【男性】日本は“孤独大国” 「新しく友人をつくる気力はない…」 古い価値観に侵された『世界一孤独な日本のおじさんたち』[06/30]

1 逢いみての… ★ 2021/06/30(水) 23:46:39 ID:
―[死に至る孤独の病]―

 今年2月、内閣官房に孤独・孤立対策室が設置されるなど、今や大きな社会問題となった日本人の「孤独問題」。浮き彫りになった“望まない孤独”の正体と、「孤独」が人体に及ぼす深刻なリスクに迫った!

 コロナ禍によってさらに深刻化している孤独。人々に多様な健康リスクをもたらすことが、最近の研究で明らかになっている。

「東京都健康長寿医療センター研究所では『高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向による死亡リスクは2倍』という結果を発表しています。海外でも『早死にリスクが50%上昇する』という研究結果が明らかになり、孤独は世界中で深刻な病として捉えられています」

 そう語るのは、『世界一孤独な日本のオジサン』の著者で、コミュニケーション戦略研究家の岡本純子氏だ。孤独とは「物理的に一人きりの環境下に置かれることだけではない」と語る。

「問題は、自分が望んだ人間関係と、現実の人間関係の間に乖離があるかどうか。政府はこれを“望まない孤独”と定義し、その悪影響を危惧しています。人間関係や環境にかかわらず、『本人が孤独を感じているかどうか』のみが現代の孤独を測る指標になるのです」

 孤独死に直結するような中高年はもちろんのこと、最近では子供や女性の孤独化も著しい。日本では、’20年に11年ぶりに自殺者数が増加。特に女性と子供の増加率が高いことが話題になった。

「海外では10年以上前から問題になっていましたが、新型コロナの流行によって人との繋がりが希薄になり、女性や若者の自殺が増えたことで、日本でも孤独問題がクローズアップされました」

 そもそも日本人は外国に比べて孤独である可能性が高い。「家族以外の人」と交流がない割合がOECD加盟国中トップで、核家族化・少子化が進んでいる日本は「孤独大国」だといえる。

https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2021/06/21062910-550x441.jpg

「業界の関係上、コロナ禍でも出社していたんですが、取引先で感染者が出てしまい、私も自宅隔離を余儀なくされました。テレワークを続けていくうちに、どんどん孤独感が大きくなりましたね」

 そう語るのは、機械メーカーに勤める浅井裕介さん(仮名・44歳)。高校を卒業してからは営業一筋で、社内外の人間と対面でコミュニケーションを取り合いながら仕事を進めてきた。

「会社の人間関係は良好で、コロナ流行前は頻繁に同僚や後輩たちと飲みに行っていました。しかし、自宅隔離以降は出社することはほとんどなくなり、1年近く飲み会も開催されていない。妻と2人きりの生活を続ける中で、会社以外に自分の人間関係がほとんどないことに気がつきました」

 浅井さんのように「大きな孤独に悩まされる男性は多い」と前出の岡本氏は語る。

「男性というのは『会社と肩書』を喪失し『何者でもない自分』になったとき、周囲とのコミュニケーションが激減します。特にそれが顕著になるのが定年退職のタイミングです。そのとき初めて『会社への依存』に気がつくことが多い。今回のケースは、コロナ禍が定年退職後のような環境をつくり出した結果、今までにない孤独を感じたのでしょう」

 先述したように世界と比べて「家族以外の人」との交流がない日本人。中でも男性は古くからの価値観に苦しめられている。

「日本の男性は『寂しさは甘え』『孤独は自業自得』『弱さを明かすのは恥』というような孤独賛美の側面が諸外国に比べて強い。自分から積極的に関係性をつくることができず、孤独を感じやすい傾向があります」(岡本氏)

 現在は妻との会話で孤独を紛らわせているという浅井さん。「もし妻に先立たれたら」と考え、強い不安を感じてしまうそうだ。

「正直、会社以外に気軽に連絡を取れる友達はいません。このまま孤独を感じて生きていくのは嫌ですが、この歳から新しく友人をつくる気力はないですね」

https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2021/06/21062909-550x715.jpg
社用のものと比べて、ほとんど鳴ることがないというスマートフォン。「週に一度連絡があればいいほうですね」(浅井さん)

続く

以下ソース
https://nikkan-spa.jp/1764076

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼