【差別と偏見】ハンセン病元患者の追悼式典 「名誉回復と追悼の日」に [ギズモ★]

1 ギズモ ★ 2022/06/23(木) 07:11:13 ID:
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220622/K10013683451_2206221445_0622151807_01_02.jpg

ハンセン病元患者の追悼式典 「名誉回復と追悼の日」に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220622/k10013683451000.html

かつて国の誤った政策で強制的に隔離され、差別に苦しんで亡くなったハンセン病の元患者を追悼する式典が、厚生労働省で行われました。

厚生労働省はハンセン病の元患者への補償を定めた法律が施行された6月22日を「名誉回復と追悼の日」と定め、毎年、東京 霞が関の本庁舎の正面玄関前にある追悼の碑で式典を行っています。

ことしは新型コロナの感染拡大防止のため人数を絞って開催され、ハンセン病の元患者やその家族などおよそ30人が参列しました。

式典では、後藤厚生労働大臣が「多くの元患者の方々が人権上の制限、差別を受け、平穏に生活することを妨げられたことを深刻に受け止め、改めて深くおわびします」と述べました。

そして、参列者は追悼の碑に花を手向けて、これまでに亡くなった2万7501人に祈りをささげました。

国はハンセン病の患者を法律に基づいて平成8年まで、およそ90年にわたって強制的に療養所に隔離し、多くの患者や家族が差別や偏見に苦しみました。

ふるさとに帰れない人も多く、厚生労働省によりますと、ことし5月の時点で927人が国の療養所で暮らしていますが、平均年齢はおよそ88歳と高齢化が進んでいて、ハンセン病患者がたどった歴史を次世代にどう伝えていくかが課題となっています。

元患者の竪山勲さん(73)は「国民すべてが当事者として残された偏見と差別をどう無くしていくか考えてもらいたい」と話していました。

関連記事
ハンセン病療養所、4割が本名名乗れず 残る偏見、差別
https://www.asahi.com/articles/ASP6666JZP5TTIPE00L.html

芦屋市職員が差別的発言 ハンセン病元患者の容姿について [2021/07/02]
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202107/0014467890.shtml

2 ニューノーマルの名無しさん 2022/06/23(木) 07:11:27 ID:
>>1
糞スレ立てんな死ねよ

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼