竹中の派遣パソナが悪く言われるが他に、

1 名無しさん@3周年 2022/05/14(土) 12:52:33 ID:
日本の将来を託したいと思える何かが有るなら挙げてみてくれないか?

2 名無しさん@3周年 2022/05/14(土) 18:28:22 ID:
単に派遣業を廃止すればいい。
派遣では結婚も育児もできないんだから、正社員で雇うようにするだけ。

3 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 10:13:47 ID:
>チャンスを生かせる経営者が大切にしている、2つのこと ダイヤモンド・オンライン 小宮一慶 2021/11/13 06:00
>長期でものを考えなければいけないのですが、
>GDPの2倍を超える財政赤字の問題、
>総人口に占める高齢者の割合が29%に達した高齢化問題や
>それに関連する社会保障の問題、
>人口減少といった重要な問題に対して、
>抜本的な対策を立てられてはいなかった
=========
>バブル崩壊の穴埋めを公共事業のバラマキで行おうとしたため、借金増加に拍車がかかった。
>そして今では1000兆円を超える借金の金利と、
>増加し続ける社会保障費を賄うため国民負担が重くのしかかる。
>少子高齢化は多くの国が直面しつつある。
>しかし、日本だけが長期にわたってトンネルを抜け出せない点については、日本固有の問題がある。
=========
>バブル期の日本の銀行が『とにかく業績を上げろ』と、
>無理やり山の中にゴルフ場を作ったのと似ています。
>いつかバブルが弾けたとき、結局、傷むのは
日本>の銀行資産なんです」

4 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 10:38:03 ID:
新自由主義自体は当時の内情の検証から、現在生存している日本人全世代の中で最も変革期に弱い
チャレンジするな団塊世代が年功序列で政官財の地位になった時代だから成功は無理だったと判明してる。
政府に従わずIT革命や生産性向上をしないで、「口だけグローバル競争賛成(総論賛成・各論反対)」をしたのが大半。
自分達だけ競争に参加せず(正規社員雇用確保だけ最優先・連合組合は正規社員だけ保護する組合だらけ)
「ジャパンアズナンバーワン」連呼して、敗戦必至(さぼっていたのが団塊世代)の状態でグローバル競争に参加した。
一部の頑張った人達と問題だらけが混在したのが団塊世代。
経営層は『内部留保だけ貯めたり株主に配当だけ』してたので、企業の国際競争力が激減した。岸田政府が問題指摘(総括)したのは正確だ。

東洋経済オンラインの記事は間違いで、団塊・バブル世代を抱えた不採算企業から成長産業へ労働者移行もできなかったし
下の世代に、(バブル崩壊の整理など含めた)財政・社会保障負担(国民負担率上昇)を押し付けただけ。
その結果、少子高齢化/歴代政府が一貫した日本人激減効果のある政策(派生した移民問題含む)
内需崩壊(日本人総中流消滅)・社会保障崩壊・年越し派遣村のような社会不安増加が発生した。
現在は、当時からの輸出企業優遇の円安政策のせいで物価上昇とウクライナエネルギー問題でスタグフ危機中。

5 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 10:38:54 ID:
>>2
40過ぎのリストラされたおっさんを正社員に雇うのか?

6 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 10:39:21 ID:
政府に大問題があるとするなら
「新自由主義・竹中ではなく小泉が原因」論の場合
竹中の暴露(言い訳)で言うなら、
解雇規制緩和して
米国と同等の社会構造にするための国民投票・選挙の行動を起こさなかった
小泉純一郎の責任になる。小泉は辞めようとした竹中に「最後までやれ!」発言をした。
その場合、解雇規制緩和を巡って『新自由主義連合 vs 団塊・バブル世代筆頭の終身雇用連合』国民投票・選挙戦をやらないといけなかった。

7 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 10:50:05 ID:
>>5
『出生率2.0以下ショック』からの少子高齢化日本では、日本人の労働者移行は急務だった。
成長産業確保と労働者移転は同時にやらないといけなかった。日本が衰退した政官財担当に責任がある。

例えば、経団連だけの要望だけで政策を進行すると半導体産業のような末路になる。

半導体産業崩壊スレでまとまったが、日の丸半導体産業の消滅は【誤り】だった。
経済産業省は懺悔した(「官僚がアホで構わない」発言)のでよい。自民党は足りないのでダメ。

当時、半導体企業がリストラをしたときに国内企業に就職口を用意しなかったので
サムスンに引き抜かれて『日本の長年培ってきた半導体ノウハウ』だけ取られて
外資系の雇用なので【用済みで日本人リストラ=再リストラ】されたのが日本半導体企業で働いていたリーマンの末路。
サムスンは最後の日の丸半導体企業のエルピーダメモリをつぶしに安値攻勢をしかけてトドメを刺した。
サムスンに反日勢力が多い韓国の影響もあるか民族的反日はないか知らんが、グローバル競争だからこういう事になる。
当時の経済産業省官僚がキレた発言がある。

中国の台湾(尖閣連動)侵攻問題で、半導体は超重要。国内の半導体を必要する企業は製品を製造・出荷できないから赤字原因になっている。
派生した転売ヤー問題も品薄原因になっていた。

8 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 11:03:31 ID:
>>5
仮に『新自由主義連合 vs 団塊・バブル世代筆頭の終身雇用連合』国民投票・選挙戦をやって
『新自由主義連合』が大勝利して、団塊・バブル世代の終身雇用解消/解雇規制緩和になっていたら
団塊・バブル世代が下の世代と同じように『正社員ではなく非正規』をやる。
それだけではダメで、
竹中ではなく、きちんとした国際的な派遣(欧米のような)の仕組みを導入できる担当者なら
バブル期の日本の一部の人だけやっていたような『終身雇用ではないが給料は高め』のような派遣の仕組みになっていた。
当時では、海外旅行厨のように『旅行分だけ働いて貯まったら海外旅行を繰り返す』ような話がある。(実家暮らしならしやすいなど)
バブル期・円高時代の日本ではコロナ下の観光産業と真逆で、女性向けの海外旅行CMをバンバン流していた時代だ。

団塊世代の中で資本主義嫌い層は猛反発するだろうが、
植木等の歌に出てくる「ガチャンとタイムレコーダー」押すだけリーマンは貧乏になるだけで
24時間戦えますかCMだけでなく、さぼらなかった団塊・バブル世代なら別に問題はない。

後は政府が労働者移行の仕組みをつくっていればいいだけだった。
バブル崩壊以降に転職拒否の団塊・バブル世代がおかしい。
2度と来ない高度経済成長期に現役の大半を過ごしたり、本来入社できない大企業に採用されたバブル入社組が
転職拒否してたなど、わがまますぎる。戦後復興で肉体労働してた世代と氷河期世代以降と比べて優遇されすぎだ。

9 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 15:40:36 ID:
企業が潰れれば潰れるほど民間の給与は上がる。
人事院の民間給与額調査は正社員のものしか調査しないからだ。
https://ikioi5ch.net/cache/view/koumu/1636427887

ちょっと増税して、ちょっと最低賃金引き上げれば企業なんてバンバン倒産すっぞ。やったなお前ら。

10 名無しさん@3周年 2022/05/15(日) 15:41:36 ID:
いくら非正規雇用が増えても問題ない。
就職率や雇用者数は非正規も含めてカウントしているからだ。
https://ikioi5ch.net/cache/view/koumu/1533521927

むしろお前らな、会社なんか辞めてバイトでもやってろと。

11 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 02:35:04 ID:
>>2
>>5
日本の社会構造は、『解雇規制・終身雇用前提で倒産しないようにした【低賃金】(春闘で上がってもつぶれない)』ベースなので
正社員であっても低賃金。グローバル競争参加以降であり他国の方が高賃金。
高コスト体質どうこう言っていたのは、生産性を上げていかなければ『新卒の安月給から始まる年功序列式給与計算』と合わない問題。
社員の賃金が高いのではなく【生産性・競争力が上がらない】問題。
円安支援政策を受けていれば輸出企業は文句を言い過ぎるのはわがまま。

>「残業したいのに、させてもらえない」の声 問題はどこにあるのか [窪田順生,ITmedia] 2022年03月22日 09時04分 更新

★日本型社会構造は、バブル崩壊前(右肩上がり成長前提)までしか有効でない。
>『日本の企業はもともと終身雇用で、欧米などと比べて、雇用の確保を優先してきた。
>失業率は低い水準にある一方で、基本給を抑え、景気の変動には残業などの増減で調整してきた。
>労働者は、好景気の時には残業による長時間労働で生活が維持できたが、
>不況になると一気に生活が悪化する』(残業代が消えて....低所得化する“中流” 21年12月17日)

12 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 02:35:31 ID:
>竹中平蔵 中島 順一郎 : 東洋経済 記者2021年12月02日

>残念ながら現在は、正規・非正規の間の「同一労働同一賃金」がまったく実現されていない。ここが大きな問題です。

>今の構造はある意味単純で、正規社員が非正規社員を搾取している。
>生産性に合わせて賃金が支払われなくてはならないのに、自分の生産性より高い賃金をもらっている正規と、
 →★90年代末の団塊・バブル世代
>自分の生産性より低い賃金しかもらえない非正規の二重構造になっている。
 →★氷河期世代以降

>不平等を解決するための方法、例えば労働時間ではなく成果に対して賃金を支払うとか、
>解雇の問題が起きた際の金銭解雇のルールを作るといったことに対して、
>既得権益を持った人たちがずっと拒み続けて今日に至っている。
 →★既得権益=90年代末の派遣導入前に『既に解雇規制・終身雇用の正規状態であった団塊・バブル世代』
  ★特に、バブル入社組は『バブル崩壊しない前提で採用しすぎた』けど整理できないので長年雑誌で取り上げられていた。
>今、一部の人たちがその割を食っている
 →★90年代末に『本当は、給与が高い団塊・バブル世代を整理したかった(社内でなく市場対応)』
  ★元々、基本給が低い新卒(氷河期世代以降)などを非正規にしただけ。
東洋経済オンラインはグローバル準備完了したとか嘘・間違いを書いている。=団塊・バブル世代の意見だけ。

13 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 02:46:08 ID:
>>9
>最低賃金引き上げれば企業なんてバンバン倒産

整理しないといけない賞与0赤字ブラック企業だけは効果がある。
日本型安月給の終身雇用・解雇規制(&春闘対策)してる企業だと、つぶれにくい。
賞与出してきていた内部留保を貯め込んできた企業だと賞与激減になるだけで、つぶれないだろう。


★最低賃金を上げても雇用も悪化しない
>「残業したいのに、させてもらえない」の声 問題はどこにあるのか [窪田順生,ITmedia] 2022年03月22日 09時04分 更新

>新陳代謝が進んでいない
>世界では最低賃金の引き上げを着々と進めている。
>経営者の仕事は会社の付加価値を向上して、賃金を上げていくことだという考えが浸透していることに加えて、
>最低賃金を適度に引き上げていくことは、経済にいい影響があって
>雇用も悪化しないというエビデンスがそろってきているからだ。

★賞与0赤字ブラック企業の経営者と、賞与0赤字ブラック企業の社員でも転職が嫌な社畜だけが賃上げ反対
(リーマンで赤字ブラックの口車に騙される人は霊感商法にひっかかる人とか、ネガティブニュースで発狂する人など)
>しかし、日本でこれをやろうとすると、
>中小企業の業界団体が「そんな愚かなことをしたら雇用が維持できなくなって、
>日本中に大量の失業者があふれかえるぞ」という脅しのようなクレームが入って、
>政治家は「じゃあしょうがないか」とみな沈黙する。

14 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 03:03:54 ID:
>>10
△>非正規雇用が増えても問題ない。
 →パート希望者などが働ける職場が増える話は合ってる。独身ワープアは違う。

◎正社員を雇えるだけの企業が少ないのが問題。(先行き不透明、企業が将来不安)
◎(竹中のせいで)非正規の低賃金と税・社会保障負担が上昇していく財政・少子高齢化の相乗効果がやばい。

ワーキングプアや[>PPP(購買力平価)で測ったら、1人当たりのGDPを韓国に抜かれた。]
日本の衰退問題、既得権益層との格差問題などがある。

[>失業率が低くて、なんだかんだいっても就職できる。]

これだけの話をするから、ベーシックインカムにして(社会保障代わりみたいになってる)
賞与0赤字ブラック企業整理をしやすくし、税金が無駄なブラック企業に流れないようにして
労働者をブラック企業から成長産業・成長企業に移行させて国際競争力をつけるみたいな話も出る。
【日本は中小企業多過ぎ、大企業少ない(斜陽産業などの低成長大企業だけで急成長企業が少ない)】

15 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 08:01:36 ID:
住専は氷山の一角。もっととんでもない巨悪がある。
税金で作った天下り企業3000社!
現役議員が調査し判明したスクープ発公開!
国の借金のツケを国民が払わされている。これだけはぜひ読んでほしいと現職議員が足を棒にして調査した資料をマンガでわかりやすく初公開。

官僚天国・日本破産
出版社‎ 道出版
著者  石井紘基
発売日‎ 1996/4/1

16 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 11:02:40 ID:
>日本企業の典型的な給与制度は、若いときは仕事の成果の割に給与が低い代わりに、
>毎年昇給し続け、40歳を過ぎると実際の成果以上の給与をもらえる年功賃金

[バブル崩壊後の90年代末]
会社は『実際の成果以上の給与をもらってる』団塊・バブル世代を大量に抱えていた。
団塊世代リーマン達は会社に残っても「チャレンジするな!」姿勢。

団塊世代あたりの経営者達は、政府が国を挙げてグローバル競争に勝つためにIT革命を主導したのに
「内部留保・株主への配当最優先」の団塊世代あたりが「総論賛成、各論反対」の2枚舌でさぼっていた。
成長産業も作れなかった。

17 名無しさん@3周年 2022/05/16(月) 11:12:36 ID:
>>10

>増えた雇用のほとんどは、賃金水準が低いという意味で「質が低い」仕事でした。
>それによって生産性は上がりましたが、労働生産性は上がっていません。

移民政策用に作った『スキル別移民ランク』の最低ランク移民の人数だけ増えたようなもの。
中国と貿易をし始めた頃、繊維などの一番簡単な仕事だけしかできないような下請け状態。


>ひろゆきが「日本の学校では競争を勝ち抜く子どもが育たない」と断じるワケ 日刊SPA! 2021/11/25 11:54

>◆人件費で太刀打ちできなくなった日本
 >それが平成の時代になると、海運コストが安くなったこともあり、日本人が日本の工場でライン工として働いて商品を生産するよりも、
 >東南アジアや中国で生産して輸入したほうが商品を安く提供できる時代になりました。いわゆる、グローバル化です。
 >日本人だと月給20万円を支払わないといけない労働も、それらの国では月給3万円なので、人件費で太刀打ちできなくなりました。
 >100円ショップで売られている多くの商品が日本製ではないように、商品の生産を海外に発注して日本で売ったほうが儲かる時代になり、
 >大量生産される製品は日本メーカーであっても海外生産という商品が増えてきたわけです。

18 名無しさん@3周年 2022/05/17(火) 11:22:18 ID:
>>15
こういう政治家だけ欲しいよね

新着レスの表示
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼