【衝撃】ついに火星生物が見つかる! しかも2個体 地球上のものとは似ても似つかぬ「火星カタツムリ」を見よ![05/28]

1 逢いみての… ★ 2020/05/28(木) 00:21:52 ID:
https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/05/0526mars-1.jpg

 ついに火星生物が発見された!? 有名なエイリアン研究家の発表に大きな注目が集まっている。英「Express」(5月24日付)が報じた。

「火星でユニークな生物を2つ見つけました」

 このような書き出しで、自身の運営するサイト「UFO Sightings Daily」に驚きの発表を掲載したのは、おなじみ台湾の有名UFO研究家スコット・ウェアリング氏である。

 火星探査機キュリオシティが撮影した画像の中に、今回ウェアリング氏が“発見”した生物は、どちらもカタツムリのような生物だ。丸い殻から軟体部分がにゅっと突き出したような形をしているが、片方はカタツムリをひっくり返したような姿で、もう片方は殻から2本の角を突き出している。その姿はさながらウサギのようにも見える。

https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/05/0526mars-2.jpg
https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/05/0526mars-3.jpg

「どちらも殻の中で生活し、殻を背負って移動する生物に見えます。カタツムリに似ていますが、その大きさはこぶし大ほどあると思われます。(中略)また、これらはカニやヤドカリのような外骨格を持つ生物かもしれません」(ウェアリング氏)

 画像をよく見ると、生物の後方の砂地には這った跡のようなものまで見える。このことは、これらの生物が化石ではなく、撮影されたそのまさにその時、生きて動き回っていたことを示すのだろうか。

 ウェアリング氏はこれらの画像こそ、火星に生物が存在する100%の証拠だと自信を見せ、自身のYouTubeチャンネル「ET Data Base」にも解説動画をアップしている。

 一方で、ウェアリング氏は自らや仲間が発見した数々の“証拠”を黙殺し続けるNASAへの怒りを表明している。「1つでいいから火星探査ローバーを自分で動かせればいいのに」とウェアリング氏は嘆いているが、もしそれが実現したなら、一体どれだけの“発見”があるだろうか? NASAには是非、この提案を前向きに検討いただきたい。

https://youtu.be/Da1KKXuGbxw

以下ソース
https://tocana.jp/2020/05/post_157471_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 夜更かしなピンクさん 2020/05/28(木) 00:24:54 ID:
何かに似た形の石を見つけちゃあほにゃらら発見!
人生楽しそうだな

3 夜更かしなピンクさん 2020/05/28(木) 00:32:44 ID:
マジかよ!そらチェックしトカナ!

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼