 したがって、後は今の株主が手放した株を根こそぎ買い集めるだけなんだが、知っての通り俺は脱獄犯だ。
 だから表に立つことは出来ない。つまり、お前らの誰かの名義でのっとりを成立させることになるんだが……」

A 祐介、お前にそれを頼みたい
B 俺の見たところ適任は太田、お前だ
C そこの、トウカと言ったな。お前の名義を使わせてくれ

696 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 20:20:00 ID:N7MCFR9l
最近目立ってないのでB

697 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:16:00 ID:5BOx1Oaw
株が暴落してから、初めてのケナシコウルペ株主総会。
だが、その光景は余りにも異様だった。
今までの大株主たちが姿を消し、筆頭株主には高校生くらいにしか見えない女性がその座を占めていたのだ。

「にゃ、にゃも!?どういうことにゃも!?」

(折原浩平の手のもの……あるいは、折原があの少女の手先なのでしょうか…?)
ベナウィは状況を冷静に見据えていた。
株価が暴落した際に、買い支えにはいったのだが、実際に抑えられたのは2割程度だった。
(しかも……いえ、それはつまり、もともとその程度だった、ということでしょうか)
社長ササンテは、株価が最高の時に、持ち株をあろうことか全て売り払った。
株価の大暴落の一因は、実は社長にあったのだ。
社長に諫言する間も惜しんで動いたが、いっそ株を自分名義にした方がこの社のために良かったのかもしれないなどと思ってしまう。

「何度も言わせないで。社長の解任を要求するわ」

少女……太田香奈子は、何の感慨もなく言い放った。

698 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:17:00 ID:5BOx1Oaw
「そ、そんなことは許されないにゃも!」
「筆頭株主の意見を無視するとは、大した度胸ね?」
「社長……諦めてください。我々の負けです」
「にゃ、にゃも、ベナウィ、なにを言ってるにゃも!?お前がしっかりしてないからこうなったにゃもよ!?」
「社長……」
「ちゃんと朕の社長の座を守るにゃも!今までどおり、朕のいいように朕に尽くすにゃも!!」
「社長、お言葉ながら」
「にゃも?」
「……私が尽くしてきたのは、この社そのもの
 この社と社員に平穏と繁栄を。
 それが私の願いであり使命だと自負してきた為。
 社長に従ってきたのも、仮初めながらも社員の生活を維持するのに不可欠だったからです。
 そして株への介入も、この社の転覆を抑え、多くの犠牲(リストラ)を出したくなかったから。
 ですが今なら確信しています。我々は、この社に巣くう蟲だということを・・・・
 さぁ、この社の明日の為、社員たちの幸せのため、我々は消えるといたしましょう」

699 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:19:00 ID:5BOx1Oaw
「ま、なんだかオイシイトコもってかれた気もするけど、そういうこと。わかった?」
「い、嫌にゃも嫌にゃも~~!!」
「おっと、失礼」

泣き狂いやかましいササンテに、ドス、と当て身を食らわせたのはクロウ。

「お見苦しいところをお見せしました」
「いいわ、貴方はまともそうだし」
「で、コイツが社長をクビになると、誰が次の社長になるんすか?姐さんが筆頭株主だから、決めるんすよね?」
「ああ、それは…

A.げるまんずの支店長候補でもある、長谷部彩さんよ
B.有能そうだから、貴方よ、ベナウィさん。
C.私の日本にいる友達よ(人物指定)
D.さっき、そこらでスカウトしてきたわ(人物指定)

700 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:20:00 ID:T4DofGim
ベナウィのセリフにワラタ。Aでいってみよ

701 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:24:00 ID:gcrP437K
たいしたことじゃないが、一応。
アフロはササンテではなく、インカラのはず。

702 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:26:00 ID:5BOx1Oaw
し、しまったにゃも!
間違ってスマソ

703 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:55:00 ID:4/qtQMNz
「げるまんずの支店長候補でもある、長谷部彩さんよ」
「私…ですか?」
 一連の事件に関連して太田さんと共にこの株主総会に付いて来た彩は、突然の指名に
驚きを隠せなかった。
「あたしたちにはまだやる事があるからね。 因みにこの事は九品仏さんの了解は取ってあるわ」
「……はい…頑張ります」
「役員達を納得させる事は出来るのでしょうか?」
「それはベナウィさんたちがサポートしてくれれば、納得させられるわ。 さて、もう一つ筆頭株主
 としてこの場を借りてする事があるわ」
 と、言って太田さんは役員席の隅に座った二人の人物を見据える。その視線に反応し、
その二人は目を逸らし、身を縮こまらせる。
「株主代表訴訟制度って知ってる?取締役が違法行為をして会社に損害を与えた場合に、その会社
 の株主が会社に代わって取締役に損害賠償を求める訴訟なんだけど」
「さ、さぁ。 身に覚えがねえなぁ…なぁ、叔父貴」
「にゃ、にゃぷ~知らないにゃぷ~」
 知らん振りをするヌワンギとササンテの二人。グループ中枢の役員でもある二人はこの場に
呼び出されてきたのだ。今回の件の発端と言ってもいい。彼ら二人もこの仕手戦で儲けよう
として、株を手放してしまったのだ。更に言うと浩平の調べで違法行為に関してもネタが上がっている。
恐らくここで追求すればベナウィたちも協力してくれるだろう。
「あら、ネタは上がっているのよ。 惚けても無駄よね、ベナウィさん」
「はい、そうですね」
 しかも、発行株の6割を持つ太田さんが一旦訴訟に及べばほぼ確実に二人の処罰は決まる。
「で、あんたたちだけど…」

A クビ
B ムショ行き
C ウガンダ支社へ左遷

704 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 22:58:00 ID:cRIHJahA
A

705 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 23:28:00 ID:5BOx1Oaw
「クビ」

香奈子は軽く言い捨てる。

「にゃ、にゃぷ~!?」
「なにぃ!?オ、俺はエルルゥのために、そんなことはできねぇんだ!
 今までだって…俺のサクセスストーリー映画を無理して作らせて、エルルゥと一緒に、それの先行試写会を見て
 ラストシーンで本当に指輪を渡すために、地上げ屋を雇ってでもレアメタルを手に入れようとしたり
 オタクどもから、俺たちの新婚生活資金を巻き上げようと、げるまんずを乗っ取ったり…」
「……それも罪状よね?」
「語るに落ちましたね」
「く、くそぉ!」

激昂して、香奈子に襲い掛かろうとするヌワンギとササンテ。

「おりゃぁ!」
「一族揃って、似たようなことしか出来ないのですか…」

腹にクロウの拳を、首にベナウィの手刀を受けて、それぞれくずおれるヌワンギとササンテ。

「ま、てきとーに捨てといて。じゃ、長谷部さん、A&Cコーポレーションをよろしくね」
「A&C?」
「ちょっと耳貸して……浩平さんたっての希望なのよ、その社名」
「はぁ……」
「よくわからないんだけどね、すごく深刻そうな顔してた」
「…そう、ですか……」
「うん、だから、社名変更をしてから、頑張ってね」
「……わかりました」

706 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 23:29:00 ID:5BOx1Oaw
「お疲れ様、太田さん」
「ふぅ…ちょっと疲れたわ。ねえ、浩平さん、あの社名、結局どういう意味なの?」
「まぁ……ちょっとな」
「浩平殿?」
「ま、気にするな。だ」

A&C。Akane&CKO。
茜と詩子の犠牲があっての、彼らの会社乗っ取りであることを、浩平は残したかった。
深い事情を知るものは、浩平だけだが、それでもよかったのだ。

「で、これからどうしようか?」
「経済を抑えたんだから、次は政治じゃないの?」
「いや、警察を今のうちに抑え込んでおくべきだな…抱え込んでもいいけどな」
「某にはそういうことはわからないのだが……戦士を増やすべきではないのか?」
「長瀬君、どうするの?」
「じゃあ…

A.太田さんの言うとおり、政治関係で行こう。
B.浩平さんの言うとおり、警察関係で行こう。
C.トウカさんの言うとおり、腕の立つ仲間を探しに行こう。

707 名無しさんだよもん 2004/02/17(火) 23:32:00 ID:T4DofGim
Bで。野望の王国の柿崎みたく。

708 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 00:28:00 ID:ZBETvkrO
「警察ですね。 上手く行けばかつてのジョン・エドガー・フーバーのように大統領すら
 支配する事が出来ますしね。 このアメリカを僕の世界征服の足がかりとします」
「フーバーって言うと…FBIよね…今の長官って誰だっけ?」
「確か…」

A 公正明大で知られるウルトリィ
B その冷酷無比な性格と辣腕で知られるニウェ
C 冷静沈着な頭脳を持つ初の日系人長官のクゼ
D 同じく日系人で科学捜査のスペシャリストのヒジリ・キリシマ

709 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 00:29:00 ID:iXwyIdfH
Aで巨乳

710 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 00:29:00 ID:8bukVszf
D!

711 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 01:07:00 ID:LtUW8LqX
「公正明大で知られるウルトリィという女が勤めている筈だ。
 名門・オンカミヤムカイの力をバックに、近い将来、
 大統領選への出馬も考えており、初の女性大統領も夢ではない、うら若き才女――それがウルトリィだ」
「ふーむ…どう接触しますかね?」
「そうだなぁ…生憎、このオンカミ家には俺もつながりが無くてよ。
 まあコンタクトを取ろうと思うなら…正面からじゃ無理だろう」
「――となると、搦め手」
「そうね、その人の自宅で待ち伏せとか…多少強引な手を使わないと無理そうね」
「浩平さん、また何かネタは無いんですか?」
おいおい…と浩平は苦笑する。
「何から何まで俺に頼ってるようじゃこの先思いやられるぜ…
 まぁ今は土台も満足に出来ていない状況だしな――案はいくつかある。まず――」

そうして、浩平の語ったプランは以下のようなものだった。

A 彼女の妹を秘密裡に誘拐。一人で交渉に応じるよう要求。
B 自宅にて待ち伏せ
C 執務中の彼女を電波でおびき寄せる
D 彼女の恋人と噂される男を使って繋ぎを取る。

712 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 01:08:00 ID:0cyhJ+Sp
とりあえず一番平和的な B

713 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 02:14:00 ID:QiCM61N+
些細なことなんだがな、公正明大じゃなくって、公明正大だと思うぞ。

714 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 02:18:00 ID:ZBETvkrO
ぐぎゃぁ、些細どころの問題じゃないよ…すまん

715 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 02:33:00 ID:WIaj4xnF
さぁてこの知略戦がどう展開していくのか楽しみだ

716 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 02:53:00 ID:ZBETvkrO
「相手はあのウルトリィだ。 犯罪じみた手や裏技は通用しない。 ここはいっちょ真正面からぶち当たるしかない」
「彼女の事を随分知っている割には消極的ね。 彼女と何かあったの?」
 太田さんが不思議そうな顔をしている。確かに相手の弱点を嫌らしいほどに突いてくる浩平さんにしては
随分消極的な意見だ。
「…実は俺が捕まったのはあいつが原因なんだ。 あいつが作った対能力者捜査班によってな…
 尤も、俺の能力は戦闘向きじゃないから尻尾掴まれればアウトだしな。 あいつには裏金も効かない上に
 スキャンダルも無い。 人身掌握に長け、部下も彼女を慕っている。 上司である司法長官の信頼も厚く
 民衆にもファンが多い」
 浩平さんはネットで彼女の事について記されたサイトを見せる。はっきり言って賞賛の嵐であり、ファンサイト
まである。その人気は日本まで及んでおり、日本語のサイトも多く見られた。
「そして彼女自身も強力な能力者で術法を操りその戦闘力は計り知れない。 はっきり言って完璧超人だ」
「そのような立派な方が世界征服の野望に加担してくれるのだろうか…」
 トウカさんが一同を不安にさせる言葉を放つ。 一瞬にしてその場の雰囲気が重くなった。
「裏金も駄目、引き摺り下ろすのも駄目、排除も駄目じゃ取り付く島も無いじゃないの」
「いや、手段が無い訳でもない」
 浩平さんの一言に一同が耳を傾ける。

A 大統領選挙の為の金策に困っている
B 実家の企業の経営が傾いている
C 想い人が中々振り向いてくれなくて困っている

717 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 03:06:00 ID:Ombt/ixV
ここでC

718 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 03:15:00 ID:ZBETvkrO
「想い人が中々振り向いてくれなくて困っているそうだ。 そこを切り口に説得なりすれば何とかなるかも」
「その想い人をこちら側に引き込んで、そいつに説得させる。 若しくはその人との仲立ちを条件に
 こちら側に付くように説得するって所でしょうね」
「うーん…色恋沙汰か…まぁ、恋は盲目って言うからね。 望みが無い訳じゃないわ。
 で、長瀬君はどっちがいいと思う?」
「僕は──」

A 想い人をこちら側に引き込んで、そいつに説得させる
B 想い人との仲立ちを条件にこちら側に付くように説得

719 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 03:18:00 ID:JdsUh2J8
本文がとことん短い上に選択肢が2つしかないあたりに書き手の無能さを感じますな。
ああ、俺はそんな安直な選択肢を選ぶ気はないんで。他の誰かに任せますよ。

720 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 03:24:00 ID:F4Tid4HD
面白そうだからA

721 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 16:31:00 ID:VgeT6pyw
「想い人をこちら側に引き込んで、そいつに説得させるのがいいと思います」
「そうか。そうだな。確かに上手くいけばそれが一番勝算が高いやり方だろう」
「とはいえ、その人が誰なのか、どんな人なのかがわからなければやりようがないわ。堂々巡りをするわけにもいかないし」
「そうだね。それで、そのウルトリィさんの想い人というのはどなたなんですか?」
「ああ。オレにも正体はわからん。が、一つだけ。そいつの仇名だけは聞いたことがある」
「仇名ですか?」
「ああ、なんでもそいつは―――――」


A ―――――空蝉、とか呼ばれてるらしい。
B ―――――分身、とか呼ばれてるらしい。
C ―――――始祖様、とか呼ばれてるらしい。
D ―――――大神様、とか呼ばれてるらしい。

722 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 16:39:00 ID:SBm2Brgb
Cが気になる・・・Cで

723 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 16:39:00 ID:6vuyrxIV
B

724 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 16:40:00 ID:6vuyrxIV
くっ、このRXⅣが敗れるとは・・・

725 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 16:58:00 ID:VgeT6pyw
「……その前に一つ、確証は取れてない情報なんだが……」
 不意に、浩平さんが声を潜めた。
「……どうしたんです?」
 その異様な雰囲気に気おされ、思わず僕も小声になる。
「情報……というより噂だな。根も葉もないかどうかはわからないが……」
「……もったいぶらずに、さっさと話しなさいよ」
 ちょっとイラついたようすの太田さん。
「ああ。なんでも、あのウルトリィ―――――」


「―――――レズ、ってな噂があってな」


「ええと、まあそれはともかく、どうにかしてその始祖様さんを探さなければいけませんね」
「そうだな。しかしわかってるのが『始祖様』ってな仇名だけじゃな……このままじゃどうしようもない」
「そうね。ここはこうしてみたらどうかしら」
「え?」

A ウルトリィに近い筋の人間に当たり、『始祖様』の正体を探る。
B ウルトリィ邸宅前に張り込み、怪しい人間が来ないか待ち伏せする。
C ウルトリィ本人にストーキングする。
D 2chをチェックする。

726 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 16:59:00 ID:iRaxa1tk
B

727 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 18:18:00 ID:LtUW8LqX
深夜――ワシントン郊外。ウルトリィ長官が海外勤務から舞い戻り、仮の住処としている
高級マンションの入り口から数十メートルばかり離れたところに、一台のトラックが停車していた。

「浩平さん――遅いですね、彼女」 僕こと長瀬祐介が呟く。
「そうだな――遅いな。多分、俺を捕まえようと忙しいんじゃないか?
 NYのド真ん中で大爆発事故&ヘリ撃墜だからな。
 長官が早々と帰ってくる方がどうかしてる。評判どおりの御仁のようだな」
ふぅ…とため息を一つ。フロントガラスから彼女のマンションを見上げる。
彼女の部屋には灯りの一つも点っていない。…長丁場になりそうだな…

コンコン

「ん?」
窓の外を見るとそこにはマグライトを持ってサングラスをかけた東洋系の警官がいる。
「職質だな。…ちょっと待て」 浩平さんは付け髭を付け、帽子を目深に被って寝たフリをする。
「よし…いいぞ」 浩平さんから声がかかる。僕は自動車のウィンドウを降ろした。

「どうしたんですか?今、寝不足の相棒が寝付いたトコなんで騒がしいのは…ムグ!!」
突如その警官は銃を抜くと、僕の口中に押し込んできた。
「むーー!ぬーー!!」 浩平さんに知らせようと声を立てる…が、
「フリーズ!」
もう一人警官が現れ、フロントガラスの前に銃を構えて立っている。
…お手上げだ。大人しく手を挙げる僕と浩平さん。
「あなたたち…ウチの長官を張るたぁいい度胸してるわね…
 わざわざこんな格好してきた甲斐もあったってものよ」
…この人たちは…FBIか。

728 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 18:19:00 ID:LtUW8LqX
「いいから大人しく付いてきて頂戴…ここんトコ失点続きで、
 そろそろ左遷の危機なのよ。あなた達のことはKME乗っ取りの頃から目を付けてはいたけど…
 こんなに早く馬脚を現すとはね…迂闊もいいところよ、あなたたち」
フロントガラス側の警官が浩平さん側の窓を開け、話しかけてくる。
「ま、いいわ。とりあえず長官のところに連れて来いって命令だし…
 行くわよ、○○!」
「あいよ、△△!」 そう、もう一人の男が声を上げる。
さて、僕たちの運命はどっちだ…?

○○、△△の中身は?

A 北川、香里
B 緒方兄妹
C 宗一、皐月
D 健太郎、結花

729 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 18:28:00 ID:eHctOPo8
C

730 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 19:32:00 ID:LtUW8LqX
そんなわけで、僕たちは仲間に連絡を付ける事も出来ず、彼らの乗ってきた車で
夜の道路をひた走っていた。
ワシントンも中枢に入った頃、運転していなかった男の方に、電話が入った。
「はい、こちらナス…長官ですか。今、確保したところで…はぁ、有り難うございます…
 目的地変更ですか?…エ!?あ、はい…わかりました」
ピッという音を立てて携帯電話が切れる。
「宗一?本部じゃないの?」相棒さんらしい女性が声をかけた。
男の方は、呆然とした様子でそれに答える。
「ああ…ペンシルヴァニア・アベニューの…白い館、だ…」
「「「えええ!!??」」」
僕らは一斉に声を上げた。

そして、数十分後――さまざまなチェックを受け、あらゆる電子製品を没収された僕らは、
誰もが一度は映画やドラマで見たことがあるであろう、オーパル・オフィス…執務室に立っていた。
隣にはヒゲを付けたままの浩平さん、さっきのFBIコンビもいる。
…なんて夜だよ。そんなこと考えながら手錠を戯れにガシャガシャ鳴らしていると、後ろから尻を蹴飛ばされた。
「ちょっとあんた、これから誰が来るか分からない訳じゃないんでしょ!?
 もっと犯罪者は犯罪者らしく、大人しくしてなさいよ!」
「っと皐月、お前こそ静かにしたほうがいいぞ。これ以上お前の暴走で給料が下がるのは納得行かん」
「宗一もこいつらの味方?だってこいつ等悪者だよ?
 なんでこいつ等があたしが将来主になる予定の部屋に足を踏み入れてるワケ!?」
…なんだか、騒がしい二人組みだった。
そんな二人の口論が、ピークを迎えようとしていた時――ドアが、開いた。
まず入ってきたのは、写真でも確認した聡明な美女・ウルトリィ長官。
そして…世間知らずな僕ですら知っている、アメリカ合衆国大統領――

A アレキサンダー=D=グロリア
B ニウェ
C デリホウライ
D 杜若裕司

731 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 19:35:00 ID:iRaxa1tk
Dはあり得ん、面白いが絶対にあり得んぞ!!
笑いすぎた。選択はスルーするw

732 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 19:39:00 ID:Of6Ve5Fh
D

733 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 19:42:00 ID:VgeT6pyw
日本一の弟がとうとう世界一の弟に。
やったね超先生。草葉の陰から見守っていてください。

734 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 19:46:00 ID:iRaxa1tk
そーいえばきよみは既に光岡の回想で出てきてたけど、どう関わってくるかがみどころだ。
……すいません、あれ書いてきよみと蝉丸頃したの俺です。

735 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 22:32:00 ID:ZBETvkrO
 アメリカ合衆国大統領 ユウジ・カキツバタだ。取り合えず両親が合衆国民じゃないとか
米国生まれじゃないと大統領にはなれないか言う突っ込みは禁止の方向で。選択を尊重しないとね。
「…誰に向かって言ってるんだ?」
 浩平さんが不思議そうにしているけど気にしない。突込みが入る前に釘刺しておかないとね。
「あなた方をここに呼んだのは他でありません」
 ここで初めて大統領が口を開く。英語ではなく流暢な日本語を。
(まさかK.M,Eの乗っ取りの件…いや、あれは充分すぎるほどの合法だ。 あれくらいはウォール街
 じゃ日常茶飯事だ。 じゃぁやっぱり機関砲ぶっ放した件か?いや、あれは詩子がやった訳だし…)
 己が犯した様々な悪事を思い出して脂汗を流す浩平さん。脱獄が抜けているのは仕様ですか?
「あなた方の罪状ですが…コウヘイ・オリハラさんについては殺人、脱獄その他諸々を含めてほぼ死刑が
 確定です。 そちらの少年の方は調べてみないと分りませんが、彼の共犯なので罪状は出てくるでしょう」
 淡々と僕らの罪状を読み上げるウルトリィさん。その言葉を聞いて僕らは顔を真っ青にする。
「って、ちょっと待ってください。 僕は何もしてませんよ」
「あ、祐介!てめえ一人だけ逃げるつもりか!?お前も共犯だ、この野郎!!」
 手錠を繋がれたまま醜い言い争いを続ける僕ら二人。その光景を他の4人は呆れた表情で眺めていた。
「取り合えず…私の話を聞いてもらえますかな?」
 大統領の一声で僕らは一旦諍いを止めた。どうも僕らをムショにぶち込むのが目的ではないようだ。
「あなた方にはある人物を探して頂きたいのです。 その結果次第では罪の減刑…もしくは無罪
 にしても構いません」
「司法…取引ってやつか」
「ええ、そうです。 私としては不本意ですが…」
 公明正大で通っている彼女としては納得がいかないのだろう。ウルトリィさんはかなり苦い表情をしている。
「それは…この写真の人です」
 大統領が見せた写真にはある少女が映っていた。
「これは…きよみさん?」
「…!君は姉を知っているのかね?」

736 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 22:33:00 ID:ZBETvkrO
「ええ」
 そう、光岡さんと電波で会話してきた時にイメージとして一緒に流れ込んできた人物だ。だが…
「彼女は…蝉丸さんと一緒に…」
「ええ、そうです。 姉は確かにあの時…ですがこの写真はごく最近…1ヶ月前に撮られた物なのです」
「そんな…?これは?」
 僕はその写真に映るきよみさんを見てある違和感を感じた。
「確か…光岡さんのイメージのきよみさんは白髪だった…この写真のきよみさんは黒髪…それにどこか
 雰囲気も違う。 まさか…別人?」
「そう、それをあなた方に確かめてきて頂きたいのです。 了承していただけますか?」
「くっくっく…とんだ狸だな、爺さんよぉ」
「貴様、何がおかしい!」
 後ろに立っていた宗一と呼ばれていた人が浩平さんに突っかかる。
「唯の人探しにわざわざ俺達を使おうって時点で裏があるに決まっている。違うか?」
 浩平さんは大統領を見据えたまま不敵な笑みを見せる。
「…流石はコウヘイ・オリハラ。 簡単には騙されませんね。 実は──」

A 何者かがが合衆国転覆を狙っている
B 何者かが死んだはずの姉さんを邪法をもって蘇らせようとしている
C 何者かが大規模テロを計画している
D 何者かが能力者を集めて良からぬ事企んでいる

737 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 22:34:00 ID:CIbiFu4v
Cかな?

738 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 23:13:00 ID:o7mTJ05+
「実は何者かが、大規模テロを計画しているようなのです」
「テロ!?」

耳慣れた、しかし非日常の言葉に驚きを隠せない僕。
しかし、僕たちは世界征服を考えているのに、今までテロなんて思いつかなかったなぁ、などと暢気に思う自分もいた。

「何者か、とは随分ぼかしてくれるな?本当は目星ついてんじゃねえのか?」
「そうですね、確かに、それらしい人物はいます」
「ですが、証拠はありません。それに、私は信じられません……」

ウルトリィが形のいい眉を顰めて言う。

「ま、下手な先入観を持った捜査は、失敗の元だぜ?」
「な~に偉そうに会話に参加してんのよ!ややこしくなるから黙ってなさい!!」
「ぐぅ、首を絞めるな…ロープロープ……」
「…ま、まぁ、ソウイチさんの言う通りです。ただ、確実にわかってることが無いわけではありません。
 テロの時間・場所などについては故意に情報が多く流されているようで確定できていませんが、彼らに共通の理由がありました」
「というと?」

僕は促した。テロリスト達のテロの理由は…

A.大統領の解任要求
B.FBI長官の解雇要求
C.彼らの宗教信仰への抑圧に対する反発

739 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 23:19:00 ID:ZBETvkrO
Aなだ

740 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 23:52:00 ID:pGQlY5vt
「大統領、すなわち私への解任を要求しています」
「へぇ……」
 やや大仰に、浩平さんが嘆息を漏らす。
「そりゃまたご愁傷様で」
「ふざけないでいただきたい」
「おおコワっ」
 虚勢か本心かはわかりませんが、こうして隣で道化を演じてくれてる方がいるとこっちも慌てないですむ。
「で、僕たちにそれを阻止しろって言うんですか?」
「そういうことになります。見事テロ組織を壊滅させていただければ、あなた方の罪は不問といたしましょう。いかがです?」

(うーん、またベタベタな取引だなぁ。
 というかこの人たち僕らも国家転覆狙ってること知ってるのかな? どちらかってーと僕らもテロリスト側に属すると思うんだけど。
 状況はピンチといえばピンチだけど、逃げ出せないわけじゃないし……
 さすがの僕も『彼の共犯なので罪状は出てくるでしょう』で連行されちゃちょっとムカっ腹も立つしなー。
 ……浩平さんは?)
 チラリと隣の彼の表情を盗み見る。
(…………)
(『お前に任せる』、かー。
 うーん、どうしたものかなぁ。ここで彼らに協力するのも手だけど、いずれは打ち倒す人たちだし……
 うぅ~~~ん……)

A 取引に応じる。
B 取引を拒否する。

741 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 23:53:00 ID:iXwyIdfH
A

742 名無しさんだよもん 2004/02/18(水) 23:53:00 ID:8bukVszf
Aだな。とりあえず乗って利用とかもあるし。

743 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:13:00 ID:yi1KlSYH
「わかりました。謹んでお受けさせていただきます」
「そう言っていただけるとこちらとしても嬉しいです。私も血なまぐさいことはあまり好みませんので」
 とりあえずホッとした様子の大統領。
「だからオレたちにやらせるってか?」
 ……の表情が、浩平さんの一言で一気にゆがんだ。
「……私からの話は以上です。長官、後は頼みましたよ」
 不機嫌そうな顔のまま、大統領は部屋を後にした。
「さて、というわけで」
 その後の話を、変わらず表情だけはにこやかなウルトリィ長官が続ける。
「あなた方にはこれから一生懸命働いていただきます。塀の中に入りたくなければ頑張ってテロを未然に防いでくださいね。
 上手くやれば無罪放免どころかFBIでの働き口を世話してあげても構いませんよ?」
「はーぁ、お堅いウルトリィ様がまたこーんな詐欺師しかも殺人罪の疑いつきに随分とお優しいこって」
「ふふふ、相も変わらず減らない口ですね、オリハラさん。私はこう見えてもあなたの実力は評価しているつもりですよ?」
「………」
 押し黙る浩平さん。
「稀代のペテン士、コウヘイ・オリハラ。その頭と口を国のために使えばすばらしいことだと」
「思わないね」
「………」
 今度は、ウルトリィ長官が固まった。
「………まぁいいです。とにかくあなた方の進退は私の一存にかかっていることをお忘れなきよう。
 早速仕事に取り掛かっていただきたいところですが……あなた方に好き勝手させれるほど私は楽天的ではありません。
 そこで、裏切り防止策として」

A NASTYBOYとその妻を助太刀兼目付け役として同行させる。
B あなた(長瀬)の恋人をここに残していってもらう。
C 某ロワイアルよろしくボタン一個で爆発する首輪を装着してもらう。
D「楔」を打ち込む。

744 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:14:00 ID:jx1HJK6j
Aかな

745 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:15:00 ID:sRg+d0Xw
難しいな。
Bで。

746 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:29:00 ID:olhd5Mdj
「NASTYBOYとその奥方を助太刀兼目付け役として同行させます」
「NASTYBOY?確か、世界トップランキングエージェントとかいう?」
「そうそう、それそれ」
「で、確か名前は那須宗一。皐月って嫁さんの尻にしかれてるさえない男、だよな?」
「折原、てめぇ、言ってくれるじゃねえか?」
「え?あなたがそうなんですか!?」
「あぁ、ここにいる皐月が俺のハニー」
「二人合わせて無茶苦茶夫婦~♪」
「FBIじゃあ?」
「ま、仮の姿って奴だよ、な、ウルトリィさん」
「ええ、ちゃんとお給料も払ってますけどね」
「う……」
「浩平さん、宗一さん、皐月さん、それに祐介さん。どうか、お願いしますね」
その時の、真摯な目が、なぜかとても印象に残った。

747 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:30:00 ID:olhd5Mdj
「で、だ。宗一と皐月。実際のトコどうなんだよ、首謀者の目当ては?」

白い家から出て、開口一番。浩平さんはそう言った。

「先入観を持つべきじゃないて言ったろ?まぁ、一応目星を大統領から聞いてはいるが…裏づけをするか」
「裏づけは当然だな…ん?大統領からだと?なんで上司に…ウルトリィに聞かないんだ?」
「ウルトリィさん、答えてくれなかったのよ」
「浩平さん。なんだか、ウルトリィさんの様子、変じゃありませんでしたか?」
「かもな……ま、とにかく調査だ。急ごうぜ」

簡単に、調査の結果は出た。
そう、驚くほど簡単に。

「ふぅん、大統領の姉さんってのは、強化兵とかいうのの研究に関わってるのか……何やってんだかはまだ不明と。
 追調査が必要だな………そういやぁ、俺の姉さんは今頃何やってんのかなぁ…」
「宗一のシスコン」
「はぁ!?いきなり何言ってんだよ!」
「ん?何か聞こえた?それよりもさ、首謀者の方がオドロキだったよ、簡単にわかっちゃったんだもん」
「よくよく考えれば、大規模テロの予想が出来てるのに、首謀者の確信がないってのも変だったんだよな…」
「もしかして、ウルトリィさんは信じたくなかったのだけなのかもしれませんね」
「ああ、公明正大つっても、やっぱ人の子だよな」

そしてテロの首謀者は大統領から聞いたという目星と同じだった。
そう、首謀者は―

A.『始祖様』……ウルトリィさんの想い人だった
B.ワーベ……ウルトリィさんの実の父親だった
C.FBIの先代長官だった(人物指定)

748 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:33:00 ID:/rQ6pKEU
A。
このままだとムツミの伏線放っておかれそうなので

749 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:56:00 ID:gCn1lQ7U
まあ「彼」は一応、というかまんまテロリストだしな。

750 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:57:00 ID:yi1KlSYH
「首謀者の名、それは―――ムツミだ」
「ムツミ? どなたですか?」
「聞いたことない? 『始祖様』っていう通り名では結構有名だと思うけど」
 覚えのある言葉に直され、僕と浩平さんは目を丸くする。
「始祖? まさか……」
「……そう、ウルトリィ恋人……いや、それだけじゃない。妹でもあり、恋人でもある――――その奴だ」
「妹、恋人……って、ということは」
 思わず顔をしかめた僕を見て、皐月さんの鋭い言葉が飛ぶ。
「どう思うかはあなたの勝手よ。けど、愛の形は人それぞれということを忘れない方がいいわね」
「…………」
 思わず押し黙る。まぁ……月島兄妹の延長線上の存在だと思えばいいのかも知れないが。
「ちなみに妹とは言ってもムツミは性格には妹の別人格。ま、そこまで背徳的でもないだろ」
「あんまり変わらないと思いますけど……」
「ま、人様の恋路に口を出すのは仕事じゃない。さし当たっては居場所と計画の詳細を掴まなけりゃな。
 はてさて、今頃どこで何をしているのか――――――――――」
 ううんと伸びをする宗一さん。
「…………」
 浩平さんは、何かを考えているのか結局押し黙ったままだった。

751 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 00:59:00 ID:yi1KlSYH
――――一方その頃。
「さて、どうやらとうとうFBIもなりふり構っていられなくなったようだな」
 暗がりの中、男が呟いた。
「うん、まさか犯罪者まで使うとはね。しかも引っ張ってきたのがこの間脱獄したって言う稀代のペテン士、コウヘイ・オリハラ。
 これはちょっと一筋縄ではいかない相手かもね」
 それを受け、少女が呟いた。
「だがそれは同時にあちら側の手が残り少なくなったことを意味している。ここで一押しできれば、計画は成功だろう」
 心なしか、男は微笑んでいるようにも見えた。
「……お父様がそういう顔するっていうことは、もういい手は考え付いてるんだよね?」
 キョトンとした無表情で、少女が問う。
「無論だ。―――その前にムツミ、元々オリハラを捕まえ、アルカトラズへ放り込んだのは誰か――――知っているか?」
「えーと、確か……ウルトリィ?」
「その通りだ。オリハラ……己を捕まえた当人の依頼を聞かされ、その心持ちはいかほどだと思う?」
「面白くないだろうね」
「そういうことだ。切り崩すのならば内部から……奴とその連れをこちら側に引き込む余地、十分にあるだろう」
「うん、さすがはお父様。いい考えだね。そうだね、それじゃ誰を使おうか……」

A 交渉上手のなチキナロ、がんばって。
B リサ、地獄の女狐の実力を見せて。
C ルミラ、借金返したいなら働いて。
D お父様、直々に行ってちょうだい。

752 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 01:00:00 ID:8RxV/Czt
A

753 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 01:19:00 ID:HFxjxOxA
いつの間にやらこんなスレがw
選択形式で質問に答えるレディオスレは嫌だ!!
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1077080934/l50

754 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 01:25:00 ID:gCn1lQ7U
↑良スレ

755 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 09:41:00 ID:vPLCK6rE
お父様ってことはディーだよな?Dだけに(w

756 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 10:05:00 ID:jx1HJK6j
「チキナロ」
「ハイ、控えておりますよ、ハイ」
「聞いていたでしょう?…コウヘイ・オリハラの勧誘。頼んだわよ」
「ハイ、畏まりました、ハイ」
そしてチキナロの姿が闇に溶ける。
「さて…お前はどう見る?」
「確率?そうね…半々ってところじゃない?」

「さて…で、どうするんだ?実際」
「そうね…こっちでも調べてることは調べてるけど…なかなか尻尾を見せないのよ
 まぁ、でなきゃあんたなんかに頼ることはないけどね」
成る程…期待されていたのは浩平さんの情報収集能力って事か。
…ということは、僕の力は知られてない?
(そういうことだ) !?…浩平さんか。
(おまえのその力は俺たちのワイルドカード。ここ一番で使え)
「で、オリハラ。聞いてるのか!?」
「ああ…『輝ける翼』の事だろ」
「『輝ける翼』?」僕の知らない単語だ。
「さっき話してた解任要求を仕掛けたテロ組織の名前だよ。
 表向きはただの新興宗教を装ってはいるけどな。
 …そうだな、まだ脱獄してから日がそうないから詳しくは調べてないが…
 メキシコとの国境付近が活動の主体じゃないのか?」
「って、なんであんたがそんな極秘中の極秘を知ってんのよ!」
がぁーーと噛み付く皐月さん。
「俺を誰だと思ってるんだよ。『始祖』のキーワードで反応しない俺なんてウソだぜ。
 だからFBIも俺の力を必要としたんじゃないのか?」
…本当はテレパスなんだろうけど。
「ま…そういうことだ、皐月。あんま気にするな。…で、メキシコ?」
「ああ、むしろ本部はあちらさんにあるのかもな」

757 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 10:06:00 ID:jx1HJK6j
「わかった…車とお前らの分の身分証を手配してこよう…」
そして宗一さんが僕を手招きした。
「ちょっとお前だけ来てくれ。写真が欲しい」
「はい。じゃあ、浩平さん」
おう。と手錠をジャラジャラ言わせて手を振る浩平さん。

「いい加減止めなさい!」
拳骨が俺の頭に突き刺さる。…痛い。
「いてーな…何も殴ることないじゃねーか、皐月さん」
「しょうがないじゃない、あんたがあたしの神経刺激するのが悪いのよ」
やってられん…と浩平が視線を下に向けた時だった。
「……!」
「どうかした?」
「い、いや…なんでもない…便所に行かしてくれないか?」
「便所?宗一が来るまで我慢しなさい」
「い、いやもう駄目だ。さっきは緊張してて何が何だかわかんなくてさ~
 頼むよ、プリーズ!ヘルプ・ミー!」
「わ、分かったわよ。早く出てきなさいよね」
…そして俺は、入り口に皐月を置いて、男子便所に入った。
小便器の前に立っておもむろにファスナーを開く。
「……いるんだろ?」誰にでもなく声をかける。すると…
「ハイ、やはり気付かれておりましたか」
目の細い、痩せた感じの男が背後に居た。
「何の用だ?殺しに来たって訳じゃ無さそうだな」
「ハイ、ヘッドハンティングです。ハイ」

A …断ったら?
B 「遅いわよ!なにしてんの!?」マズい、皐月だ。
C …帰んな
D 話してみな。

758 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 10:22:00 ID:7rsB6aFQ

759 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 17:54:00 ID:8duwvvXf
「……帰んな」
 チョロチョロと小便を便器に吐き出しながら、浩平はそれだけ呟いた。
「いえいえ、お話ぐらいは聞いてくださいよ。ハイ」
「オレは忙しい」
 にべも無く言い切る。
「そう言われましても。なにぶん私もこれが仕事ですので、ハイ」
 しかし男も食い下がる。
「……聞かなきゃ返さないつもりか?」
「いえいえ、そういうワケではありませんです、ハイ。とりあえずあなたを傷つけるなと厳命を受け賜っておりますので、ハイ」
「とりあえず、ね……」
「とはいえ私が命ぜられたのはあなたを我ら方に引き込むことでありますので、ハイ。どうにかしてあなたとの話し合いの場所は用意させていただくことになりますです、ハイ」
 どうやら、手段を問うつもりはないらしい。
「……勝手に言え。それをオレが聞くかどうかは別問題だがな」
「ハイ、ありがとうございます。ハイ。では勝手に言わせていただきます」
 気にした様子も無く、用意していたであろう口上を男は述べ始めた。
「ハイ、折原様、あなた様のお噂は私どもの間にも轟いておりますです。ハイ。国を取りかけた稀代のペテン士、折原浩平様。お会いできて光栄であります、ハイ。
 ああ、申し送れました。私、チキナロと申しますです、ハイ。現在はあなた方が追う組織『輝ける翼』に所属しておりますです、ハイ」
「…………」
 ピクッ、と浩平の眉が動いた。

760 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 17:55:00 ID:8duwvvXf
「ええとですね、あなた方がすでに私たちを叩き潰す目的でFBIに雇われてたというのは聞き及んでおります。ハイ。
 しかし私が思うにあなたはあまり乗り気でないはずですね、ハイ。違いますか?
 なにせかつてあなたを捕らえたのは長官であるウルトリィ様ご本人、あなたが苦い感情を持っていないワケがありませんね。ハイ。
 大方司法取引で半ば無理矢理引き込まれたのでございましょうね。ハイ。
 元を正せば、そして未確定情報ながら今のあなた『方』も……。私どもに近い立場のはずですね、ハイ。
 いかがでしょうか? ここは日陰者同士手を組み、FBI、ひいては国に立ち向かうというのは。
 このまま上手く私どもを倒せたとしても無罪放免、それだけでございますね。ハイ。あるいはFBIに働き口でも求めてみますか?
 あまり大した違いはありませんでしょうね、ハイ。子飼いの狗として使われるだけ使いつぶされ、いつしか骸をどこかの野に晒す破目になるだけでしょう、ハイ。
 でしたらいかがですか? 私どもの同士になれば。計画成功の暁にはあなたには確固たる立場を約束いたしますよ、ハイ。
 とはいえあなたは権力の座には興味はございませんでしたな。でしたら『自由』という名の地位を。我が主の力であなたに『解放』を差し上ようと思うのですが、いかがでしょう?」
 早口で、しかし聞き取りやすいハキハキとした口調でチキナロは言い切った。
 すでに浩平も小便を終えており、チャックを閉めるとそのまま振り向くことなく洗面所へ向かう。
「言いたいことはそれだけか? 生憎今オレは仲間と行動を共にしてるんでな。そんな安い勧誘に引っかかるオレじゃない。じゃあな」
 流水に手をさらし、水滴を振り落としながら外へと出かける、が……
「ああそういえばあなたのお仲間……。里村茜さんとそのご友人柚木詩子さん……いやはや、痛ましい事件でした。ハイ」
「!」
 覚えのある名前を聞き、浩平の目の色が変わった。
「てめぇ……!」
 若干怒気の孕んだ声にも怯まず、変わらぬ口調でチキナロは続ける。

761 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 17:56:00 ID:8duwvvXf
「いやああれは酷い事件でしたね。ハイ。
 必死に逃げるあなたがたをエアーウルフで追撃、あげくロケットで直接砲撃、さらに警官らによる集中砲火。見事な満貫でございますです、ハイ。
 さしもの口が立つあなたがたでも実際迫る鉛弾は如何ともできなかったようで、連れの方々は皆死亡、警官を殺し、あなただけ生き残った、と……ハイ」
「……オレを怒らせるつもりか?」
 勤めて静かに、己を御する浩平。
「いえいえ、私はただ事実を述べただけでございますです、ハイ。
 しかも現在あなた様は彼女らを殺めた官憲の方々と行動を共にしているのと同義でございますね、ハイ。
 いえ、さすがは稀代のペテン士折原浩平様。きっと彼女らはただの捨石だったのでございましょう。
 彼女らを犠牲に、見事某社の乗っ取りを成功させ、なおかつ官憲と取引をして己の罪は清算する……。
 さすがの手並みございますね。ハイ。私も見習いところでございます、ハイ」
「てめぇは……!」
 珍しく浩平の表情が憤怒のソレに変わる。怒りに任せて懐から拳銃を取り出すと、チキナロに突きつけた。
「それ以上言ってみろ! いいやがれば……!」
「おや? 何をお怒りになっているのでしょうか。
 私はただ事実をのべ、感心しただけでございます。ハイ。どちらかというとあなたの手並みを賞賛したつもりだったのですが、何かお気に触りましたでしょうか、ハイ」
「茜と……詩子はな!」
 チャキッと撃鉄を上げる。

762 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 17:57:00 ID:8duwvvXf
 ……ここで、チキナロの目つきが変わった。
「と、このような見事な手並みを見せてくださった折原様ですが、もしいまだに彼女らの菩提を弔いたい、仇を討ちたい気持ちがあるのなら、ここは公僕の手先になっている場合ではないと思われますが。
 いかがでしょう? かつてのあなたの夢、否、野望。『国取り』を成功させ、彼女らの墓前にささげるというのは。彼女らを殺めた連中に仇を返すというのは。
 ……私どもにご協力いただければ、その夢は叶います。あなたが加われば鬼に金棒、計画の遂行もスムーズに行くというもの。
 さて……折原様、いかがなさいますか?
 権力の狗に成り下がるか……はたまた権力を奪い取るか。
 ご決断を、お願いします。ハイ」
「ッ……!」
 浩平は……

A 発砲した。
B 銃を下ろした。
C ここで皐月が異変に気づいた。

763 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 17:59:00 ID:RGe3I1in
B

764 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 18:24:00 ID:8duwvvXf
「………」
『何故か』はわからない。
 チキナロの弁舌に引っかかったのか、彼は元からのペテン士だったのか、復讐を望んだのか、野望に再び火がついたのか。
 それは、本人にもわからない。
 ただ、事実は一つ。
 浩平は、銃を下ろした。
「………ちっ」
「わかっていただけたようで大変ありがたく思いますです。ハイ」
 チキナロの顔が元の細めの面構えに、いや、心なしか綻んだソレに戻る。
「……約束は、守ってもらえるんだろうな」
「ええ、ええ、もちろんですとも。ハイ。私どもは信用が命。
 少なくとも用事が済めば部下だろうとなんだろうと塵のように捨てる公権の方々に比べれば、若干マシかと。ハイ」
「ふっ……確かにそうだな。
 ……で、まずはオレの仕事はなんだ。お前たちはオレに何を求めている?」
「ハイ、それですが―――――」

A ―――――スパイとしてNASTYBOY,及びFBIの情報をこちらに流し続けていただきます。
B ―――――すぐに私どもの本拠地へと向かい、同士たちと合流していただきます。

765 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 18:28:00 ID:8RxV/Czt
A

766 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 18:45:00 ID:8duwvvXf
「―――――スパイとしてNASTYBOY,及びFBIの情報をこちらに流し続けていただきます。ハイ」
「……予想通りだな」
「まぁ当たり前でございますね。ハイ。誰もあなたに最前線でドンパチやらかすような活躍は期待しておりませんです、ハイ」
「期待されても困るがな」
「ですが、ある意味あなたの仕事はそれに匹敵、否、それを凌駕するものでございます。ハイ。
 あなたほどのお人なら情報は力を生むこと、いえ、情報と力は同義であることぐらいご存知でしょう。ハイ」
「……まぁな。だがその分危険も大きい」
「それはもちろん、ハイ。ですから稀代のペテン士折原浩平様に白羽の矢を立てたわけでございます、ハイ。
 きっとあなた様なら成功させると。私も、我らが総帥様も信奉していますです、ハイ」
「フン……やるだけやってやるさ」
「というわけで、まずはこれをどうぞ」
「これは……?」
 不意にチキナロが差し出したのは、小さな小さなピンバッヂだ。
「盗聴器、でございます。ハイ。同時に発信機にも、超小型カメラにもなっております。ハイ。
 どこか目立たないところにそれを身につけ、是非ともNASTYBOYやFBIの方々から情報を引き出していただきたく存じますです、ハイ」
「なるほど、用意のいいこった……」
「ハイ。お褒めの言葉ありがとうございます、ハイ。何か追加の指令がありましたらまた私が赴かせていただきます。
 それまではひとまず現状を維持。彼女らとも仲良くやっていただきたく存じます。ハイ」
「彼女ら……」

『折原君! いつまでトイレに時間かけてるの!? ひょっとしてウ……大きい方!?』

767 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 18:48:00 ID:8duwvvXf
「……なるほどな」
「ハイ。よろしくお願いします。ハイ。では、私はこれで……」
 スッ、と闇に溶けるチキナロ。しかし、それは浩平の言葉が阻んだ。
「……最後に一つ、訊きたいことがある」
「ハイ、なんでございましょう」
 気を悪くした風もなく、再び現れる。
「……長瀬。オレの仲間だ……あいつらは……」
「ハイ、それは折原様、あなた様次第でございます。ハイ。
 誘うもよし、嵌めるもよし。同じく我らの仲間になってくださるのなら、我らも歓迎いたしましょう。
 しかし、もしも敵になるというのなら……」
「……いい。わかった。じゃあな」
「ハイ、それでは失礼します。ハイ」
 今度こそ、チキナロの姿は闇に消えた。

「さて……面白いことになってきたな」
 洗面台の蛇口を再び捻り、手に受けた水を強く顔に叩きつける。
「長瀬……どうしたものか」

A すぐに説得にかかる。
B ひとまず黙っておく。

768 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 19:12:00 ID:KDSGyDYj
B

769 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 22:45:00 ID:vPLCK6rE
(ひとまず黙っておこう…奴等の動向を調べるのが先決だ。 どちらに付くか決めてからでも遅くない)
 彼の今までの人生は騙し騙されの連続だった。結論から言えばどちらも信用できない。いや、カードを明かしている
分だけまだ政府側の方が信用できる。テロリスト共はまだカードを明かしていない。手札次第ではより危険だ。
「俺を…舐めるなよ…どっちも手玉に取ってやるぜ。 俺に首輪を着けられると思ったら大間違いだ」
 浩平は…この機会を利用しどちらも疲弊させ、そして最後に漁夫の利を得る方を選択した。
「だが…お前達は本当に復讐を…望んでいるのか?」
 彼の中の彼女たちに問いかける。しかし、思い出の中の彼女達は何も答えることはない。
「…止めよう。 今は前に進むだけだ」

「いやー悪い悪い。 でっかいほ…」
 その瞬間、皐月の右フックが唸りを上げ浩平のこめかみを撃ち抜く。
「何なのよ、この変態!セクハラ!」
「よせ、皐月」
 宗一が皐月を後ろから羽交い絞めにする。それに抵抗し、皐月は激しく暴れる。
「まぁ、皆さん落ち着いて。 取り合えず何処から調べましょうか?」
「そうだな──」

A その前に太田さんに電話
B テロリストのテロ計画の全貌を調べる
C そのきよみさんらしき人物を調べる
D 輝ける翼の全貌を調べる

770 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 22:47:00 ID:AkPli5HS
パス

771 名無しさんだよもん 2004/02/19(木) 22:59:00 ID:sw+cRmYA
パス2!とノリたい衝動を押さえつつ、A。

772 名無しさんだよもん 2004/02/20(金) 09:25:00 ID:J28r164R
「まずは俺たちの仲間に連絡させてくれ」
「…駄目だ。お前なら世間話をしているように見せかけて、逃亡計画を練ることくらい
 平気でこなすじゃないか。却下だ却下」
「む…じゃあ、あんたがかけてくれ。番号教えるから」
「…まぁいいや。用件を簡潔にまとめてみろ」
そして僕と浩平さんはしばらく身柄を拘束されFBIに同行すること。
僕らが解放されるまで『あの土地』(インディアン居住区)に潜んでいるように。
という事を伝えてもらえるよう頼んだ。

「…そういうことだ。…なにか伝言はあるか?」
目の前では宗一さんが太田さんに電話をかけている。
「…いいのか?」
「なにがです?浩平さん」
「いやな、愛しのハニーの声が聞きたくてたまらないじゃないのか?と思ってよ」
「…まぁ、否定したらウソになりますけど…」
と言っていると、宗一さんが僕の目の前に受話器を突き出していた。
「お前に替われとさ。替わらないとFBI本部に強襲かけると言われたよ」
そして、宗一さんが肩をすくめて横目で地図を見ている皐月さんを見る。…この人も色々あるんだろうなあ。

「もしもし?」
「長瀬君?無事なのね!?」 突如響く大声。しかしその声は僕のことを心配してのものだろう。
「ああ、身体はなんともないよ。お勤めを済ませてとっとと帰りたいもんだよ」
「そう…」 安堵したような溜息。そして、
「私の知らないところで死んだり傷ついたりすることは許さないからね、分かった?」
「う、うん」
「声が小さい!!」
「い、生きて帰ります!!」
「よし!本当に無事でね………祐介」
「え!?」

773 名無しさんだよもん 2004/02/20(金) 09:26:00 ID:J28r164R
プツン
そして電話は切れた。……今の、最後のって…
「ほら、用事は済んだんだろ。とっとと行くぞ」
そんなわけで僕は会話の余韻を楽しむ間もなく、車に押し込められたのだった。

そして僕らは長いこと車に揺られて、テキサスの南部に到着した。
車はいかにも安ホテルといった建物の駐車場に停車する。
宗一さんが部屋をとり、僕らは本来2人用の部屋に収まった。

「…で、オリハラ。輝ける翼…知っていることを話してもらおうか」
「これは俺が塀の中で掴んだ情報だ。多少劣化してたりすると思うがその辺は諒解しとくれよ…」

「『輝ける翼』
その主義主張は、人はありのままの姿で生き、死ねというもの。
とはいえ、彼らも現代文明全てに異を唱えているわけではなく――
遺伝子操作やバイオ技術。そういったものを邪悪だとする主張で、
遺伝子組み換え製品の対応に頭を悩ませる南部の農家を中心に爆発的に広まっている。
特に高額の上納金や土地建物を要求することはない。どうやら大きなバックが控えてるようだ。
俺がアルカトラズ入りした頃は大した事はしていなかったが…ここ最近、バイオ関連の施設への
テロ活動を行うようになった。今回の解任要求も臓器移植のためのクローン人間計画を推進している
カキツバタ大統領への不満からだろう。」 そこまで言って浩平さんは宗一さんを見る。
…そんなに驚いた様子は無い。ここまでの情報は掴んでいるということなのだろう。

「本部は北部の高温乾燥地帯…砂漠との噂だ。
 そして、やつらがここまで強気に出られる理由、それは――

A 凄腕の傭兵たちを雇ったらしい
B 衛星レーザー砲を手中に収めているとか
C 本部が難攻不落の要塞と化している
D メキシコ政府が秘密裏に支援していると

774 名無しさんだよもん 2004/02/20(金) 09:57:00 ID:DvktZLgn
B

775 名無しさんだよもん 2004/02/20(金) 20:12:00 ID:CYV+GnTj
ここらで王大人が欲しいところだな

776 名無しさんだよもん 2004/02/20(金) 22:04:00 ID:wDl6t9IG
わんたーれん?
神ってことか?

777 名無しさんだよもん 2004/02/20(金) 22:20:00 ID:T4F8kyyw
死亡確認した人が復活するからある意味神だなw

778 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 00:11:00 ID:uLUNbzVU
「衛星レーザー砲を手中に収めているらしい。まだ確証を得たわけじゃないが間違いないだろう。
 精度、威力ともに明らかじゃないが、強気に出られるということは相当の威力を発揮するとみていい。
 俺が掴んだのはこれぐらいだ」
 そこまで浩平さんが言ってから、宗一さんが驚いた顔つきで浩平さんを見た。
「いや、感服した。昨日今日までブタ箱にはいっていた奴が、
 まさかそこまで掴んでいるとは……」
「俺もこっち側の道で食っていたんでな。いくつかそういう情報を仕入れるルートを知ってるんだよ。
 そんなことぐらいあんたなら察しがつくだろ」
 浩平さんはそれからぷいっと横を向いた。
「まあな。……まあ、そこまで仕入れていりゃ上等か。
 とにかく今回の大統領の依頼は情報第一だからな。あんたには期待してるぜ、大統領は。
 『輝ける翼』とのドンパチは俺たちに任せろよ。おまえらじゃ正直言ってどうにもならないだろ?」
 ……正直言うと、電波を駆使すれば戦えたりするんだが、今それを明かすのは得策じゃないな。
 宗一さんはどうやら僕らの切り札は浩平さんの情報網だけだと判断してるみたいだ。
 まあ、そのほうがもしもの場合に好都合だけど。
 もしも面倒なことになっても、太田さんの今の立場はA&Cの株主筆頭。
 それにそばにトウカさんだってついてる。当面は心配ない。

779 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 00:12:00 ID:uLUNbzVU
「しかし解せないな」
 突如浩平さんが口を開いた。
「ん、どうした?」
「俺たちは最初、大統領からは人探ししか頼まれなかった。
 だが、実際にはお前たちは俺たちの身分証をこさえ、さらには車の手配までして、
 テロ集団のアジトへ生かせる気満々だ。
 俺たちの罪の減免という大贔屓は大統領の私情で片付くとして、その矛盾はどう説明するんだ?」
 そう浩平さんが言ったら、宗一さんは息を詰まらせたような表情をした。
 そして困ったような表情で頭を掻く。
「論点のすり替えも詐欺師にはつうじねぇか。実はな、その大統領の姉が目撃されたって話、
 なんでも『輝ける翼』と一枚噛んでるんだ……。流石に極秘事項だからマスコミには知れ渡っていないが。
 言いにくいが最悪の場合……彼女が『輝ける翼』の一員である可能性もある」
「そう言う事か……」
 ……つまりは、大統領を下ろそうとしているのはその姉という話か。
 話としては三流だ。しかし……きよみさんは、光岡さんの話だと……入水したはずだ。
 だとすると……

A きよみさんは実は生きている
B きよみさんに似ているものが間違えられているだけだ
C 『輝ける翼』側が偽情報を流しこちら側を撹乱させている
D そもそも光岡さんの話が嘘だと言うことだ

780 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 00:13:00 ID:1AGd40Et
Bなんてどうよ

781 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 00:20:00 ID:AoQto1R0
黒きよが複製身だっていう原作設定は選択肢のうちにさえ入れてもらえないのか?

782 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 00:23:00 ID:uLUNbzVU
いや、祐介の仮説の時点で祐介がそれを知っていたらおかしいだろ。ということで入れなかった

783 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 00:31:00 ID:xg1nBaDh
おかしいのはわかるが、せめてクローンとかいれない?
仮説っていっても、それを事実として進めないと、選択肢無視になるんだぜ?
悪いが、仮説には見えないよ、書き方が断定的だから。

784 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 01:00:00 ID:ln1BGnuu
きよみさんに似ているものが間違えられているだけだろう。
光岡さんも死んだと言ってたことだし。ただ――
大統領の推進しているクローン計画とそれに対抗するテロ組織。
何かまだ裏がありそうだった大統領とその姉に良く似た女性。
なにか引っかかるような…

そして翌日。国境を何事もなく通過した僕たちは、現地へと向かっていた。
「で、どうするんだ?」と、浩平さんが尋ねる。
「どうするもこうするも…テロ実施の日までそう間はないんだ。早速下見と行くさ」
事も無げに宗一さんが言ってのける。
「ん?えーと、応援とかって無いんですか?」
「状況次第ではな。だがここは一応アメリカ国内じゃないから…」
そういってハンドルを切り、車を左折させる宗一さん。その交差点には大きな看板で、
『輝ける翼』という意味のスペイン語が印されていた。

そしてその建物は砂漠の真ん中にそびえていた。僕らは高台からソレを見ていた…
「ははぁ…こりゃ又大層な物作ったもんね…」皐月さんは半ば呆れているようだ。
「まぁな…もっともコレくらいやらなきゃ我が国民の皆様方のような派手好きは心動かないんじゃないか?」
「あたし、この国のそういう大味なところだけはどうかと思うのよね…」

砂漠の真ん中に佇むその威容は、砂漠の上に鎮座まします空母とでも言えそうだ。
「…しかし、僕、メキシコでこんなの目にするとは思いませんでした…」
「ああ、俺も話には聞いてたが、実際目にすると正気を疑うよ、幹部の」
目の前にある、その本部。それは――

A ニホンのお城
B 西洋のお城。跳ね橋付き。
C 紫禁城っぽいモノ。
D ピラミッド…

785 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 01:01:00 ID:EeIukUza
事実と真実を混同していないか?

持っている情報の違うAとBがいたとき、Aの視点から見た事実とBの視点から見た事実は違う。
だからこそ「事実関係を確認する」や「裏側に隠された真実」なんて表現があるわけだ。
原作通りの黒きよみ設定が出したいならそれを知りうる人間に出させろ。
ここで祐介が思い浮かべるのは幾らなんでも飛躍し過ぎ。本気で電波だぞ?

786 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 01:01:00 ID:cweacpe/
A

787 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 07:07:00 ID:yytItsvT
>>780の選択肢は現時点での祐介の「脳内の予測」を選んだに過ぎない。
それが合ってるか間違ってるかは現時点では判らないわけだ。
実際、こういう例は過去に幾らでもあったしな。

788 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 11:37:00 ID:uLUNbzVU
 日本城だった。
 砂漠に中に堂々と立つその様はとても不自然で、不気味に見えた。
「くくっ……天守閣までバッチリ再現してるじゃねぇか」
 浩平さんが含み笑いを洩らす。
「で、宗一さんよ。このままつっこむのか?」
「冗談。何のためにお前らを使ってると思ってるんだ?
 大統領のほうのご依頼も済ませておかなきゃいけねぇだろ」
「確かにな……」
 宗一さんはまた車に乗り込み、僕らに乗れと合図する。
「今は敵の顔見せに着ただけさ。まず、町で大統領の姉さんの情報集めが先だ」
「違いない」
 僕らも、宗一さんに倣った。

 そこから車で十分もかからなかった。
 町に着いたが、お世辞にも賑わってるとは言いがたく、どこか寂しげな雰囲気だ。
「写真はここで取られたものだ。だから、一番可能性が高いとすれば……ここだな」
 写真の女性、本当にきよみさんによく似ていたが、果たして似ているだけなのだろうか……。
 どうも、何か重大な勘違いをしている気がする。何か、見落としているような……。
「それで、やはり聞き込みか?」
「そうだな。……俺とオリハラ、皐月と祐介の二組に分かれて聞き込んでいくか」
「ちょっと待て、俺はてめぇとか!?」
 浩平さんがいきり立って宗一さんに文句を言う。
「冷静に考えるとそれが妥当だからな。お前だけは油断がならない。
 皐月のような単純なお人よしじゃちょっと荷が重いんだよ」
「こらっ! 誰が単純よ!!」
 すぐさま湯浅さんの方から厳しいツッコミが入る。
 ……これがホントの夫婦漫才だね。

789 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 11:39:00 ID:uLUNbzVU

「そーいえば、あんたとはまだあまり話してなかったわね」
「そういえばそうだね」
 僕らは二手に分かれた後、こうして聞き込みをしているわけだが、
 不意に湯浅さんのほうから僕に話しかけてきた。
「あんた……何者? あのコウヘイ・オリハラを懐に抱えてるなんて……只者じゃないわよ?」
「いや、ただの健全な学生だよ」
「嘘。学生が長官の家の前で張り込んだりはしない」
「学生証見る? 本当にただの学生だよ」
 さきほどからいろいろと湯浅さんは僕のことを勘ぐってくる。
 ……この強引な雰囲気、太田さんと沙織ちゃんを足して2で割ったような感じだ。
 宗一さんも考えたな、僕が押しに弱いと僅かな会話で判断したんだな。
 だけど、さすがにこればかりはばらすわけにはいかないよ……。
 暫くいろいろと聞かれたが、諦めたのか湯浅さんは話題を変えた。
「でも……あんたたちだけじゃ正直不安よね。あんたじゃ戦闘は出来ないし、
 私だって戦いが得意なわけじゃないから、実質戦力は宗一一人だけ。駒が足りないなんてもんじゃないわ」
 ……流石に電波のことは黙っていたほうがいいな。
 だが、確かに駒が少ないのは問題だな。
 最悪僕の力を使うにしても、近づかれて肉弾戦で来られたりしたら不利なのは変わらないし。
 ……まぁ、今更考えてどうにかなる問題じゃないけど。

 さて、これから……

A もう少し町の人に聞き込みでもしてみようか
B 腹が減った、腹ごしらえでもしようか
C 駒が足りないのなら……トウカさんをここに呼んでみたらどうだろうか?

790 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 11:40:00 ID:cweacpe/
Cにしたいがいまさらだしなあ。Bで。

791 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 11:57:00 ID:uLUNbzVU
「あのさ、そろそろお昼にしない? 流石に腹が減ったよ」
「え? もう?」
 僕がそう提案すると、呆れたように湯浅さんが僕のほうを見た。
「まぁ、でも確かにそろそろそんな時間だし……しょうがないわね」
「とりあえず、そこの食堂にでも入ろうよ。いろいろと聞き込みだって出来るしさ」

 食堂の中にはまばらだが人がいた。
 とは言っても、どこか活気が感じられない。
 まぁ、この町はもともと郊外で都市からも遠く際立った名物もないので人が来なく、労働意欲がないだけだろう。
 それが周りの客にもあまり良い影響を与えていないといったところか。
「あんたは何を頼むの?」
「湯浅さんに任せるよ」
 僕はそれだけいってテーブルに着いた。
 正直に話すと……スペイン語が分からないんだよ。だからそう言っただけさ、カッコぐらい付けさせてくれ。
 暫く待つと、料理が運ばれてきたんだが……タコス?
 たしかにこれはメキシコの料理だったけど……まいいか。

 暫く僕らは料理を堪能した。
「さて……そろそろ聞き込みを開始しようか」
「そうね。……誰にする?」
 なお、前述の通り僕はスペイン語が話せないので、湯浅さんに会話の全てを任せる。
 ……この人がスペイン語を話せるのも納得いかないが。
「そうだね……」

A やはりマスターに。ここに来た人の話とかは聞けるだろう
B そこの酔っ払いの中年とかは? こういう場面で聞き込みと言ったら酔っ払いにでしょ
C 恥に黙って座ってる男。……ってあの姿は光岡さん!?
D そこでメシ食ってる二人組みに……って浩平さんと宗一さんかよ!

792 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 12:11:00 ID:cweacpe/
Cカナ Cカナ

793 名無しさんだよもん 2004/02/21(土) 12:41:00 ID:uLUNbzVU
「光岡さん?」
 端に黙って座っている男……まぎれもなく、アラスカで見た光岡さんだった。
 光岡さんのほうは、僕に気がつくと……ふっと笑った。
「誰かと思ったらその声……姿は見なかったが分かる、俺が剣を託した男だな」
「はい、長瀬祐介といいます」
「……まさか、こんなところで会うとは奇遇だな」
 口ではそういっていたが、明らかに狙っていた。
 僕の行く先で現れるのはあまりにも出来すぎている。
「……そう不審がるな。きよみが絡んでいるのだ、俺が動かないわけにも行くまい」
 そうか……人との関わりを断つ道を選んだ光岡さんを動かした理由、
 やはりきよみさんか……。多分大統領の差し金だろう。
 きよみさんと親しい仲だった光岡さんだ。大統領が光岡さんを知っていても不思議ではない。
「ねぇ、この男は?」
「光岡さん。きよみさんと……恋仲にあった人だよ」
 不審がる湯浅さんに、そうフォローを入れておく。
「はじめ写真を見たときには俺も目を疑った。正に俺が生涯愛することを誓ったきよみに瓜二つだ。
 敢えて違いを上げるとすれば頭髪の色だけだが……あれは絶対に他人の空似等ではない。
 この