【ナイト】収入なく家賃も払えず… 新型コロナ禍 風俗嬢が相談窓口で訴えた窮状[05/03]

1 逢いみての… ★ 2020/05/03(日) 00:01:14 ID:
「コロナがあけたら、短期間ですけれども美人さんがお嬢(風俗嬢)やります。何でかって言ったら短期間でお金を稼がないと苦しいからです」――。

 お笑い芸人の岡村隆史(49)が4月23日、ラジオ番組「オールナイトニッポン」でこう発言し、批判が集まった。岡村は29日、吉本興業のHP上で「苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だった」と謝罪。30日の同番組でも「本当に申し訳ありませんでした」と反省の気持ちを伝えた。

 コロナ禍が終息した後、収入がダウンしたOLや学生が風俗嬢をやるかどうかは不明だが、緊急事態宣言によって、現役風俗嬢は仕事を失い、かなり苦しい生活を強いられているようだ。

 風俗店で働く女性は、全国で30万人以上いるとみられている。支援団体・一般社団法人「GrowAsPeople」は緊急事態宣言を受け、4月7日、緊急LINE相談窓口を開設。全国から60件以上の相談が寄せられ、そのすべてが「家賃が払えず、食事もままならない」と生活の窮状を訴える内容だったという。

「9割近くが収入ゼロになり、家賃を滞納しているのだが、どうすればいいのかといった相談です。マンションの立ち退き訴訟を起こされた人もいます。皆、経済的だけではなく、精神的にも切羽詰まった状況です」(支援団体担当者)

 風俗嬢は複雑な家庭環境やDV、シングルマザー、あるいは多額の借金を抱えていたりと、“訳あり”の女性も多い。風俗店関係者がこう言う。

「コロナ騒動で、風俗嬢は相当苦しい生活を送っているはずです。日払いで高いカネはもらっていたけど、ホストに貢ぐなど、パッと使ってしまう娘もいて、あまり貯金もなかったと思う。なかには高級マンションに住む娘もいたから、家賃を払えなくなっているのでしょう。困りはてて、動画サイトに出演して食いつなぐ娘もいるようです」

 支援団体には、現在、住んでいる場所で住民票の登録をしていないため、「一律10万円の現金給付の申請書を受け取れるのか不安です」という声も数多く寄せられているという。

以下ソース
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/272658

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼