【話題】「間違いは起こるもの」「自分の知識は限られている」 『無知の知』の欠如が多くの問題を引き起こしていた[06/14]

1 逢いみての… ★ 2020/06/14(日) 00:25:47 ID:
「間違いは起こるものだ」「自分の知識は限られている」ということを冷静かつオープンに受け入れる、「知的謙虚さ(intellectual humility)」という概念が近年の心理学分野で注目を浴びています。知的謙虚さを持つ人と対極にあるのが自信を持ち決断力のあるサイコパスやナルシストといえますが、現代は知的謙虚さが軽んじられ、ナルシスト的性質が好まれることで社会的にも政治的にも多くの問題が発生していると、ノックス大学心理学教授のFrank T. McAndrew氏が指摘しています。

2017に出版されベストセラーとなった「専門知は、もういらないのか」という本では、民主主義に不可欠な「正しい知識に基づく熟議」を支えるのは各分野の専門家が蓄積してきた知識であるにも関わらず、現代では専門知が軽視されているという状況に警鐘が鳴らされました。著者であるUSネイバル・ウォー大学教授のトム・ニコルズ氏は、本の中で以下のように記しています。

「世の中には高齢者と若者が存在し、裕福な人もいれば貧しい人もおり、教育を受けた人、図書カードやノートPCを持つ人もいますが、彼らに共通しているのは『自分が多くの知識を持つと信じる普通の人である』ということです。彼らは自分が専門家よりも多くの知識を持ち、大学教授よりも幅広い物事を知っており、だまされやすい一般大衆よりも洞察力を持つと確信しています」

このような人々には「知的謙虚」が欠如しているとニコルズ氏は指摘しています。近年、人格心理学の分野では、この知的謙虚という考えが注目を浴びており、複数の研究が人間関係や世界観、知識において、知的謙虚さが大きな影響を及ぼす見られています。

知的謙虚が注目されるようになったのは、心理学者のキャメロン・ホップキン氏の研究や、ステーシー・マッケルロイ・ヘルトゼル氏の研究に端を発します。2人の研究者は知的謙虚を「個人的な宗教的信念を探求し、毎日の生活における人々の宗教的違いを管理する方法」だと考えていました。

2人の研究者が知的謙虚を宗教的な事柄との関係で見ていたのに対し、デューク大学のマーク・リアリー氏は、知的謙虚が政治的・社会的問題と潜在的に関わっていると見なし、知的謙虚さの度合によって「人が同意されなかったときにどのような反応を示すか」を予測できるとする研究を発表しました。

リアリー氏は、知的謙虚さが高い人は、知的謙虚さが低い人と異なる方法で情報を処理することを発見しました。知的謙虚のスコアが高い人はあいまいさに対して忍耐強く、問題に対する答えが1つではない、あるいは決定的ではないと考えています。また知的謙虚のスコアが高い人は反対意見に対して「証拠」を求め、議論においては両サイドの立場に立ったバランスの取れた状態を好むとのこと。

ただし、知的謙虚のスコアが高い人はそう多くありません。リアリー氏が実験で「過去6カ月間にあなたが同意されなかった時のことを考えてください。そのうち『自分が正しい』と思ったのは何%ですか?」と質問を行ったところ、回答の平均は66%でした。また50%以下だと考える人は、ほとんどいなかったそうです。

近年はソーシャルメディアの登場で、考えを同じくする人を見つけることが容易になり、エコーチェンバー現象によって「自分は正しい」と感じやすい環境が生まれやすくなりました。またテレビやインターネットで日常的に自分の意見が肯定されることで、「自分は賢いのだ」と思ってしまいがちだと指摘されています。専門家への敬意がない状態で、このように自分の意見を肯定され続けることは特に「有毒」だとのこと。

続く

以下ソース
https://gigazine.net/news/20200613-lack-of-humility/

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2020/06/14(日) 00:25:55 ID:
リアリー氏によると、宗教や政党の選択結果は知的謙虚さの度合とは相関関係にないそうですが、2017年の研究では有権者の多くが「自分に自信があり、問題への見方を変えない」という、いわゆる「知的謙虚さがない」人をリーダーとして好むことが示されています。皮肉にも、2018年の研究で知的謙虚さの高い人は一般知識をより理解し、同時に知的才能を自慢する可能性が「低い」ことが示されています。このような人は証拠を慎重に比較検討するため結論を出すまでに時間がかかり、「直感で判断するタイプ」に比べて優柔不断とみられる可能性があるとのこと。

また知的謙虚さが高いリーダーは、異を唱える人がなぜ反対しているのかという理由に興味を持ちます。政治家の場合、このような人は「妥協するタイプ」と見なされがちだそうです。党への忠誠が求められる時代においては、これは弱点となります。

ニューヨーク・タイムズのジェレミー・ピーターズ氏は、現代において「敵の立場を理解することは、忘れ去られた技術だ」と指摘します。知的謙虚の欠如は明らかに近年における人々の言説を妨げており、その要因となる現代の「好みの情報だけ取り入れて、その正誤を顧みない」という風潮そのものに警鐘が鳴らされています。

3 夜更かしなピンクさん 2020/06/14(日) 00:34:53 ID:
>>1
ドイツ、新規感染者数10万人当たり50人で自粛解除。プロサッカー開始。
日本、新規感染者数10万人当たり0.5人で自粛解除。なぜ100倍違う?そもそも死亡率は欧米の1/100。でも、まだ安心できないと倒産、失業、自殺者を増やす日本の官僚、安倍、小池、医者、テレビ。
独仏米英、科学的根拠で自粛解除。
日本、外国が解除したから解除が実質。空気(山本七平)、ポピュリズム、非科学で判断。頭悪くないか?
今回また、官僚の開成、灘、ラ・サール、東大の塾っ子暗記小僧は、思考力がほぼないことをコロナが証明。
失業率1% 増加で自殺者年約2000人増を知らない無知な「東大暗記王」。自殺者の方がコロナより多くなる可能性。もう殺人で、遺族や企業は、非科学的自粛をした国、都を訴えるべき。
早慶レベルがペストのような恐怖を煽って視聴率稼ぎするテレビ。付和雷同するヒツジ脳の全日本人。東アジアの死亡率1/100、死亡9割が60歳以上をわざと?報じず。正に命より金。暗記小僧はモラルも低いのか?
3月27日から感染者数は一定で減っており、4月7日の緊急事態宣言後も急落せず一定。実効再生産数に変化なし。8割削減の効果見られず。専門家、テレビが知らないわけがない、モラルの問題。
そもそも自粛で感染が減ったエビデンスを出せてない東大卒、わざと追求しないテレビ。ほんとに大卒か?(大学で遊んでいるから日本人皆「実質高卒」だろう(故にIT後進国、現場しか強くない国、ノーベル賞人口当たり世界39位でOECD36カ国以下の低能国))
日本、インフルエンザで毎年3000人以上死亡。コロナ今約900人。全然インフルに届かず収束?毎年絶対自粛しろよな。感染爆発は君達の「コロナ脳」だった。
この前の福島原発「放射脳」から進歩なし。1ミリシーベルト避難でまた大量殺人復活。「民度」とはこれだ。今年の流行語大賞「コロナ脳」、「ゼロリスク脳」。餅も車も禁止しろよ。
数学のできる高校生が医学部に集中して42万人死ぬとは...。
戦時中から頭の悪さが際立つ、安定の三流政治×三流報道が伝統の、名門三流高校、名門三流大学の名門三流学歴人材。(堺屋太一「現代官僚『超』無能論」、デービッド・アトキンソン「奇跡的に無能」)
無能な高学歴日本人、低モラル官僚は、日本の伝統か(海外で首なし国と有名)。その伝統芸を支える、開成、灘、ラ・サールとは一体何だ?
欧米に塾は無いんだが、進学校だった君たち、一体どういう教育受けたのか教えろよ。
(ほぼ外国人の帰国子女より)
※答え:東アジア人は、60歳以下は「インフルより全然死なない」から、60歳以下自粛全面解除(4月中頃には言われていた)。入国検疫のみ(特に台湾)。
経済を動かし中国みたいに欧米企業を今買収しようという発想は、人に言われたことを暗記し盲従してきた、思考力のない外国の猿まねが習い性の塾っ子暗記小僧には思い付かない(逆に買収されるだろう。今旅館が中国人に買われている)。
※要保存、要拡散。
※塾っ子、進学校だった人の反論募集中!(ぐうの音も出ないのだろう)。

4 夜更かしなピンクさん 2020/06/14(日) 00:35:50 ID:
まあ昔からバカになれる人間ほど人生が上手くいくとか人望が
あると言うけど、堀江みたいにマウント取って逆張りして注目集め続けたい
人も多い。それを空しく意味の無い人生に思える人達もいるし
まあ彼の場合はタダの金儲けの手段だけど(自覚なしに)

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼