【身体】ナゼ幼女は自分のアソコにオモチャをいれるのか アナル・性器いじり… 少女たちのスプレー缶オナニーがヤバい! [08/23]

1 逢いみての… ★ 2020/08/23(日) 00:21:32 ID:
【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

 肛門科でのアナル異物挿入の話は有名ですが、産婦人科では膣異物挿入の症例報告が結構あり、小児外科では幼女の膣異物の症例報告もあります。興味のある人は「foreign body in the vagin」で画像検索すると大量に見つかります。

 小児膣内異物の症例は、性的虐待と関係のない、日本で報告されている事例だけでも27例以上あります。女の子には、ビー玉とかを口に入れて誤飲誤食してしまう感覚で、アソコに入れてしまうような子が世界中に一定数居ます。

 膣異物挿入で特徴的なのは、入ったまま放置しても本人も親も特に異常に気が付かず、放置されている事例が非常に多い事です。長期間放置しているとアソコの粘膜から膿や汚い汁みたいなのが出てきて下着が汚れて気が付くのが多いのですが、挿入後、数ヶ月目、中には1年半もかかってやっと気が付いたなんて症例があるぐらいです。信じられないかもしれませんが、5歳児が自分の膣にこれだけの異物を挿入していたというケースもあります。

https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/08/arumajiro40-4.jpg
ビー玉3個、人形の靴1足、プラスチックのビーズ7個、菓子包装紙1枚。画像は「診断までに1年半を要した膣内異物の5歳女児例」より引用

https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/08/arumajiro40-4.jpg
画像は「診断に難渋した小児膣内異物の1例」より引用

 13歳未満の少女で膣の異常で外来を受診した患者のうち、膣異物挿入の有病率は、統計によると4%になると推計されています。つまり、病院にアソコが変と言ってやってくる幼女の4%が膣異物挿入している計算になります。

 より一般的なのは小児外陰炎などの炎症、陰門膣炎などの感染症やサドル外傷(https://tocana.jp/2018/11/post_18651_entry.html)などの怪我です。そして、基本的に幼女では膣の中まで診察しないため陰門膣炎と誤診されやすく、最初は抗生物質などの投薬が行われるだけです。膣異物挿入はX線を撮らないと発見できないので、初診で幼女が自分で自分の膣にオモチャ入れちゃった疑いにたどり着ける医師は多くありません。

 症例報告が上がってきているのも、「診断が困難な症例だから報告しなければ」と皆が思うからですが、学会発表の許可を患児の親から取るのは大変そうです。

 あまり知られていませんが、女児は4~5歳ぐらいから自分の性器いじりを始めることがあって、そのまま異物挿入へ発展してしまうことがあります。

 女児が性器いじりを始める時期は、自分で排便とお尻拭きができるようになった後の時期と一致しています。リビドー発達段階の「肛門期」を終えて「男根期」に入ると起きるとも言われています。ジークムント・フロイトが男性に偏った体系を作った為に男根期なんて名前が付いていますが、人間であれば性別に関係なく、精神性的発達段階の第三段階として訪れるものです。

 通常の女児は初潮まで性的自覚を持たないのですが、男がチンコをいじり始める時期に女性器をいじることを覚えてしまう女児もいて、そういう子がやってしまいます。

 初潮まで育ってからだとある程度成熟しているので、膣に異物挿入しようなどと思わないのでしょう。そのため、女児が異物挿入を行う年齢には空白期間が存在して、膣異物挿入は4~5歳ぐらいで自覚無くやった子と、13歳過ぎて性行為に興味を持ち初めてからやった子に両極端に分かれます。

 自分の娘がやってしまった場合は、基本的にチンコをいじりたがる男の子と同じしつけと対処です。過剰に性的倒錯を考えすぎると子供に悪影響です。男女共に子供には一時的に性器いじりをする時期があることを理解して、子供を嫌らしい目で見たり蔑んだりすることだけは避けましょう。

続く

以下ソース
https://tocana.jp/2020/08/post_166743_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

2 逢いみての… ★ 2020/08/23(日) 00:21:43 ID:
 自分のアソコをいじる幼女は決して異常な存在ではありません。

 4~5歳ぐらいの子供が自分の体をいじるのは、適切な身体感覚の形成と発育に必要な事で、性行為を行っているわけではありません。トイレや手洗いや歯磨きや入浴と同じ、自分の衛生状態を管理する行為の一つとして、性器をいじらないようにしつけをすれば十分です。

 暴力的な禁止を課すと性的異常者になってしまうかもしれませんので、相談できる人が居ない親は児童精神科を受診してみると良いです。

 13歳過ぎて性行為に興味を持ち初めてやった子供の場合は、適用が小児科ではなく産婦人科になります。性医学的にはもう子供ではないからです。

 よく誤解されていますが、女性の膣の中はほとんど感覚がありません。タンポンを入れたまま普通に日常生活を送っているように、膣異物に対して何も感じないことが普通なのです。

 エロ漫画でアソコの中にローターを入れたままにするプレイがありますが、あれを現実にやると何も感じなかったりします。あれは恥ずかしい恰好をさせられていることに興奮しているだけで、それぐらい女性は膣異物に鈍感です。

 このため、取れなくなった異物を長期間放置してしまうことが多く、膀胱など他の臓器に悪影響が出てから受診という事例もよくあります。

 画像は13歳の少女がスプレー缶を挿入してオナニーしていたら、フタが中で外れてしまい取れなくなって放置して、尿道や膀胱が病気になって受診したという症例です。

https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/08/arumajiro40-2.jpg
少女の膣内に挿入されたスプレー缶のフタ。画像は「Radiology Case Reports Volume 12,Issue 4 720?725頁、2017年12月」より引用

 スプレー缶オナニーが多い理由は簡単で、少女部屋にある身近な棒状の物体がスプレー缶だからです。蓋部分がアソコの中で外れて取れなくなる事例はかなり多いので、スプレー缶でオナニーしてはいけません。何事もちゃんとした道具を使うべきです。

 膣に異物挿入する場合は、それが何であれ、コンドームに入れて口を縛って行うのがお勧めです。取れなくなってもコンドームが保護してくれるので感染症や炎症のリスクが最小化できるし、コンドームの後ろが出ていれば引っ張って取り出せるのでトラブルが起きにくくなります。女性の場合は自慰行為でもコンドームを使った方が良いのです。

 なんで著者がこんなことに詳しいのかと言うと、妻と娘(当時13歳)の膣異物挿入の治療をした経験があるからです。娘はオナニー中に化粧品のスプレー缶の蓋が中で外れ、抜けなくなって困りました。

 医師はこうした状況に直面した時、落ち着いてガイドラインと症例を探します。

 ガイドラインの第8章膣内「膣内異物の特徴と診察の進め方」、「除去手技の実際」を読みます。

 そして著者は宇宙猫ならぬ宇宙アルマジロのような悟りの境地に達して、娘のアナルにローションを塗ると指を挿入して、直腸から膣をグリグリ押して膣内異物を押し出しました……(注:あくまでも著者は医師免許をもつ者として処置しています)。

 著者が自分の娘のアナル処女を奪ったのかどうか分かりませんが、娘のアナル、けっこうゆるかったです……。逆説的に、父親が初めてでないことを祈りたい気持ちです……。

 異物挿入は診断と手順さえ正しければ、安全かつ簡単に取り出せます。医師には恥ずかしがらずに正直に申告しましょうね。

 オマエラ母娘でなにやってるのと頭抱えたのでネタとして消費させてもらう事にしました。この記事は妻子の了承を得たうえで掲載されています。

 エロ漫画家の皆様はどうぞ漫画のネタにお使いください。

3 夜更かしなピンクさん 2020/08/23(日) 00:37:24 ID:
ドラエモンのポケットかよ

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼