いいかげん素直になりなさい。

1 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 14:55:00 ID:i33DGNCC
        ___  __
  +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ
     ,l;;;;;;;,r"__~_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l 
    ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/
     ヽ;;;iヽ、~`'''''" /;;ヾ     もう型月の時代だって本当はわかってるんだろ。
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''       
     / \ `ー- '"ヽ`ヽ、       
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
  ;;,,   フ  ヽ. 〈/ヽ, |   ::''
   '';;,, \   ヽ |  ヽ |,,::''
     '';;,,\   ヽ|,,;;;;;::::'''
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::

2 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 15:25:00 ID:zPVJlFZM
いいかげん北へ帰りなさい。

3 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 15:57:00 ID:ZWH/yU7I
4ならクソスレ確定

4 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 16:31:00 ID:nPNZe62Q
1000取れたら良スレ確定

5 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 16:54:00 ID:n/1KqQ+c
落合ゲット

6 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 17:06:00 ID:N2Vta5Ub
白黒キネマノ廃工場カラ流レル煙ガコノ子ヲ包ム

右手 左手 足 首 心音

咽ぶこの子を抱き締めた

助けて 助けて 助けて 助けて

狐ノ堵列ハ這イズリ回ッテ裂帛為イ為イコノ子ヲ掴ンダ

逃げて 逃げて 逃げて 逃げて

7 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 17:34:00 ID:zPVJlFZM
あさきキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

8 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 18:13:00 ID:XOLmz8+q
型月?もう終りだろそんな時代。

9 駄スレ認定委員見習い 2004/03/06(土) 18:27:00 ID:yUXVGtp1
今すぐFateでPCあぼーんして氏ね駄スレ

10 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 18:30:00 ID:eVPhfgwK
たとえ型月の時代になろうとも、葉鍵板が滅びようとも、
2ちゃんねるに型月板は永遠に作られることはなく、
月厨共は永劫未来迫害され続ける宿命からは逃れられん。

11 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 20:58:00 ID:Zlf+UTsn
38 名前:名無しさんだよもん :04/03/03 19:45 ID:mHvqXmTb
素直に月板作ってもらえよ
39 名前:名無しさんだよもん :04/03/03 20:04 ID:DT3OqEsV
イラネ。専用板なんて物を持つことがどんなに厄介なことか
どこかの誰かさん達が身をもって教えてくれたから。

12 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 22:56:00 ID:6xlQLlXP
月厨に対する批判中傷でこのスレを埋めるか。

13 月オタに無理やり読ませたい日本の名著 2004/03/06(土) 23:25:00 ID:ES85ccfg
カーライル博物館    夏目漱石

 公園の片隅に通りがかりの人を相手に演説をしている者がある。向うから来た釜形(かまがた)の尖
(とが)った帽子を被(か)ずいて古ぼけた外套(がいとう)を猫背(ねこぜ)に着た爺(じい)さんがそこへ
歩みを佇(とど)めて演説者を見る。演説者はぴたりと演説をやめてつかつかとこの村夫子(そんぷうし)
のたたずめる前に出て来る。二人の視線がひたと行き当る。演説者は濁りたる田舎調子(いなかぢょうし)
にて御前はカーライルじゃないかと問う。いかにもわしはカーライルじゃと村夫子が答える。チェルシーの
哲人(セージ)と人が言囃(いいはや)すのは御前の事かと問う。なるほど世間ではわしの事をチェルシー
の哲人(セージ)と云うようじゃ。セージと云うは鳥の名だに、人間のセージとは珍らしいなと演説者はから
からと笑う。村夫子はなるほど猫も杓子(しゃくし)も同じ人間じゃのにことさらに哲人(セージ)などと異名
(いみょう)をつけるのは、あれは鳥じゃと渾名(あだな)すると同じようなものだのう。人間はやはり当り前
の人間で善(よ)かりそうなものだのに。と答えてこれもからからと笑う。
 余は晩餐前に公園を散歩するたびに川縁(かわべり)の椅子(いす)に腰を卸して向側を眺(なが)める。
倫敦(ロンドン)に固有なる濃霧はことに岸辺に多い。余が桜の杖に頤(あご)を支(ささ)えて真正面を見
ていると、遥(はる)かに対岸の往来(おうらい)を這(は)い廻る霧の影は次第に濃くなって五階立(だて)
の町続きの下からぜんぜんこの揺曳(たなび)くものの裏(うち)に薄れ去って来る。しまいには遠き未来
の世を眼前に引き出(いだ)したるように窈然(ようぜん)たる空の中(うち)にとりとめのつかぬ鳶色(とびい
ろ)の影が残る。その時この鳶色の奥にぽたりぽたりと鈍き光りが滴(したた)るように見え初める。三層四
層五層共(とも)に瓦斯(ガス)を点じたのである。余は桜の杖をついて下宿の方へ帰る。帰る時必ずカー
ライルと演説使いの話しを思いだす。かの溟濛(めいもう)たる瓦斯の霧に混ずる所が往時この村夫子
(そんぷうし)の住んでおったチェルシーなのである。

14 月オタに無理やり読ませたい日本の名著 2004/03/06(土) 23:25:00 ID:ES85ccfg
 カーライルはおらぬ。演説者も死んだであろう。しかしチェルシーは以前のごとく存在している。否
(いな)彼の多年住み古した家屋敷さえ今なお儼然(げんぜん)と保存せられてある。千七百八年チェイン
・ロウが出来てより以来幾多の主人を迎え幾多の主人を送ったかは知らぬがとにかく今日(こんにち)ま
で昔のままで残っている。カーライルの歿後は有志家の発起(ほっき)で彼の生前使用したる器物調度図
書典籍を蒐(あつ)めてこれを各室に按排(あんばい)し好事(こうず)のものにはいつでも縦覧(じゅうらん
)せしむる便宜(べんぎ)さえ謀(はか)られた。
 文学者でチェルシーに縁故のあるものを挙(あ)げると昔(むか)しはトマス・モア、下(くだ)ってスモレッ
ト、なお下ってカーライルと同時代にはリ・ハントなどがもっとも著名である。ハントの家はカーライルの直
(じき)近傍で、現にカーライルがこの家(いえ)に引き移った晩尋ねて来たという事がカーライルの記録に
書いてある。またハントがカーライルの細君にシェレーの塑像(そぞう)を贈ったという事も知れている。こ
のほかにエリオットのおった家とロセッチの住んだ邸(やしき)がすぐ傍(そば)の川端に向いた通りにある
。しかしこれらは皆すでに代(だい)がかわって現に人が這入(はい)っているから見物は出来ぬ。ただカ
ーライルの旧廬(きゅうろ)のみは六ペンスを払えば何人(なんびと)でもまた何時(なんどき)でも随意に
観覧が出来る。
 チェイン・ローは河岸端(かしっぱた)の往来を南に折れる小路でカーライルの家はその右側の中頃に
在(あ)る。番地は二十四番地だ。
 毎日のように川を隔(へだ)てて霧の中にチェルシーを眺(なが)めた余はある朝ついに橋を渡ってその
有名なる庵(いお)りを叩(たた)いた。

15 月オタに無理やり読ませたい日本の名著 2004/03/06(土) 23:26:00 ID:ES85ccfg
 庵りというと物寂(ものさ)びた感じがある。少なくとも瀟洒(しょうしゃ)とか風流とかいう念と伴(ともな)う
。しかしカーライルの庵(いおり)はそんな脂(やに)っこい華奢(きゃしゃ)なものではない。往来(おうらい)
から直(ただ)ちに戸が敲(たた)けるほどの道傍(みちばた)に建てられた四階造(づくり)の真四角な家で
ある。
 出張った所も引き込んだ所もないのべつに真直(まっすぐ)に立っている。まるで大製造場の煙突の根
本を切ってきてこれに天井を張って窓をつけたように見える。
 これが彼が北の田舎(いなか)から始めて倫敦(ロンドン)へ出て来て探しに探し抜いて漸々(ようよう)の
事で探し宛(あ)てた家である。彼は西を探し南を探しハンプステッドの北まで探してついに恰好(かっこう
)の家を探し出す事が出来ず、最後にチェイン・ローへ来てこの家を見てもまだすぐに取(とり)きめるほど
の勇気はなかったのである。四千万の愚物(ぐぶつ)と天下を罵(ののし)った彼も住家(すみか)には閉
口したと見えて、その愚物の中に当然勘定せらるべき妻君へ向けて委細を報知してその意向を確めた。
細君の答に「御申越の借家(しゃくや)は二軒共不都合もなき様被存(ぞんぜられ)候えば私倫敦へ上
(のぼ)り候迄(そろまで)双方共御明け置願度(おきねがいたく)若(も)し又それ迄に取極め候(そろ)必
要相生じ候節(そろせつ)は御一存にて如何(いかが)とも御取計らい被下度候(くだされたくそろ)とあった
。カーライルは書物の上でこそ自分独(ひと)りわかったような事をいうが、家をきめるには細君の助けに
依らなくては駄目と覚悟をしたものと見えて、夫人の上京するまで手を束(つか)ねて待っていた。四五日
(しごんち)すると夫人が来る。そこで今度は二人してまた東西南北を馳(か)け廻った揚句の果(はて)や
はりチェイン・ローが善(い)いという事になった。両人(ふたり)がここに引き越したのは千八百三十四年
の六月十日で、引越の途中に下女の持っていたカナリヤが籠(かご)の中で囀(さえず)ったという事まで

16 月オタに無理やり読ませたい日本の名著 2004/03/06(土) 23:28:00 ID:ES85ccfg
知れている。夫人がこの家(いえ)を撰(えら)んだのは大(おおい)に気に入ったものかほかに相当なの
がなくてやむをえなんだのか、いずれにもせよこの煙突のごとく四角な家は年に三百五十円の家賃をも
ってこの新世帯の夫婦を迎えたのである。カーライルはこのクロムウェルのごときフレデリック大王のご
ときまた製造場の煙突のごとき家の中でクロムウェルを著わしフレデリック大王を著わしディスレリーの
周旋(しゅうせん)にかかる年給を擯(しりぞ)けて四角四面に暮したのである。

 以上、青空文庫 夏目漱石著「カーライル博物館」より抜粋
 ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/1046_14938.html

 作者が死んでから50年経つと著作権は消滅するとの事です。

17 名無しさんだよもん 2004/03/06(土) 23:31:00 ID:ES85ccfg
後は任せた、葉鍵板の諸君。

18 名無しさんだよもん 2004/03/07(日) 00:24:00 ID:UIKXdoNL
糞スレ立てたりしなければ
理解を示すものもいただろうに…
手遅れ

19 名無しさんだよもん 2004/03/07(日) 00:27:00 ID:duRd52KY
つーかこの板でアンチ月増やしている最大の原因はこういう糞スレだとおもう。

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼