【政治】あの人の擁立も検討されたが… 小池百合子余裕出馬の陰で自民屈辱! 都知事選「独自候補断念の舞台ウラ」[06/12]

1 逢いみての… ★ 2020/06/12(金) 23:56:39 ID:
7月5日投開票の東京都知事選。出馬を表明した現職の小池百合子知事が下馬評では圧倒するなか、宇都宮健児弁護士、小野泰輔前熊本県副知事などが立候補を表明している。小池氏の存在感が圧倒的と見えるが、水面下では各党が独自候補擁立を目指してギリギリまで動いていた。都知事選の裏側を取材した。

新型コロナウイルス感染拡大で存在感を際立たせた小池氏。先日発売されたノンフィクション作家・石井妙子氏の著書『女帝 小池百合子』が、改めて小池氏の「カイロ大学を首席で卒業」への疑惑を提示したことで議会は揺れたが、6月9日、エジプト大使館がフェイスブックで「1976年10月にカイロ大学文学部社会学科を卒業したことを証明する」というカイロ大学の声明を突如アップ。カイロ大学が卒業を認めた以上、ダメージは最小限に抑えられたといえよう。

コロナ対策で評価を得られず、支持率を落とす安倍晋三首相とは対照的に注目を集める小池氏。前回ほどの圧倒的な人気…とはいえないが、連日、テレビで取り上げられることも手伝って、その存在感は群を抜いている。

小池氏と敵対し、終始振り回されたのが、自民党東京都連であった。

16年の都知事選以降、小池氏が旧勢力を「ブラックボックス」と呼んで徹底して糾弾した結果、東京都議会自民党は17年の都議会議員選挙で、小池氏率いる「都民ファースト」に惨敗を喫した。都議会議長、都議会幹事長、同政調会長など幹部が軒並み落選し、過去最低の38議席を下回る23議席と激減させてしまったのだ。

「小池さんのことはもう話したくない」

19年の参院選後、党本部で開催された丸川珠代氏の当選お祝い会に参加した「都議会のドン」こと内田茂・前都議会幹事長を直撃すると、苦々しい表情を浮かべてそう答えた。その後、パーティー会場などでも見かけるたびに話を聞いたが、「政治は一人じゃできない」「皆で力を合わせて進めていくもの」など、パフォーマンスに走りがちな小池都政を揶揄していた。

小池憎しの気持ちが増す一方で、自民党は独自候補の擁立について、なかなか答えを出せずにいた。都議会関係者はこう語る。

「東京都連の中には鴨下一郎会長や平沢勝栄衆議院議員、平将明衆議院議員など、小池知事に近い国会議員も一部いますが、自民党都議の面々はほぼ小池さんと距離を取っている。都議出身の国会議員もよくは思っておらず、当初から『小池に勝てる候補を探せ』と主戦論だった」

元プロテニス選手の松岡修造氏や、作家の阿川佐和子氏など著名人の名前が「都知事候補」として浮かんだが、それらもすべて消えていった。スポーツ庁の鈴木大地長官や丸川珠代参議院議員の名前も何度も出たが、本人が固辞したため、いつになっても候補者が見当たらなかった。

「19年末までに候補者を擁立すること、と二階俊博幹事長が期限を設けていたが、結局叶わなかった」と前述の都連関係者は振り返りながら、こう続ける。

「小池氏は都議会公明党の政策を丸呑みし、60万票といわれる都内の公明党票を固めた。そのうえ、30万票を持つといわれている連合も小池支持を表明。2つの巨大組織の支援に加えて、抜群の知名度を誇ることから、小池氏に勝てる候補がいくら時間をかけても見つからなかった。

実は一時、自民党内でも『ホリエモン(堀江貴文氏)はどうか』との声が上がり、水面下で世論調査を行ったこともあったが、小池氏には勝てないというシミュレーション結果が出たため諦めたんです」

最終的には小池氏に近いといわれる二階幹事長が、都連の内田茂前幹事長や高島直樹幹事長らを押し切る形で「自民党も小池推し」で決まったのだ。

続く

以下ソース
https://friday.kodansha.co.jp/article/118171

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2020/06/12(金) 23:56:50 ID:
小池氏と二階幹事長は小沢一郎氏が率いた自由党時代からの旧知の仲で、6月3日には、小池氏が二階幹事長を尋ね、自民党本部の幹事長室で会談後、二人並んで取材に応じた。

実力者の二階幹事長が地ならしすることで、安倍首相も都知事と争うことは得策ではないと悟り、「一時休戦」へと折れていった。「コロナ対策」と称して小池氏が堂々と官邸や党本部に足を運ぶ姿を、アンチ小池の都連の面々は苦々しく見ていたという。

「5月末、自民党東京都連の独自候補断念が決まり、来夏の都議選を第一に考える内田氏が、小池氏と融和を図るために『推薦しようか』と持ちかけに行ったようです。しかし、小池氏は歯牙にもかけない様子で断った、と聞いています。

一度ならず二度もコケにされ、内田氏の周囲はカンカンで、前回の都議選で都民ファーストの圧勝を受けて落選の憂き目にあった前都議も怒りは収まらない。それでも独自の候補者が見つからない以上、小池氏を推薦にするか、支援にするか、その方針を巡ってまた内部で揉めていました」(都連関係者)

一方の野党はといえば、立憲民主党は宇都宮健児弁護士を支援することに決めた。日本維新の会は熊本県副知事の小野泰輔氏の推薦を決定した。野党統一候補擁立は困難となったいま、このまま小池氏の独走で7月5日の投開票日を迎えるのだろうか。

6月9日、維新の推薦を受けた無所属の小野氏は、出馬会見の席でこう語った。

「キャッチーな言葉に舞い上がってしまうが、しっかりと中身を検証して、現職の業績を評価していくべき。都知事選では、しっかりと政策議論をし、それを都民の方に見ていただきたい」

今回の都知事選で、都民にとって身のある政策論議は起こるのだろうか。

3 夜更かしなピンクさん 2020/06/13(土) 00:01:55 ID:
若くて東京都(特に公務員改革)を変えてくれそうな「熊本県の元副知事、小野泰輔氏」を応援します。

4 夜更かしなピンクさん 2020/06/13(土) 00:29:50 ID:
対抗馬は小野だが
これも輪を掛けてろくでもないし
人がおらんな

5 夜更かしなピンクさん 2020/06/13(土) 00:36:02 ID:
熊本か
細川みたいに見てくれはいいけど叩かれると
弱いんでないの
放り出しそうなら都民は困るし

6 夜更かしなピンクさん 2020/06/13(土) 00:39:36 ID:
久米宏は、出ないの?
唯一のレギューラー・ラジオ番組6月で、辞めたよね

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼