【芸能】噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 新木優子(26) 淫欲盛んで早婚傾向強し!?[05/20]

1 逢いみての… ★ 2020/05/20(水) 23:43:31 ID:
https://wjn.jp/images/article/55/9079155-1-1.jpg

 今回は、フジテレビ月9ドラマ『SUITS season2』に出演している、モデルで女優の新木優子。

 彼女の顔相の特徴は、素の時と笑っている時の表情の落差が大きいことで、笑顔になると途端に口が大きく横に拡がり、やや上がり眉の眉尻がハの字ほどに下がって、相が一気に柔和になることだ。

 笑うと口が大きく横に広がるのは人受けのよい、人気商売に強い好相。彼女は額の色艶がよく、運勢もいい。その額を(デビュー当時は前髪で隠していたが)露出するようになって、運気の入りも一層よくなった。

 長幼を問わず女性が額を露わにするのは、(周囲に頼らず可愛っ子ぶらず)自力で生きていこうという意志と自信をつけてきた証しで、いい感じの上昇運に乗っていると観る。

 彼女の顔相で異彩を放っているのが「眉」だ。眉頭が細く、眉尻に行くほど太くなる後箒(うしろほうき)眉で、かなり男性的な眉相。成功者に多い眉相ながら、女性には強すぎ、婚期を遅らせ、剣難(現代だと交通事故や怪我などの凶事)と縁深い。

 眉は化粧によって容易に相を変えられるので、もう少し眉に(吊り上がらず、一文字にもならず)丸みをつけ、強すぎる眉相を温順すると、男運、結婚運、家庭運が大きくアップする。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の色艶はよいとは言えず、上下唇もやや薄めで、エロスに関してはどちらかといえば淡泊。スタミナ面でも、金甲(小鼻)があまり豊かではなく、口相の勢いも標準クラスで、旺盛とは言い難い。

 一方、横から観たとき、上唇側が下唇より骨格ごと前に出ているのは「おませ」で性感の発達が早い相。また、彼女のように鼻下の長い女性は性感帯が全身に広く分布していて、本人的にはエロスの幸福度は高い。

 痩せた上瞼に重操紋(半月形のシワ)が入り、やや出目相でもあって、淫欲盛んで早婚傾向強し。人の心情を察するに敏く、ベッドでもそのセンスは発揮されるため、男受けがよい。セックスの相性が合うと、一気に淫蕩路線に突っ走る可能性も秘めている。

【官能度】は「4」と高めで、【モテ度】【スタミナ度】はともに「3」。狭い眉間は名器相ながら、口元の締まりはよいとは言えず、【名器度】も「3」と観る。

 すっきりした口元と、下瞼ラインが目尻でやや上がるのはあげまん要素。おとなしめの臥蚕もプラスだが、後箒眉が大きく足を引っ張り、【あげまん度】は「3」寄りの「2」。

 彼女は鼻が高く、大きく、どっしりとしていて、プライド高く、我も強く、公私を問わずやすやすと男の言いなりになるタイプではない。ここでも強い眉相がネックとなって、【良妻度】も「2」どまりとなった。

以下ソース
https://wjn.jp/article/detail/9079155/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 夜更かしなピンクさん 2020/05/20(水) 23:44:54 ID:
おっぱい無し!

3 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:28:13 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で>>1

4 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:28:56 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親>>1

5 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:30:03 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラスト>>468はニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり>>2。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加卒業ライブを湖

6 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:31:13 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親

7 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:36:48 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親あ

8 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:37:02 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親い

9 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:37:13 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親う

10 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:37:20 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親え

11 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:37:35 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親か

12 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:37:42 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親き

13 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:37:52 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親く

14 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:38:05 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親け

15 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:38:10 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親こ

16 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:38:16 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親さ

17 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:38:28 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親す

18 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:38:35 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親せ

19 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:38:40 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親そ

20 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:39:17 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親は

21 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:39:22 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親ひ

22 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:39:46 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親ら

23 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:39:51 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親り

24 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:39:57 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを湖親る

25 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:40:16 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供あ

26 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:40:22 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供い

27 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:40:27 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供う

28 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:41:56 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ぇ

29 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:02 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供お

30 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:08 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供か

31 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:19 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供く

32 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:27 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供け

33 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:33 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供こ

34 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:40 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供さ

35 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:45 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供し

36 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:50 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供す

37 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:42:58 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供せ

38 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:03 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供そ

39 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:20 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ち

40 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:25 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供つ

41 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:30 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供て

42 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:38 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供と

43 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:45 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供な

44 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:43:50 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供に

45 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:02 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ぬ

46 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:07 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ね

47 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:14 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供の

48 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:22 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供は

49 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:29 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ひ

50 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:35 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ふ

51 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:51 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供へ

52 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:44:56 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ほ

53 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:45:03 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ま

54 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:45:51 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供み

55 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:45:58 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供む

56 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:46:03 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供め

57 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:46:17 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供も

58 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:46:23 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供や

59 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:46:39 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ゆ

60 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:46:52 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ら

61 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:46:58 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供り

62 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:47:04 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供る

63 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:47:12 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供れ

64 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:47:19 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供ろ

65 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:47:31 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを子供わ

66 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:00 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存あ

67 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:06 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存い

68 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:12 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存う

69 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:21 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存え

70 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:26 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存お

71 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:32 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存か

72 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:40 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存き

73 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:45 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存く

74 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:51 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存け

75 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:48:59 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存こ

76 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:49:05 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存さ

77 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:49:12 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存し

78 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:49:24 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存す

79 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:49:32 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存せ

80 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:49:37 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存そ

81 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:49:55 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存た

82 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:02 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ち

83 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:14 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存つ

84 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:27 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存て

85 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:33 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存と

86 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:40 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存な

87 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:46 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存に

88 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:50:51 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ぬ

89 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:01 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ね

90 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:07 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存の

91 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:14 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存は

92 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:24 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ひ

93 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:31 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ふ

94 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:37 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存へ

95 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:47 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ほ

96 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:51:56 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存ま

97 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:52:02 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを保存み

98 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:01 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新あ

99 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:07 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新い

100 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:12 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新う

101 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:22 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新え

102 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:28 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新お

103 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:33 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新か

104 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:42 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新き

105 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:48 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新く

106 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:53:53 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新け

107 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:54:06 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新こ

108 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:54:12 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新さ

109 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:54:18 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新し

110 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:54:31 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新す

111 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:54:39 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新せ

112 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:54:44 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新そ

113 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:58:13 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新た

114 夜更かしなピンクさん 2020/05/21(木) 20:58:20 ID:
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ~。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな~と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加さんの卒業ライブを更新ち

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼